お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

【AIプロダクト 配車頭】創業期のDXスタートアップで、1人目のカスタマーサクセスを募集しています!

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる
393964

ファンファーレ 株式会社

生活になくてはらなない社会インフラをアップデートし、持続可能な社会に貢献する企業

COO/カスタマーサクセスMgr

【AIプロダクト 配車頭】創業期のDXスタートアップで、1人目のカスタマーサクセスを募集しています!

労働人口不足の産廃業界の省力化に貢献し、持続可能な社会を実現

ファンファーレ株式会社は、産廃(産業廃棄物)の収集・運搬業務を省力化するSaaSサービス『配車頭(ハイシャガシラ)』の開発を行っている会社だ。

代表取締役を務める近藤志人氏は、美術大学でグラフィックデザインを専攻。卒業後はプラットフォームを運営する会社に入社し、大手企業の新規事業開発に携わった。その後、サービス業の会社に移り、組織開発や大規模プロダクト開発等の経験を経て、2019年6月にファンファーレを創業した。

家庭から出るゴミ(一般廃棄物)は、行政によって処理してもらえる。それに対し、企業が排出する産廃は、排出企業自身が産廃業者に回収、処理を委託する必要がある。

産廃業界は、昨今の環境経営の重視に伴い、社会での重要性が増している。社会インフラの一部と言っても過言ではない。しかし、廃棄物の不法投棄等を防ぐために制定されている法律を遵守することに手一杯で、業界全体の効率性の議論は後回しになっているのが現状だ。

産廃業者が産廃を回収する際、排出企業の依頼に応じて、適切な車種、ドライバーを割り当てる必要がある。配車や回収順序も、できる限り効率的にしなければならない。しかし多くの産廃業者では、未だに手書きや表計算ソフト等で配車表を作成している。

ファンファーレの『配車頭』はAIを組み込むことで、実用的、効率的な配車予定表の自動作成を実現。代表の近藤氏は前職時代、副業として産廃大手の基幹システム導入プロジェクトに携わった経験を持つ。その後、個人の活動として1年ほど全国の産廃業者を訪問した中で、ITを活用すればもっと改善できる業界だと確信した。

昨今では、IT投資に積極的な産廃業者も増えてきている。しかし重厚長大な開発プロジェクトが多く、IT投資の回収サイクルは長くなりがち。現場目線での機能追加・修正も簡単にはいかない。近藤氏は深く産廃の現場に関わることで、こうした問題は一クライアントに限らず、業界全体の課題だという実感を得た。

393969AIを独自開発し、産廃(産業廃棄物)の回収業務を効率的にするSaaS『配車頭(ハイシャガシラ)』を開発・提供する同社。
393979産廃の収集運搬・処理業務を省力化するサービス開発を通じて、社会インフラの一つでもある産廃業界全体への貢献を行っているスタートアップだ。
393991

産廃業界に特化したAIで、複雑で手間のかかる配車表作成を自働化

産業廃棄物の収集・運搬に特化した配車管理サービス『配車頭』は、(1)廃棄物収集運搬車の限られたドライバー(乗務員)リソースをより効率的に活用し、(2)長時間労働が常態化している配車担当者の業務負荷軽減を実現する。

特徴は、産廃業界に特化した独自開発AI(数理計算)により、廃棄物の回収ルートが自動で作成できること。紙や表計算ソフトを利用した従来のルート作成に比べ、作成時間が1/100以下に短縮できる。また人間が作成する回収ルートよりも効率的なルートになるため、ドライバー不足解消にも繋がる。

廃棄物によってはコンテナ車以外の出動も必要になるが、『配車頭』はユニック車のルート回収にも対応。廃棄物品目ごとの最適な積み込み、積み下ろし順を踏まえた、最適な配車計画の作成をサポートする。

さらに、産廃業界特有の配車要件にも対応する。例えばコンテナ洗浄等、産廃の収集運搬で発生する、様々な要件を踏まえた配車計画を組むことができる。まさに「痒いところに手が届くサービス」といえるだろう。

『配車頭』は現在、特許を出願している。また、競合企業が存在せず、“産廃業界の配車”というカテゴリーでは独壇場だ。

ファンファーレは、経済産業省が主催するグローバル起業家等育成プログラム「始動 Next Innovator 2019」に採択されている。国としても、この業界が抱える課題を支援したい、という背景があるからだろう。

また、コンソーシアム型インキュベーションプログラム「東大IPC 1st Round」にも採択されている。そのパートナー企業からも、「ゴミを出さない企業はなく、この業界の課題の解決を応援したい」と評価されている。

サービス立ち上げ期にある『配車頭』だが、既に既存顧客から大きな支持を得ている。今後のファンファーレは、『配車頭』のさらなる普及を目指す。短期的には、対応する廃棄物種別の拡充や、経営管理のための機能の開発を計画。長期的には、『配車頭』のデータを活用し、産廃業界の課題解決に包括的に取り組んでいく。

