お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 マキナレコードの企業情報

421554

株式会社 マキナレコード

セキュリティ対策の新概念「サイバーインテリジェンス」展開する新進企業

サイバー攻撃に関する予兆、トレンドの把握を促す新概念を国内に啓蒙

サイバーセキュリティ領域における製品の導入提案、コンサルティング等、クライアント企業のセキュリティ環境構築支援を事業として展開する株式会社マキナレコード。同社が掲げているのは、日本の市場に合わせたセキュリティに関する“インテリジェンス”をクライアントに提供し、サイバー領域における“プロアクティブ”なセキュリティ強化を支援していくという事業ビジョンである。近年、サイバー犯罪が急激なスピードで多様化し、同時にその形態も組織化している傾向がある状況においては、その被害を避けるためにはより先見的=プロアクティブな対策が必要になる。そのための情報提供や製品導入提案により、社会全体の安全性を高めていくことを同社は目指しているということだ。

同社がその提供に注力している「サイバーインテリジェンス」とは、サイバー空間で暗躍する犯罪者の攻撃の予兆、トレンドを把握するための情報という概念。この概念を日本国内に広めた第一人者であり、同社の創業者であるCEO・軍司祐介氏は、自身とサーバーインテリジェンスとの出会い、そしてマキナレコードという企業を設立した経緯について振り返る。

「私は、キャリアのスタートからセキュリティ領域の仕事を専門としてきましたが、ある時にアメリカ人の知人からダークウェブの情報を収集しデータベース化、そして検索できるシステムの存在を知らされました。そのシステムは『Flashpoint』というシステムで、現在の当社でも商材として取り扱っているのですが、そのツールを紹介された時のインパクトは今でも覚えています。アンダーグラウンドの犯罪者達が重要な情報を交換しながらサイバー攻撃を目論む様子、そしてリアルな取引の様子を『Flashpoint』を通して実際に目にし、鳥肌が立つほどの衝撃を受けました。そこからサイバーインテリジェンスの重要性を強く感じ、自分自身の知見を生かしながらその概念を広めていきたいと思ったことが、当社の設立のきっかけになっています」(軍司氏)。

現在の同社の事業は、前出の『Flashpoint』等のサイバーインテリジェンスに関する商材の販売、そして自社のナレッジを企業のセキュリティに活用するコンサルティングという二つの軸を有している。その展開により、世界的なレベルに対して遅れているとされる日本国内のセキュリティ対応に関する啓蒙を進めていくことを、同社では目指しているのである。

「自社に対する攻撃に関し、犯罪者がどの部分を狙ってくるか、どんな手法を使うかということが分からない状況では、全方位に防御を展開するために莫大な費用と人材リソースが必要になり、それは企業にとって大きな負担になってしまいます。その状況を変え、防御のための選択と集中の材料をインテリジェンスとして提供することが、私達の役割なんです」(軍司氏)。

421566サイバーセキュリティ領域における製品の導入提案、コンサルティングなど、クライアント企業のセキュリティ環境構築支援事業を展開する同社。
421576同社が掲げているのは、セキュリティに関する“インテリジェンス”をクライアントに提供し、その強化を支援していくという事業ビジョンである。
421585

情報に対する意識、意思決定者の判断のプロセスに変革を促す取り組み

インテリジェンスの提供という活動は、日本国内ではこれまでほとんど行われてこなかったと、軍司氏は指摘する。その背景には、情報に対価を支払うこと、発生していない損害に対するコストを自ら負担することが一般化していない日本ならではの事情が、少なからず影響していたというのも軍司氏の持論だ。

「提供された情報に対して対価を払う、という文化は、日本にはまだ十分根付いていないのかもしれません。その背景には、“困ったことに関する情報はみんなで提供し合いましょう”という、いわば互助会的な意識が、日本人の中には強く存在してきたということがあるのだと思います。しかし、近年多様化するサイバー犯罪に対しては、コストをかけてでも有益な情報を積極的に獲得しながら、企業のリーダー達が明確な決定を下して対応するという意識変革の必要があると、私は考えているんです」(軍司氏)。

セキュリティ対策に関しては、これからの時代においては情報獲得に労力・コストをかけながら企業戦略に役立て、そして自社の業務の一つとして根付かせていくべきだというのが軍司氏の指摘だ。そのために同社が取り組んでいるのが、企業における意思決定者に対し、サイバーインテリジェンスの重要性に関する理解を促しながら、サイバー攻撃による損失というリスクを回避することに繋げていく活動なのである。そしてその手法については、クライアントの状況に応じ、必要なものを適切に提案することを重視しているのも同社の特徴。世界規模で有効性が実証されている先進的なプロダクトを提案できる商品力に加え、ノウハウの提供も含めたコンサルティング力に絶大な信頼が寄せられていることは、同社の最大の強みだと言える。

