お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 セナネットワークスの企業情報

432602

株式会社 セナネットワークス

ユニークな自社開発!ロジカル&フレキシブルな経営が魅力のシステム開発会社

ユーザーフレンドリーな設計。実用的で細かなニーズを拾った自社開発群

大阪にとてもユニークなシステム開発会社がある。受託開発と自社開発を手掛ける株式会社セナネットワークスだ。

売上の3割を受託開発が占め、4割がサーバの運用・保守。受託開発はWebシステムの開発からWebサイトの制作、ソーシャル・PCアプリ、スマホゲームの開発等、幅広く手掛けている。サーバの運用・保守では、ホスティング・マネージドサービスを提供している。

と、ここまでは、一般的なシステム開発会社となんら変わりはない。ユニークなのは、ここから。順を追ってみていこう。

まずは、自社開発。セナネットワークスは、受託開発とサーバ事業で売上の7割を占めているが、メイン事業は自社開発のサービス。同社が世に出したサービスやツールは、大きい物から小さい物まで、いくつかあるが、どれも非常に実用的で細かいニーズを拾っているのが特徴だ。

最初に作ったサービス、クラウド電話転送サービス『tunacan(つなかん)』は、世の中に沢山存在する転送サービスにはないユニークな点がある。外部からの電話を何としてでも繋げようとするのだ。

「転送された電話に出れない場合、次の担当者に再転送される仕組みになっています。その担当者も電話に出られなければ、その次に転送。といった具合に繰り返します。また、『tunacan(つなかん)』は特定のお客様からの電話を担当者に直接転送することが可能。転送の優先順位を設定することもできます。お客様のことを知っている担当者に、必ず『つなげる』ことができる、それが『tunacan(つなかん)です』」(代表取締役・山下大介氏)。

そのほかにも、細かいニーズを敏感に捉えた自社サービスを開発している。『Naoshite』は、Webや画像を読み込んで修正依頼を書き込むツール。Webサイトなら入力欄にURLを入力、画像ならファイルを選択すると自動でスクリーンショットが撮影されて依頼作成画面に移動する。面倒な工程が少なく、短い時間で修正依頼を作成することができる。全10種類のツールを使って修正を作成。選んだツールのアイコンが表示されるため、ひと目でどこにどんな修正が必要なのか分かりやすい指示を作成できる。

「Web制作をしていると、クライアントからの修正指示が分かりにくいことがあり、何度もやり取りをして無駄な時間を費やしてしまいます。そこで、修正を受ける人間にとって必要な情報を書き込んで指示できるツールを開発しました。GitHub、REDMINE、Backlog、Jira Softwareのツールと連携しており、作成した修正依頼をプロジェクトと担当者を選んで送信すると連携ツールのチケットが作成され、連携ツールからも修正依頼を確認することができ、修正指示やタスクが連携ツールに集約されます」(山下氏)。

432605受託開発と自社開発を手掛ける同社。
432616売上の3割を受託開発が占め、4割がサーバの運用・保守、残りの3割が自社開発だ。
432633

Nintendo Switchのゲームをリリース!不可能を可能にする代表の行動力こそ会社のエンジン

セナネットワークスの自社開発サービスがユニークなのは、徹底してユーザーの細やかなニーズを捉えて、それを解決するために開発されているから。あれこれと余計な機能を付けないで、シンプルなサービス設計にすることでユーザーフレンドリーなサービス・ツールに仕上げている。

「受付アプリ『ReClip(れくりっぷ)』は、企業・店舗と来訪者との円滑なコミュニケーションをサポートするツール。来訪者の氏名、会社名、用件をタブレットに手書き入力してもらい、連携するSlack、Chatwork、Twilio、Teams、Workplaceといったチャットツールで来訪者の情報を知らせます。記載データは入室時間と共に一元管理。後日でもきちんと一日の流れで、実際に『誰』が『いつ』来たのかが確認可能です」(山下氏)。

自社サービスの一番のヘビーユーザーは自分達だというセナネットワークス。それはもちろん自らが組織運営の上で必要だと感じたツールを開発しているからだ。セナネットワークスが必要とするツールは、ほかの会社でも必要とされる、という。確かに、それは道理だ。

もう一つ、自社の技術を生かした自社サービスの開発もセナネットワークスの得意な領域。サイト内検索システム『Sagroonga』は、アパレルECモールの案件で培ったクロール技術を生かして開発した。検索エンジン「Groonga」を活用し、ベンダーであるクリアコード社とは資本関係を結んでいる。

「ECモールを立ち上げる際に、商品情報を入力するのにWebサイトをクロールして情報を抽出します。当社でその作業を受注しています。その関係でクロールが得意となり、サイト内検索システム『Sagroonga』が生まれました。完全自社開発の並列クローラーが、高速にサイト内の情報を収集します。サイト内の情報だけでなく、PDFや、Officeドキュメント内の情報の対象とすることが可能。ユーザーに合わせたカスタマイズができる、柔軟性の高い検索サービスです」(山下氏)。

とにかく、ニッチなサービスやツールを次々と世に送り出している、セナネットワークス。この会社の一番すごいところは、フットワークの軽さ。山下代表の行動力こそ会社のエンジンだ。

その顕著な例が、Nintendo Switchのゲーム『タイピングクエスト』の開発。Nintendo Switch初のタイピングゲームなのだが、ここで伝えたいのがゲームの内容よりも開発へこぎ着けた山下代表の行動力。少し考えてほしい、メンバー11名の会社が任天堂のゲームを発売する。簡単にできることではない。

「何度も断られながらも、日本の子供にタイピングの技術を付ける重要性を説いて、最終的にOKをもらいました。デベロッパーではなく、パブリッシャーです。自社タイトルです。任天堂のパブリッシャーにはなかなかなれません。最初は『スマホゲームとコンシューマーゲームは違うんだよ』と怒られました。でも、当社の熱意が勝ってリリースすることができました」(山下氏)。

不可能を可能にする、それがセナネットワークの山下氏なのだ。

432608繋がるまで担当者に転送するクラウド電話転送サービス『tunacan(つなかん)』、かゆいところに手が届く修正依頼ツール『Naoshite(なおして)』等、ニッチなサービス・ツール開発。
432622完全自社開発の並列クローラーを使ったサイト内検索システム『Sagroonga』や受付アプリ『ReClip(れくりっぷ)』、Nintendo Switch初のタイピングゲーム『タイピングクエスト』をリリースする等、ユニークなサービス・ツール・製品を世に送り出している。
432632

エンジニアの自主性を重視!ロジカルに考えて柔軟に判断する自由な経営方針

柔軟な発想でサービスやツールを生み出す山下氏。会社の経営も自由そのもので、慣習にとらわれた考え方をしない。経営判断もロジカルに下すので、エンジニアの働き心地は抜群だ。

「当社は従業員のマインドを大切にしています。エンジニアを管理したくないんです。裁量労働制を取り、エンジニアの自主性を重んじます。仕事はアウトプットが全て。それまでのプロセスは個々に任せています。自由な働き方をしたいという思いがあり、リモートワークを基本としています。日本的な働き方が嫌いで、もっと上手く調整すれば、働く時間は減らせるのに、無駄な残業、必要のない会議がエンジニアの働き方に悪い影響を及ぼしています」(山下氏)。

フルリモートでフルフレックス。見積もりの段階で担当エンジニアが工数を決めるため、無理のない範囲で働ける。頑張った人には、その分だけ収入が上がるような仕組みにしている。

「8時間かかる仕事を3時間で終えれば、あとの時間は好きに使えばいいと思いませんか?受託した際に決めたことだけ守ってくれれば、あとはエンジニアの自由です。会社がやるべきなのは、エンジニアが言い訳をできない環境を作ること。そうすれば、エンジニアは自ら頑張って働きます。だから、マシンは最新スペックのものを用意します。エンジニアを管理するために予算を割くぐらいなら、それをエンジニアに還元すればみんな頑張って働いてくれます」(山下氏)。

会社を大きくしたいとか、上場したいとか、そんな野望がないと語る山下氏。会社の目標・目的を尋ねたところ、次のような答えが返ってきた。

「スタッフ全員が“年収1,000万円”の会社にしたいです。みんなで頑張ってみんなで幸せになる会社、それがセナネットワークスの向かう先です。新しくメンバーとなる人には、どんどん会社を良くするアイデアや新しいサービスのタネを出してほしいです。そうやってみんなで幸せになりましょう!」(山下氏)。

スタッフ全員が“年収1,000万円”の会社。そんな会社が実現できるはずがない、と考えてしまうが、セナネットワークスの山下氏の発想力と行動力をもってすれば、あながち夢物語ではないかもしれない。

ロジカルに考えて、慣習にとらわれずにフレキシブルな経営を志向する、セナネットワークスで働く心地良さ。エンジニアなら理解できるはずだ。

432614フルリモートでフルフレックス。見積もりの段階で担当エンジニアが工数を決めるため、無理のない範囲で働ける。頑張った人には、その分だけ収入が上がるような仕組みにしている。
432607ロジカルに考えて、慣習にとらわれずにフレキシブルな経営を志向する、セナネットワークスで働く心地良さ。エンジニアなら理解できるはずだ。
432631

株式会社 セナネットワークスに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 セナネットワークスに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 セナネットワークス
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
資本金 950万円
設立年月 2012年09月
代表者氏名 代表取締役 山下 大介
事業内容 ソフトウェア開発事業
ホスティング・マネージドサービス事業
コンサルティング事業
自社サービス事業
従業員数 11人
平均年齢 32.0歳
本社所在地 大阪府大阪市北区東天満1丁目 11-13 AXIS 南森町 301号
432602

株式会社 セナネットワークス資本金950万円設立年月日2012年09月従業員数11人

ユニークな自社開発!ロジカル&フレキシブルな経営が魅力のシステム開発会社

この企業が募集している求人

×