お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 BONXのPR

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

【バックオフィス】BONX内の顧客接点のハブになり事業成長の起点になる方、求む!!!

株式会社 BONX 世界中の日常から業務の様々なシーンまで、クルー、チーム、ファミリーをつなぐ。

327576

スノーボーダー宮坂。

創業ストーリー「なぜ雪上での仲間とのコミュニケーションはこんなにも難しいのか」

宮坂は東京大学在学中の4年間を北半球・南半球を往復して滑り続けたスノーボーダー。白馬で滑っていた宮坂はふと気がついた。

「なぜ雪上での仲間とのコミュニケーションはこんなにも難しいのか」

今や誰もがスマホを持って滑り、しかもスキー場はほとんどのエリアで4Gが入る。しかし、いざスマホを使おうとすると、止まって、手袋を取って、かじかむ手で画面を押して…と全く実用的でない。かと言って、今さらトランシーバーなんて…。

「スマホ x モバイルインターネットという新しい時代ならではのグループコミュニケーションツールがあるべきだ。しかも、最初から雪山という最もタフな環境に向けて作れば、それが信頼を生み、あらゆるシーンで使われるようになるはずだ」

そのビジョンを実現するために、エンジニアやデザイナーを集め、BONXをスタートした。

389951

通称ガミ。
Androidを中心にSTT(Speech-to-text / 音声のテキスト化)サービスの開発やエンジニア採用に至るまで幅広く活躍している、BONXエンジニアチームの中心人物の1人

BONXエンジニアチームの魅力を代表宮坂が直撃インタビューしてみた!

BONXは「世界は僕らの遊び場だ」というビジョンを掲げている。
そんな世界を実現するために、「最高のプロダクトを作って、仕事も遊びも境目なくチームがアクティビティを全力で楽しめるようにする」というのがBONXのミッションだ。

その「最高のプロダクト」を作るのがBONXのエンジニアチームである。
今回はそのエンジニアチームの魅力を、代表宮坂が直接チームのみんなに聞いてみた!

1. 個の力が強い!
エンジニアへのヒアリングで最もよく聞かれた声が「一人一人のレベルが今まで関わってきたエンジニアチームの中でダントツで高い!」というものだった。
BONXの独自開発のVoIPサーバーは類似勢品との大きな違いかつアドバンテージとなっている。モバイルクライアント開発においてはオーディオやネットワーク通信の深い部分にタッチすることとなる。ハードウェアも独自開発しており、ソフトウェアとの密な連携もある。BONXは音声グループコミュニケーションをハードウェア・ソフトウェアの垂直統合で実現している国内唯一スタートアップだ。技術的難易度がその辺りのウェブサービスベンチャーと違う。
そうした技術的チャレンジを楽しめるタイプのエンジニアが集まっているため、一人一人が優秀で成長意欲が高く、お互いに刺激を与え合って成長できる環境となっている。また、その周りをこの分野において日本有数のスキルを持つエンジニアが固めているため、学習機会もふんだんにある。
このような技術中心のチームで活躍できる能力・ポテンシャルを必要としているため、採用基準は厳し目だ。高いレベルを維持するため、妥協なき採用活動を続けている。

2. チームワークを大切にする文化
次によく聞かれたのが、いいものづくりのためのチームワークが育まれている点についてだ。
プロダクト品質を高めるために、エンジニア間でスキル・知識を補い合い、コードやデザインをレビューし合う文化がある。だからこそ個人の力を十二分に発揮でき、チームと一緒に成長できる。
いいプロダクトを作りたいというピュアな思いを持っているエンジニアが多いので、チーム内の派閥や政治が一切なく、フラットに建設的な議論ができるのも魅力だと言う。確かに宮坂が横で議論を聞いていても、年齢や入社年次は全く関係なく優れた意見が採用されるし、強引に意見を押し通そうとする人や自分のシマを守ることに必死な人もいない。
余計なストレスが少なく、チームでいいものを作ることに真っ直ぐになれることはきっとエンジニアにとっては素晴らしい環境なのだろう。

