お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 メディアドゥの企業情報

416052

株式会社 メディアドゥ

“コンテンツ×テクノロジー”で世界中のユーザーに「文化」を届ける東証一部上場企業

国内トップシェア!電子書籍流通のリーディングカンパニー

株式会社メディアドゥ(MEDIA DO Co., Ltd.)は、主に電子書籍の取次事業を展開している東証一部上場企業だ。会社設立は1999年4月で、本社を東京都千代田区一ツ橋に構える。

メディアドゥは、出版社から預かったコンテンツを自社システムに登録し、各電子書店に配信する「電子書籍取次事業」を展開している。同社が開発・運用している電子書籍取次システムの大規模データベースには、200万以上のコンテンツが登録されており、ユーザーが電子書籍を読む際のリクエスト数が秒間20万回に達するほどだ。

出版社2,200社以上、電子書店150店以上を繋ぎ、電子書籍流通の中核を担っており、電子書籍の流通総額は国内首位、世界でも第2位と、業界のビッグプレーヤーとして知られている。

電子書籍を取り扱う出版社の99%以上と取引し、国内では圧倒的なシェアを持つ。出版業界と強固な信頼関係を築きあげ、特定の版権元に依存することなく様々なコンテンツに関わるメディアドゥは、業界を全体最適に導くことができる貴重なポジションとなっている。

更に、2021年11月には出版社向けのバックオフィス支援SaaS『PUBNAVI(パブナビ)』のリリースも計画している。IT化が遅れている出版業界の中で、テクノロジーを活用して生産性をより高めていくことにチャレンジする。

現状に満足することなく、常に新たな挑戦を続けるからこそ、高品質なサービスを提供できる。そのような弛まぬ努力が国内シェアNo.1という数字にも現れているのだろう。業界内での存在感はますます大きくなり、もはや業界になくてはならない存在になっている。

407554同社はコンテンツを世界中に届けるための“あらゆるサービス”を展開する東証一部上場企業だ。
416056「著作物のデジタル流通」を通じて著作物の健全な創造サイクルの実現を目指す。
416054

最新技術を活用し、コンテンツ流通のプラットフォーマーを目指す

同社は、電子書籍の取次事業の他に「デジタルコンテンツアセット事業」という新規事業にも取り組んでいる。

従来のデジタルコンテンツは誰でも同じものを入手できる反面、価値の希少性・限定性は損なわれていた。これに対してメディアドゥの新規事業は、一つひとつのデジタルコンテンツを識別できるブロックチェーン技術を活用。“数量限定“や”作者のサイン入り“等の希少価値・限定価値を付与した、プレミアムなコンテンツ提供を可能にする。

今後は電子書籍に限らず複数のサービスを提供する予定で、その第一弾として動画の共同視聴サービス『GREET』の業界向けα版を2021年3月に提供開始した。扱う対象を電子書籍からデジタルコンテンツ全体に拡げ、それらの一次流通をより加速させるために、ブロックチェーンをどう使うか、という部分に挑戦していく。

「ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ」というビジョンの実現に向け、コンテンツの流通をテクノロジーで支え、良質な著作物が生み出され続ける土台をつくる。そして、その著作物を一人でも多くのユーザーに届ける。まさに「テクノロジーで出版業界全体にイノベーションを起こすTech企業」といえるだろう。

目指すのは「新時代のコンテンツ流通プラットフォーマー」。
これまで築き上げてきた事業インフラ、ノウハウ、経験、企業カルチャーを土台に、新たなプラットフォームのあり方を、ブロックチェーンの活用を通じてカタチにしていく。

416062同社ではデジタル化された著作物をインターネット上で流通させるために必要なシステムやソリューションを開発・運用している。
416063ブロックチェーンを活用した新しいコンテンツ流通プラットフォーム事業も始動した。
416055

もっと新しいこと、面白いことに果敢にチャレンジしたい人を応援

組織面では、“人としての成長と可能性”を最大限に引き出す新しい風土づくりに取り組む。社員一人ひとりが自立し、成長を実感し、自らの可能性を感じながら、率先してチャレンジできる、そんな環境を創造していく。

