お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 キャシュモの企業情報

402784

株式会社 キャシュモ

現金の流れを見える化し、中小企業の経営効率化と日本のGDP向上に貢献する企業

Cash + more = 『Cashmo』、キャッシュフロー経営により日本のGDPアップに貢献

株式会社キャシュモは、主に資金繰りを主とした「不安定な経営状態」の解決に取り組む、中小企業向け経営コンサルティングファームだ。東京・北青山に本社を置くほか、世田谷区用賀、渋谷区神宮前にもオフィスを置く。

前身は2004年1月開設の税理士事務所で、2020年4月に「キャシュモグループ」として組織変更した。グループにはキャシュモのほか、税理士法人キャシュモ、社会保険労務士法人キャシュモが含まれる。

感染症の拡大によりクラウド化・デジタル化が急速に進んだことで、キャシュモへの問い合わせは大きく増えている。キャシュモグループは業界を牽引する日本一の中小企業向け経営支援コンサルティンググループを目指し、“数字に強い”経営者を育てることに力を注ぐ。

日本には約360万社の企業があり、うち99.7%を中小企業が占める(2020年版中小企業白書)。キャシュモの使命は、日本経済を支える中小企業の持続可能な経営基盤を整え、成長・発展し続けることができるよう支援し、日本のGDPアップに貢献することにある。

そのために必要なことは、企業、特に経営者の生産性向上だ。中小企業の社長が1カ月に割いて良いとされる間接業務の時間は1時間といわれる。間接業務とは、経理作業はもちろん、資金繰りや士業とのやり取りも含む。社長の生産性を向上させるには、ワンストップでなければ意味がない。生産性が上がらなければ、タイムリーな経営判断もできなくなる。

キャシュモのビジネスは、部分的な作業のアウトソーシングではなく、経営における管理業務を丸ごと代行することに主眼を置く。グループで完全ワンストップ型の仕組みをつくり、展開するBPOサービス『Cashmo』は約200社が利用している。

ノンコア業務であるバックオフィス業務を完全ワンストップで引き受けることで、社長は事業に専念できるようになる。専門家の立場からお金の流れが「見える化」され、将来の資金繰りを把握することで、経営にゆとりを生み出すキャッシュフロー経営が可能になる。

402795同社は経理・税務・労務・財務コンサルティングをワンストップで提供するBPOプロバイダーだ。
402812展開するBPOサービス『Cashmo』はクラウドを駆使し、資金繰りを「見える化」することで中小企業の経営を効率化する。
402825

企業経営の悩みをワンストップで解決する経営プラットフォームへ

BPOサービス『Cashmo』は、2017年6月、経理アウトソーシング事業『Cashmo』としてスタートした。経理代行、税務顧問、労務顧問、財務コンサルティングを専門家が担うことで、中小企業の社長が本業に100%集中できるようにする。

『Cashmo』の特徴は大きく四つある。一つは業務プロセスのクラウド化で、必要な資料をアップロードするだけで経理作業が完結する。標準化されたクラウド経理体制の構築により経理業務がスピーディーになるだけではなく、キャシュモが経理業務を永続的に代行するため専任担当者が不要になり、経理の採用コスト・教育コスト等の削減に繋がる。

二つ目の特徴は資金繰りの「見える化」だ。試算表が早期に上がるため、資金繰りの早期着手が可能になる。「日繰り表」では3カ月先までのお金の流れを予め把握でき、利益改善・利益増加のロジックも整理され、ゆとりをもった経営が可能になる。また、行動計画をベースとした数値計画シミュレーションにより、意思決定も適正化される。

株式会社マネーフォワードが提供する「MoneyForwardクラウド」をフル活用しているのが三つ目の特徴だ。社内に専任者を置かなくても最新のセキュリティー環境を構築でき、スピード、品質、安全性を兼ね備えた業務効率化を実現。クラウド+人によるダブルチェック体制も徹底している。

四つ目の特徴は、バックオフィスのワンストップ化だ。キャシュモはあらゆる相談に対応できるよう窓口を一本化し、顧客の状況に合わせて、適切なタイミングで税理士・社会保険労務士・コンサルタントがサポートを提供する。中小企業の社長は、有限な持ち時間を経営に全振りできるようになる。

これまでキャシュモは、基本的に紹介によって顧客を獲得してきた。今後は流入経路を増やすべく、Webマーケティングおよびインサイドセールスの部署を立ち上げているところだ。税理士事務所の立ち上げから15年以上が経過し、2020年にはグループ化を果たしたキャシュモ。現在を第二創業期と捉え、増え続けるニーズに応えていく。

402804特徴は、単なる経理代行会社ではなく、バックオフィスを完全ワンストップで引き受けること。
402819グループの税理士法人・社会保険労務士法人と共に、ワンチームでの支援を提供している。
402823

風通しが良く、チームワークやコミュニケーションを大切にする文化

2021年6月時点の従業員数47名で、男女比は2:1。女性の役職者は4名在籍しており、産休・育休は男女共に取得実績がある。新卒・中途の割合は新卒4:中途6だ。

オフィス内はアドレスフリーで、代表との距離感も近く、風通しが良くて企画や意見が反映されやすい風土。平均年齢は34歳と若く、20代~50代の幅広い年代が活躍している。顧客に寄り添った支援ができるよう、グループの税理士法人や社労士法人と連携し、チームワークやコミュニケーションを大切にする文化が根付いている。

月平均の残業時間は10時間以内と少なめ。主な福利厚生は、社会保険完備、定期健康診断、忘年会(全員参加)、海外研修(全員参加)等。成長支援のための奨励金制度もあり、中小企業診断士等の資格試験に合格すると、祝い金20万円が支給される。試験前に休暇を取得することもOKだ。

今回の採用では、顧客のビジネスに貢献することにやりがいを感じられる人なら、性別・学齢・資格は問わない。求める人物像は、チームワークを重視し、チャレンジ精神に溢れ、成果に責任を持てる人、ニーズを理解し解決に向けた提案ができる人だ。ミッション・ビジョン・バリューへの共感もポイントとなる。これまでに採用されて活躍している人には、法人営業経験者等がいる。

キャシュモのミッションは、「キャッシュフロー経営で日本を元気に」することだ。「数字に強い経営者を育てる」という理念の下、日本経済を支えるベンチャー企業や中小企業を支援することを事業の目的とする。

ビジョンは、「日本一の中小企業向経営支援コンサルタントグループ」になることだ。BPOプロバイダーとして経理・税務・労務・財務コンサルティングを提供し、企業経営の悩みをワンストップで解決する経営プラットフォームを目指す。バリューは、成果に責任、たゆまぬ挑戦、ワンチームの精神、卓越した専門性、高度な倫理観の五つだ。

急成長企業だからこそ、圧倒的なスピードで営業力を伸ばせる環境がある。挑戦意欲のある人にうってつけの会社だ。

402806現在を第二創業期と位置付け、営業力の増強に注力。
402793シェア日本一を目指し、著しい成果を上げた社員には、半期ごとに成果に応じた表彰や奨励金が付与される。
402821

株式会社 キャシュモに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 キャシュモに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 キャシュモ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
コンサルティング・リサーチ >  その他コンサルティング系
サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
設立年月 2004年01月
代表者氏名 代表取締役 梶井 伸一
事業内容 ・経理代行
・業務改善コンサルティング
・経営財務コンサルティング
従業員数 47人
平均年齢 34.0歳
本社所在地 東京都港区北青山3-2-5 NH青山ビル5F
402784

株式会社 キャシュモ資本金設立年月日2004年01月従業員数47人

現金の流れを見える化し、中小企業の経営効率化と日本のGDP向上に貢献する企業

この企業が募集している求人

×