お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 Senホールディングスの中途採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

472896

株式会社 Senホールディングス

社会保険労務士という枠組みを超え、顧客の「課題」を解決する企業へ

美容師から社会保険労務士へ。お客様へ「プラスの価値」を提供したい

今も現役の社会保険労務士として活動する代表の石山洋平氏は、元々美容師だった。「とにかく楽しいこと、ワクワクすることが好きだった」という石山氏は、美容師の仕事を楽しむ傍ら、バックパッカーとして東南アジアやヨーロッパを回っていたこともあるそうだ。そんな石山氏は20代後半の時、自身の父親が始めた「社会保険労務士」の仕事に興味を持つようになった。

「最初は、堅そうな仕事だな…と思っていました。でも、ふと“そこで僕が美容師として培ってきたサービス精神や、ユーザー目線の考え方を生かすことができたら面白そうだ”と考えるようになったんです。僕にしかできないことが、できるんじゃないかと」(石山氏)。

そして石山氏は、一念発起して資格を取得。社会保険労務士として、新たな一歩を踏み出した。ところが、思ったような手応えを感じることができない。社会保険や労災保険の手続き、事務代行を行うだけの日々に、だんだん疑問が生まれてきたという。

「社労士には、依頼されたものをミスなく確実に納品することが求められます。一番大事なことは、“マイナスをつくらない”こと。でも僕は美容師として、ずっと“プラスの価値”を提供することに喜びを感じてきた。だから、この仕事になかなかやりがいを見出すことができませんでした」(石山氏)。

社労士としての立ち位置に迷いを感じ始めていた石山氏に、ある時転機が訪れた。ある顧問先の企業から相談を受けたのだ。「病気で仕事を続けることが難しくなった従業員がいるのだが、今後の生活をサポートしてやれる方法はないだろうか…」と。社労士としてはニッチな分野だったが、「力になりたい」と思った石山氏は、リサーチを始めた。そして、“障害年金”を受給できることが分かり、申請の手続きを代行したのだそうだ。そのことが、とても感謝されたのだという。

「これほど喜んでもらえるなら、隠れたニーズがあるかもしれない」と考えた石山氏は、障害年金の手続き代行サービスを始めた。そうして、社労士の仕事を通して見えてきた顧客の課題を解決していく方向へと、業務の幅を広げていったのだ。顧客企業の人事・労務のサポートやDX化支援、一人親方の労災保険事業等にも着手。顧客からの需要が増えていき、2016年に法人化することになった。

「“社労士の仕事はここまで”という線引きはせず、お客様のニーズに応えるように事業を広げていきました。そうしたら、仕事がとても面白くなってきました」(石山氏)。

美容師時代に喜びとしていた、お客様に「プラスの価値」を提供できる手応えを、再び味わえるようになったのだ。

470608同社は、広島市中区に本社を置くコンサルティング企業である。“社労士の仕事はここまで”という線引きはせず、お客様のニーズに応えるよう「プラスの価値」を提供している。
4706212007年に立ち上げた社会保険労務士事務所を、2016年に法人化。社会保険労務士の枠を超えて、顧客企業の「ありたい姿」を叶えるプラットフォームカンパニーとなった。

472897

企業のバックオフィス部門、障がいを持つ方、一人親方…様々な人達を支える事業

現在、同社はグループ法人である「Sen社会保険労務士法人」と共に、三つの事業を展開している。

一つ目は、BtoBの「法人事業」である。こちらは顧客企業の社外人事部を請け負うサービスだ。給与計算や社会保険等の事務手続きの代行、労務相談、採用支援や就業規則、人事評価制度の作成等も担当する。また、バックオフィスの業務改善に向けたコンサルティングも行っている。

中でも力を入れているのは、人事労務関係のDX化支援だ。特にバックオフィスはシステム化が遅れており、紙のタイムカードを使っていたり、出勤簿に手書きで記入していたりと、昔ながらのやり方を続けている企業も少なくない。そうした企業へ、システム導入による業務効率の改善を提案している。

