お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ブライエンタープライズの企業情報

415769

株式会社 ブライエンタープライズ

ニッチ分野で商品数5万点以上。19期連続110%以上の成長を維持するEC会社

5万点以上の品揃え。ニッチな分野で持続的な成長を遂げるEC会社

株式会社ブライエンタープライズは、大阪市に拠点を置き、インターネット通販事業を展開している会社である。2021年8月現在、200社以上の国内メーカーと直取引をし、アニメ作品や映画作品をはじめとするキャラクターグッズ、インテリア・アート雑貨等、低単価かつ、嗜好性の高いアイテムを中心に、5万点以上のアイテムを扱う。

2006年に初めてECモールに出店して以来、毎年110%から120%程度の成長を着実に積み上げてきた。商品の仕入れ力と、低単価商品の品揃えでもしっかり利益が確保できる仕組みが強みだ。取締役・平井理文氏と、顧客管理やバックオフィスの業務を担う新宅由美氏が、自社の事業の強みや特徴を語る。

「仕組みといっても特別な業務システムがあるわけではありません。どこよりも品揃え豊富に、どこよりも早くご提案し、お客様の欲しい数だけを、いち早くお届けする」工夫を全社を挙げて積み重ね、弊社独自のノウハウで実現させています。それはWeb制作から物流に至るまで全ての業務に一貫していえることです」(平井氏)。

「商品点数が圧倒的に違います。我々と同じような商材を扱っている店舗でも商品点数が5万点を超える店舗は決して多くないはずです。単価も低いし、管理も大変なので、どちらかというと管理がしやすい売れ筋商品に絞っているところが多いと思います」(新宅氏)。

販売チャネルは、BtoCのECモールが中心だ。アニメ作品や映画作品をはじめとするキャラクター愛好家をターゲットとした『シネマコレクション』、アート絵画とおしゃれインテリア雑貨を前面に押し出した『ベルコモン』、小学生や中学生ユーザーをターゲットとしたガールズ雑貨をコンセプトとする『マシュマロポップ』の3業態を中心に、楽天市場やYahoo!ショッピング、PayPayモール、Amazon、Qoo10、auPAYマーケット等に13店舗を構える。

一方、NETSEA、スーパーデリバリー等、三つの仕入れサイトにも出店し、地方の個人商店や小規模ネットショップ等に対するBtoBビジネスも展開している。10年ほど前に参入した領域だが、一般消費者に向けたEC事業でブライエンタープライズ社の認知度が上がるに連れて規模を拡大し、現在では全体の3割程度を占めるまでに育っている。

「例えば同じタオルでもキャラクターやアートがプリントされていると、対象のお客様は限られます。決してマスになる領域ではありません。そのため買い場は限られますが、欲しいというお客様は一定数存在します。この領域は、大手が入り込みにくいブルーオーシャンのマーケットなのです。このような、弊社が得意な分野に特化しその商品を網羅的に仕入れるしくみ、それを速やかに沢山のお客様の目に触れていただける最大限の機会を作るためのWEB運営体制、更にご注文を頂ければすぐにデリバリーできる物流体制を整えています。この様に一貫した流れの体制としくみこそが弊社のビジネスにおける最大の特徴です」(平井氏)。

415777同社は大阪市でEC事業を営む会社だ。
415784楽天市場やYahoo!ショッピングなどのECモールに13店舗を構える他、ネット仕入れサイトで小規模事業者を対象とした卸売業も行っている。
415794

増え続けるニーズ。自社サイトの立ち上げやDtoCへの参入も視野

創業者の代表取締役・西尾健一氏は、サラリーマン時代、全国の催事場を回り、映画作品のポスターや雑貨を販売する業務に従事していたが、2001年12月に独立。元同僚の3名と共に設立したのがブライエンタープライズ社である。新宅氏も創業メンバーの一人だ。

設立時は、前職時代と同様、全国の催事場を巡って、仕入れた商品を販売するスタイルを取っていた。品揃えも、前職と同じ映画関連のグッズからスタート。ECが普及する以前は、そういった分野の商品を販売するショップは、東京や大阪といった都市部にしか存在せず、地方在住の愛好家にとっては、地元の百貨店等で不定期に行われる催事が唯一の買い場だった。その後、取り扱う商品の領域が広がってきたが、大手が入り込まないニッチな領域の商材を扱う方針は一貫してきた。

その一方で、同社の創業期である2000年代前半は、90年代後半にサービスを開始したECモールが力を付け、存在感を増していた時期でもあり、催事に集まる顧客からもインターネットでの販売を望む声が徐々に高まっていった。そういった顧客からの要望に応え、同社が最初にECモールに出店したのが2006年のことだ。

ただ、当時はまだECの黎明期である。この時期にECをスタートした事業社は、いずれも制作会社等の手を借りて、自社なりに試行錯誤を繰り返しながらノウハウを蓄積していた。同社においても、創業メンバーが、各モールの担当者とコミュニケーションを取ってページの作り方や集客方法を吸収すると共に、商品管理や物流の仕組みを整える等、自社に合わせたビジネススタイルを確立していったのである。

「EC事業を始める前も含めて、特別大きな飛躍があったわけではありません。どうすれば上手くできるか、効率化できるか、売り上げを伸ばすにはどうしたら良いかをみんなで考えつつ、社内はもちろん、仕入れ先やECモール、運送会社等、外部の方々と人間関係を築きながら、他社には真似ができない独自のシステムを築いてきました」(新宅氏)。