3. 優れたエンジニアリングでユーザーを笑顔に!
BONXは「声で仲間とつながれたらスノーボードがもっと楽しいのに」という宮坂の想いから生まれた。その想いを実現するために優秀なエンジニアが集まった。そして生み出した「最高のプロダクト」は、いま素晴らしい価値を世の中に生み出し続けている。
スノーボーダーが喜んだだけではない。BONXのプロダクトは雪山から高度3万フィートに至る様々な現場でチームを支えるものになった。その中にはコロナの最前線で人命を救う医療従事者の方もいるし、最高級ブティックやラグジュアリーホテルで最高級のおもてなしを実現するチームもいる。ラグビーやサッカーのトップチームを支えるスタッフチームもいる。
BONXのプロダクトが進化すればするほど、ユーザーの笑顔が増え、それはビジネスの成長にもつながる。例えば介護現場を補助する音声システムと連携すれば、現場の負担が減り、それだけスタッフや入居者の笑顔も増えるだろう。
Make smile(ユーザーの笑顔のために行動しようというBONXのバリュー)を体現できるエンジニアリングができることが、BONXエンジニアチームの最大の魅力かもしれない。
様々な場所で使わ始め、急速にユーザを増やす BONX のテクノロジーを支えるために、エンジニアチームがすべきことはまだまだ多い。
「世界は遊び場だ」というビジョンに向けて、エンターテインメント分野に留まらず全てのアクティビティに対して、BONXの「最高のプロダクト」で未来を広げていきたい。

389950

声でいつもつながる体験を提供するBONX

リモートワークのコミュニケーション課題はBONXで解消できます

リモートワークの導入でこんなお悩みありませんか?
・チームの社内連携やコミュニケーションの取りづらさ
・社員のモチベーションの維持
・管理職とメンバーのコミュニケーションの減少による部下の働きがいの理解
・プロジェクトや案件の進行が出社していた時と比べて遅い
・部署やチームを跨いだコミュニケーションの減少
・PDCAのアクションの実行が出社していた時と比べて遅い
・クラウドベースのツールでは情報管理が不安

>これら全ての課題を既存のビデオ会議ツールやテキストチャットツールだけで解決することは難しいかもしれません。現在すでに導入されているツールに加えて、BONXを導入することでリモートワークのお悩みを解決します
「音声でつながりながら働く」というリモートワークの新しいスタイルBONX WORK
BONXは、お手持ちのスマートフォンにBONX for BUSINESSアプリを入れるだけでメンバー同士が声でつながる音声による常時接続を実現します。トークルームというチームが会話をする部屋に入っておくことで、話しかければ誰かが応えてくれたり気軽に雑談ができます。BONXを活用したBONX WORKというリモートの働き方は、音声でオフィス空間を再現する新しいスタイルです。テキストチャットとビデオ会議ツールだけでは難しかった、リモートでの密なコミュニケーションをBONXは可能にします。
①オンラインミーティングの効率が上がります
音声でつながりながら働いていると日頃から密なコニュニケーションをチームでできるため根本的にミーティングの回数が出社していた時よりも少なくなりました。またBONXを活用してのオンラインミーティングでは、常時接続しているルームに入った状態で始めることができますので、ミーティングの度にビデオ会議ツールを立ち上げてメンバーが揃っているか等の確認が不要になりました。プロフェッショナルプランには文字起こしの機能もあるので、議事録を取らなくても会話の内容がデータとして残り、途中参加者はどのような会話が行われていたかをリアルタイムに確認ができます。