「今後の取り組みについても、新しい事業を展開する等のドラスティックな変化は考えていません。注力していきたいのは、サイバーインテリジェンスを提供し、セキュリティに関する知見を生かしたコンサルティングを展開すること。その内容については、“ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を導入しましょう”“Pマークを取りましょう”といった定型的な作業ではなく、業務担当者がきちんと理解できるような情報を提供することを心掛けたいと思っています。クライアント企業の現場で業務に当たる方々と実用的なセキュリティ支援を行っていくというのが当社の方針であり、その姿勢は今後も変わらず持ち続けていきたいと考えています」(軍司氏)。

421563近年、多様化・組織化が進むサイバー犯罪の被害を避けるためには、先見的=プロアクティブな対策が必要であり、そのための情報提供や製品導入提案を行うことで社会全体の安全性を高めていく。
421572セキュリティ領域のスペシャリストとして高い評価を得る創業者・CEOの軍司祐介氏は、意思決定者に対する情報の重要性に関する理解を促すことが自社の役割であると説明している。
421582

第一人者の下でセキュリティ領域の最新ノウハウを吸収できる環境

サイバーインテリジェンスという新しい概念を日本国内に広め、社会に対する価値提供を進めていきたいと考える同社では、その実行を担う人材の獲得も積極化させている。現在は約12名のスタッフが活躍する同社には、少人数ながらもダイバーシティに溢れたメンバーが揃っているということだ。年齢層も20代から50代まで幅広く、外国籍の人材も登用しながらグローバルな視野で自社事業を推進しているのが、現在の同社の姿だ。

「多様な人材が活躍する当社では、それぞれが持つスキルに関してもバラエティに富んでいますが、全員に共通して求めているのは“自ら考え、自ら動く”ことです。新しいことを貪欲に学びながら、自ら積極的に提案していきたいという方にとってはすごくいい環境だと思います。もちろん、クライアントに対しては寄り添いながら、先方の状況に合わせて業務を進める必要がありますが、言われたことだけをやるという状況では面白味もありません。今の環境でできないことがある方、チャレンジしたいことがある方には、当社でその思いを実現していただきたいと思っています」(軍司氏)。

今までにないことに取り組み、他社では経験できない業務で成長を続けながら、セキュリティに関する先駆者として活動できる。そんなやりがいを得られるのが、同社で働く上での最大の魅力と言えるだろう。また、その領域での第一人者としての実績を評価されている軍司氏の下で、業務ノウハウを吸収できることも、同社で得られる貴重な価値であると言えるだろう。

「自分自身、この領域のエキスパートとしては特殊な人物だと思っています。サイバーセキュリティに関する技術知識、ISMS導入やPマーク取得等に関するガバナンス寄りの知見という両面を理解している人材は、国内では少ないはずです。セキュリティ戦略には、技術とガバナンスの両方の要素が必要であり、そのバランスを考えた妥協点を見つけることを求められることもあります。これから入社する方々には、そんな対応力を得るためのノウハウを当社の環境で吸収しながら、価値の高いセキュリティ人材に成長していただきたいと思います」(軍司氏)。

421578現在は約12名のスタッフが活躍する同社には、少人数ながらもダイバーシティに溢れたメンバーが揃っているということだ。年齢層も20代から50代まで幅広く、外国籍の人材も登用しながらグローバルな視野で自社事業を推進しているのが、現在の同社の姿だ。
421558先進的なセキュリティ領域の業務に取り組みながら、現場でのリアルな対応力を身に付けた市場価値の高い人材へと成長できる環境が、同社には用意されている。
421586

株式会社 マキナレコードに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 マキナレコードに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 マキナレコード
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
企業の特徴
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
設立年月 2016年06月
代表者氏名 代表取締役 軍司 祐介
事業内容 ■サイバーインテリジェンスを活用したセキュリティ対策
■セキュリティ体制構築支援コンサルティング
従業員数 12人
本社所在地 東京都港区虎ノ門1-2-15 YSビル6F
421554

株式会社 マキナレコード資本金設立年月日2016年06月従業員数12人

セキュリティ対策の新概念「サイバーインテリジェンス」展開する新進企業

この企業が募集している求人

×