393985労働人口不足が叫ばれる中、持続可能な産廃業界をITの力でサポート。
393984事業を通じて「住み続けられるまちづくり」の実現を目指している。
393994

一人ひとりの最適解が、会社全体の最適解とブレなく繋がるために

2021年4月時点の従業員数は4名で、平均年齢は35歳。全員男性で、全員中途入社だ。社風は、良い意味で「管理をしない」。リモートワークを基本とし、メンバー一人ひとりが自律的に行動している。

ファンファーレの組織的な強みは、「局所最適解と全体最適解の調和」だ。つまり、個人が目の前の業務で成果物を出し続けていても(局所最適解)、会社の全体最適にブレなく繋がっている。この状態を維持するために会社運営の透明性を上げ、各人の成果物が会社全体にとって、どのような貢献になっているかをシェアすることを心掛け、局所/全体の最適解にズレが出ないようにしている。

例えば「ファンファーレ・ウィークリーニュース」という情報共有の仕組みがあり、先週までに起こったことを、翌週の頭に経営・営業・開発の三つの観点でアップデートしている。営業担当であっても「開発のデータベースの設計が終わりました」といった進捗に、一緒になって喜べる状態をつくることが大事だと考えているからだ。

福利厚生としては、モチベーションを高く保って働けるよう、パソコン等の機材はできる限り希望に沿ったものを支給するようにしている。

今回の採用では、エンジニア(バックエンド、フロントエンド、データサイエンティスト)、営業(マーケティング、インサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセス)、経営経営等を想定している。これ以外にも、オープンに職種を募集している。

求める人物像は、(1)プロフェッショナルとして信頼でき、(2)自律的に行動でき、(3)3年以上の実務経験を持つ、この3点だ。

ファンファーレは「ソーシャルビジネス」という言葉で、社会貢献とビジネスの成立を一緒に考えている。だが、開発や営業等、チームはまだ十分に揃っているとはいえない。目指そうとしている世界観は明確にあり、社会的な課題をITの力で解決していきたい、そのような点に共感できる人材を、業種を問わず求めている。

393985働き方はリモートワークが基本で、各メンバーが自律的に参画。会社の方向性と個人の働き方・成果にブレが出ないための仕組みもある。
393989求める人物像は、(1)プロフェッショナルとして信頼でき、(2)自律的に行動でき、(3)3年以上の実務経験を持つ、この3点だ。
393993

ファンファーレ 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、ファンファーレ 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 ファンファーレ 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
資本金 100万円
設立年月 2019年06月
代表者氏名 代表取締役 近藤 志人
事業内容 産業廃棄物業界の省力化・効率化するソフトウェア・サービスの開発・提供
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 6人
本社所在地 東京都港区虎ノ門4丁目3−1 城山トラストタワー4階
応募フォームへ
393964

ファンファーレ 株式会社資本金100万円設立年月日2019年06月従業員数6人

生活になくてはらなない社会インフラをアップデートし、持続可能な社会に貢献する企業

この企業が募集している求人

404950
【Python,Ruby,TypeScript,GraphQL,Vuetify】テクノロジーを用いて、レガシー業界をゲームチェンジ!サーバーサイドエンジニア募集
サーバーサイドエンジニア

ファンファーレ株式会社は、労働人口不足の廃棄物業界をITの力で効率化し、持続可能な社会インフラの構築をミッションとするスタートアップです 産業廃棄物の処理は、社会にとってなくてはならないものであり社会インフラです。 この業界の課題は根深く、①労働人口不足・②業務の属人化・③過酷な労働環境と大きく大別されます。 ------- ①労働人口不足 ドライバーの確保は年々難しくなるのに対し...

404822
産廃業界の市場規模は、5.3兆円!日本の社会インフラをDXするサービスです!
CS(カスタマーサクセス)

■具体的な業務内容■ - 現在のサービスやオペレーションの見直し - プロダクト/開発部門への機能改善の提案

404823
【Vue.js,Nuxt.js,TypeScript,GraphQL,Vuetify】テクノロジーを用いて、レガシー業界をゲームチェンジしませんか?フロントエンドエンジニア募集!
フロントエンドエンジニア

産業廃棄物の処理は、社会にとってなくてはならないものであり社会インフラです。 この業界の課題は根深く、①労働人口不足・②業務の属人化・③過酷な労働環境と大きく大別されます。 ------- ①労働人口不足 ドライバーの確保は年々難しくなるのに対して、廃棄物量は変わっていません。多くの廃棄物業者では受注を受けきれない状況が発生しています。「配車頭」では既存の人員で、より多くの廃棄物回収...

残り1求人をみる
×
×