お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

アイ・エフ・ディー 株式会社の企業情報

431800

アイ・エフ・ディー 株式会社

データとクライアントの目的達成をブリッジさせるあらゆる業務を手掛ける

クライアントに“データブリッジワーク”を提供

クライアントに対して、“データブリッジワーク”を提供している、アイ・エフ・ディー株式会社。アイ・エフ・ディーとは、Insight from Dataの略である。

“データブリッジワーク”とは、多種多様なデータを整理・分析し、新たな知見を創出して、クライアントの目的の達成に役立てること。つまり、データとクライアントの目的達成をブリッジさせるサービスを指している。

同社のサービスは、次の3工程に大別される。
① 質の高い分析のために、多種多様の不整形なデータを整理・加工するデータプロセッシング
② 加工されたデータから特徴や示唆を得るために、機械学習等の先進的な技術や高度な統計知識を用いて分析/解析を行うデータアナリティクス
③ 分析/解析されたデータから価値のある情報を抽出し、目的達成のために提案するデータコンサルティング

例えば、次のような実績がある。

●通信キャリアのマーケティングにおけるリード育成のための各種分析業務の支援
オンプレミス環境下でクライアントが保有するデータを用いて、その分析設計、データアセスメント(調査)、データハンドリング、DWH/DMの作成、集計(基礎集計、グループ集計等)、モデリング(リード育成モデルの構築等)、帳票作成(Excel/PPT/BI等)の支援を行った。

●分析専業会社に対する機械学習サービス支援業務
Azure Machine Learning(AML)をクライアントのビジネスにどのように活用していくかのPoCの支援。機能調査、分析テーマの策定、ストーリーの作成、サンプルデータの作成、AMLによるモデリング(分類/回帰/クラスタリング)、Power BIによる可視化、ExcelにAMLをアドインした帳票作成を行った。

また、医薬品メーカーの市販薬に対する製造販売後調査(上市後に承認を得たとおりの効能が発揮されているか、副反応は出ていないか等の調査)といったプロジェクトの実績もある。
「現状、領域としてはマーケティングが中心ですが、業界や目的等は限定せず、あらゆるジャンルに対応していきます」とマネージングディレクターの荒金氏は話す。

431894同社は多種多様なデータを整理・分析し、新たな知見を創出してクライアントの目的の達成に役立てるために、データとクライアントの目的達成をブリッジさせる諸サービスを手掛ける。
431851そのサービスは、データプロセッシング(収集・整理)、データアナリティクス(分析・解析)、データコンサルティング(提案)の3工程だ。
431806

企業理念は、“provide for P+1”

同社は、2015年9月、代表者である加藤氏が創業した。加藤氏は外資系ソフトウェアベンダーで統計解析ソフトに関わった後、そのビジネスパートナーに転じてコンサルティングや営業に従事する。しかし、分析よりもデータ加工がメインであったため、分析にも力点を置き、データとクライアントの目的をより繋げるサービスを提供して貢献したいと考えた。また、前職では外資系ソフトウェアベンダーの提供するツールしか使えなかったため、クライアントに最適なツールを提供できる中立性が必要であったことも大きな要因となって独立を果たす。

掲げた企業理念は、“provide for P+1”。クライアントの目的に対して、“+1”の価値を付加して提供することである。この“P”には、“purpose”“profit”“process”“price”“player”“person”等の様々な意味が込められている。
「お客様のやりたいことに唯々諾々と従うことは、提案ができているようでできていないと我々は考えます。お客様の考え付かないような知見を提供できてこそ、お客様の視野を広げ、より成長していただけることに繋がると考えるからです。だからこその“P+1”なのです。この概念は、当社のメンバーがそれぞれ思うところに踏み込み、提供していくことを目指しています」(荒金氏)。

同社の特徴は、前述のとおりツールに依存することなく、必要に応じてあらゆるサポートを行うこと。業種や領域も幅広く捉え、業務を通じて獲得した知見やナレッジを蓄積し、ほかの業種や領域にも展開していく体制をつくる。「現在は、その土台づくりの段階にある」と荒金氏は言う。
特にビジネスの領域でデータオリエンテッドな時代を迎えている中、同社の可能性は注目に値するだろう。

431823通信キャリアのマーケティングにおけるリード育成のための各種分析業務の支援などの実績がある。
431816企業理念は、“provide for P+1”だ。クライアントの目的に対して、“+1”の価値を付加して提供することを指す。“P”は、“Purpose”“Profit”“Process”“Price”“Player”“Person”など様々。
431805

データプロセッシング、データアナリティクス、データコンサルティングの3チーム体制

“データブリッジワーク”におけるデータプロセッシング、データアナリティクス、データコンサルティングの各工程に求められる知識やスキル、考え方はそれぞれ異なり、個別に深める必要がある。最終的には一人のプロフェッショナルが全工程をカバーできることを目指すものの、その前にまずは個別に専門性を深め、その後に他領域に広げていく人材育成型の体制を採る。
このための組織づくりとして、2021年度より、組織を前述の3工程別のセクションに分けた。
「まだ緒に就いたばかりで人数も少ないですが、この『Green』で人材を採用し、体制を充実させていきたいと考えています」と荒金氏は話す。

2021年10月現在、同社のメンバーは8名の少数精鋭。マネジメントポリシーとしては、「それぞれの個性を尊重し、一律的に求めることはしない」と荒金氏は言う。
新しい分野で事業を展開していく同社だけに、メンバーがやりたいことをやれる環境づくりに力を入れる。
「現状の業務に関わること以外の分野でも、何か技術を学びたいメンバーに対しては、会社として最大限の支援を行います。そして、そのテーマをビジネスに繋げるブリッジワークこそが、自分の仕事であると認識しています」と荒金氏は意気込む。

働き方としても、リモートワークとオフィスワークは自由に選べる。いずれの場合においても、データ分析等個別作業が中心となるものの、クライアントワークに必要なチームワークを重視しミーティングを行う機会も多い。
「リモートワークの時はSlackでこまめにやり取りをしていますし、オフィスワークの際は異なるセクションのメンバーとも積極的にランチに行って雑談をする等、社内コミュニケーションはとても活発だと思います」と、データアナリティクスセクションの波多野氏は説明する。

そんな同社が求める人材像は、現状の自らの立ち位置を見極め、次なるステップアップの方策を考えられる人。
「好奇心旺盛で、成長に貪欲な方だと嬉しいですね」と荒金氏は期待を寄せる。

431900働き方としても、リモートワークとオフィスワークは自由に選べる。いずれの場合においても、データ分析等個別作業が中心となるものの、クライアントワークに必要なチームワークを重視しミーティングを行う機会も多い。
431850同社が求める人材像は、現状の自らの立ち位置を見極め、次なるステップアップの方策を考えられる人だ。
431804

アイ・エフ・ディー 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、アイ・エフ・ディー 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 アイ・エフ・ディー 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
設立年月 2015年09月
代表者氏名 代表取締役 加藤 保光
事業内容 DX・データに関する顧客の全ての課題解決に向けた⼀連のデータ関連事業 コンサルテーション データ収集 データ加⼯ 集計・分析 モデル構築 可視化 ビジュアライゼーション  プレゼンテーション 企画・提案 効果検証・測定
従業員数 7人
本社所在地 東京都港区⾚坂2-16-6
431800

アイ・エフ・ディー 株式会社資本金設立年月日2015年09月従業員数7人

データとクライアントの目的達成をブリッジさせるあらゆる業務を手掛ける

この企業が募集している求人

×