転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像

株式会社ジェネシス

  • IT/Web・通信・インターネット系

信頼関係構築のノウハウを継承!今後を支える次世代のエンジニアを待望

企業について

1995年に設立した株式会社ジェネシスは、長く大手通信会社のシステムを守ってきたソフトウェア会社。大規模システムを構築して運用する場合、業務アプリとインフラの間に「制御システム」とでも呼ぶべき、業務アプリが共通利用する「基盤アプリケーション」が必要とされる。

ジェネシスは、大手通信会社のシステムにおいて、基盤アプリケーションのオンライン制御・バッチJOB制御・ファイル転送機能の開発・導入・保守を手掛けてきた実績と経験がある。

「1996年に、大手通信会社がそれまで汎用機で動かしていたシステムを、クライアントサーバシステムに変更することになりました。その時に、開発を受注した大手ベンダーから基盤アプリケーションの開発を依頼され、その後25年にわたって基盤アプリケーションの開発・保守を続けています」(代表取締役・守谷敏之氏)。

基盤アプリケーションは、大規模システムを運用する上で、鍵となる。新しい業務アプリが開発される度に、システム全体との整合性を取るため、基盤アプリケーションの運用を任されているジェネシスに話を通さなくてはならない。それぐらい、重要な役回りを任されている企業なのだ。

「長く当社が基盤アプリケーションの保守を任されているため、エンドユーザーもクライアントであるベンダーも、当社の技術と経験を必要としてくれています。システムの規模が大きくなると、データベースに複数のシステムや全国の端末が接続しているため、それを管理する必要があります。例えば、データベースにデータを入力するにはルールがあって、業務アプリが間違った順番でデータをやり取りしないように、監視してトラブルを未然に防ぐ必要があります。当社が25年間任されているのは、全国規模の大きなシステムの運用を影で支える仕事です」(常務取締役・吉田満氏)。

さらに、業務データのバックアップもジェネシスが担当しており、業務に支障をきたさないように、日々大切なデータを守っている。

「ORACLEデータベース・ユーザログの大規模データバックアップ装置へのバックアップスケジューラの開発・導入・保守も手掛けています。日本でも有数の大企業のデータですから、確実にバックアップをしてデータを守らないと、多くの人々に甚大な影響を与えてしまいます。責任感を求められる仕事ですが、それを25年間続けてきた信頼が、当社の最大の資産です」(守谷氏)。

長い付き合いの中では、社会情勢の変化によってクライアントからの要望も変わってくる。そこで、ジェネシスでは、アプリエンジニアやインフラエンジニアを採用して、既存クライアントだけでなく新規クライアントも含めて、提供するサービスの幅を広げる戦略に打って出ることになった。

「近年は業務システムの端末がスマホになっている関係もあって、ブラウザを使って業務システムを操作する機会が増えています。そのため、業務アプリ開発でもiOSやAndroidのアプリエンジニアが求められています」(吉田氏)。

受託で開発や保守をする上で、クライアントの要望は最優先される。時にはクライアントからの要望が会社の未来を作る。ジェネシスもクライアントからの要望を達成することで現在の地位を築いた過去を持つ。

「1995年に創業したジェネシスは、富士市にあった三つのソフトウェア会社が一緒になってできました。当初は、主に機械の制御、FA(Factory Automation=ファクトリー・オートメーション)を手掛けていました。1996年に大手ベンダーから同じC言語での開発ということもあり、大規模システムの基盤アプリケーションの開発を受託したことで、現在のジェネシスがあります」(守谷氏)。

今回のアプリエンジニアとインフラエンジニアの募集は、ジェネシスにとって新しいステージの仕事になる。基盤アプリケーションの仕事は、本社のある静岡を中心にしているが、今回募集する職種の勤務先は都内がメインとなる。