エンジニアの平均残業時間は15時間未満/月と少なめで、プライベートの時間もしっかりと確保できる。家族と共にゆっくり過ごしても良いし、自らのキャリアアップのためにインプットする時間とすることも可能。リモートワークも導入済みだ。

社内制度として、各種支援制度(研修参加、資格取得、書籍購入等)、社内外での勉強会の主催・運営、技術ブログ運営、社内ハッカソン開催、カンファレンス登壇、海外カンファレンスへの参加等、豊富に教育機会を用意しているのも特徴的。開発マシンは最新のものが提供され、業務中に自習時間を取ることも推奨されている。

■もっと価値のある、面白いプロダクトに関わりたい
■新しい技術にもチャレンジできる環境で働きたい
■やりがいを持って働きながら、ワークライフバランスも大事にしたい
という想いを持っている人にとって、 メディアドゥは魅力的な選択肢の一つとなるだろう。

日本のコンテンツは世界中で根強い人気を誇る魅力ある分野だ。そんな日本のコンテンツ業界を支え、テクノロジーによって業界をリードしていく仕事は、間違いなくやりがいと面白さに満ち溢れているだろう。

現在の環境に不満を感じている人は、ぜひ一歩を踏み出して、同社の話を聞きに行ってみることをおすすめする。

407543電子書籍取次のビッグプレーヤーというポジションを活かし、最先端技術を駆使してデジタルコンテンツを一人でも多くの人に届け、出版市場全体の拡大に貢献する。
407556残業時間も少ないため、ワークライフバランスを保ちたい人にも嬉しい。新しい技術的挑戦をしつつ、プライベートは安定させたい人に向いている。
407562

株式会社 メディアドゥに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 メディアドゥに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 メディアドゥ
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  その他マスコミ・エンターテイメント・メディア系
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  出版・新聞・雑誌
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • 残業少なめ
資本金 58億8300万円
売上(3年分)
2021年 2月 期 2020年 2月 期 2019年 2月 期
83,540百万円 65,860百万円 50,568百万円
設立年月 1999年04月
代表者氏名 代表取締役社長CEO 藤田 恭嗣
事業内容 メディアドゥは、テクノロジーでコンテンツとファンを結ぶTech企業です。

すばらしいコンテンツが生みだされ続け、それを多くのファンが楽しむことができる世界を目指しています。
これまでは特に電子マンガなどの電子書籍取次に強みをもち、国内シェアNo.1の電子書籍取次サービスを開発してきました。
今後は電子書籍に限らず、音楽や映像なども含めたデジタルコンテンツ全体に事業領域を拡大し、デジタルコンテンツの新たな価値や楽しみ方を提供していきたいと考えています。

■電子書籍取次システム
主な事業として、電子書籍を読者に届けるためのソリューションを開発し、「出版社の奥にいる作家」と「電子書店の先にいる読者」とを繋ぐ電子書籍の取次事業を行なっています。
メディアドゥが開発・運用しているのは、出版社からお預かりしたコンテンツを自社システムに登録し、各電子書店に配信するシステムです。

【取次事業とは】
各々の独自データフォーマットによって管理されているデータを取りまとめ、流通網を交通整理するのが電子書籍の取次事業です。メディアドゥグループでは、2,200社以上の出版社、150店以上の電子書店と取引があり、国内最大手の電子書籍取次事業者です。

■デジタルコンテンツアセット事業
ブロックチェーン技術を活用し、コンテンツの可能性を広げる新規事業を複数開発中です。
デジタルコンテンツアセット事業の目的は、事業者、表現者、ファンの権利を守り、メリットをもたらしながら優れた作品を届けること、さらには、現実の世界でしかできなかった体験、時には現実の世界では味わえなかった感動をデジタルの世界で可能にすることです。
株式公開(証券取引所) 東証一部
従業員数 389人
平均年齢 35.6歳
本社所在地 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル 5F,8F
416052

株式会社 メディアドゥ資本金58億8300万円設立年月日1999年04月従業員数389人

“コンテンツ×テクノロジー”で世界中のユーザーに「文化」を届ける東証一部上場企業

この企業が募集している求人

×