お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 スプリングボードの企業情報

437144

株式会社 スプリングボード

働きやすい環境で“尖った”開発案件を担当できる楽しさが、社員を成長させる

受託開発を軸としながら、自社サービスでもヒット作を生む企業の力

株式会社スプリングボードは2008年の設立以来、Webシステムとスマートフォン向けアプリケーションの受託開発、そして自社サービス・製品の開発と運用という二つの軸で事業を展開している。設立時は自身が単独で活動する体制だったと語る代表取締役・櫻田晋一氏に、当時の様子、そして現在に至る事業の変遷について話を聞いた。

「私自身は、後に上場企業となるソフトウェアのダウンロードサービス運営会社に新卒入社し、当時はまだ珍しかったソフトウェアのダウンロード販売という事業に関わり、そしてWebサイトのトータルなディレクションやメルマガの運用といった業務も経験しました。最終的には新規事業計画等も担当した後に退社し、アメリカに渡って現地のソフトウェア開発会社での販売、モバイルSNSサービス事業会社での企画等の仕事に携わってきました。そして30歳を機に独立することを考え始め、2008年にモバイル向けのニュースアグリゲーションサービスを立ち上げるために、当社を設立した、という流れでした」(櫻田氏)。

国内ではまだ一般的ではなかったものの、ニュースアグリゲーションサービスというメディア関連事業は櫻田氏のイメージ通りの成長を果たすことができず、同社は事業戦略の転換策として受託開発事業に着手することになったという。特徴的なのは、この際に同社の方針となっていたのが、企業向けの業務関連システムではなく、Webサイトやネットビジネスの運用と企画を中心とした案件を受託していた点にある。その事業転換の後は受託開発を収益のメインとしながらも、その方針の結果として現在はサービス系の自社製品開発にも着手している。その中で、近年のヒット作となったのが、ゲームアプリケーションである『脱出ゲームメーカー』だ。

「テレビ番組で謎解きをテーマとしているものが人気を集め、一方ではハイレベルなクイズを解く番組等もブームとなっています。ゲームの領域に関しても謎解きのアプリは存在しますが、謎解きゲームをつくるようなものは存在していなかったことから、プログラミングの知識を持たないユーザーでもゲームを簡単につくり、そして公開できるようなサービスを展開しようという考えから『脱出ゲームメーカー』が誕生しました。ダウンロード数は10万に達していますし、今後はつくったゲームを販売できるようなプラットフォームを展開する等、ユーザーが利益を上げられるような仕組みを含めたサービスの改修にも力を入れていきたいと思っています」(櫻田氏)。

437159同社は2008年の設立以来、Webシステムとスマートフォン向けアプリケーションの受託開発、そして自社サービス・製品の開発と運用という二つの軸で事業を展開している。
437158設立時は自身が単独で活動する体制だったと語る代表取締役・櫻田晋一氏は、当時の事業でイメージしたような成長を果たせなかったことで受託開発事業に取り組むことになったと、現在に繋がる事業展開の流れを説明している。
437169

“尖った”技術を駆使した開発案件で、新しいスキルを吸収するチャンスを得る

今後の事業展開について、自社製品の改善や事業としての拡大を目指す同社だが、収益のベースとなるのは継続して取り組むことになる受託開発事業であると、櫻田氏は語っている。現在、同社では大手企業を顧客とした開発実績を充実させており、直近の5年間で売上高は約5倍、人員体制も規模を約3倍としながら成長を続けている。その要因となっているのは品質の高い実績を誇る受託開発事業であり、その事業で得た収益をもとにした新規の取り組みを進めていくというのが、同社が考える今後の事業展開なのである。

「理想としては、アプリケーションやWebサービスといった自社製品の開発事業に関しては売上に伴って人員を強化し、幅を広げる。そして受託開発事業は規模を拡大して売上を伸ばす。重視しているのは、受託開発事業と自社サービス事業の比率のバランスであり、直近の課題としては高い収益を上げられるゲーム開発等の事業比率を上げていくことだと考えているんです」(櫻田氏)。

また、同社の収益ベースである受託事業に関しても、他社にはない特徴があると言えるだろう。その特徴とは、依頼される案件が業務関連システム等の大規模なプロジェクトではなく、実証実験レベルの小規模かつ特殊技術を駆使するようなシステム開発が中心となっているということ。現在の依頼案件は、AIや機械学習をテーマとした開発がそのほとんどを占めており、ある意味で“尖った”開発業務を担うことが同社に求められる役割になっているのである。