②プロジェクトのPDCAを回す効率が上がり、ビジネスが前に進みます
例えばデジタルマーケティングの仮説検証のPDCAでご説明すると、出てきた結果に対して予定を調整してミーティングをするとなると、議論開始までに時間がかかってしまいます。BONXで声でつながっている状態であれば、結果が出てきた瞬間にBONXを通じて相談がすぐにできます。現在は、デジタルマーケティングでのリード獲得に関するミーティングは週に1回しかしておらず、ミーティングは認識のすり合わせくらいの立ち位置になりました。ミーティングの時間が減ったことで、その時間を違う業務に使うことができているので生産性も大きく上がっています。またBONXの特性上、同じトークルームに入っていればその会話を聞くことができるので、メンバーのやり取りをマネージャーも聞いているので、「時間を別で取って相談」というステップを飛ばして、出た施策に対してのリアクションもすぐに返ってきます。これがBONXでビジネスが前に進む理由です。
③気軽にメンバーと話せることで生み出される雑談がビジネスを加速させます
テレワークの長期化で失われたものの1つとしてオフィスに出社していた時は自然にしていた「雑談」があげられます。雑談はイノベーションのきっかけになると言われています。同僚との雑談中に新しいビジネスの展開を思いつくということはよくあるのではないでしょうか?従来のリモートワークのツールにBONXをプラスして、常に音声でつながりながら働き、雑談や情報収集のための会話を社員同士で気軽にできる環境があれば、新しいサービスの創造やビジネスの仕掛けが思い浮かびやすくなります。

359804

BONXは、ミッション・ビジョン・バリューを大切にしている

BONXで働くことが最高にエキサイティングなチームプレイである理由

BONXの経営について少しお話しします。
BONXの経営は、CEOの宮坂が新卒で入社したBCGで養ったロジックオリエンティッドな組織を指向し、OKRを全社導入しつつ、ティール組織を実践し、会社目標へコミットメントしつつ、各メンバーの自律的な行動を促進してます。もちろん経営陣は専門家よるコーチングを受けて、経営の技術的素養に加え、その精神的成熟性を高めることも日々行っております。メンバーは、PDCAサイクルだけではなく、研修にも恵まれていて、自己能力を向上させる最高の環境で働いております。
と書ければ最高なのですが、現実は全く異なります。
むしろ世間で評価されている手法を安易に取り入れて数多くの失敗をしてきた過去があります。OKRは導入の前に複雑すぎて挫折してますし、ティール組織導入では全社的に混乱が起きたり、役員はコーチングを受ける前に企画自体が無くなったりしてます。

それまで経営の技術的な側面に目が当たりがちだったので、スタートアップとは、という根源的な部分から見直すことにした結果、
『スタートアップとは、社会人としてできる最高にエキサイティングなチームプレイである』という定義を出発点に検討することにしました。
さらに「エキサイティングなチームプレイ」を、分解してみました。
①自分ごと化されていること
②ハプニングや変化に応じてフレキシブルにチーム/個人で判断し行動できること
③スピード感に溢れていること
とすると、「KGI/KPIの設計というメンバーのアクション指針という形式的なことをきちんと運用すればうまくいくはず」という前提のもと、動いていたのですが、そこには大きなエラーが起こっていて、本来的には「エキサイティングなチームプレイ」ができているかどうか、そこを判断する視点を持つべきでした。

1, Stay simple:シンプルにシンプルにシンプルに
事業計画から始まり、プロダクトのUIUX、意思決定プロセス、ルール、Vision/Mission/Value、販売方法、KPIなど、あらゆる部分がシンプルであることが大事です。
シンプルであればあるほど
・環境変化やサプライズに対してフレキシブルに対応できる
・速い/迷う時間が減る
・透明性が上がる
・デザイン的に美しい
と考えてます。

2, Be a user: 使う
僕たちが創り出すプロダクトについて僕たちがUserであることは当然として、それ以外の様々なことについてUserである、ということにも注目しています。
CSS Teamであれば、”とてもシンプルな”カスタマーサポート/サクセス/エンゲージメントのプロセスの一番のUserですし、BONXというプロダクトの検証にもBONXを使います。
バックオフィスTeamでは、Valueの策定に行った担当者は、BONXで一番のValueのUserになってますし、経費承認フローを作った担当者は、承認フローのUserですし日々メンテナンスしてくれています。