二つ目は、先ほども紹介した「障害年金事業」。病気やケガによって働けなくなったり、所得が減ってしまったりした方が、“障害年金”を申請・受給することで、生活できるようにするためのサポートを行う部署である。

三つ目は、「労働保険事務組合事業」だ。ここでは、建設業界の一人親方が労災保険に加入できる『楽々(らくらく)親方』という自社サービスサイトを運営している。この『楽々親方』の運用も、実は顧客からの問い合わせをきっかけに始まったのだという。

一人親方というのは、文字通り「一人で建設業を営んでいる個人事業主」だ。彼らは事業主なので、通常の労災保険に入ることができない。一人親方が加入できる特別な労災保険もあるが、特定の団体を通じてしか申請することができず、手続きに時間がかかるという。しかし、建設現場で働く際には、労災保険への加入を義務付けられていることが多く、困り果てた一人親方から、同社に問い合わせが入るようになった。

そんな「困った」の声を受けて、「それなら、うちで一人親方のための団体をつくろう」ということになったという。石山氏は、自社グループ内に一人親方向けの労災保険組合を立ち上げた。

しかし、それだけでは解決しない問題もあった。労災保険は、地域によって加入対象が異なるのだ。そこで同社は、全国に現場を抱える一人親方のため、広島だけでなく、北海道や東北、関西、沖縄等にも拠点を設け、どの現場に行く時も加入できる体制を整えた。さらに、「もっと安く、スピーディーに加入したい」というニーズに応えるために、ネット型労災保険『楽々親方』を開発。自社サービスサイトとしてリリースし、組合員数の増加に伴いシステムを新たに構築した。顧客のために「プラスの価値」を提供したいという、石山氏の信念が感じられた。

『楽々親方』は、業界内での認知度も高く、「建設業界に携わる人ならほぼみんな知っている」というサービスに成長している。現在、組合員数は1万人を超えているという。

472901同社は、上場企業から個人事業主までと顧客が幅広く、主に三つの事業を展開している。一つ目は、企業の人事・総務のアウトソーシング等を請け負う「法人事業部」。
470616二つ目は、障害年金の申請をサポートする「年金事業部」。三つ目は、建設業の“一人親方”向け労災保険組合を運営する「労災保険事務組合事業」だ。
470602

広島から全国展開を目指すため、会社の「これから」を共につくり上げてくれる仲間を募集

同社は、近い将来の全国展開を目指している。そのために、「今後はシステム部門の強化が必須」と、石山氏。既に運用している『楽々親方』のほか、法人事業部や年金事業部でも自社サービスの開発を進めたいとのこと。そこには、「顧客企業が抱える課題を解決していきたい」という石山氏の強い想いがある。

「今の日本の中小企業は“人”に多くを求めすぎていて、一人ひとりにかかる負担が大きくなっていると思います。それなのに、“とにかく頑張れ”と、気合で乗り切ろうとしている企業も多く、様々な問題を生んでいる。でも業務をシステム化すれば、人の負担は減らせます。そうなれば、従業員は“人にしかできない仕事”に集中することができるし、パフォーマンスが上がって、ミスを減らすこともできる。そういうシステムを提供することで、顧客企業の助けになりたいんです」(石山氏)。

それに伴い、同社ではシステム開発の経験者を募集している。任せたいのは、自社サービスの基幹システムの開発だ。現在、同社に在籍するエンジニアは1名。新しい方を迎えて、システム専門の部署を立ち上げる予定だという。年金や労災等の知識はなくても大丈夫とのこと。「外部の開発者と連携しながら、開発を進めてもらいたい」と石山氏。また、営業やコンサルタント等の人材も同時に募集している。全国に支社を開設し、社員100名程度まで増やしたい考えだ。

