お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ディーバの企業情報

201432

株式会社 ディーバ

ITと会計に精通したプロフェッショナルになるチャンス (東証一部上場 アバントグループ)

「会計はすべての共通言語」

書店では会計関係の本が平積みされ、多くのビジネスパーソンが手にとって見ている。会計がビジネスパーソンにとっての「基本リテラシー」になりつつある潮流は、誰もが感じているだろう。なぜなら会計は、経済活動を基盤とする社会において、すべての人が共通に理解しあうための「言語」だからだ。

市場には投機的な空気も流れている一方で、「サステナビリティ」すなわち持続的な成長を続けていくことが強く求められている。組織が持続的に成長を続けるために必要なのは、個々の社員の成長が基本だと言われる。個人が、経済活動の基礎である会計データを正確に読みこなして仕事を進めていくことで、その属する会社組織が成長し、国家が繁栄していくというシナリオだ。

その大前提となるのが、個人が企業活動の基礎である財務諸表をリアルタイムに読み、理解できるように情報基盤を整える、「経営情報の大衆化」であり、それを実現しようとしているのが、株式会社ディーバだ。

同社を一言で表せば、「グループ経営ソリューションのソフトウェアメーカー」。同社の開発・販売する連結会計ソフトウェア「DivaSystem」を導入している顧客は累計1,000社を超えて国内シェアは50%以上を誇り、国内ではNo.1だ。(※出典:富士キメラ総研調べ)

また、顧客のうち、東証一部上場且つ時価総額上位200社においてはシェアが過半数に達しているという。これは、同社の提唱する「経営情報の大衆化」が先進的な企業に受け入れられていることを裏付ける数値であると言えよう。今後、この考え方が他の企業にも浸透していけば行くほど、同社にとってのビジネスチャンスが拡大してくる。

同社はITエンジニア、経営管理・会計系人材、コンサルタントという、IT・会計・課題解決のプロフェッショナルで構成されている。

「会計に興味がある」「モノ作りが好きだ」「自分のITスキルを会計分野で活かしてみたい」「最前線でお客様の課題解決に当たりたい」・・そんな人にぴったりの会社だ。連結会計と経営情報の活用は、国家・企業・個人のすべての単位で注目を浴びている。この時流において、特に若い人にとっては、早い内から同社で仕事をすることで会計業務とITに精通したプロフェッショナルになれるチャンスだ。

4931
201433

経営と意思決定のための会計

「DivaSystem」は、連結決算の効率化・高度化・高速化を実現する、大規模企業グループ向けの連結会計ソリューションシステムだ。高速処理により連結財務諸表を短時間で作成する。

このシステムの基本的なコンセプトは、「経営の意思決定に役立つ会計システム」だ。
連結会計の単純なシステム化ではなく、BIとの連携により、オンラインでの詳細なデータ分析が可能になるほか、ERPとの連携で経営情報として有効な予算データや人員などの非会計情報も効率的に収集・管理することができるという。

日本には他にも色々な会計ソフトが存在するが、これまでのソフトが「帳簿を作る業務を効率化するため」等、過去の企業活動の実績を記録するためのものだったのに対し、同社のソフトウェアはスタートラインが全く異なっている。つまり、「未来の経営に活かすための会計システム」なのだ。

ディーバでは、今後、企業が持続的に成長していくためには、会計において以下の三つの変革を起こさなければならないと説いている。

「財務諸表の単位を会社から個人へ」
「決算の単位を四半期からリアルタイムへ」
「あらゆる事業資産をオンバランスする」

これにより、個々の社員が、リアルタイムに多角的な視点で財務データを読み、分析できるようになる。個人の単位からの経営品質の向上こそが、企業の成長につながると考えているのだ。

同社は、1,000社を超えるの顧客と向き合いながら蓄積してきたノウハウをシステムに「転写」し、新しい変革を起こすための仕組みを作ることをミッションとして捉えており、それを実現するために、メーカーであることに大いにこだわっている。様々な分野の専門家によるコラボレーションが、同社の起こす変革に不可欠なのだ。

ソリューションの開発・提供にあたっては、顧客の業務を深く理解し、具体的な業務支援手段を提供すること、さらに一時的な業務改善にとどまらず継続的な改善を目指すことを、創業以来ずっと大切にしてきている。

201434

ITと会計の視点で経営品質革命に貢献する

今後、「個々の社員が経営を支えていく」という考え方はより浸透して行くだろう。今、ディーバで経験を積むことが、どれだけこれからのキャリアに活きてくることか。そういった意味では、ITと会計のプロフェッショナルになりたい人や、その専門性を使って何かをしてみたい人にとって、チャンスと言える。

