お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 マウンティンITコンサル事業部の企業情報

株式会社 マウンティンITコンサル事業部

取引企業数は約3000社!顧客やメーカーから頼られる“業務パッケージソフトのコンシェルジュ”

業務パッケージメーカーと近しい存在であることが強み!

株式会社マウンティン ITコンサル事業部は、主に中小企業向けに、販売・原価管理、給与、会計、人事、顧客管理といった業務パッケージソフトの導入コンサルテーションから導入後の教育、フォローまでを手がける“業務ソフトのコンシェルジュ”。取引企業数は約3000社に及ぶ。弥生、PCA、応研、ソリマチ、OBC、IJSという日本の主要業務ソフトメーカーのほぼ全ての認定パートナーとなっている。

「各メーカーとの関係を深めて、近しい存在でいられることが当社の強みとなっていると思います」と新坂氏は言う。あるソフトウェア会社の経営者と出会い、業務提携に意気投合したことが直接的な契機となった。そして、新坂氏が営業を手がけてフルカスタマイズのシステム開発案件を受託し、そのソフト会社が開発するという仕事が始まった。しかし、数年もすると問題に突き当たる。

「エンジニアに辞められてしまうと、メンテナンスに大変苦労することを思い知ったのです。さりとて自分がシステム開発そのものをマネジメントすることは、得意領域ではないと感じていました。そこで、当時出回り始めていた開発業務不要の業務パッケージに着目し、現在の業態にシフトし始めたのです」(新坂氏)。

最初にパートナーとなったのは、当時はシステムハウスミルキーウェイという社名であった、現在の弥生株式会社。以降、取引メーカーを広げつつ地道に社業を拡大していった。
同社のような業態は「ユースウェア」と呼ばれているが、業務パッケージの発展とともに数多くの同業者が“雨後のタケノコ”のように現れた。しかし、パッケージの進化で業者に頼らずユーザー自身で導入できるケースが相次ぎ、また数多くの同業者が消えて行ったのである。

「そうした中で当社が生き残れたのは、メーカーから『ビジネスポイントなら何とかしてくれる』と頼りにされ、比較的高度なニーズを持つお客さまを次々に紹介してもらえたからだと思っています」と新坂氏は述懐する。

123131販売・原価管理、給与、会計、人事、顧客管理等、業務パッケージソフトの導入コンサルテーションから導入後の教育、フォローまでを提供している。
72090新坂 満 氏

業務パッケージがカバーしていない分野のパッケージ開発への関与が成長戦略!

「メーカーとの近い関係」が開花して、今、同社は「お断りすることもあるほど、おかげさまで次々に案件が舞い込んでいる状態」という。その要因は、顧客のニーズの変化を先読みし、メーカーと二人三脚で製品開発を進めてきたことにある。具体的には、IJSの『売上原価Pro』という業務パッケージの開発への関与だ。話は2007年頃にさかのぼる。

「それまであった販売管理パッケージは、簡単で売りやすい小売業などに向けた物販系のものが大半でした。一方、案件ごとの原価管理を行いたい小規模の事業者に向けたパッケージは、あるようでなかったのです。原価管理は“ドンブリ勘定”でもよしとされていたからです。しかし、経済情勢の変化でそうしたパッケージが求められるようになると考えていたところ、たまたまIJSさんの社長と知り合い、その開発に意気投合しました」(新坂氏)。

その狙いがズバリ、当たった。2009年に『売上原価Pro』発売後、引き合いが相次いでいる。案件ごとの利益をリアルタイムに分析できる上に、顧客情報を一元化できるとともに入力作業を減らすことで業務効率化を図れることが受けているのだ。
同製品の特徴の一つに、弥生やPCAの会計ソフトと連動し、仕訳作業などを大幅に効率化できることがある。このため、弥生やPCAは『売上原価Pro』を推奨製品にしている。こうしたことも、売れ行きに拍車をかけている。

「パッケージはメーカーとコラボレーションして開発していく方が、はるかに効率的でリスクも抑えることができます」と新坂氏は自信を込めて言う。
時代の流れを先取りし、製品開発からかかわる同社の成長戦略の今後が楽しみだ。

72099同社は、日本の主要業務ソフトメーカーの認定パートナーだ。
72102取引企業数は約3000社ということもあり、お客様との信頼関係を大事にしている。そのため、経験以上に当たり前のことをきちんとできることが重要だという。

求める人物像は、「ありがとう」「ごめんなさい」「こんにちは」を素直に言える人。

同社の人事戦略は「少数精鋭」。いたずらに人を増やし、不調になればリストラをするという考え方を忌避しているからだ。したがって、業績好調トレンドにある中、一人ひとりの業務量は多く成長も早い。そうした環境にあっての新坂氏のマネジメントの要は、「一番悪い情報を最も早く伝えてもらうこと」だという。もちろん、新坂氏自身も常に社内に目を配りそうした事態を早め早めにキャッチすることを心がけている。

「当社はおかげさまで非常に忙しいので、やるべきことをついうっかり忘れてしまう、チェックが漏れてしまうといったことが起こりがちなのです。そうした事態には、いち早く対応することで多くをスムーズに解決することができ、お客さまとの関係を深めることにつながります」(新坂氏)。

日頃忙しく働く社員のために、充実した福利厚生を提供している。同社では社会保険完備はもちろんのこと、加入審査が厳しい「関東ITソフトウェア健康保険組合」に加入しており、保養施設やスポーツジム、レストランなどの利用補助が受けられるようにしている。

そんな同社が求める人材について、新坂氏は次のように言う。
「『ありがとう』『ごめんなさい』『こんにちは』といった言葉を素直に言える人です。実は、大人になっても言える人は、とても少ないのです」(新坂氏)。

同社では、顧客とは100%、フェイス・トゥ・フェイスで業務を進めている。製品や技術以前に、人間関係が構築できなければ仕事にはならない。また、発生するトラブルの原因もほぼすべて、人間関係にあるのだ。

「よく、人柄と能力のどちらを優先するかと問われますが、私は迷うことなく人柄を優先します。能力は後からいくらでも身につけることはできますが、人柄は生まれや育ちが大きくかかわっていて、後天的に変えるのは難しいからです」(新坂氏)。

そうした人間性の上に、業務上必須となるパソコン経験や簿記3級程度の知識のあることが条件となる。同社が社員を大切にしているのは、離職率の低さに表れている。伸び盛りの事業と人を大切にする風土という環境は、満足のいく職業生活をもたらすに違いない。

72098ミーティング風景。経営者との距離も近く、チームワークが重要となる。
社員同士での情報交換も多いという。

株式会社 マウンティンITコンサル事業部に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 マウンティンITコンサル事業部に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 マウンティンITコンサル事業部
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
資本金 2,000万円
設立年月 1987年10月
代表者氏名 代表取締役 山崎 喜美子
事業内容 ■業務パッケージソフトの導入
従業員数 20人
本社所在地 【本社】
東京都王子2-12-10

【ITコンサル事業部】 ※勤務地
東京都文京区千石4-45-14 小林ビル4F

株式会社 マウンティンITコンサル事業部資本金2,000万円設立年月日1987年10月従業員数20人

取引企業数は約3000社!顧客やメーカーから頼られる“業務パッケージソフトのコンシェルジュ”

この企業が募集している求人

Bnr sp354 9 0d12dff7ca268cb264c97bcbfb6acb61b26bb22885c01d478f43a42d45bbc394
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる