お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 コンピュータ技研の企業情報

178052

株式会社 コンピュータ技研

技術力×真心、老舗の矜持×ベンチャーマインド、「人間力」で社会に貢献できる会社でありたい。そんなIT企業です。

【設立35年】「技術力」と「真心」で安定した業績(13年連続増収)&スタートアップ!

日立、富士通と共にIT黎明期からモノ作りにかかわり、「技術力」と「真心」で世の中に貢献してきました。お客さまに対して常に誠実であること。これが全てだと思っています。
当たり前のことを当たり前にやり、当たり前のレベルを上げていく。
コツコツ実績を積み上げながら、基盤となる事業(受託開発、SES)を強化し、経営基盤を整えてきました。
そして今、未来に向けて社内スタートアップを進めています。リーンスタートアップで「新しく、面白い、コンピュータ技研らしいモノ」を世の中に提供して行きます。

178053大事なのは「真心」

【承認と放任のバランス】自由闊達すぎる社風がヤバい!

社風を表現すると「自由」、「のびのび」、「風通しが良い」、「個性の尊重」などなど。上げればきりがありませんが、言葉がありきたりで具体的にはイメージし辛いですよね。で、悩んでいるうちに最高の言葉が誕生しました。
「承認と放任の絶妙のバランス!」
どうでしょうか?
コンピュータ技研は、言いたいことを言って、それを自分で考えながら実行して、そこはいい感じに放っておかれて、でもちゃんと見てくれていて、自分らしく働ける会社です。そんなことを社長の由留木(ゆるき)自らが推進している会社です。なので、自由闊達すぎる社風がヤバい!(=すごい)と思っています。

178056自由闊達すぎる社風にジョイン!!
178055

【強み4+1】社員の強みを会社の強みに

現在の得意分野は、
・料金計算系のアプリケーション開発
・自治体向けパッケージシステムの導入支援、カスタマイズ
・大規模インフラの構築運用保守
・SAPソリューション事業
それぞれにキーマンが複数名在籍しています。
当然、その社員の得意なことであり、やりたいこと。
それらを会社として「会社の強み」に変えていくことが会社の成長に繋がると考えています。
そして次の一手は「共創・イノベーション」です。
これにチャレンジしたい社員で新たな時代に挑みます!

178057次の時代に向けて

株式会社 コンピュータ技研に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 コンピュータ技研に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 コンピュータ技研
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
資本金 3080万円
売上(3年分)
2016年 12月 期
14億5000万円
設立年月 1983年01月
代表者氏名 代表取締役 由留木達夫
事業内容 ■業務アプリケーションの受託開発
■パッケージシステムの導入支援
■ICTインフラ環境の構築及び運用
■SAPソリューション導入支援
■共創・イノベーション支援
■その他ICT領域の業務
株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 日立製作所、日立ソリューションズ、日立システムズ、富士通、富士通エフサス、富士通エフ・アイ・ピー
従業員数 110人
平均年齢 39.0歳
本社所在地 大阪市中央区伏見町4-4-10
178052

株式会社 コンピュータ技研資本金3080万円設立年月日1983年01月従業員数110人

技術力×真心、老舗の矜持×ベンチャーマインド、「人間力」で社会に貢献できる会社でありたい。そんなIT企業です。

この企業が募集している求人

Bnr sp354 11
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる