お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

BONXの採用/求人/転職情報

153134

株式会社 BONX

画期的なアウトドアスポーツ・グループトークテクノロジー「BONX」をリリース。“遊び”を大事に!

「今までやっていたスノボが格段に楽しくなった」という反響

画期的なアウトドアスポーツ・グループトークテクノロジー「BONX」(ボンクス)をリリースしている、株式会社BONX。スノボやスキー、自転車、フィッシング、山歩きなど、グループで楽しむアウトドアスポーツ/レジャーというシーンで、離れた場所にいても仲間同士で自在にコミュニケーションが取れる新しいウェアラブルデバイスの開発に取り組んでいるベンチャーである。
「BONX」は、スピーカーとマイクロフォンを内蔵した耳かけ式のウェアラブルデバイスと、スマートフォンのアプリで構成される。独自開発の音声データ通信システムと音声認識技術(VAD)の発話機能により、運動中の激しい動きの中でも、フリーハンドでデバイスからの通信を開始して会話を始めることができる。話が途絶えれば自動的に通信は切れる。このため、バッテリーや通信量は節約できる。デバイス間の通話はVoIPを用い、携帯電話のデータ通信を使ってやり取りする形式。したがって互いの距離は通話能力に関係なく、同時通話も可能だ。最大10人まで登録できる機能も備えているので、グループでの遊びの楽しさを倍加させることができる。
また、ウェアラブルデバイスは激しく転ぶなどしても耳から外れず、かつ長時間装着していても痛くならない形状を追求(特許・意匠権申請中)。3サイズの装着パーツが付属しているので、様々な耳にフィットする。4色のカラーバリエーションから選ぶことができる。
アウトドアでの使用を前提として開発にこだわったのが、電波状況の変化への対応性能だ。電波が弱くても切断されにくく、かつ圏外に出て切断されても圏内に戻れば自動的に復帰できる独自の通信プロトコルを開発した(特許申請中)。
「BONX」の開発に当たり、クラウドファンディングで出資を募った。その出資者には先行して完成品を提供。一般には2016年の11月に発売予定で、同社のもとには様々な反響が届いているという。
「一番うれしいのは、まさにこのために開発したという、『今までやっていたスノボが格段に楽しくなった』というコメントです。また、『妻がホテルに帰った後も一人滑りながら妻と会話できて楽しかった』というコメントもありました(笑)」とCEOの宮坂貴大氏は顔をほころばせる。
国内発売とほぼ同時期に、アメリカにマーケティング拠点を設ける準備を進めている。国内外とも、スポーツショップやオンラインストアで販売する予定だ。正式リリース後の反響が楽しみである。

142382
142389
153135

世界中にファンのコミュニティができるような会社を目指す

「学生時代から自分でビジネスを手がけたいと考えていた」という宮坂氏は、東京大学卒業後に、ビジネスを学ぶことも兼ねて外資系コンサルティング大手のボストン・コンサルティング・グループ(BCG)に入社。「厳しく鍛えられた」という。そして、“世界一多彩なカメラ”といわれるアクションカメラメーカー「GoPro」の創業ストーリーに感銘を受け、ロールモデルとする。そんな宮坂氏は、以前からスノーボードやスケートボードが大好きだった。ある時、いつものように友人と出掛けた白馬のスキー場で、偶然にもGoPro本社の社員と知り合い、一緒にスノボを楽しむ機会を得ることができたという。
「運命的な偶然でした。そこでGoProの人といろいろ話ができたことが契機となって、『BONX』のアイデアが浮かんだのです」
宮坂氏は以前、仲間とスノボを楽しんでいる時に離れ離れとなり、連絡を取るのに辟易とした経験があった。
「スマホを取り出して電話をしようとしたのですが、雪原の環境でグローブを外してスマホを取り出し、電話を立ち上げるのが大仕事だったのです。その強い原体験がベースにありましたね」
文系出身の宮坂氏は、製品開発のため、同じ東大→BCGの仲間であった現CTOの楢崎雄太氏を誘い入れた。楢崎氏は、東京大学大学院で音声処理の研究に従事し、その後BCGに転じたというキャリアの持ち主である。
開発資金を得るため、宮坂氏は「BONX」の仕様やビジネスプランを企画書にまとめて独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に助成金を申請、採択される。また、クラウドファンディングを募集したところ、こうしたガジェットの開発としては当時国内最高金額の約2,500万円を集めて話題となった。さらにVCからも出資を得ることに成功する。
こうして、2014年11月の会社設立後、1年ほどで「BONX」を完成させた。
将来ビジョンについて、宮坂氏は次のように話す。
「まずは『BONX』を成功させることに全力で取り組みますが、それとともに同様のコンセプトでいくつかのバリエーション製品を出していきたいと考えています。また『BONX』はIoTでもあるので、通話データが蓄積したところで、何かに活用していきたいとも考えています」
目指すは、世界中に「BONX」ファンのコミュニティができるような会社。
「まずは、社員が最高のファンとして、働いていて楽しい会社にしていきたいと思っています」と宮坂氏は強調する。

