お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 クレオのPR

株式会社 クレオ

生活者起点でエンドユーザーの心を動かすマーケティング・SPを提案!

196557

東日本本部 第2アカウントプランニング局
第5アカウントプランニンググループ 第2チーム
主任営業 伊東 一也氏
2011年4月入社。クライアントを笑顔にできる仕事を探し、広告業界に興味を持つ。風通しのよさや雰囲気のよさが伝わってきた同社を選んだ。

営業の想いを磨き、クライアントが満足できる形へと昇華できるメンバーがそろっている

思い描いたことを実現するチャンスがある――それが当社のいいところです。

大手飲料メーカーがコンビニ向けに販売しているワインのプロモーションを担当したときも、そうでした。そのワインは近年ブームに陰りが見えてきており、売れ行きは下降気味。しかも、お客様はブランドイメージに傷がつくことをとても気にしており、単に認知度を上げるだけの販促企画ではGOサインが出ないことは明らかでした。そこで、プランナーなどと企画会議を実施。アイデアを出しては実現性や効果を検討し、取捨選択を繰り返しながら、ワイン好きにも好感度が高いタレントの起用を提案。ポスターやPOPへの展開はもちろん、タレントと一緒に乾杯している雰囲気を味わえるショートムービーを制作してダウンロード特典として提供するなど、多様な販促企画を展開しました。

このような挑戦的な企画であっても、「ダメだ」といわれることはなく、プランナーやクリエイターが身近にいるので多角的な企画検討が可能。しかも、アイデアを形にするクリエイティブのスキルが高いので、私たち営業の想いを実現化できる。そこが面白さの一つです。

196558

リアル・デジタルメディア部
部長・プランニングディレクター
古澤 大輔氏
2001年4月入社。世の中に面白いことを発信していける広告プランナーを目指していたため、職種別採用を行っていた同社に魅力を感じ、入社した。

デジタルとリアルを融合させ、成果を求めるからこそ、仕事で得られる手応えに実感がある

スマホの普及等に伴い、リアルだけではお客様のニーズに応えきれなくなっています。そこで、WEBやデジタルの特性を理解し、ジオターゲティングやAIなどの技術を上手に取り入れながらデジタルとリアルの融合を図り、クライアントニーズに向き合う必要性が高まってきました。これに応える部署がリアル・デジタルメディア部です。

先日、あるスーパーで商品の人気投票を行い集客につなげる企画に携わったときは、商品特性をアピールするサイトや動画を作成。SNS上で拡散したことで、想定以上の反響をいただけました。各店舗が独自の企画を行うなどクライアント側も非常に盛り上がり、購買にもつながったことで、非常に喜んでいただけたのです。

実は、当社でデジタルに携わる良さが、ここにあります。自分たちの手掛けた施策が、リアルにつながっていることを実感できるんです。大勢のお客様がお店に足を運んで盛り上がる店舗を見ることができるし、売上を数字で確認することができます。クライアントから直接評価をいただいたり、嬉しそうに商品を手に取る生活者の笑顔を見ることも。仕事で得られる手応えが、とてもリアルなんです。

196559

東日本本部 クリエイティブ部 2課
アートディレクター 伊藤 篤範氏
2005年入社。グラフィックデザインの仕事を一時離れていたとき、「やはり制作が好きだ!」と気付き、転職先を探す。そのとき見つけたのが、同社だった。

エンドユーザーの心を動かすデザインを目指すからこそ、現場へ足を運び、現場で働く人の声を聞く

私のミッションは、クライアント=スーパーマーケットが抱える課題解決のためにPOPやポスター、WEB、ムービーなどのSPツールについて、ディレクションからデザインまで行うことです。といっても、社内にこもっているわけではありません。課題の本質を理解するため、売り場へ足を運んで現場で働くスタッフから話を聞いたり、クライアントの担当者とディスカッションしたりしながら、“現場”と“温度感”を把握することを大切にしています。関東圏とは異なる売り場づくりが学べるのではないかと、関西のスーパーマーケットを視察に行くこともあります。

「そこまでする?」と思うかもしれませんが、私たちがデザインしたもので、エンドユーザーの心を動かさなければならず、売り場で何をどう感じるかを理解するには、現場を知るしかありません。それに、クライアントの要望であっても、エンドユーザーに響かない案であれば、「それは違う」と納得いただくのも、私たちの仕事。その判断の根拠も、現場にあります。それに何より、多くの人とコミュニケーションしながらモノづくりするのが、私は好きなんです。

196560

人事部 副部長
北川 貴史氏

顧客、生活者だけでなく、社員にも幸せになってもらうために

社員教育は、基本的にOJTで行います。広告に関する法令などを学べる研修については、新卒向けの一般的なものがあり、希望すれば中途入社者も受講できますが、クライアントの数、案件の数だけアウトプットの形があるため、ノウハウについては経験しながら学ぶ機会の方が圧倒的に多いと言えます。

やりがいという面では早い段階から主担当を持ち、プレゼンなど重要な業務を任せていきます。本社がある原宿をはじめ、各支社の所在地を各地の中心街に置いているのも、流行の発信地に身を置き、感度高く仕事に取り組んでもらいたいという考えからです。

当社の基本的な考え方は、理念にもあるとおり顧客、生活者だけでなく社員も幸せにしていくこと。そのため、働きやすい環境づくりには力を入れています。福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」に加入し、さまざまな施設で優待サービスを受けられるようにしていますし、勤続満7・満15年を経過した社員にはリフレッシュ休暇として5日間の休暇と手当金が支給されます。女性の育児休暇取得率がほぼ100%なのも、取得しやすい雰囲気が社内にあるからだと思います。

Bnr sp354 11

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×