お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

SATT九州 株式会社の企業情報

444572

SATT九州 株式会社

宮崎×eラーニング!駿台グループの安定基盤に立って、多彩な教育ICTプロダクトを生み出す開発拠点

「駿台グループの開発力」と「地元宮崎との強固な繋がり」を原動力に、一歩ずつ前へ

eラーニングシステムを軸に、多彩な教育ICTプロダクトを手掛けるSATT九州株式会社。最大の強みは、駿台予備校で知られる駿台グループの分厚い開発力と安定した経営基盤だ。

100年の歴史を持つ駿台グループは、社会に先駆けて先進的なチャレンジを重ねる進取の気性でも知られている。ITへの取り組み姿勢も例外ではなく、日本のほぼ全ての教育機関において大教室で黒板を使って授業をしていた1980年代に早くも教育ICTの可能性に着目し、現在では学校教育はもちろん生涯教育の領域も含め、幅広い教育現場に多彩なICTソリューション・プロダクトを届けている。

その多くの開発を担うのが、駿台グループの中核SIerであるエスエイティーティー株式会社。SATT九州は2019年8月、年々進む教育のICT化、とりわけeラーニングシステムの市場拡大を背景に、駿台グループ全体の開発力強化に向けてエスエイティーティーの100%出資でスタートした企業だ。つまり、駿台グループの安定基盤に立って、グループの最新の知見を結集した教育ICTプロダクトの開発・設計・機能拡充に専念するスペシャリスト集団、これがSATT九州のリアルなプロフィールといえるだろう。コロナ禍でeラーニングに対するニーズが一層広がる中、SATT九州の業績も発足初年度から2年連続して前年比110%超の着実な成長を続けている。

SATT九州には、駿台グループの一員であると同時に、宮崎で確かな信頼を築いた地場企業という、もう一つの横顔がある。設立は2002年。企業や自治体向け業務システムの受託開発で実績を積んだ後、経営基盤の安定化を志向する同社と開発力強化を進める駿台グループの方向性が一致し、経営統合へと進んだ経緯がある。

現在、開発案件の柱はeラーニングシステムや学校教務支援システム、学校用グループウェアといった教育関連ICTプロダクトであり、売上の7割に達する。一方で、20年近くにわたって築いた宮崎の企業との信頼関係は色あせることなく、現在も売上の3割を、宮崎の公的団体向けシステム等、グループ外の地場案件が占めている。

SATT九州発足翌年の2020年には、宮崎県および宮崎市の立地企業認定を取得。「2025年までに30名増員」というオフィシャルな中期目標に向けて、社員研修費用の補助等、様々な面から行政の支援を受けられる態勢が整っており、今後の展開もすこぶる視界良好だ。こうした地元宮崎との強固な繋がりが、いわゆるニアショア開発拠点の枠に収まらない同社の強みであり、魅力溢れる個性にもなっている。

444582宮崎に本社を置く同社は、2019年、駿台グループの中核SIerであるエスエイティーティー株式会社の100%出資子会社として誕生した「教育ICTプロダクト開発のスペシャリスト集団」だ。
444584eラーニングシステムや学校教務支援システムといった多彩な教育関連ICTプロダクトの開発・保守を手掛ける。
444595

合言葉は「もっと上流へ」。グループ会社との共同開発を通じてスキルを磨く

SATT九州が開発を担当する案件は、親会社の幅広い開発ラインナップの中でも、とりわけ多くのユーザーを持つ主要プロダクトが目立つ。医療系大学向け教育支援システム『ESS』もその一例。これはスマートフォンやタブレット端末から学外のモバイル学習サイトにアクセスして学生自ら学習や演習を行うシステムで、医療系の多様な国家試験や共用試験対策に特化したeラーニングシステムとして評価が高く、全国の大学で採用が進んでいる。同様に、学校用イントラネット型グループウェア『SchoolWare』等も、基本設計以降の開発プロセスを同社が一手に担うプロダクトだ。

「最近では、外部設計等の上流工程を手掛ける案件も増えています」と話すのは、同社執行役員として統括部長を務める櫻田康彦氏。

「外部設計というのは、顧客と要件定義を固めた段階で、システムをどのように組むか、ケーブル等のハード選定をどうするか、画面のスタイル等UI/UXをどうするかといった枠組みをつくるフェーズです。当社の発足当初こそ、基本設計から結合テストに至る開発がほとんどでしたが、リニューアル案件の機能拡充等を中心に、外部設計を担うケースが徐々に増えています。グループの意向としても、今後はより上流工程との関わりを厚くしていく方針です。いずれはゼロから、つまり企画段階からコミットする案件も出てくるでしょう」(櫻田氏)。

日常の開発業務は、プロダクトごとにチームを組んで進められているが、必要に応じて東京のエスエイティーティー開発部とのオンラインミーティングも頻繁に開かれる。宮崎の開発拠点というより、駿台グループの「東京開発部」と「宮崎開発部」のコラボと表現した方が、エンジニアの仕事ぶりがよりリアルに伝わるだろう。

