お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 アンビリアルの企業情報

418735

株式会社 アンビリアル

急成長中の3Dアバター×カラオケ配信アプリ『topia』の開発・運営会社

コンセプトは「誰もが推される世界」。定量&定性分析と課題解決で進化中

株式会社アンビリアルは、自分だけの3Dアバターを作ってカラオケを楽しめるライブ配信プラットフォーム『topia(トピア)』を開発・運営している会社だ。スマートフォンの顔認識でアバターを動かし、顔出しせずにライブ配信できるアプリで、JOYSOUNDと提携し、同社のカラオケ楽曲が歌い放題だ。アプリ上で、多人数で歌えるカラオケルームを作ることもでき、スマートフォン一つで気軽に、まるで気の合う仲間とカラオケルームで歌っているような体験ができる。その気軽さと親密さ、楽しさが受けて急成長中だ。特に若者世代に人気で、20代前半までのユーザーが全体の3分の2を占める。

アンビリアル自体はまだ小規模のスタートアップだが(業務委託等の外部パートナーも含めて約30人のチームで開発中)、『topia』が急成長を遂げているのは、3Dアバター×カラオケという目の付け所に加え、地道に課題を発見しては解決し、PDCAを回しながらアプリを進化させてきたからだ。

『topia』を開発し、成長させてきた創業者で代表取締役社長の前原幸美氏は言う。「定量と定性の組み合わせで分析し、課題を発見して解決してきました。定量は地道なKPI分析、定性は、インタビューや配信への参加等、様々な機会でユーザーさんと接点を持ち、話を聞いてきました。それらを通じて発見した課題に対して仮説を立てて改善・検証し、その積み重ねで『topia』は今の姿になっています」

大きな機能改善の例は、例えば、みんなで順番に曲を入れて歌うカラオケルーム機能や、友達同士で楽しみたいというニーズに応えたプライベート配信機能を追加した。直近では、最大12人でコラボ可能な、音声配信SNSアプリを使用した通話を配信できるようにもした。トップ画面の配信一覧の出し方も、当初は人気の配信者(ライバー)を上位に載せていたが、その後、同じ時期に『topia』に参加したライバーの配信が表示されるように変えた。「データから、ベテランライバーの配信を新規リスナーにぶつけても視聴が続かないことが分かりました。始めた時期が近い人同士が出会えるように変えたら、利用が伸びました」と前原氏。このような細かな改善を繰り返しながら丁寧にコミュニティーを作り、運営してきた。

コンセプトは「誰もが推される世界」の実現だ。『topia』から歌のプロを輩出するのではなく、趣味として親密な仲間と共に楽しむ世界を目指し、その軸がぶれないように様々な施策を打ってきた結果、今、多くのユーザーに愛されるプラットフォームに育っている。

418769同社は、自分だけの3Dアバターを作ってカラオケを楽しめるライブ配信プラットフォーム『topia』を開発・運営する会社だ。
418763コンセプトは「誰もが推される世界」の実現。丁寧な運営と継続的な改善で、温かいユーザーコミュニティーを形成し、趣味としてカラオケを楽しむ世界を作り上げてきた。
418775

VRゲーム開発の経験から着想して『topia』が誕生。コロナ禍に急成長を遂げる

創業者の前原氏は、ソーシャルゲームやスマートフォンアプリの開発経験が長く、数々のプロダクトに関わってきた。2012年に独立してアンビリアルを創業。しばらくはフリーランスに近い形で、ゲームのディレクターやアプリ開発のコンサルティング等を手掛けていたが、次第に、VRをやりたいと考えるようになる。2016年頃で、そのタイミングで出会ったのが取締役の髙取泰洋氏だ。高取氏もアンビリアルにジョインし、二人でVRゲームの開発を始める。

試行錯誤しながら作ったVRゲームは好評で、ゲームショーで評判になったり、VR施設で採用されたりしたのだが、世の中的には少々、取り組むのが早かった。市場が未成熟だったため、ひとまず撤退。事業転換を図り、いくつかプロトタイプを作る中で手応えを感じたのが『topia』だった。3Dアバターに扮してコミュニケーションを図る世界は、VRに通じるものがあった。2017年末から本格的に開発に着手し、2018年10月にリリース。当時は、世の中でVTuberが注目を集めていた。『topia』もそのトレンドのど真ん中をいくプロダクトであり、アンビリアルの技術も申し分なかったことからVCから資金調達もできた。このようなプロセスを経て、期待を受けて『topia』は誕生した。