「最近では、ブラウザでの操作が可能なVR技術を扱うシステム開発や、またカメラで取り込んだ映像と空気中の二酸化炭素濃度や湿度といったデータを連動させた換気状況の管理システムといった、珍しいテーマの開発も経験しました。開発メンバー達も、もちろん業務で扱った経験がない技術を駆使する案件となったわけですが、新しいスキルや知識を吸収しながらのチャレンジということで、非常に高いモチベーションで取り組んでいましたね」(櫻田氏)。

その状況の中で、同社は今回ソフトウェア開発者、そして受託開発プロジェクトを管理するマネージャー職の人材を募集することとなった。今後新たに加わるメンバーが感じられるやりがいに触れつつ、同社で得られる経験について櫻田氏は次のように魅力を語っている。

「自身の技術力を生かしながら、新しいことに取り組みたいと考える方にとっては、非常にやりがいある業務を担当できる環境だと思います。もちろん、新規自社サービスの企画に加わっていただくこともできますし、刺激のある業務で成長できる環境に魅力を感じていただけると、私は考えています」(櫻田氏)。

437149受託開発事業を自社収益のベースとしながらも、同社では自社サービスの開発にも注力しはじめた。
437147最近リリースしたゲームアプリ『脱出ゲームメーカー』は、約10万ダウンロードという実績を残す大ヒット作となった。
437170

やりがいと面白味の大きい案件を、自分の希望する働き方の中で担当できる

現在同社では、東京・秋葉原の本社、そして島根県・松江市に構える事業所という2カ所を事業所としている。松江事業所には正社員9名のうち4名が在籍する状況となっているが、基本的な勤務体制としてはリモートワークを中心としており、社員が働きやすい環境で自己管理しながら業務に取り組めるという点も、同社の魅力の一つになっている。

「当社の体制は、受託開発に関してはマネージャー職に就いている2名が作業の予定を立て、進捗を管理しながら顧客と折衝した内容をメンバーと共有しながら案件を進めていくというものになっています。勤務場所はどこでもいいと私は考えているので、リモートワークでも全く問題ありません。当社では成果を正当に評価する体制となっているので、業務を自己管理しながらきちんと結果を残せる方であれば、非常に働きやすい環境になっていると思いますね」(櫻田氏)。

年に2回、メンバーが一堂に会する機会を設けているものの、基本的にはメンバーそれぞれが自分のペースで業務を進められる。SIer企業の出身者が多いという同社のメンバー達は、そんな働き方の魅力を感じられることに加え、担当するプロジェクトの内容にも大いに刺激を受けられることで、高い意欲を維持しながら仕事を続けているという。

「SIer企業等で事務業務に関連するシステムを中心に取り組んできた、というメンバーも多いのですが、そんなエンジニア達にとっては、新しい技術に触れながら“尖った”開発ができる当社の業務は面白味が大きいのではないかと思っています。また、仕様書や管理表の確認等に割く時間も少ないですし、モノを作る時間が多いという当社の開発業務に満足してくれているのではないでしょうか」(櫻田氏)。

最後に櫻田氏に、自身の働き方に迷う転職希望者に向けたメッセージを送ってもらった。

「自分からやりたいことを提案してもらえれば、極力実現できるようにサポートしますし、業績を上げながら企業規模を拡大する状況にある当社では、社員が成長する機会にも溢れていると思います。楽しい仕事ができるはずですし、やりたいことを形にしたいという意欲がある方にはその場を提供することができますので、是非当社の環境でチャレンジしてほしいですね」(櫻田氏)。

437161今後はその事業比率のバランスを考慮した事業展開を進めたいと考える櫻田氏は、社員の働き方にもこだわりを持ち、楽しく働ける環境を整備することを重視している。
437154企業の成長の中で、自身の成長も実現できる環境でチャレンジしてほしいと、櫻田氏は転職者にメッセージを送っている。
437167

株式会社 スプリングボードに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 スプリングボードに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 スプリングボード
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • 残業少なめ
資本金 100万円
売上(3年分)
2021年 3月 期 2020年 3月 期 2019年 3月 期
7,500万円 6,400万円 4,650万円
設立年月 2008年06月
代表者氏名 代表取締役 櫻田 晋一
事業内容 受託/自社スマートフォンアプリ、WEBシステムの開発
株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 旭化成株式会社
株式会社 アビタス
エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社
株式会社メディビューティー
従業員数 10人
本社所在地 〒110-0005
東京都台東区上野3丁目2番2号 アイオス秋葉原505号室
437144

株式会社 スプリングボード資本金100万円設立年月日2008年06月従業員数10人

働きやすい環境で“尖った”開発案件を担当できる楽しさが、社員を成長させる

この企業が募集している求人

×