142387
142398
153136

「最高の遊び道具を真剣につくる」社風。遊びも家族との時間も大切に

2016年10月現在、社員数は8名。経営層以外は、ハードウエア系およびソフトウェア系のエンジニアやバックオフィスのスタッフが在籍している。
「それぞれの領域におけるプロフェッショナルとして全面的に信頼し、仕事を任せています」と宮坂氏。時間の制約はミーティングぐらいで、あとは自由だ。副業をしても構わないという。コミュニケーションには、SlackやGitHubも活用している。
BCG仕込みの厳しさと、そもそもストイックなメンバーが集まっている同社。社風としては、「最高の遊び道具を真剣につくるという雰囲気。仕事の姿勢はストイックそのもので、決して妥協はしない」と宮坂氏は言う。一方、遊ぶ時間も同様に大切にしている。
「『BONX』の実地検証を兼ねて、みんなで山によく行きますね。それができるのも、こうした製品を手がけているメリットでしょうか(笑)」
本社があるのは、東京・世田谷の駒沢公園のすぐ隣。そこを選んだのは、同公園にはプロスケーターも来るスケートパークがあるからだ。
「仕事中も、隙間時間に滑りに行けます。当社のサーバーエンジニアは珍しくスケボーの愛好者です」と宮坂氏は笑う。家族との時間も大切に考えていることも含め、ワークライフ・バランスは非常に重視しているといえる。
そんな同社が求める人材の要件は、「プロフェッショナリズム」「イノベーター」「チームプレイヤー」「遊び心のある発想力」「フィジカルな遊びが好き」といった要素。遊びを真剣に楽しみたいという思いが、仕事の質を高めることに繋がる同社。価値観を共有する人は見逃せない募集といえるだろう。

142388
142391
142402

株式会社 BONXに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 BONXに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 BONX
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
製造・メーカー系 >  電気・電子・機械・半導体
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
設立年月 2014年11月
代表者氏名 代表取締役CEO 宮坂 貴大
事業内容 ・ウェアラブルデバイスの企画・開発・販売
・付随するモバイルアプリの企画・開発
従業員数 8人
本社所在地 東京都世田谷区駒沢5-2-10 ホームズ駒沢公園303
153134

株式会社 BONX資本金設立年月日2014年11月従業員数8人

画期的なアウトドアスポーツ・グループトークテクノロジー「BONX」をリリース。“遊び”を大事に!

この企業が募集している求人

142399
【iOSエンジニア】グッドデザイン・ベスト100受賞!BONXを進化させるiOSエンジニア募集!
iOSエンジニア

■仕事内容 日本のIoT史上最高額をクラウドファンディングで調達したアウトドアスポーツ・グループトークシステム「BONX」の開発に関わっていただけるiOSエンジニアを募集します。 具体的には、アウトドアスポーツ・グループトークシステム「BONX」と連携するiOSアプリの設計・開発・品質管理・UX改善など、上流から下流まですべての業務をお願いします。 ・既存機能、UI/UXの改善業務 ...

142399
【サーバーサイド】グッドデザイン・ベスト100受賞!BONXを進化させるサーバーサイドエンジニア募集!
サーバーサイドエンジニア

■仕事内容 日本のIoT史上最高額をクラウドファンディングで調達したアウトドアスポーツ・グループトークシステム「BONX」の開発に関わっていただけるサーバーサイドエンジニアを募集します。 具体的には、アウトドアスポーツ・グループトークシステム「BONX」と連携するサーバーシステムの設計・開発・品質管理・運用など、上流から下流まですべての業務をお願いします。 ・クライアントとの連携機能の...

142400
【Androidエンジニア】グッドデザイン・ベスト100受賞!BONXを進化させるAndroidエンジニア募集!
Androidエンジニア

■仕事内容 日本のIoT史上最高額をクラウドファンディングで調達したアウトドアスポーツ・グループトークテクノロジー「BONX」の開発に関わっていただけるAndroidエンジニアを募集します。 具体的には、アウトドアスポーツ・グループトークテクノロジー「BONX」と連携するAndroidアプリの設計・開発・品質管理・UX改善など、上流から下流まですべての業務をお願いします。 ・既存機能、...

Bnr sp354
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる