お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ストランダーの企業情報

424522

株式会社 ストランダー

動画サイト構築CMSで国内トップクラスのポジションをさらに押し上げる

趣味のライブストリーミング中にひらめいたプロダクトが、不動の地位を確立した。『ソーシャルキャスト』

様々なタイプの動画配信サービスを構築できる動画サイト構築CMS『ソーシャルキャスト』。株式会社ストランダーは、この『ソーシャルキャスト』の開発・提供を行っている。
特に2020年から続くコロナ禍によって、社会の行動様態が変化し、契約が大きく伸びている。累計契約社数は約300社で、国内トップクラス。導入を検討する企業からの相談は増える一方とのことだ。

『ソーシャルキャスト』の特徴は、動画活用に必要な機能をしっかりと備え、顧客が動画配信サービスを簡単に構築・運営できる点にある。サブスクリプションやVODでの有料動画・ライブ配信。“社員だけ”“生徒だけ”という形での限定配信。変更しやすいデザイン。分かりやすい管理画面。個別の機能追加やシステムのスケールアップに対応…というように、厚みを持ったサービスを提供している。

そもそも、ソーシャルキャストの製品アイデアは、社長の青木氏が趣味としていた「ライブストリーミング(ゲーム実況)」中にひらめいたものだそう。
10年前は、個人や小規模事業者がライブ配信を行っても収益を得られるようなサービスがなく、夢が無いなと青木氏は感じていたそうだ。ちょうど何か新しい事業をやろうと思い始めていたそうで、だったらそういう製品を作ってしまおうという流れで始まったのが、『ソーシャルキャスト』事業。様々な可能性を検討した結果、BtoBのSaaS型製品としてリリースした。
当たり前だが当時は同じような製品はどこにもなかったそうだ。

コロナ禍によって動画の配信・販売が加速した現在、『ソーシャルキャスト』は業界や法人の規模を問わず、様々な顧客への導入が進む。

◆大学受験生の二人に一人が利用しているとも言われる、オンライン学習サービスのライブ授業(契約期間中のライブ授業が買い切りで見放題)。

◆VODによるギター教室では、サブスクリプション方式の販売+セット販売で会員数4,000名、販売数10,000本を達成。

◆CSスポーツチャンネルのゴルフ番組では、ツアー全大会ライブ配信やゴルフレッスン等のコンテンツを販売。

◆アイドルグループのライブ配信、視聴チケットを使った配信イベントの限定配信。

◆100年の歴史があるコーヒーメーカー、コーヒー教室を有料オンライン配信化。

◆損害保険会社における、新商品販売時の社員・代理店向け研修動画の限定配信。

このように導入事例が多岐にわたっているのは、『ソーシャルキャスト』のサービスの厚みによるものだが、それは10年という時間をかけて築き上げたものなのだ。

『ソーシャルキャスト』をリリースした10年前は、現在と違って動画、ライブの配信・販売は“当たり前”な世界ではなかった。青木氏は「5年ほど前まではニッチな市場だったので、事業の売上もそこまでではなかった。」と語る。そんなビジネス環境下でも、コツコツと顧客からの問い合わせや要望にきめ細かく対応し、地道にバージョンアップを重ねてきた。結果、ニーズの高まりと共に4年ほど前から売り上げが急増したそうだ。
コロナ禍以降も、類似のサービスが増える中、一線を画した成長を遂げ、今もなお導入の相談が増え続けているのはこのような蓄積によるものなのだ。

425257同社は動画サイト構築CMS『ソーシャルキャスト』の開発・提供を手がけている。
424536リリース後10年が経つが、本格的に日の目を見たのは4年目以降。特に2020年から続くコロナ禍によって、社会の行動様態が変化し、契約が大きく伸びている。
424541

『ソーシャルキャスト』を成功させるため、社長は自ら退路を絶った

動画サイト構築CMS『ソーシャルキャスト』は、元々2011年に株式会社アジャストの一事業として立ち上げられたものだ。
株式会社アジャストは、インターネットを活用した事業・プロモーションの企画・制作や、Webサイトの解析・企画・開発等を行う会社である。そして青木氏は株式会社アジャストの社長だった。2008年のリーマンショックを経て、新しい柱となる事業の必要性を痛感した青木氏は、新事業の立ち上げに乗り出す。その際、目を付けたのが動画配信だった。動画配信が大好きで、個人的にゲーム実況のコンテンツを配信していた青木氏は、「これからは絶対に動画配信は伸びる」と実感していたと語る。

「当時は個人の趣味や楽しみとしてネット配信が普及してきていましたが、法人がビジネスベースで動画配信を行いたいというニーズは必ず増えると確信していました。メディア系企業の親和性が高いのは間違いないですが、もっと小さな規模の企業や個人でも、ローコストに手軽に動画活用ができるようにできないか、というのが当初からの製品コンセプトです。」(青木氏)。

そこで『ソーシャルキャスト』のプロトタイプを開発し、メディア関係者向けの展示会に出展したところ、地方局や衛生局からの反響を呼ぶ。すぐに製品をリリースすることを決めた。しかし当初は、顧客以上に『社内の反応』が鈍かったという。社内では「そんなことで利益を出すのは難しいのでは」等ネガティブな意見があり、新しい事業を進めることに後ろ向きな雰囲気だったそうだ。
そこで青木氏は全社員を前に、「必ず利益を出す。出なかったら青木は会社を辞める」と宣言し、退路を絶つ。その後徐々に業績が伸び始め、2020年4月、株式会社ストランダーとして分社化する頃には稼ぎ頭の事業に成長していたそうだ。