社員の教育研修にも、グループの総合力が最大限に発揮されている。新卒社員は全員、中途入社社員でも希望すれば、エスエイティーティーで実施される集合研修からスタートする。その後は、個々の希望に応じた「武者修行」も可能だ。「駿台グループには複数のSIerがあり、それぞれ技術面で強みを持っています。長い目でエンジニアとしてのキャリアを考え、例えばAIの知見を磨きたいと思う人は、AIに強いグループ企業へ一定期間出向するというような大胆な研修も想定しています。発足間もない現時点ではまだ適用例はありませんが、我こそは、と思う人には是非手を挙げてほしいと思っています」(櫻田氏)。

444578コロナ禍でeラーニングに対するニーズが一層広がる中、発足初年度から2年連続して前年比110%超の着実な成長を続けている。
444586同社の母体は、2002年から地元宮崎で実績を積んだ地場SIer。「駿台グループの開発力」と「地元宮崎との強固な繋がり」を原動力に、今後もさらなる成長が期待される。
444593

宮崎に腰を据えつつ、より高みを目指すエンジニア人生

同社は現在、総勢20名に満たない少数精鋭体制だが、2022年春には新卒社員5名を迎える予定だ。今後数年にわたって、前述の「2025年までに30名増員」の中期目標に沿って新卒・中途を問わず積極的な新規採用を進めていく中で、開発環境が年々充実し、社内の空気も一層活気付いていくことが予想される。

「社内では20代から50代まで、幅広い世代のエンジニアが活躍していますが、主力は20代と30代。今後は若手の比率が一層高まるでしょう。ここにプロジェクトリーダーを担える経験豊富なエンジニアの方が加われば、当社の“戦闘力”はさらに高まります」と、櫻田氏は期待感を明かす。

組織の成長に沿って、社内制度の整備も進んでいる。「年2回、上司との面談時に自らの希望を伝え、目指すべき目標を明確にする『セルフ・キャリアドック制度』が既に定着し、エンジニア一人ひとりのモチベーションアップに役立っています」と櫻田氏。ユニークなのは、東京や大阪で開かれる教育ICT関連の展示会にエンジニアを派遣する実践的な研修制度だ。「駿台グループのブースで親会社の営業担当とお客様との商談を間近に見ることで、自分が関わったプロダクトが実際に社会の役に立つ場面をリアルに想像できます。この想像力が日々の開発モチベーションを高め、仕事の質を上げる好循環を生むのです。実際、展示会でお客様から直接『こんな機能をプラスできないか』と声を掛けられ、技術者魂を刺激されたと話す中堅エンジニアもいます」(櫻田氏)。

SATT九州の本社へはJR宮崎駅から徒歩7分。宮崎空港や宮崎市の繁華街ともほど近く、周辺環境、交通アクセス共に申し分のない立地だ。本社が入るオフィスビルには、つい先ごろ、親会社であるエスエイティーティーのデポも入った。宮崎の大学や教育機関への提案活動が本格化すれば、宮崎で基盤を築いたSATT九州の強みを発揮する場面も増えるだろう。

土日連休の完全週休2日(年間休日121日)と、ワークライフバランスも良好。そんな同社は、首都圏や関西で経験を積んだ後、故郷宮崎へのUターンを希望するエンジニアの受け皿としても注目度が高く、自動車業界のエンジニアから転職したプロジェクトリーダー等、現在も何人かのUターン社員が活躍している。また宮崎と言えば、サーファーの聖地。野球やサッカー等、多くのプロ球団がキャンプを張る温暖な気候も人々を惹きつけてやまない。「宮崎に腰を据えて、日本における最先端の教育ICTプロダクト開発に挑む生活」と櫻田氏が言うように、宮崎にゆかりのある人はもちろん、そうでない人にとっても、すこぶる魅力的な選択肢となるだろう。

444587求めているのは、20代・30代が主力の若い開発現場をプロジェクトリーダーとして統括できる経験豊富なエンジニアだ。
444575土日連休の完全週休2日(年間休日121日)と、ワークライフバランスも良好な同社なら、「宮崎に腰を据えて、日本における最先端の教育ICTプロダクト開発に挑む生活」に容易にアクセス可能だ。
444594

企業情報

会社名 SATT九州 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
資本金 1000万円
売上(3年分)
2021年 6月 期 2020年 6月 期 2019年 6月 期
1億3900万円 1億900万円 8500万円
設立年月 2002年07月
代表者氏名 代表取締役 山畔 清明
事業内容 eラーニング事業
システム構築(設計・開発)
システムサポート(運用・保守サービス)
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 エスエイティーティー株式会社
従業員数 17人
平均年齢 35.5歳
本社所在地 宮崎県宮崎市広島1-18-12
宮崎フコク生命ビル
444572

SATT九州 株式会社資本金1000万円設立年月日2002年07月従業員数17人

宮崎×eラーニング!駿台グループの安定基盤に立って、多彩な教育ICTプロダクトを生み出す開発拠点

この企業が募集している求人

×