転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像

株式会社キャスター

  • サービス系

リモートワークを当たり前にする。自社雇用のリモートワーカー1万人体制への挑戦!

上場を目指す

企業について

株式会社キャスター(以下同社)は、2014年に設立して以降、リモートワークを前提とした人材事業を幅広く展開している会社である。2014年といえば、労働市場でもリモートワークという言葉を使う人はまだまだ少数派。そんな時期に同社は、「リモートワークを当たり前にする」というミッションを掲げて事業をスタートした。

起業の背景にある原体験は、代表取締役の中川祥太氏が会社員だった頃に遡る。中川氏はかつて、ネット風評監視のサービスを提供する会社に勤務していた。そこでBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)業務に携わった際に、クラウドソーシングのプラットフォームを通じてリモートワーカーと協業する機会があった。ちょうどクラウドソーシング市場が盛り上がり始めた頃のことだ。

中川氏は協業したリモートワーカーの優秀な仕事ぶりに感銘を受けると同時に、クラウドソーシングを収入源とするリモートワーカーが直面する厳しさを知ったのである。「通勤できない、時間に制約があるという理由だけで、優秀なリモートワーカーがなぜ労働に見合っていない低単価で働かなければならないのか」と疑問を感じた。そこに労働社会が抱える課題と、新しいマーケットとしての可能性を見出したのである。

リモートワークを当たり前にするには、現状のクラウドソーシングを超えるプラットフォームが欠かせない。同社がまず立ち上げたのは、秘書・人事・経理・Web運用等の様々な業務を請け負うリモートアシスタントサービス『CASTER BIZ(キャスタービズ)assistant』だ。

世の中で多く使われているクラウドソーシングと圧倒的に異なるのが、プラットフォーマーとしての立ち位置である。多くのクラウドソーシングが「発注者」と「受注者」のマッチングを基本モデルとしているのに対し、同社はBPO形式を基本モデルとしている。企業の発注プロジェクトに対し、自社雇用(正社員が中心)のアシスタントチームをつくり、チームでサービスを提供しているのである。もちろんチームメンバー全員がリモートワーカーだ。

発注者にとっては、オンラインのメッセージ一つで優秀な専属アシスタントに業務を一括委任できる。受注者にとっては、雇用環境・福利厚生が整った正社員として場所・時間に縛られない働き方を可能にし、さらにはしっかりと収益を得られるプロジェクトで質の高い仕事ができ、双方win-winになれる仕組みを実現している。ここにリモートワークの普及に挑戦する同社ならではの独自性がある。

『CASTER BIZ assistant』はサービスを開始して以降、次々と企業が導入し、受注プロジェクトの拡大と共にリモートワーカーの就業機会が増えていった。2023年6月末時点で4,000社を超える企業が利用しており、46都道府県・ドバイやドイツで約800人以上のメンバーが活躍している。

今後の事業展望について伺ったところ、同社の取締役COOを務める森岡由布子氏は、最注力テーマに雇用人数の拡大を挙げた。
「私達が第一にこだわっているのが、どれだけの人数がリモートワーカーとして生計を立てているか。具体的な数字でいうと、10年後には現在の10倍に当たる1万人の雇用を見据えています。国内外で1万人のリモートワーカーを抱える頃には、おのずとリモートワーク=キャスターという図式が浸透しているのではないかと思います」(森岡氏)。

同社が『CASTER BIZ assistant』と併せて注力しているサービスの一つに、『CASTER BIZ recruiting』が挙げられる。これは自社雇用の採用のプロ(リクルーター)が、クライアントの人事採用担当として戦略立案から母集団形成、応募者対応まで、あらゆる採用実務を一括代行するサービスだ。もちろんリクルーターもリモートワーカーであることはいうまでもない。中にはモロッコから日本企業の採用を手掛けているリクルーターもいるとか。

同社はあらゆる分野で活躍するリモートワーカーに就業機会を提供すべく、上記の人事・採用に特化した『CASTER BIZ recruiting』のように、次々と領域ごとにカテゴライズしたサービスをリリースしている。
「リモートワーカーの就業機会を増やすためにも、人材不足・少子高齢化等の課題を抱えた業界の実務をカバーする新サービスを積極的に追加していく予定です」(森岡氏)。

例えば医療業界では、コロナ禍によって現場の医療体制がひっ迫し、オンライン診療の流れが加速したのは記憶に新しい。介護業界でも慢性的な人材不足が叫ばれている。リモートワーカーが活躍できるシーンは、あらゆる業界で埋もれているのが現状だ。同社のチャレンジはこれからが本番だといえる。

フルリモートを前提とする同社だけに、自社メンバーには出社義務がなく、各々が自宅・コワーキングスペース・旅先等で業務を遂行している。入社時のオリエン自体もオンラインで行っているとのこと。そもそも46都道府県・ドバイやドイツというみんなで集まれない距離の人間で構成されている同社では、フルリモートならではのコミュニケーションスタイルを確立している。

普段の情報共有・伝達は全てチャットツールやWeb会議ツールを使い、年1回の納会ですらオンラインで完結している。BPOプロジェクトのキックオフミーティングで初めてメンバーと顔を合わせた時にも、お互いがどこから参加しているのかは分からない。「〇〇さん半袖で寒くない?」「いやこっちは暑いですから」みたいなやりとりは日常茶飯事。そして場所の話はアイスブレイク程度に、何事もなかったようにプロジェクトが進行していく。仕事をする上で、メンバーはお互いの場所を知る必要がないのである。

一方でチャットメインの情報伝達は、情報の受け手にドライで冷たい印象を与えてしまう側面もある。同社では各部署の担当をキャラクター化し、コミュニケーションを円滑にしている。一例を挙げると、休暇等の勤怠を管理する『勤怠マン』や、人に知られたくない書類を管理する『まるひちゃん』、労務を担当する『ロームくん』等がある。

この他、チャットグループで運営しているオンライン部活も、メンバー同士が気軽に交流できる場所として機能している。ちなみに主婦でもある森岡氏は、「主婦の晩ごはん考案部」に参加しているとのこと。例えばおでんを作る時には、色々な地方の具材・味付け等を教え合っているという。これも全国のメンバーが活躍する会社ならではの、あるあるネタといえる。

これまで出社前提の環境で働いてきた人にとっては、大きなカルチャーショックを受けるかもしれない。最後に森岡氏は求職者にメッセージを送る。
「リモートワークに少しでも興味を持ったら、是非一歩を踏み出す勇気を持ってほしいです。きっと新しい世界が目の前に開けると思います。私達と一緒にリモートワークの輪を広げていきましょう!」(森岡氏)。

募集している求人

エンジニア・技術職(システム/ネットワーク)の求人(1件)


企画・マーケティング職の求人(1件)

求職者の声

企業情報

会社名

株式会社キャスター

業界

サービス系 > 人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)

サービス系 > 人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)

サービス系 > その他サービス系

企業の特徴
上場を目指す
資本金

1億9061万円(2023年11月7日時点)

設立年月

2014年09月

代表者氏名

代表取締役 中川 祥太

事業内容

リモートアシスタントをはじめとした人材事業運営

株式公開(証券取引所)

従業員数

839人

本社住所

〒881-0104 宮崎県西都市鹿野田11365-1 神楽酒造内 アグリ館2階

この企業と同じ業界の企業

画像なし
THE FIRST 株式会社
アート×デジタルの力で あらゆる産業のデジタルシフトを促進し、 新たな日常と共にエンターテイメントを届ける
無料登録して話を聞いてみたい
👋
株式会社キャスターに興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.