『ソーシャルキャスト』の成長をさらに加速させるため、2020年4月に子会社・株式会社ストランダーを設立。青木氏は会長にアジャストをお願いし、子会社に専念することを決めた。設立と同時にコロナ禍となり、『ソーシャルキャスト』は想定外の成長を遂げて現在に至っている。

しかし前項で触れたように、導入を検討中の会社は増える一方である。今やあらゆる業界、あらゆる規模の会社で、動画の配信・販売ニーズは顕在化しているからだ。同社が培ってきた開発、販売、バージョンアップ、機能追加等、様々なノウハウを基に、トップクラスの地位をさらに揺るぎないものにしたいと青木氏は考えている。

「時代の変化に合わせた機能を見出すこと、既存の機能から切り離して新サービスとして提供すること等、先頭集団を走る会社としてやるべきことは沢山あります。その役割を果たすために、開発・営業・マーケティング等、各部署の体制に厚みを持たせなければなりません」(青木氏)。

424535累計契約社数は約300社で、国内トップクラス。導入を検討する会社からの相談は増える一方だ。
425266『ソーシャルキャスト』の特徴は、動画活用に必要な機能を備えることで、顧客が動画配信サービスを簡単に構築・運営できる点にある。
424542

既存の社内ルールにはこだわらず、効率化をどこまでも追求する風土

繰り返すと、『ソーシャルキャスト』の優位性である「使いやすさ」は、10年にわたって顧客の要望に応え続けた蓄積に裏打ちされている。それは「同じ社員ができるだけ長く在籍し、お客様のために考え、積み重ねていくことによって良いものができる」という青木氏の持論ともリンクする。

意外にも同社では、ハードワークは求められない。あくまで1日につき8時間程度の実働時間の中で集中して働き、きちんと休み、また翌日の8時間へ…というメリハリを大切にしている。
締め切りを守ることは大前提だが、合理的な理由があれば締め切りを延ばす判断もする。その代わり、工期を短縮できるものはできるだけ前倒しするそうだ。

ハードワークは行わない一方で、同社は社員10名+青木氏という少数で運営しているため、効率化は欠かせない。例えば、営業が顧客とのアポイントを決めるまでに2〜3回以上のやり取りを要していることが分かった際、商談可能な時間帯を可視化し、顧客がそれを見て自動予約できるシステムを導入した。これは既製品の購入で解決したが、場合によっては社内でシステムを組んでしまうこともあるという。

効率化に向けた課題の共有は、週1回の全社会議で行われる。職種や部門の垣根を越えて意見を出し合い、良い意見はすぐに採用される。同時に、以前決めたルールでも実態にそぐわないものはどんどん変えていくそうだ。社内で運用するルールについては、効率化が図れるという社員同士の合意があれば、社長の青木氏のジャッジは不要とのこと。いかに効率化を重視しているかが伝わってくる。と同時に、社員一人ひとりの発信が不可欠であることも分かる。

会社を良くするため、顧客のためにサービスを良くするためであれば、社員各々の発言や役割に制約はない。それは、「そもそも『ソーシャルキャスト』はもうダメじゃないですか?という意見も、全然“あり”です」という青木氏の発言からもうかがえる。

「いつかは競合にしてやられるかもしれない。そんな未来を常に意識しながら、常に良いものを目指して次の準備をし続けなければならないと考えています。そういう意識がなかったら、製品も組織も良くなっていきませんから」(青木氏)。

未来を意識するには、「社員一人ひとりが好きなことで思いっきり遊び、学び続けることが大切だと思っています。なにせ今の事業が遊びから生まれたという前例ですので。」と青木氏は続ける。最近注目されている動画配信サービスやアプリ、VR…自分にとって未知のこと、楽しいことを、積極的に吸収し続けられる。そんな能動的な人材が、同社や『ソーシャルキャスト』のポジションをさらに高めていくのだろう。

424534サブスクリプションやVODでの有料動画・ライブ配信。“社員だけ”“生徒だけ”という形での限定配信。変更しやすいデザイン。分かりやすい管理画面。個別の機能追加やシステムのスケールアップに対応…というように、厚みを持ったサービスを提供している。
425265その使いやすさを支えているのが、10年にわたって顧客の要望に応えてきたノウハウの蓄積だ。
424537

株式会社 ストランダーに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ストランダーに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ストランダー
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • 残業少なめ
資本金 1000万円
設立年月 2020年03月
代表者氏名 代表取締役社長 青木 大輔
事業内容 動画サイト構築CMS「ソーシャルキャスト」の開発・販売。
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 株式会社アジャスト
従業員数 11人
平均年齢 33.0歳
本社所在地 東京都新宿区新宿6-28-7
新宿イーストコート2階
424522

株式会社 ストランダー資本金1000万円設立年月日2020年03月従業員数11人

動画サイト構築CMSで国内トップクラスのポジションをさらに押し上げる

この企業が募集している求人

×