「この業界は、人の繋がりで仕事が入ることが多く、当社も長年にわたり大手ベンダーとの関係性があることから、人脈を通してさまざまな仕事が入ってきます」(吉田氏)。

大手ベンダー出身の吉田氏の人脈もあって、ジェネシスにはプライム案件に近い仕事が集まる。キャリアの上方が頭打ちになっているエンジニアなら、同社で活躍してキャリアを伸ばす絶好のチャンスがある。

「アプリでもインフラでも全体を見て働ける人材が必要とされています。当社はクライアントに近い立場にいることもあって、人材育成に協力を仰ぐことができます。上流工程・マネジメントを経験できるチャンスがあります」(守谷氏)。

ジェネシスには、個性的なメンバーが揃っている。ユニークな人材が集まって、それぞれが自分の経験とスキルを生かして、組織の枠に収まらない活躍をしている。自分らしく、のびのびと働ける環境は、柔軟性を持って考えられる人材には最適な職場といえよう。

「ステレオタイプに物を考えるメンバーがいないですね、ジェネシスには。正論で済むならシステム開発は簡単です。開発を進める中で仕様変更が繰り返されるもの。『できない』と正論を吐くよりも、できる方法を考えられるエンジニアが重宝されます。発注者に近くなればなるほど、不合理な要望をいかにして形にするか、それを問われます。ジェネシスのメンバーは、クライアントの要望をいかにして叶えるか考えて動くエンジニアが大半です」(吉田氏)。

エンジニアが年齢を重ねて価値のある人材になるには「コミュニケーションスキル」が必要だといわれる。ジェネシスには、そんなコミュニケーションスキルを持ったエンジニアが在籍しており、彼らの仕事から「価値のあるエンジニア」になるべく、大いに学び取ってほしいと守谷氏も語る。

「当社のエンジニアには『クライアントと付き合う』とはどういうことか学んでほしいと願っています。エンジニアとしての実力がアップし、ジェネシスの存続、発展に繋がります。クライアントから求められるノウハウ、それを引き継いでほしいです」(守谷氏)。

創業25年を経て、新しいステージへ乗り出そうとしているジェネシス。これまで会社を牽引してきた世代も50代に差し掛かり、今後のジェネシスを支えてくれる新しい世代のエンジニアを待望している。

「クライアントと信頼関係を築く。エンジニアにとっては技術よりも大切なスキルだと考えています。それを学べる貴重な会社が、ジェネシス。インフラやアプリ開発でも、同じようにクライアントと信頼関係を築き、会社を発展させてほしいです。私達経営陣は、既にエンジニアライフが終盤に差し掛かっている年齢。これからのジェネシスは若い世代で作ってくれることを願っています」(守谷氏)。

個性ある人材を尊重しているジェネシスでは、先輩や上司の仕事から自分なりにスキルやノウハウを盗み取って、パワーアップした自分を確立してほしい、経営陣はそう願っている。なぜ仕事をもらえるか、ジェネシスに入社するエンジニアには、是非それを学び取ってほしい。

募集している求人

エンジニア・技術職(システム/ネットワーク)の求人(6件)

企業情報

会社名

株式会社ジェネシス

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > システムインテグレータ・ソフトハウス

資本金

1000万円

売上(3年分)

202037100万円

201937700万円

201837300万円

設立年月

1995年04月

代表者氏名

代表取締役 守谷 敏之

事業内容

・ソフトウェア開発/通信・制御系、金融・情報系のシステム開発
・オープンシステムの構築
・スマートフォンアプリ開発

株式公開(証券取引所)

非上場

従業員数

20人

平均年齢

42.5歳

本社住所

静岡県静岡市駿河区稲川1丁目1番32号 グランドゥール稲川Ⅱ

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:株式会社 DIGITAL EYES
株式会社 DIGITAL EYES
トータル1億PV超えWebメディアのコンテンツ企画・制作・分析事業で急拡大
無料登録して話を聞いてみたい
👋
株式会社ジェネシスに興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.