転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)

勤務地

年収
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業メインロゴ

株式会社GeNieee

  • IT/Web・通信・インターネット系
  • マスコミ・エンターテイメント・メディア系

抜擢マネジメントと適材適所で社員の才能を爆発させる、成果報酬型広告代理店

上場を目指す
平均年齢20代
カジュアル面談歓迎

企業について

京都市に本社を置くWEB広告代理店、株式会社GeNieee。2024年4月に4期目を迎えたばかりだが、動画をメインとした成果報酬型のアドアフィリエイト事業で飛躍的な成長を遂げている。2期目の売上は初年度の40倍、3期目も前年比200%で決算を終えた。

WEB広告代理店のサービス形態は大きく2種類に分類される。予算運用型と成果報酬型である。アドアフィリエイトは後者の一形態だが、主流は圧倒的に予算運用型だ。クライアントから予算を預かり、リスティング広告やディスプレイ広告等の広告を運用し、成果にかかわらず一定の運用手数料を徴収する。また広告として表示するバナーや動画等のクリエイティブが発生する場合は、その制作費等も発生する。

それに対して成果報酬型は、代理店側が広告運用にかかる一切のリスクを背負う。広告運用が広告の制作費と広告費を負担して媒体に出稿・運用。広告主は、そこで得られた成果に応じた費用のみを支払う。広告主側にはリスクが発生しない仕組みである。

同社が提供するのは、この成果報酬型広告運用サービスである。代理店から商材を仕入れ、動画広告と記事広告を制作して出稿・運用し、成約1件当たりの報酬を積み重ねていくビジネスモデルだ。

メインターゲットはダイエット商材やホワイトニング歯磨き粉、健康食品等、いわゆる“コンプレックス系”の商材で、なおかつ単品リピートや定期購入が多い商材を扱う通販事業者で、出稿先は「TikTok」や「Facebook」(Meta)、「X(旧Twitter)」、「YouTube」、「Line」等のSNSだ。タイムラインを何気なく眺めているユーザーの気持ちを一瞬で引き付け、いかに「欲しい」と思わせる広告を配信できるかがビジネス成功のカギを握る。

同社の強みは、念入りなリサーチと分析に基づいて制作するクリエイティブと広告運用である。分析ツールを駆使するとともに、ネットサーフィンを繰り返し、売れている商材や売れ始めている商材を見極めて仕入れる。そしてその商材が売れるロジックを分析し、訴求力が最大化する表現を探してクリエイティブに落とし込む。2023年12月には、「TikTok」の月間配信ランキングで国内5位を獲得する等、着実に実績を重ねている。

代表取締役・梶谷翔貴氏が自社の強みを語る。
「我々が得意とするのは、人の気持ちの琴線に触れて買いたいという気持ちにさせるクリエイティブです。優れたクリエイティブとは、購入率が高い広告です。頭の片隅にもない状態から、一気に欲しいという気持ちにさせる。ロケーションや小道具といった素材にもこだわり、他社が制作する広告に負けない動画広告を制作します」

運用も重要だ。WEB広告は運用によって様々な数値が残る。その数値を24時間追い続け、数値の意味を理解し、何をすれば結果的に利益が最大化するかを考えながら運用し続ける。

このようにクリエイティブと運用を社内一体となって行うことで、目を見張るような成長を遂げてきた同社。3年間で従業員は梶谷氏一人から14名にまで増えた。今後は2027年までの3年間で社員数50名、売上100億円を目指す。

同社の創業者である梶谷氏は、静岡県出身の36歳。幼少期から周囲の人気者で「自分は必ず大物になる」と信じていたという。20歳になり漫然と大学生活を過ごし続けることに不安を抱き、多くの人をハッピーにできる方法を考えて辿り着いたのが起業家という選択肢だった。

在学中に営業代行の会社を作り、50名を超える規模にまで拡大。その一方で、東日本大震災の後は被災地支援を目的とした学生団体を立ち上げて、3カ月ごとに約250名の学生ボランティアを率いて被災地に赴き、イベントを開催した。大学卒業後も起業家として生きていく道もあったが、知人の経営者から「働く人の気持ちが分からないと後々苦労する」とアドバイスを受けて就職することに。新卒で不動産会社に入社して営業を2年、その後、紙媒体専門の広告代理店に転職しインサイドセールスを5年経験して独立を決めた。