しかし、同社においては、自身のキャリアプランを会社に求めるだけの人材は生き残れない。自分で自分のキャリアを描いていく意思のある人でなければ、務まらないのだ。

研修は基本的にはOJTで行われる。顧客向け等に開催されている専門知識やシステムに関わるセミナーに無料で参加できるのはメリットだが、基本的には自分自身で道を見つけて拓いていく覚悟が必要があるという。

同社が社員および新しく仲間になろうという人に求めることは、次の三つだ。

「OPEN」
誠実さ、不正はしない、万一間違いを犯したら誠意を持って謝るといった正々堂々としたオープンなマインド。また、変化を受け容れ、入ってくる情報に対しても、他に与える情報についても、オープンであること。

「VALUE」
自分の時価を認識し、それに相応しい対価を受け取ること。良い時はともかく、たとえ悪い時があっても、正面から受け止め、改善していく姿勢があること。

「STRETCH」
人生は長く、色々なライフイベントが待ち構えているが、その中で、その時々に応じた形で成長を続けていくこと。ゆっくりであっても、前進する人のみの組織でありたいからだ。

現時点ですべてに当てはまらなくても、これらに本当に共感し、こうありたいと願う人は同社の門を叩く資格がある。

201435
201436

株式会社 ディーバの社員の声

Icon men1
20代後半
2017年04月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. ・世界基準のソフトウェアカンパニーを目指しており、プロダクトも事業も非常に成長環境の中で仕事で...続きを読む

株式会社 ディーバに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ディーバに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ディーバ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
企業の特徴
  • 上場
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
資本金 2億8,840万円(親会社の株式会社アバント)
売上(3年分)
2018年 6月 期
約121億円
設立年月 1997年05月
代表者氏名 代表取締役社長 森川 徹治
事業内容 ■導入実績1,000社以上、国内シェアトップクラスを誇る連結会計システム「DivaSystem」の開発から提案・導入コンサルティング、実務教育など、連結会計・グループ経営管理に関わるあらゆるサービスを提供しています。
近時においては、経営管理領域における成長が著しく、経営状況の見える化とスピーディーな事業戦略を行うべく多くのクライアントから引き合いを頂いている状況。制度連結に続く新たなビジネスの柱として確立しつつあります。

■自社製品を使ったソリューション提供を行っており、かつクライアントに満足いただくために、既存製品で対応できない場合は自社で新しいソリューションを生み出すことも可能です。加えて、上流から実装レベルまで自社で行っています。
株式公開(証券取引所) 東証一部
主要株主 ・株式会社アバント(親会社)
 ※親会社の株式会社アバントが東証一部に上場しています。
 ※新入社員の方も、従業員持株会を通じて株主になることができます。
主要取引先 ・大手企業様、子会社、海外拠点を多数持つ企業様を中心とした、経理財務部門、情報システム部門、経営企画部門

アサツーディ・ケイ、旭化成、アステラス製薬、エステー、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、花王、近畿日本ツーリスト、京セラケミカル、島津製作所、商船三井、スクウェア・エニックス・ホールディングス、セガサミーホールディングス、双日、兼松、大成建設、タカラトミー、日本写真印刷、帝人、テレビ朝日、トランス・コスモス、日本電子計算、東北電力、東京瓦斯、東芝、永谷園、日清食品ホールディングス、日本たばこ産業、日本通運、日本電気、日本電信電話、パナソニック電工インフォメーションシステムズ、ヒューマンホールディングス、ファミリーマート、富士フイルムホールディングス、三井不動産、三菱地所、三菱重工業、明治、山崎製パン、ヤンマー、ライオン、ロート製薬、YKK、ワコールホールディングス等(順不同、敬称略)
従業員数 806人
平均年齢 35.1歳
本社所在地 東京都 港区港南二丁目15-2 品川インターシティB棟13階
201432

株式会社 ディーバ資本金2億8,840万円(親会社の株式会社アバント)設立年月日1997年05月従業員数806人

ITと会計に精通したプロフェッショナルになるチャンス (東証一部上場 アバントグループ)

この企業が募集している求人

201430
【ITコンサルタント】大企業を中心に1,000社以上導入されている自社プロダクトを軸に、お客様にさらなる付加価値を提供できます
【グループ経営管理領域/ITコンサルタント】部長候補

【詳細】 <期待する事> ・昨今のガバナンス改革の動きは、今後のグループ経営の在り方を大きく左右します。お客様と共に”グループ経営の在り方”を磨き、開発部隊を動かしながら世界に通用するソフトウェアを創造してください。入社後はアカウントマネージャー及びプロジェクト責任者となることを期待します。チームをプロジェクト成功に導くことはもちろん、人材育成や経営目線をもって顧客と渡り合うことが求めら...

