お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

Aflac Ventures Japan 株式会社の中途採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

473093

Aflac Ventures Japan 株式会社

アフラックグループが、ヘルスケア・介護・データサイエンス領域で新規事業を創出するTech系ベンチャーの開発人財を募集

子宮頸がんの検査、がん患者向けコンシェルジュなど、ヘルスケア領域で新規事業を創出

Aflac Ventures Japan株式会社(以下、「Aflac Ventures Japan」) は、がん保険で有名なアフラックグループの企業。アメリカにある持ち株会社アフラック・インコーポレーテッドの傘下で、日本で保険以外の事業開発を推進するために設立された。

Aflac Ventures Japanは、二つの事業を手掛けている。一つは「ベンチャー投資支援業務」。医療や介護分野で先進的な取り組みをしている、あるいはアフラックグループの事業とシナジーがあるサービスやプロダクトを持つ会社を、資金面でバックアップし、アフラックグループ各社との協業を支援している。2022年5月現在、Aflac Ventures Japanは、21社のベンチャーに投資している。

そして、もう一つは「子会社の経営管理・支援業務」。Aflac Ventures Japanには、Hatch Healthcare株式会社(以下、「Hatch Healthcare」)、Hatch Insight株式会社(以下、「Hatch Insight」)の子会社があり、そのヘルスケアやデータサイエンス領域における新規事業開発を支援している。それぞれの会社が手掛ける事業を紹介しよう。

Hatch Healthcareは、設立当初から、ヘルスケア領域で新規事業を創出している。

子宮頸がんの原因であるHPV(ヒトパピローマウイルス)の自己採取サービス「&Scan(アンドスキャン)」は、自宅に届くキットを使い自分で子宮頸部細胞を採取し、それを郵送するだけで検査結果が分かるサービス。子宮頸がんは検診で予防できるがん。しかし、欧米と比べ、日本は検診を受ける率が半分以下に留まっている。簡単に素早く自分で検査できる「&Scan」は、現在、健保や企業の福利厚生サービスとして提供されており、日本の子宮頸がん検診の受診率アップが期待されている。

がん患者とその家族に伴走するコンシェルジュサービス「がん相談コンシェルジュ」は、がんと診断された時から治療中、日常生活に復帰した後まで、幅広くサポートするサービス。がんの臨床経験のある医師に疑問や悩みをチャットで相談でき、専門医師を紹介してもらえる。治療を始めてからも、治療と仕事の両立に向けた就労支援、診断や治療方針・方法等についてのセカンドオピニオンの提供、様々な生活支援サービスの案内、がんの経験を持つ人や治療中の患者が集うコミュニティの紹介等、サポートの幅は広い。

「『がん相談コンシェルジュ』は、がんに関する様々な疑問や悩みを相談できるサービス。アドバイスだけでなく、実際に患者と様々なサービスとを結ぶエコシステムに育てる予定です。家事代行や買い物代行、ハウスクリーニング、ミールキットや冷凍弁当の宅配、入退院時の付き添いや移動のサポート、カバーメイクの方法等を提供する事業者と連携し、がん患者の生活をあらゆる面でサポートできるサービスを目指します」(Hatch Healthcare がん事業部「がん相談コンシェルジュ」プロダクトマネージャー・横倉弘隆氏)。

473119同社は、がん保険で有名なアフラックグループの企業
473132アメリカにある持株会社アフラック・インコーポレーテッドの傘下で、保険事業以外を展開
473098

介護領域での新規事業。そして、医療データを活用するデータサイエンス

Hatch Healthcareでは、現在、介護領域における新規事業の開発にも力を入れている。たとえば、ベンチャー投資先のWelmo社と「介護施設選定支援サービス」を共同開発している。疾病情報や趣味嗜好といったパーソナル情報を入力すると、その人にマッチしたサービスや環境を備える施設を提案する仕組み。詳細な料金プラン情報も記載し、要介護者やその家族が自分達にマッチした介護施設を探せる。ベータ版をリリースして福岡県でテストマーケティング中だ。

「介護施設は全国に55,000もあり、老人ホーム、デイケア施設等、施設で提供しているサービスが違います。要介護者の趣味嗜好による施設との相性もあって、さらに利用料金にも差がある等、最適な介護施設を選ぶのは難しいのが現状です。介護施設入居の相談を受けることの多いケアマネージャーが利用しやすい機能を備えることで、激務だといわれるケアマネージャーの負担を減らすこともできます」(Hatch Healthcare 介護事業部プロダクトマネージャー・藤原浩義氏)。