その後、ライバーとリスナーを増やす仕掛けとしてカラオケ機能を入れたところ、これが大当たりし、サービスは一気に拡大。現在の発展に繋がった。現在、全ユーザーのうち、自ら配信もするライバーは4割程度。「あらゆる配信アプリの中で、ライバー比率は極めて高いです。ほかのアプリでは、例えば若い女性アイドルの配信に、40代の男性のリスナーが多くつく等、配信者と視聴者にユーザー層が分かれる傾向にあります。しかし『topia』は、両方を楽しむ人が多いです」と前原氏。その特異な温かいコミュニティーが『topia』の特徴で、コアなユーザーを引き付ける力になっている。

ビジネスのスキームは、推しのライバーに対してリスナーが投げ銭をし、その一部がアンビリアルに入るというもの。ユーザー数拡大とコミュニティーの盛り上がりに伴い、売り上げも急増中だ。特にコロナ禍の巣ごもり需要では売り上げが大きく伸びた。その後、社会が少しずつ日常を取り戻す中でも『topia』の売り上げは下がることがなく、右肩上がりで伸びている状態が続く。今後は、より積極的にプロモーション活動を行い、さらなるユーザー獲得を目指す。

418750コロナ禍の巣ごもり需要で急成長を遂げ、その後も右肩上がりの成長が続く。
418756元々VR技術に長けている会社で、いずれはXR対応とし、よりリッチな没入体験を目指す。
418773

XRに海外。『topia』には可能性しかない。会社の成長と共に自分も成長へ

急成長中の『topia』。多くの人により楽しんでもらうには、機能の充実が不可欠だ。そのためには、一緒にプロダクトを進化させる仲間を必要としている。将来的な構想もある。「我々は元々、VRゲームをやっていたので、いずれは『topia』のアバターをXRにも対応させたいと考えています。XRになると、本当に目の前に推しの人がいて、触れ合える世界が実現します。それをやりたいです」と前原氏。よりリッチな没入体験を、そう遠くない将来に実現する。現在は、デバイスの普及が進んでいないため、計画に留まるが、環境の変化次第でイケると判断すれば、スピーディーに展開していくつもりだ。

それまではスマートフォンでのさらなる拡大を目指す。当面の進化の方向として計画しているのは、アバターのバーチャルライブだ。今は、カラオケルーム状の部屋から配信するスタイルだが、2Dの背景設定により、さらにリッチな演出、リッチな配信を進めていく。近い目標から遠い目標まで、やりたいことは山ほどある。3Dアバター×カラオケ×XRへと構想は広がるばかりだ。この『topia』の世界に魅かれ、集結したメンバーは元インターネット広告を手掛ける会社、情報通信事業会社、ゲーム会社、フリマアプリ運営会社等、錚々たる経歴のプロフェッショナルばかり。今、みんながワクワクしながら新しい世界を創っている。

海外展開も視野に入れている。アバターとカラオケの組み合わせは、まさにクールジャパン。勝機は十分にあると考える。「カラオケは、日本以外の国にも広がっていますし、例えば日本のアニメやゲームのキャラクターとコラボしたアバターを使えば、より日本の強みを発揮できそうです。そのようなタイアップも進めていきたいです」(前原氏)。

プロダクト自体もビジネス展開も面白い。もちろん技術的にも。高取氏は「顔認識、XR、3Dアバター等、新しい領域であり、技術的にもどんどん新しいことを取り入れていきます。可能性しかないプロダクトで、チャレンジしたい人には本当にいい環境だと思います」と技術面の魅力をアピールする。ユーザーとの交流も盛んで、「中の人」としてコミュニティーに参画し、意見を聞くこともある。ユーザーファーストで、できる手は全て打つ。自社プロダクトならではの手応えがあり、意欲ある人にはこんなに面白い環境はないだろう。

「ライブ配信、アバターの領域で、ゼロから立ち上げたスタートアップで生き残り、このフェーズまで来ているのは当社くらい。ほかはメガベンチャーばかりです。今は、ゼロイチとは言いませんが、0.5を10、100、1,000とスケールさせていくフェーズ。この可能性しかない領域で、このフェーズを経験できる場はほかにありません。会社の成長と共に自分も成長でき、得難い経験ができるはず。是非一緒にやりましょう」と前原氏。意欲ある仲間の参画を待っている。