3, Do it NOW: 今すぐ
なる早、爆速、至急ではなく、「今すぐ」やるカルチャーが維持されているかどうか、Time is money、今すぐやるカルチャーが維持されているかはすごく大事にしています。
「ミーティングが終わったらTo DoとDeadlineを決めてスピーディに」などの話が出るとイエローランプ。
重要なことはミーティングの途中であっても即アクションに移すことを徹底しています。実行に対する熱量がマックスに高まっているその瞬間にアクションすることが最も大事だし、それがパフォーマンスを最大化すると信じているからです。

今のBONXの(常勤)役員は3名、正社員は17名で、まだまだ小さい組織です。順調に成長すれば、人数も増えていくと思うのですが、同時にまた組織上の問題が起こるでしょう、そして僕たちはまた失敗すると思います。
もちろん失敗しないように準備して望みますが、失敗すると思います。ただ上述の3つを視点をキープしていれば、失敗をしっかり振り返っている限り僕たちらしい組織設計が産み出されるでしょう、それは非連続的で他社が真似できない独創的な形になるでしょうし、それは確信してます。

358753

入社後もフルリモートの環境で結果を出す岡島

入社後2か月のセールスの岡島さんがフルリモートのまま大型案件を担当している話

コロナ禍の中で入社したセールス岡島さんが、フルリモート勤務にも関わらず入社後48日目で大型案件の商談をすでに行っているということが分かりました!

採用担当:
入社から大型案件を担当することになるまでの48日間を振り返って頂けますか?
岡島:
入社後15日くらいでオンボーディングは完璧にしていましたが、実は3日目くらいから既に直接お客様とオンラインで商談をしていました。お問い合わせがあったお客様にご連絡し、トライアルをして頂きその後をフォローしていくということをメインにやっていました。そのまま、お問い合わせの対応とオンラインでの商談を継続し、初受注は29日目でした。ゴールデンウィークを挟んでいたので実質20営業日くらいですね!
セールスマネージャーの蒲池さんから「岡島ならできるよ」と早い段階で任せてもらえました。なぜこんなに早い段階で商談ができたかと言うと、実は入社前から時間があるときにBONXのYouTubeチャンネルで配信されていたウェビナーを見ていました。そのイメージがあったので商談にスッと入っていけましたね。また、BONXを繋いで働くことでセールスマネージャーと自分以外のセールスのやり取りをキャッチアップできるので勉強になりました。

初受注が、早いかと言われると自分ではそうでもないと思っています。実は中々受注できないことに結構焦りを感じていました。トライアルをしていただくお客様は多かったのですがそこから受注につながらなくて。他のセールスメンバーにロープレをお願いして自分の商談の質を高めたことも初受注にいい影響があったと思います。BONXで繋がりながら働いていたので、空いている時間に気軽に話しかけてお願いできました。
特に、1つの部署のトークルームだけでなく、いろんなトークルームに入った状態で仕事をしています。そのなかの1つに役員3名が常に入っているトークルームがありまして、経営幹部クラスの方の会話を聞くことができます。そこでの会話を聞き流すことで、自分よりレイヤーが上の方々がどういったことを考えて動いているかを学べるので、その感覚をまさに大型の案件の商談にも活かしているかんじですね。BONXで繋がっていなければ絶対にそんな会話聞くことできないです。出社しているよりも絶対に情報量が多いです。

BONXの場合、目指したい世界とビジョンが明確で全員が共通認識として持っています。そこがブレなければ営業の手法もある程度自分のスタイルで裁量をもってやれるところが良いですね。
また自分が主要なメンバーの1人であることが実感できます。BONXを使った働き方は本当に効率がいいのでもっと世の中に浸透させていきたいですね!

応募フォームへ

この企業が募集している求人

Inexperienced small

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×
×