梶谷氏が起業するに当たって、事業領域をWEB広告の領域に定めたのは会社を設立する数カ月前のことだ。結婚相手が関西出身であることから独立を機に、滋賀県に移住。3カ月以内に月60万円ぐらいの利益を生み出せるビジネスを模索する中、たまたま「YouTube」を見ている時に流れてきた動画広告を見て、「これならすぐにできるのではないか」と長尺の動画広告制作事業を立ち上げた。初年度の売上は1,200万円までは見込めたものの、突如「YouTube」のアルゴリズム変更に伴い、制作した動画広告がことごとく審査を通らなくなるという事態が発生。それが転機となった。

「制作した広告が配信できずに迷惑をかけたお客様の中に、たまたまアドアフィリエイト事業で有名な社長がいました。その方に謝罪に行った際に、思い切って、今後自分はどうしたら良いかと相談してみると、アドアフィリエイトしかないだろうとアドバイスをしてくれたのです。ただ私は数字が苦手。無理だと言うと、簡単だよとおっしゃる。そこまでおっしゃるなら教えてくださいとお願いして、それから何日か毎日のように電話をかけて、直接教えていただき、ノウハウを身に付けました」(梶谷氏)。

当初は滋賀県の自宅を拠点に外注を使いながら動画広告を制作し、一人で広告運用をしていた梶谷氏だが、アドアフィリエイト事業が軌道に乗り始めた約1年後の2023年2月、年商100億円の目標達成に向け、従業員を採用するため京都に事務所を構えた。

GeNieeeという社名は、世界的人気の映画作品に登場する魔神に由来しており、“クライアントの利益を爆発させる魔法をかける”というミッションを表現したものだ。従業員を採用するに当たり、そのミッションを達成するためのビジョンとして策定したのが、“才能の爆発”である。

「私達が事業を通して実現したいことは、クライアントや従業員の才能を最大限に発揮させることです。自身が得意としていることで周囲から評価され褒められることで、その才能がさらに伸びて生かされ、社会のためになっている、誰かのためになっているという実感を持てることが人間にとっての幸せであると考えています」(梶谷氏)。

その背景にあるのは自身の経験だ。梶谷氏自身、サラリーマン時代は形式張った組織のルールに馴染めず苦労したものの、理解のある上司の下で才能を開花させた経験を持つ。また、社内で最も「使えない」と言われていた後輩社員を部下にあてがわれた際には、その後輩の論理的思考能力の高さに気付き、その能力が発揮できる業務に集中させることで力を引き出した。その後輩も今では独立し、業績を伸ばし続けている。

「人には得意なところを認めて伸ばしてくれる環境が必要であることを痛感しました。私は人生を通して、個人や企業、サービス等の才能を見つけて爆発させる仕事をしたいと考えています」(梶谷氏)。

京都にオフィスを構えた時点のメンバーは梶谷氏一人。そこに動画広告の制作事業以来、外注先として関与していた広告事業部長・太田稜眞氏が参画。さらに京都市内の大学生インターンを中心に、約1年で14名にまで組織規模を拡大してきた。学生インターンとはいえ、同社は週40時間勤務することを条件に採用しており、マネージャーや事業部長等、重要なポジションも任せる。年収も一般のサラリーマン以上で、中には1,000万円を超える学生も存在する。3期目の売上9億円は、この学生インターン達と一緒に作り上げたものだ。ただ、2027年の100億、50名という目標を達成するには正社員が不可欠となる。そこで現在、動画を制作するWEBマーケティング、記事広告を制作するクリエイティブ、広告運用、それぞれの職種でキャリア採用にも注力中だ。

採用に当たり重視していることは“才能の爆発”というビジョンへの共感と、コアバリューとして提示する“信頼と熱狂”を備えていること、そして“素直さ”、“地頭の柔らかさ”の4点だ。WEB広告の制作や運用の経験は問わない。

「“熱狂”は才能を伸ばすための必須要件です。過去、何かに熱中して取り組んだ経験を重視しています。“信頼”はメンバー同士が才能を見出し、高め合う上で大切な要素です。嘘をついたり、大袈裟に話したりする人は採用しません。“素直さ”と“地頭の柔らかさ”は、必ずワンデイインターンを行って見極めます。我々のフィードバックを一旦は飲み込めるか、自分の考えに凝り固まっていないかを評価します」(梶谷氏)。

