お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ブレイク・フィールド社の企業情報

426273

株式会社 ブレイク・フィールド社

自社メディアとデジタルマーケティングサービスの両輪で売上高30億円を達成

メディア事業で培った集客ノウハウをデジタルマーケティングサービスへ展開。成長の原動力に

株式会社ブレイク・フィールド社は、従業員数60名ほどと決して大きな組織ではない。しかし、2000年の設立以来、堅実に業績を伸ばし、2020年には売上高30億円に達している。その原動力となっているのが、メディア事業とデジタルマーケティング事業を両輪としたビジネスモデルだ。

まずメディア事業だが、柱の一つとなっているのが国内最大級のマネー&ライフニュースサイト『ファイナンシャルフィールド』である。ユーザーの疑問やお金にまつわる最新トレンドをファイナンシャルプランナーや弁護士、公認会計士といったプロフェッショナルが分かりやすく解説する等、質の高いコンテンツが好評を博しており、月間200万人以上のアクセスがある。同サイトのニュースをYahoo!やLINE等の大手メディアに提供していることからも、メディアとしての信頼性の高さをうかがい知ることができるだろう。

ニュースサイトと合わせて、カードローン、住宅ローン、証券、クレジットカードなどの金融商品に特化した比較サイトを運営している。ユーザーがニュース記事で知識を得た後、抱える課題解決の方法の1つは、自分にあった商品に乗り換えることだからだ。


「多様な分野を総合的に取り扱うのではなく、金融と人材分野に特化してリソースを投下することでメディアの質を高めることに力を入れています。同時に、GoogleやYahoo!、Facebook、LINE等、最新のアドテクノロジーに年間数億円を投資して、自社の比較サイトへの広告集客の精度を高めることにも注力。そこで培ったデータや経験則、実績をベースに集客ノウハウを構築して、お客様にデジタルマーケティングサービスとして提供しています」(代表取締役・井田正幸氏)。

自社メディアによって実践することで磨き上げられた集客ノウハウはクライアントの評価も高く、月間200万円ほどの予算でスタートした依頼が、わずか1年後に月間2,000万円にまで拡大したケースもあるという。また、この集客ノウハウを武器にベトナムで保険オンライン販売代理店事業を、タイでは金融商品の比較サイトを運営。両国においても、金融分野におけるメディアとしてトップクラスのポジションを築いている。

426298同社は自社メディア事業とデジタルマーケティング事業を2本柱として展開している。
426296自社メディア事業で培った集客ノウハウをデジタルマーケティングサービスとして提供することで堅実な成長を続けている。
426313

新天地を切り開く開拓者・挑戦者であり続けるために

社名にある「ブレイク・フィールド」とは「新天地を切り開く」という意味だ。そこには「常に新しい分野を開拓する企業でありたい、前進し続ける企業でありたい、開拓者・挑戦者が集まる企業でありたい」という思いが込められている。実際、ネットビジネスの黎明期だった2000年頃からWeb広告ビジネスに取り組み始め、Yahoo!のセールスパートナーとして優秀達成賞を連続受賞する等、着実に結果を出してきた歴史がある。2014年にベトナム、2016年にはタイに支社を設立してローカル向けのサービスを提供し始め、現在ではトップクラスのポジションを獲得している点も“開拓者たろう”という気概の表れといえるかもしれない。

今後に目を向ければ、ベトナム、タイ以外の東南アジア諸国への進出や集客ノウハウの横展開=金融・人材以外の分野への展開等、さらなる飛躍を実現するための戦略をいくつも検討中だ。中には、既存メディアのユーザーを会員化し、新たなサービスを提供するプランもある。そのために、7年前からシリコンバレーのベンチャーキャピタルに出資して日本市場に適したサービスを探索しているという。

ただ、思い描いている戦略を実現するためには、柱であるメディア事業とデジタルマーケティング事業を一層強化していくことが欠かせない。そこに取り組んでもらえる新たな仲間を求めているのだと井田氏は語る。
「例えば、デジタルマーケティングサービスにおいては今後自動化が進んでいくでしょう。その分、人の手に頼らざるを得ないクリエイティブ部分が、お客様に成果を返せるかどうかの分かれ目になっていきます。このクリエイティブ・スキルを高めていくには、日々進化するアドテクノロジーにアンテナを張って情報を吸収し、最も効果的な手法を探求し続ける好奇心や、新しいことに挑戦しようという気概が不可欠です。つまり、当社が求めているのは開拓者であり挑戦者でありたいという思いを持ち、『プラス受信』や『他人を思いやる心を持つ』、『常に良いことを思う』、『自己責任の意識をもつ』等、当社が考える9つのブレイクスピリッツに共感、実践しようと思える人材です」