2020年はあらゆる分野でDXが進み、EC市場も急拡大した年である。その中で同社は、大ヒットしたアニメ作品の存在も追い風となり、年商12億円の大台に乗せている。2021年度を迎えてもその勢いは止まらないことから、増え続けるニーズに対処した上でさらなる成長に向けた新たなチャレンジをすべく、事業基盤の再整備に乗り出している。

平井氏は、このような社内の動きを牽引する立場として2021年6月に入社している。これまでは大手通販会社2社に在籍し、商品開発やマーチャンダイジング、事業経営等に携わってきた。通販業界歴30年以上の大ベテランだ。

「いま正に創業以来積み重ねてきたビジネスモデルを更に進化させるネクストステップの入り口です。大きく飛躍させる為にも、これまでの経営理念に加えて新たに外部からの力を招いて融合させ、様々にチャレンジしていきたい。」(平井氏)。

現在はECモールのみだが、近い将来は自社ECサイトを立ち上げたり、自社商品を開発してDtoCビジネスを展開したり、より自分達の意志が強く働く領域でビジネスを展開していく考えだ。

415781業界では類を見ない多彩な商品を自社倉庫で管理・デリバリー。
415788キャラクターグッズなどのニッチな分野に絞り、国内メーカー約200社との直取引で常時5万点以上を揃える。
415796

現場の声が事業に反映。一人ひとりの自主性を活かせる環境が魅力

ブライエンタープライズ社の魅力は、従業員一人ひとりの自主性が活かせる環境である。受け持つ業務範囲が広いため、各自、責任を持って判断すべき局面が多い。日々、ビジネスが動いていることを実感しながら成長できる。ビジネスに情熱を持って取り組みたい、自分のスキルや経験値をさらに高めていきたいという意欲を持った人材には最適の環境である。

「注文件数が増えてきたら梱包機を導入する等、現場の人間が考えながら、少しずつ環境を整えてきました。決してトップダウンの会社ではありません。社長が個々の意見を尊重してくれるところが、この会社で働く楽しさです」(新宅氏)。

また、同社は従業員の定着率が高い会社でもある。新宅氏をはじめとする創業メンバーだけではなく、EC参入以降のメンバーも勤続年数10年以上の社員が多くを占める。また、全従業員の半数以上を占めるパートタイマーも勤続年数が長く、Web制作から倉庫内における商品管理や梱包作業まで、重要な戦力として機能している。それだけ社内の雰囲気が良い証拠だ。問題を先延ばしせずにその場で解決するスピード感、日常における活発なコミュニケーション等が、社内の雰囲気を保つ要因である。

さらにコツコツと構築してきた仕組み化により、12月から3月までの繁忙期以外には大幅な残業は発生しない。ライフワークバランスが取りやすく、プライバシーも保ちやすい労働環境も魅力的だ。

そんな同社が、今後の事業拡大、新たな事業創出に向けて求めるのは、Web制作運営と物流の各分野で専門的な経験やスキルを蓄積してきた人材である。これから着手する自社サイトやDtoC事業の立ち上げを担えるWebマーケティング領域の経験者と、将来的に物流全体のマネジメントを担える人材を求めている。

同社が社員に求めることは“商売人”としての気質だ。自社が扱う商材やWebが好きなことも重要な要素だが、それ以上に大事なことは、ビジネスの基本である顧客満足の追求である。

「そのためには、企業側の都合の良い効率化の押し付けではなく、デジタルもアナログも関係なく顧客視点での徹底した業務改善の繰り返しが必要です。こうした取り組みが伝われば、お客様から信用され、愛されることで業績にも繋がり、ひいては社員・従業員一人ひとりの幸せに繋がると考えています。このような価値観を共有しながら共に成長していける方をお待ちしています」(平井氏)。

「基本的に弊社の社員は商売人が多いと思います。やっぱりお客様の声や反応が感じられたら嬉しい。それがダイレクトに感じられることが、この仕事の楽しさです」(新宅氏)。

ブライエンタープライズ社は中小企業の良さが詰まった会社である。社内の様々な意思決定において社員一人ひとりの意見が反映されやすいし、新しい技術やスキルの獲得に対する支援も受けやすい。様々なチャレンジをしながら、成長し続けられる環境である。

415787創業以来19期連続で110%以上の成長を維持して来た。その成長を支えるのは、長年に渡る試行錯誤で築いたオペレーションの仕組みである。
415789今後は自社サイトでの販売やDtoCなど新たな事業領域への拡大を目指す。
415791

株式会社 ブライエンタープライズに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ブライエンタープライズに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ブライエンタープライズ
業界 商社(卸売)・流通・小売り系 >  その他商社・流通・小売系
商社(卸売)・流通・小売り系 >  物流・運送・倉庫・梱包
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 残業少なめ
資本金 800万円
売上(3年分)
2020年 7月 期 2019年 7月 期 2018年 7月 期
12.1億円 10.8億円 9.3億円
設立年月 2001年11月
代表者氏名 代表取締役 西尾 健一
事業内容 キャラクターグッズを中心とした雑貨を取り扱う卸・小売業
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 35人
平均年齢 39.0歳
本社所在地 大阪府大阪市北区豊崎7-2-15
415769

株式会社 ブライエンタープライズ資本金800万円設立年月日2001年11月従業員数35人

ニッチ分野で商品数5万点以上。19期連続110%以上の成長を維持するEC会社

この企業が募集している求人

×