418740可能性に満ちた『topia』に魅かれた優秀な仲間達が集結し、海外展開も構想中だ。
418749会社の成長と共に自分も成長でき、得難い経験ができるはず。意欲ある仲間の参画を待っている。
418774

株式会社 アンビリアルに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 アンビリアルに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 アンビリアル
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 平均年齢20代
資本金 4億1831万5000円
設立年月 2012年05月
代表者氏名 代表取締役 前原 幸美
事業内容 バーチャルカラオケ配信プラットフォーム「トピア」の開発・運営
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 35人
本社所在地 東京都台東区元浅草3-20-1 タカラハイツ2F
418735

株式会社 アンビリアル資本金4億1831万5000円設立年月日2012年05月従業員数35人

急成長中の3Dアバター×カラオケ配信アプリ『topia』の開発・運営会社

この企業が募集している求人

414126
アバターカラオケ配信アプリの開発!サウンドエンジニア募集!
サウンドエンジニア

トピアの音声関連の開発全般 ・配信部分の音声に関わる設計/実装 ・ノイズキャンセリングなどのプラグイン実装 ・アバターのリップシンク(音声認識の精度改善) ・カラオケ歌唱時のボイスエフェクト

414126
アバターカラオケ配信アプリの開発!Unityエンジニア募集!
Unityリードエンジニア

■ トピアのUnity開発全般 ・リアルタイム配信/視聴まわりの改善や機能追加 ・3Dアバターの描画・着せ替え・モーション操作など ・顔認識や音声認識の精度改善 ・カラオケ機能の改善や機能追加 ・アプリのUI/UXの実装

414121
COO候補募集!急成長エンタメテック企業をともに上場に導く経営幹部求む!
プロダクトマネージャー

バーチャルカラオケ配信プラットフォーム「トピア」のプロジェクトマネージャーを担当いただきます。 ▶︎ ポジションの魅力 ・弊社やトピアとの相性がよければ、役員やCOOへのオファーもさせていただきます ・あらゆるグロース施策やマネジメント施策を、リーダーとして主導で進められます ・実験好きの組織なので、最新のツール・フレームワーク・手法をどんどん試せます ・ポテンシャル抜群のプ...

414126
アバター配信サービスの成長を牽引するRailsエンジニア募集!
Railsエンジニア

トピアのサーバーサイド開発全般 ・新機能のAPI設計/実装 ・負荷増大に対するパフォーマンスチューニング ・社内向けのダッシュボード・管理画面の開発 ・インフラ運用・設計

414121
急成長バーチャルカラオケSNSのプロダクト責任者をしませんか?
PM・ディレクター

バーチャルカラオケ配信プラットフォーム「トピア」のディレクターを担当いただきます。 ▶︎ ポジションの魅力 ・あらゆるグロース施策やマネジメント施策を、ディレクターとして主導で進められます ・誰が言ったかは重要でないため、いつでも提案歓迎、いい施策はどんどん採用されます ・実験好きの組織なので、最新のツール・フレームワーク・手法をどんどん試せます ・ポテンシャル抜群のプロダク...

414121
急成長バーチャルカラオケSNSのプロダクト責任者をしませんか?
ディレクター・リードプランナー

バーチャルカラオケ配信プラットフォーム「トピア」のプランナーを担当いただきます。 ▶︎ ポジションの魅力 ・まだ少人数体制のため、結果を出せれば短期間にディレクターへ昇格可能です ・誰が言ったかは重要でないため、いつでも提案歓迎、いい施策はどんどん採用されます ・実験好きの組織なので、最新のツール・フレームワーク・手法をどんどん試せます ・ポテンシャル抜群のプロダクトを一気に...

414126
アバターカラオケ配信アプリの開発!Unityエンジニア募集!
Unityエンジニア

トピアのUnity開発全般 ・リアルタイム配信/視聴まわりの改善や機能追加 ・3Dアバターの描画・着せ替え・モーション操作など ・顔認識や音声認識の精度改善 ・カラオケ機能の改善や機能追加 ・アプリのUI/UXの実装

Noimage
アバター配信サービスの成長を牽引するRailsエンジニア募集!
Railsエンジニア

トピアのサーバーサイド開発全般 ・新機能のAPI設計/実装 ・負荷増大に対するパフォーマンスチューニング ・社内向けのダッシュボード・管理画面の開発 ・インフラ運用・設計

残り5求人をみる
×