ほかにも、在宅介護分野では、「スマートケアホーム」のサービスを開発中だ。「がん相談コンシェルジュ」の基盤を活用して、将来的に居宅でのセンサーを活用したサービスに進化させる計画だ。

もう一つのAflac Ventures Japanの子会社Hatch Insightは、アフラックグループが持つ膨大なデータや国・地方自治体が公表しているデータを分析して、ヘルスケアソリューションを提供するデータカンパニー。
同社が提供するソリューション「WhytPlot」は、病院の患者数の増減やエリアの将来予想、病診連携の現状が視覚的に把握できるツール。医療機関や医薬品メーカー等、法人向けのサービスだ。

「『WhytPlot』では、患者の流れを地図上で推測し、視覚的にエリア内のターゲティングを行えます。また、ターゲット先とした病院の疾病別患者数や、エリアへの流入・流出状況を、クリック一つで簡単にデータで把握できます」(Hatch Insight テクニカルリード・玉井大氏)。

同社が提供するもうひとつのサービス「yourHospital(ユアホスピタル)」は、データに基づいた「最適な病院選び」のためのWebサービス。口コミではなく、厚生労働省が発表する客観的なデータに基づき、「患者数」「コスト力」「技術力」「サービス力」の面から評価。それぞれの患者にぴったりの病院を探し出せる。

473116Hatch Healthcareと、Hatch Insightを傘下に持ち、ヘルスケア領域で新規事業を創出している。
473124子宮頸がんの原因であるHPVの自己採取サービス「&Scan(アンドスキャン)」やがん患者とその家族に伴走するコンシェルジュサービス「がん相談コンシェルジュ」等を開発・提供している。また、医療データをもとにしたデータサイエンスにも取り組んでいる。
473100

自由な働き方と寛容な文化。外資系と日本企業のハイブリッドなカルチャー

2024年、アフラック生命保険株式会社は日本での創業50周年を迎える。2018年4月からは日本法人となり、名実ともに日本の生命保険会社となった。2024年に目指す姿として「Aflac VISION2024」を策定。「生きる」を創るリーディングカンパニーへの飛躍を掲げている。

同社は、日本において約1,500万件のがん保険を預かっており、保有件数ナンバー1を誇る。日米で事業を展開するアフラックグループの中で売り上げの約7割を日本法人が占めている。Aflac Ventures Japanの投資先である医療・介護ベンチャーと、Hatch HealthcareやHatch Insightにおける事業は、アフラック生命における保険事業との親和性が高く、そのシナジーへの期待値は大きい。

「保険以外のヘルスケア事業を担う企業として2020年1月に設立されたHatch Healthcare、同年7月設立のHatch Insight、両社が開発するサービスやソリューションには、アメリカの持株会社も注目しています。アフラックグループのデータや知見を活用して、ベンチャーマインド溢れるスピード感で、社会インパクトのある事業を展開できるやりがいがあります」(Hatch Healthcare 経営管理部長・川鍋充孝氏)。

Aflac Ventures Japanとその子会社を含む3社は、大企業とベンチャー企業、そして、日本企業と外資系企業のそれぞれ良い部分を併せた、ハイブリッドなカルチャーを持っている。

「大手企業のアセットを活用でき、アフラックグループの100%子会社ですから経営も安定しています。加えて、ベンチャー企業が持つアグレッシブなチャレンジ精神とスピード感もあります。一方で、日本企業ならではの寛容さも備えており、長期的な視座で社員の成長をバックアップする優しい会社です」(川鍋氏)。

外資系企業だと「英語必須」な会社も多いが、Aflac Ventures Japanの3社は、日本語で業務を進めている。そして、人財の多様性もAflac Ventures Japanグループの特徴といえる。

「Aflac Ventures Japanグループ内では、約80名の人財が活躍しています。エンジニアもいればデータサイエンティストもいます。さらには、弁護士や会計士、看護師等、専門職の人財も在籍しており、スペシャリティの高い人財と働く機会もあります。社会貢献できる事業を生み出すやりがいがあって、アフラックグループのバックアップによる滑沢な資金力で、それぞれが実現したい社会的課題を解決することも可能です」(川鍋氏)。