4262842014年には海外進出も果たしており、現在はベトナムとタイに支社を設置。
426287金融商品の比較サイトを運営し、確固たるポジションを築いている。
426315

ブレイクスピリッツに基づいた「性格目標」を人事評価に連動。企業カルチャーの浸透に注力する

井田氏がブレイク・フィールド社を立ち上げるに当たって考えたことの一つが、「成長していく企業とは、どのような特徴を持っているか」だった。
「人にも様々な性格があるように、企業にも人と同じように性格がある。
愚痴を言い合い、足を引っ張り合っている会社ではなく、明るく前向きに、思い合いながら、高い目標に挑戦していく会社としての性格を目指したい。また、その考えは、社員自身の人生にもプラスになるものでなければならないのではないか。そう思ってつくったのが、九つからなるブレイクスピリッツです。」

同社がユニークなのは、このような行動指針を単に掲げるだけでなく、浸透施策を積極的に行っている点だ。週に1回、代表自身が全社員とディスカッションを行い、スピリッツについて考える機会を設けている。また、人事評価を「事業目標」と「性格目標」の2軸で行っているのも特徴的だ。ブレイクスピリッツを50の行動指標に落とし込んで評価に連動させているという。
「事業目標と性格目標は同程度の重みを持たせています。企業であるからには利益を追求することは大切ですが、全てが利益最優先になってしまうのではなく、利益を生み出す手段にも、人としての誠実さやこだわりを持ってほしいと思うからです。だから、ブレイクスピリッツには『他人を思いやる心を持つ』や『感謝の気持ちを持つ』、『誠実に行動する』といった考えも盛り込んでいます。9つのスピリッツを私を含め、全社員が完璧に実践できているわけではありませんが、常に意識をして、目指していくことにより前向きに挑戦するところや仲間を思いやるところ等が企業カルチャーとして根付いているという実感もあります」(井田氏)。

ブレイク・フィールド社の強みの一つに、情報共有の意識が高い点が挙げられる。社員それぞれが業務を通じて得た気付きや知見を属人化させずに組織知として共有できるよう、勉強会やミーティングが適宜行われているのだ。これも会社全体で成長していこうという考え方が社員に浸透しているからこその動きだろう。

「私がいうのも何ですが、当社には“意地悪な人”はいません。社員同士、仕事でもプライベートでも一緒に時間を過ごすことが珍しくなく、“仲間と一緒に”目標を目指し、成長していきたいというマインドの人なら楽しく仕事ができると思います。また、会社としても新たなサービス開発を検討し、上場準備を進めている等、新たな挑戦に乗り出そうとしているタイミングなので、ビジネススキルを磨きたい人にとってもチャンスに恵まれた環境といえるでしょう。ここで話した社風やカルチャーが本当か確かめる意味でも、一度話しましょう。お待ちしています」(井田氏)。

426308人事評価を「事業目標」と「性格目標」の2軸で行っているのも特徴的だ。ブレイクスピリッツを50の行動指標に落とし込んで評価に連動させているという。
426283ここからさらなる飛躍を遂げるため、同社の行動指針ともいえる9つのブレイクスピリッツに共感し、共に新天地を切り開いてくれる仲間を求めている。
426312

株式会社 ブレイク・フィールド社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ブレイク・フィールド社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ブレイク・フィールド社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  その他マスコミ・エンターテイメント・メディア系
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
資本金 2410万円
設立年月 2000年05月
代表者氏名 代表取締役 井田 正幸
事業内容 ◇自社媒体・メディアサービス事業
・ファイナンシャルフィールド
お金や暮らしに関する日本最大級のファイナンス特化型情報サイト。
大手ニュースメディアにも記事を提供しております。
・金融商品に特化した専門型の比較サイト

◇デジタルマーケティング事業(インターネット広告代理店事業)
・媒体・誘導・広告手法の選定
・販促効果を高めるページ制作
・クリエイティブ効果の検証分析

◇海外事業
・ベトナム・タイでの自社メディアの運営およびデジタルマーケティングサービスの提供
従業員数 63人
平均年齢 32.8歳
本社所在地 東京都千代田区一番町7-1 一番町ビルヂング 4F 5F
426273

株式会社 ブレイク・フィールド社資本金2410万円設立年月日2000年05月従業員数63人

自社メディアとデジタルマーケティングサービスの両輪で売上高30億円を達成

この企業が募集している求人

×