201430
【ITコンサルタント】大企業を中心に1,000社以上導入されている自社プロダクトを軸に、お客様にさらなる付加価値を提供できます
【グループ経営管理領域/ITコンサルタント】マネージャー候補

【詳細】 <期待する事> ・昨今のガバナンス改革の動きは、今後のグループ経営の在り方を大きく左右します。お客様と共に”グループ経営の在り方”を磨き、開発部隊を動かしながら世界に通用するソフトウェアを創造してください。入社後はアカウントマネージャー及びプロジェクト責任者となることを期待します。チームをプロジェクト成功に導くことはもちろん、人材育成や経営目線をもって顧客と渡り合うことが求めら...

201430
Cloud Service Enginner【次世代製品開発・アーキテクト】想定年収600万~1500万円/フレックス/日本発の世界へ
Cloud Service Enginner【次世代製品開発・アーキテクト】

▼概要 グループ経営ソリューションに関する自社製品の開発・運用・技術設計において活躍いただきます。 これまでに無い新しい製品(クラウドサービス)開発に挑戦し、共に新しい価値の提供を目指していただきます。 ▼業務内容 プロダクト(クラウドサービス)の開発者として、設計・実装・テスト・計測・改善・運用を主体的に実行していただきます。 ▼期待する事 ・組織としての業務範囲は上記...

201430
人事(採用、オンボーディング)想定年収500万~600万円/フレックス/世界を目指すソフトウェアメーカー
人事(採用、オンボーディング)

▼概要 同社「組織開発室 タレントエンゲージメントチーム」にて、人事採用(新卒・中途)やオンボーディングの全般に携わっていただきます。 ▼具体的な業務 経営や現場のニーズを踏まえた一連の流れを担当いただきます。 [直近でお任せしたい業務] ・部門との採用要件定義 ・採用活動KPIの設定と測定 ・協力会社様との関係構築 ・面接対応、クロージング含めた採用活動 [ゆくゆ...

201430
フロントエンドエンジニア【次世代製品開発・アーキテクト】想定年収600万~1500万円/フレックス/日本発の世界へ
フロントエンドエンジニア【次世代製品開発・アーキテクト】

▼エンジニアリング チームが目指すもの: ディーバのエンジニアリングチームでは、ディーバの企業理念である「100年企業の創造」を達成するために、「チームの垣根を越えて協力し合いかつ、自ら決断することのできる自律型」組織を作り、チーム一丸となり、ディーバのミッションの実現に向けた挑戦をし続けていきます。 ▼本ポジションに期待する事【フロントエンドエンジニア】 ディーバのミッションを達...

201430
プロダクトオーナー【次世代製品開発・アーキテクト】想定年収850万~1500万円/フレックス/日本発の世界へ
プロダクトオーナー/次世代製品開発・アーキテクト

▼業務内容 プロダクトオーナーとして⾃社製品の開発・技術設計をリードして頂きます。 ・プロダクト(クラウドサービス)の企画・マーケット拡⼤に向けた戦略策定 ・プロダクトの設計・実装・テスト・計測・改善・運⽤のリード ・新規技術、コア技術に関する研究開発戦略、ロードマップ⽴案、実⾏⽀援 ※新規製品企画開発、UXデザインの加速、⾃動化のアルゴリズム改善、ユーザーコミュニティ活動等、プロ...

201430
バックエンドエンジニア【次世代製品開発・アーキテクト】想定年収600万~1500万円/フレックス/日本発の世界へ
バックエンドエンジニア【次世代製品開発・アーキテクト】

▼エンジニアリング チームが目指すもの: ディーバのエンジニアリングチームでは、ディーバの企業理念である「100年企業の創造」を達成するために、「チームの垣根を越えて協力し合いかつ、自ら決断することのできる自律型」組織を作り、チーム一丸となり、ディーバのミッションの実現に向けた挑戦をし続けていきます。 ▼本ポジションに期待する事【バックエンドエンジニア】 ディーバのミッションを達成...

残り4求人をみる
Dxsmall
×