働きやすい自由な職場環境は、同社の特長の一つだ。勤務時間はフルフレックスでテレワークもOK。ただし、エンジニアに関してはコミュニケーションを大事にしたいので、「仕事が軌道に乗るまでは、なるべく出社してほしいと思っています」と石山氏。社内は20~30代の若手が多く、男女比は6対4で女性の方が多め。産休や育休の取得実績もある。自由な雰囲気の中、伸び伸びと働く社員達の姿が印象的だ。

石山氏が元美容師ということもあり、髪型や服装も自由。また、「この仕事をここまでにやれ」と上から指示されることもほとんどないという。「お客様に迷惑をかけるのは困りますが、自分の仕事に責任を持ちながら、自由に活躍してもらいたいです」と石山氏は語る。

チャレンジを後押ししてくれるフィールドがあるので、やりたいことがある人や、新しいことに挑戦したいという意欲を持つメンバーが多いという。「私達はこれからまだまだ成長していきますし、新しい挑戦も控えていますので、“会社のこれからをつくっていける”楽しさがあると思っています。そこにやりがいを感じていただけたら嬉しいですね」(石山氏)。

472902始まりが社労士事務所ということで、堅いイメージを持たれる方がいるかもしれないが、社内はいたって明るく、フランクな雰囲気である。
470619代表の石山洋平氏は元美容師。「お客様に喜んでもらうことが好き」という石山氏の人柄が、柔軟な経営方針と、伸び伸びとした社風を生み出している。
472903

株式会社 Senホールディングスに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 Senホールディングスに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 Senホールディングス
業界 コンサルティング・リサーチ >  その他コンサルティング系
サービス系 >  医療・福祉・介護サービス
サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
資本金 1,000,000円
設立年月 2016年09月
代表者氏名 代表取締役社長 石山 洋平
事業内容 人事労務コンサルティング事業
人事労務のDX推進
障がい者支援
建設業の支援
従業員数 35人
平均年齢 28.0歳
本社所在地 広島県広島市中区立町1番24号 有信ビル8階
472896

株式会社 Senホールディングス資本金1,000,000円設立年月日2016年09月従業員数35人

社会保険労務士という枠組みを超え、顧客の「課題」を解決する企業へ

この企業が募集している求人

470621
【障がい者の生活を所得の面から支える】様々な障害を抱えている障がい者の方の生活を安定させるための障害年金の申請アドバイザー大募集!!
障害年金アドバイザー【広島勤務】

□業務概要 障害をお持ちの方に代わって障害年金の申請、相談業務を行います。 □顧客に対する具体的な業務の流れ ①メールや電話で依頼者の方から問い合わせがあります ②面談にて障害年金の申請を目指す上で必要なヒアリングを行います ③障害年金の受給を目指すにあたり計画を立てます ④医療機関や年金機構などへ依頼者に代わって書類の作成依頼をしたり、必要な書類作成を行います。 ⑤書類が...

472909
アナログな士業の業界に旋風を巻き起こしたい方、大募集!!
【DXコンサルタント】クライアントのバックオフィス業務効率化のためにDX化を推進してみませんか?

クライアントのクラウド人事労務サービスの導入支援から定着までをチームで行います。 【具体的には】 「MoneyForward」「freee」「smartHR」「 KING OF TIME」などの人事労務に関するクラウドツールの導入にあたり、業務最適化を狙いGoogleスプレッドシートやGAS(Google Apps Script)等の活用でレビューの精度や速度を高める事で実務面での効...

470621
【障がい者の生活を所得の面から支える】様々な障害を抱えている障がい者の方の生活を安定させるための障害年金の申請アドバイザー大募集!!
障害年金アドバイザー【福岡勤務】

□業務概要 障害をお持ちの方に代わって障害年金の申請、相談業務を行います。 □顧客に対する具体的な業務の流れ ①メールや電話で依頼者の方から問い合わせがあります ②面談にて障害年金の申請を目指す上で必要なヒアリングを行います ③障害年金の受給を目指すにあたり計画を立てます ④医療機関や年金機構などへ依頼者に代わって書類の作成依頼をしたり、必要な書類作成を行います。 ⑤書類が...

×