組織作りの上で大事にしていることは“適材適所”と“抜擢マネジメント”だ。“適材適所”で才能を発揮できる役割を与える一方で、“抜擢マネジメント”ではあえて、実力以上のポジションと報酬を与えて能力を引き出す。最初は失敗しても、任されることで当事者意識が芽生え、失敗の原因や、それを防ぐための方策を自分の頭で考えるようになり、成果に繋がっていく。

同社に集まるのは、一人ひとりが様々なバックボーンを持っているが、梶谷氏が示すビジョンやゴール、マネジメント方針に共感を示すメンバーである。それぞれの仕事にのめり込み、それぞれの得意分野で日本一を目指す。その仕事への向き合い方やゴールを共有しているメンバー同士だからこそ仲も良い。オフィス内では、お互いの才能を指摘する声が飛び交い、お笑い芸人のようにボケ・ツッコミが繰り出される。それでいてそれぞれが400万円以上の年収に相応しいパフォーマンスを発揮しているのだ。業績自体も含めて、同社のマネジメントが上手くいっていることは疑う余地がない。

「私は当社の従業員には、自分の人生の主人公は自分自身だと本気で思ってほしいと考えています。そのためには、自分の才能を見つける必要があります。当社に入れば必ずそうなれますので、ぜひご入社ください」(梶谷氏)。

梶谷氏が挙げる四つの条件さえ満たしていれば、誰もがありのままの姿でいられる。それが同社だ。人間関係に悩まされ本来の業務に熱中できない、周りから理解されず力を発揮する場が得られない。そんな悩みとも無縁の会社である。

募集している求人

クリエイティブ職(Web)の求人(7件)

インタビュー

株式会社GeNieeeのインタビュー写真
代表取締役・梶谷 翔貴氏 静岡県出身。2010年4月、東京都にある大学に入学。在学中に営業会社を設立。飛び込み営業で自動販売機やインターネット回線を販売し、50名規模まで事業拡大。並行して東日本大震災の被災地でのボランティア活動に従事。3カ月ごとに250名の学生ボランティアを派遣し、イベントを開催。2014年4月、新卒で不動産会社へ入社。2016年6月、広告事業等を手掛ける会社に転職しインサイドセールスに従事。2021年4月、株式会社GeNieeeを設立。

── 2027年3月に年商100億円を達成する目標を掲げています。具体的にはどのような方法で実現されるお考えですか。

現在の当社のフェーズでは、全く売れないものは売りません。売れ出した商材や売れている商材をいち早くキャッチし、そこで一番になって、誰も入らせないようにするという戦略を採っています。

今後も、この流れは踏襲します。私はビジネスを行う上で、隣の芝生が青く見えたら、そこに落とし穴があると思っています。上手くいっている時に自分は何でもできる天才だと思い込んで天狗になり、全能の神のような過信をして、やたらと他の事業に手を出しまくるというのは危険です。今、我々が行っているビジネスで100億円を超えている企業があるのであれば、我々にも、そこに到達するチャンスはある... 続きを読む

社員の声

すべて見る

企業情報

会社名

株式会社GeNieee

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > Webマーケティング・ネット広告

マスコミ・エンターテイメント・メディア系 > 広告・デザイン・イベント

企業の特徴
カジュアル面談歓迎、上場を目指す、平均年齢20代
資本金

100万

代表者氏名

梶谷 翔貴

事業内容

Web広告代理業
EC業界・リード獲得に特化しWeb広告運用を行っており「欲しくてたまらない」と思ってもらえるクリエイティブ制作を得意としております。
新しく生み出されたノウハウやサービスをもって、通販企業様はじめとするより多くの素晴らしい商品、サービスを人々に届けお客様の売上の最大化の手助けをさせていただきます。

株式公開(証券取引所)

従業員数

13人

平均年齢

27歳

本社住所

京都市中京区六角通烏丸西入ル骨屋町143 G&Gビル401号室

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:SideKicks 株式会社
SideKicks 株式会社
ビジネスアスリートになる!マーケティングエキスパート集団を目指すWebマーケ会社
無料登録して話を聞いてみたい
株式会社GeNieeeメインアイコン
株式会社GeNieee
採用担当 通山
ビジョンに共感できる人であれば長く活躍できることは間違いありません。成長と挑戦を求める方こそ活躍できる環境がGeNieeeには揃っています。ご応募お待ちしております!
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.
  • 転職サイトGreen
  •  
  • IT/Web・通信・インターネット系
  •  
  • Webマーケティング・ネット広告
  •  
  • 株式会社GeNieeeの中途採用/求人/転職情報
  •