お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 LOCUSのインタビュー

株式会社 LOCUS

動画マーケットを牽引するパイオニア! "動画×◯◯=∞" コンサルティングとテクノロジーで更なる市場を創造し続ける。

166765

代表取締役 
瀧 良太 氏

動画×◯◯=∞ ビジョンで描く世界

私たち、LOCUSは「動画をもっと手軽に。動画クリエイターをもっと身近に。」というビジョンを掲げ、"動画"を軸とした企業のコンサルティングを主力事業としています。

"動画"と聞くとテレビCMを連想される方も多いかもしれません。
1953年8月28日に日本初のテレビCMが放映され、日本の動画マーケティングの歴史が始まりました。それから六十有余年が経過しましたが、長い間、テレビCMが唯一無二の存在であった閉鎖的な業界は大きな進化を遂げることはありませんでした。

しかし、安価で良質な撮影/編集機器の普及によって制作コストが下がり、そして、インターネット通信速度の高速化に伴いテレビ以外でも容易に動画を視聴できるインフラが整備され、Webや街頭ビジョン、デジタルサイネージなどマルチスクリーンでの動画活用が広まり始めました。古い価値観が蔓延するこの業界に風穴が開けつつあります。

近い将来、電子ペーパーやウェアラブルデバイス、ホログラム、VR、ARなど更なるテクノロジーの進化にて動画コミュニケーションは益々加速していくことでしょう。

まるでSF映画のような世界が訪れるのは目前であり、この市場には未だかつてない大きなチャンスが到来しようとしています。

例えば、米国では普及しつつあるECと動画を組み合わせた「ビデオコマース」や動画クリエイターの派遣・紹介などの「動画人材ビジネス」。toC向けに誰もが簡単に動画をカッコよく編集できるようになる「動画カルチャースクール」の開講、動画クリエイターの育成を行う「クリエイター養成スクール」等、「動画×●●」を軸とした新たなビジネスチャンスはあらゆるところに存在します。

ですが動画コミュニケーションが急増する一方で、複数の広告代理店が介在するゼネコンモデルにより高コスト体質であったこのマーケットには「動画=テレビCM=高単価=大手企業」という固定概念が根強く、まだまだ多くの課題が存在しています。

この閉鎖的であった業界特有の課題に対して、私たちは700名の書類選考と面接にて厳選されたフリーランスクラウドソーシングとコンサルティングの機能を掛け合わせた独自の直販モデルによりゼネコン型であった業界の常識を覆していくことで新たな市場を開拓してきました。

旧態依然のビジネスモデルを破壊し、新たな動画市場を創造することにより、今までゼネコンモデルのため下請け構造となっていた動画クリエイターの方々にもっと光が当たる。まずは、先陣を切ってそのようなマーケットにもっと変えていくことも目指していきます。

2015年にリリースをした「テンプレート型動画制作アプリFastVideo」も業界初のサービスとなります。これはファストフード、ファストファッションに続き、BtoBの動画活用をもっと手軽にという想いで立ち上げました。

FastVideoは既にグルメメディアのコンテンツや百貨店のデジタルサイネージ、メーカーの取扱説明書、不動産物件の紹介などにおいてご利用いただいており、「低価格」「低工数」「ハイクオリティ」な特長が高く評価されています。

今後もその特長・有用性にさらに磨きをかけ続け、業界のスタンダードとしての地位を確立し新たな事業の柱にしていきたいと考えています。

そしてその先に拡がる未来を見据えて、業界の常識や関係性など固定概念にとらわれることなくマーケットニーズに合わせた世界に通ずる新たな動画ビジネスにチャレンジしていきます。

なぜLOCUSを創業したのか

LOCUSは前職で立ち上げた事業を継承したというのがバックボーンとなります。

2006年に新卒で前職のビー・スタイルに新規事業担当として入社しました。
仕事で結果を出したら新規事業という前提で入社をしておりましたので4月に全社でトップになった結果、5月から新規事業部署を立ち上げたというのがルーツとなります。

最初のビジネスモデルは当時注目されていた社内SNS事業だったのですが、その時に、SNSに動画を流すとコミュニケーションやナレッジマネジメント効果が広がるという事で、動画を流せる社内SNSシステムを作った事が動画ビジネスを始めるきっかけとなります。

その後、社内SNS事業は撤退することが決定されたのですが、フリーランスの方を束ねて作っていた動画部隊をなくすのは...という思いもあり、私が責任者になって動画も受託制作に切り替えて、動画を軸にした事業をスタートしました。

それにあたり採用の動画市場を調べた所、非常にニーズがある事が分かったのです。社員や社長が出席できない説明会に使いたいとか、各地で説明会をやっているので情報の均一化をしたいとか。ところがニーズがあるのにも関わらず、動画制作にはお金がかかるというイメージがある。そこを直販にして価格を抑えれば、動画を広められるのではとチャンスを感じ、2007年に事業を始めました。

最初は開拓に苦労しましたが、日本生命様やすかいらーく様、セブンイレブン様など多種多様の業界大手、ベンチャー、中小企業各社様など、250社あまりとお取引できるようになり黒字転換を達成。ところがそのタイミングでリーマンショックが起こり、日本経済が低迷する中で2009年の冬の役員会で新規事業は撤退するということ決まりました。

当初は事業を他の企業様に引き継いで頂く方向で動いていましたが、クライアント様や仕事をお願いしてきたクリエーターさんへの責任がある事。動画業界自体が、一般的なビジネス世界と少しかけ離れた古い体質があり、そこに何かしらチャンスがあるのではないかという事。事業自体は黒字だったという事。その三つを考えると、私が継承すべきではないかという結論に至り、ビー・スタイルの三原社長とも協議した結果、事業譲渡を受ける形で2010年4月にLOCUSを立ち上げました。

正直申し上げると、動画やマーケティング業界を元々志望していたわけではなく、学生時代から「意義があり伸びるマーケット」と出会うことがあれば起業しようと思い続けていまして、その条件に合致したのが「動画ビジネス」でした。

学生時代は芸能人や富裕層向けの会員制宝石店やルイヴィトンなど海外高級ブランドのセレクトショップなどのビジネスを行っていましたが、売上と利益を追うだけではやりがいを感じられず全ての仕事を辞め、就職活動をした経緯があります。

「意義があり伸びるマーケット」と出会ったら、必ずチャレンジしようと思っていた学生時代に抱いた想いは変わらず、この動画業界は閉鎖的であったためイノベーションを起こしていく意義を日々感じていますし、テクノロジーの進化で市場拡大は確実なので、この業界を牽引するリーディングカンパニーを目指していきます。

新たな仲間へのメッセージ

これら未だ誰もが成し得ていないビジネスに挑戦していくため、LOCUSには年齢や入社年次に関係なく仕事もポジションも裁量も実力次第であり、経営陣との距離も近く、そして自分の意思で主体的に働くことが求められます。

ビジョンに共感し集った仲間のバックグラウンドも広告代理店やメディア、コンサルティング、人材など、動画ビジネスとは異業種かつ大手~ベンチャー出身、新卒まで幅広い人財が在籍しているため業界特有の古い慣習に縛られないイノベーションを生み出す環境があるのではと思っています。

動画ビジネスは黎明期であるため、国境を超えた数々の可能性が拡がっています。そして会社の成長や組織作りを肌で感じ、自らも創っていくことができるフェーズであることが他社にはないLOCUSで働く魅力だと考えます。

そして私たちと共に、生活に欠かせない"まだ、世界に無い価値"を創造していきたいという成長意欲のある方と出会えることを心からお待ちしています。

Bnr sp354 1

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×