大手企業やメガベンチャー出身の人財が集まり、ヘルスケア領域で新しいサービス、新しい価値提供にチャレンジしている「Aflac Ventures Japan」「Hatch Healthcare」「Hatch Insight」の3社。フルリモートを主体にした自由な働き方で、ライフワークバランスの充実を図れる、働きやすい環境整備にも力を入れている。

4731033社は、大企業とベンチャー企業、そして、日本企業と外資系企業のそれぞれ良い部分を併せた、ハイブリッドなカルチャーを持っている。
473131フルリモートを主体にした自由な働き方で、ライフワークバランスの充実を図れる、働きやすい環境整備にも力を入れている。
473101

Aflac Ventures Japan 株式会社の社員の声

Icon women1
30代前半
2021年07月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. “誰かの未来を守る”ことに直結していると感じられるところです。
Web完結の子宮頸がん郵送検...続きを読む
Icon women2
30代前半
2021年07月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 大人数ではないからこそできることがたくさんあり、やってみたいと思うことをすぐに発信でき、すぐに...続きを読む
Icon men1
30代後半
2021年12月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 新規事業について大きな裁量を与えてもらえ、かつ上層部との距離が近いこと。また、自社内の他組織や...続きを読む

Aflac Ventures Japan 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、Aflac Ventures Japan 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 Aflac Ventures Japan 株式会社
業界 金融・保険系 >  プライベートエクイティ・ベンチャーキャピタル(VC)
企業の特徴
  • 外資系
設立年月 2020年01月
代表者氏名 代表取締役 島田 智行
事業内容 子会社の経営管理業務
ベンチャー投資支援業務
新規事業のインキュベーション支援業務
従業員数 50人
本社所在地 東京都港区南青山3-1-31 KD 南青山ビル8F
473093

Aflac Ventures Japan 株式会社資本金設立年月日2020年01月従業員数50人

アフラックグループが、ヘルスケア・介護・データサイエンス領域で新規事業を創出するTech系ベンチャーの開発人財を募集

この企業が募集している求人

473120
ネットのみで完結しないヘルスケア新規事業立ち上げ!外資系金融企業の新規事業創出ベンチャー
事業開発

介護・がん領域でwebに完結しない新規サービスの立ち上げており、詳細ポジション・業務については、面談を通じてご経験/志向に合ったものをすり合わせさせていただけますと幸いです。 ①「がんの相談支援を行う長期伴走型のサービス」 がんの早期発見サービスやがん罹患後の生活の質を高める各種サポートサービスのプラットフォーム作成を進めてます。 <具体的には> ーPoC期間で得られた患者さん・...

473120
ヘルスケアテック領域新規事業のプロダクトマネージャーを募集!外資系金融企業の新規事業創出ベンチャー
PdM

「介護・がん領域における新規事業におけるプロダクト開発で、世の中に大きなインパクトと価値を提供する」その初期段階からリードいただけます。 <業務内容> 具体的には以下の業務を担っていただきます。 ・自分らしく生きるを実現する患者視点でのプロダクトを作る上で一般的な進め方(プロセスやデイリーの管理など)をリード ・PdMとして、新規プロダクトの企画・立案 <ポイント> ・介...

473125
創業フェーズ/ヘルスケアデータ×健康課題解決!データサイエンティストを募集!外資系金融企業の新規事業創出ベンチャー
データサイエンティスト

<業務内容> ■新規事業創出 データサイエンスを主軸にしたAflacの新規事業の立ち上げに貢献するü社内外の様々なデータを活用し、データを深く分析することで初めて明らかになるビジネス課題を特定し、解決に導く ■分析案件遂行 データ分析、アナリティクスに関する高度な専門スキル・知識を活用し、単純な集計では明らかにならないような複雑な量的関係を大規模データから見出すことにより、ビジネスパ...

467986
がん領域新規事業のプロダクト開発を牽引するテックリードを募集!外資系金融企業の新規事業創出ベンチャー
Tech Lead

「介護・がん領域における新規事業におけるプロダクト開発で、世の中に大きなインパクトと価値を提供する」その初期段階から開発をリードいただけます。 <業務内容> 具体的には以下の業務を担っていただきます。 ・PdMと共にプロダクト開発組織の構築 ・ベンダーコントロールなどエンジニアチームのマネジメント、開発タスク管理 ・プロダクト開発における技術選定、検証、基本設計、詳細設計、一部...

残り1求人をみる
×