お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

アドバンスト・アプリケーション 株式会社の企業情報

アドバンスト・アプリケーション 株式会社

IBMのビジネス戦略を担うSEプロ集団

金融システム構築のエキスパート企業

 当社(アドバンスト・アプリケーション)は、1987年創設以来、金融機関のお客様を中心に基幹システムのインフラ構築とアプリケーション開発を主要なビジネス分野として展開してまいりました。
 インフラ構築におきましては、メイン・フレーム・システムからオープン・フレーム・システム、ネットワーク・システムとお客様もインフラ全体の構築を数多く手掛けており、これらには最近特に、その有用性が注目されております”クラウド”,”ビックデータ”,”モバイル”の要素技術を多く擁しております。
 一方、アプリケーション開発につきましては、メイン・フレーム・システム及びオープン・システムの両者のアプリケーション開発のみならず、ミドル・ウエアやアプリケーション開発の品質・効率向上に有効な開発支援ツールの導入においても多くの実績を有しております。
 当社は、これらの技術をもってお客様のビジネスの成功と社会の発展に貢献してまいります。

4914
77672代表取締役社長 宮村 忠良 氏

高い技術力を活かすための「対話力」を重視

企業理念の第一として「お客様志向」を掲げる同社では、顧客との対話を重視しながらビジネスを展開している。顧客のニーズを的確につかみ、高い技術力を発揮するためには、対話を基にした情報収集やサービス提案が欠かせないからだ。
「対話の中からお客様が望んでいることを感じ取り、お客様の一歩先を行く提案をすることで、初めて専門的な技術が活かされることになります。当社ではポジションが上がるにつれて、評価基準としてお客様との対話力が大きなウエイトを占めるようになります」

対話の大切さは、社員間においても変わらない。いかに個人が優れた技術をもっていても、実際の業務はチームとして臨むケースがほとんどであり、対話をベースにしたチームプレーが必須となる。
「たとえ『スーパーSE』と呼ばれるような人材であっても、一人の力では当社の仕事を効果的に進めることはできません。幸い当社では、ポジションや社歴に左右されず、お互いがフランクに対話できる風土が根付いており、チームワークを発揮しやすい状況にあると思います」

2007年8月に他業界のシステム管理部門から転職し、現在は地方銀行向けのアプリケーションソフトの開発に携わる村中氏も社内コミュニケーションの良さを感じながら仕事を続けている。
「面接時からフランクな印象を受けたのですが、実際に働いてみても印象は変わりませんね。分からないことがあれば何でも聞くことができますし、会議においても誰もが発言できる雰囲気があります。開発の第一線で仕事ができ、残業手当など待遇面も整備されていることに魅力を感じており、今後は技術力を磨いてより大きなプロジェクトを担当できるようになりたいです」

ビジネスに必要とされる力は、入社後にも磨く機会が用意されている。外部研修機関によるITスペシャリストの育成プログラムを受講できるほか、入社後からポジションに応じて対人適応能力やリーダーシップなどを高めるプロフェッショナル研修にも参加できる。
「対話力がお客様のニーズをつかむための力だとすれば、技術力はニーズを具現化するための力となります。当社では、お客様と強い信頼関係を築いていけるプロフェッショナルを育てるために、2つの力を高める仕組みづくりをさらに進めていくつもりです」

3116エントランス
7540開発本部 コンサルティング技術部
村中 賢志 氏

最先端の仕事を通じて自分の力を高められる

金融機関向けの基幹システムやアプリケーションの需要は、既存設備の更新や外資系保険会社の進出などにより、今後も安定的に推移すると見られている。しかし、その一方で市場競争は激しさを増しており、豊富な実績を誇る同社についても一層の進化が求められている。これから必要とされる人材には、厳しい市場環境に打ち勝つ力が必要とされそうだ。
「当社のビジネスは、お客様から常に厳しい予算、納期を求められており、安価な価格で仕事をこなす中国やインドの会社も市場に参入しています。このような苦しい状況においても前向きに取り組めることを前提に、職人としての技術力と、お客様に要求すべきことは要求できるくらいの関係を構築できる対話力を併せもつことを新しい人材には求めたいですね」

同社では、過去数年にわたり新卒人材とほぼ同数の中途人材を採用しており、他社で経験を積んできた人材を受け入れる環境は整っている。
「たとえばSEは4つの部門に分かれて仕事をしていますのが、そのうち2つのラインマネージャーは中途採用による人材です。もちろん、新しく入る人材が当社の環境になじむ努力は必要ですが、前向きな姿勢と実力さえあれば、すぐに順応できると思います。当社としても志望者一人ひとりがどのような仕事を希望されているのか考慮して配属を決めます」

フィールドは、SEにとってはトップレベルと言える金融機関向けのビジネス。同社の一員になれば、レベルの高い仕事に誇りをもって取り組むメンバーとともに、自分のスキルやノウハウを存分に伸ばすことができる。最先端のIT分野に身を置き、自己成長のチャンスを得られることは、大きな魅力となりそうだ。
「当社には、IBMの仕事を中心に、最先端の技術に触れ、自分の力にすることができる魅力的な仕事がたくさんあります。社歴の長さによって携わる仕事が左右されることはありませんので、当社に興味をもたれた方はどんどん応募していただきたい」

3118秋季全体会議風景
7541管理本部 企画・人事部
課長代理 増永 要 氏

アドバンスト・アプリケーション 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、アドバンスト・アプリケーション 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 アドバンスト・アプリケーション 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
資本金 3億1932万円
売上(3年分)
2013年 3月 期 2012年 3月 期 2010年 12月 期
30.4億円 29.5億円 25.8億円
設立年月 1987年06月
代表者氏名 代表取締役社長  宮村 忠良
事業内容 1. コンピューター・ソフトウェアの開発・保守
2. パッケージ・ソフトウェアの販売・保守
3. 上記に関する業務全般
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 JBCC株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社
主要取引先 日本アイ・ビー・エム株式会社
みずほ情報総研株式会社
NTTデータソフィア株式会社
明治安田生命保険相互会社
明治安田システム・テクノロジー株式会社
T&D情報システム株式会社
アクサ生命保険株式会社
株式会社クリス
株式会社エクサ
従業員数 244人
平均年齢 36.0歳
本社所在地 東京都中央区新川1-8-8 アクロス新川ビル8階

アドバンスト・アプリケーション 株式会社資本金3億1932万円設立年月日1987年06月従業員数244人

IBMのビジネス戦略を担うSEプロ集団

After covid19 bottom
×