お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

エヌ・ティ・ティレゾナント・テクノロジー 株式会社の企業情報

390487

エヌ・ティ・ティレゾナント・テクノロジー 株式会社

スマートフォン向けアプリケーションの開発、デザイン、グロース支援を専門に行っています

エヌ・ティ・ティレゾナントとワンチームでサービスの企画・開発・グロースを推進

エヌ・ティ・ティレゾナント・テクノロジー株式会社(以下、NTTレゾナントテクノロジー)は、エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社(以下、NTTレゾナント)が提供するスマートフォンアプリ・サイト検証のクラウドサービス『Remote Testkit』の企画・開発・運用と、スマートフォン向けのアプリケーション・サービスの企画・開発・運用、UI/UXデザインを手掛ける会社だ。元は『Remote Testkit』を主な事業としていたが、2019年7月に、NTTレゾナントでスマートフォンアプリ・サービスの開発とデザインに特化していたチームがジョインし、アジャイルデザイン部が発足。2本の事業の柱を持つ現在の姿になった。

元々の事業である『Remote Testkit』は、アプリやサービスの開発・テスト・検証で必要となるスマートフォンをクラウド上に用意し、開発者やテスト担当者がいつでも検証できる環境を提供するサービスだ。日本では他に類を見ないユニークなサービスで、ユーザーは国内外で約1,600社に上る。コロナ禍でさらに注目度が高まり、ユーザー数が伸びている状況だ。

ただし、安定運用のフェーズにあるサービスとして、『Remote Testkit』は現状の体制を維持。今後、NTTレゾナントテクノロジーとして積極的に人員を採用し、体制強化を図るのはアジャイルデザイン部の方だ。現在の売上は両部門で概ね半々だが、組織の拡充を図り、将来的にはアジャイルデザイン部の売上比率を一気に拡大していく方針だ。

そもそもNTTレゾナントからチームごと移ってきたのは、同社とNTTレゾナントテクノロジーが一体となって、グループ内でアプリやサービスの企画・開発・運用の機能を強化するためだ。NTTレゾナントテクノロジー経営企画部の長谷川氏は言う。「市場の変化へのスピーディーな対応が求められる中で、意思決定と開発のスピードを上げるために小さな組織にしました。別会社となっても、親会社・子会社という関係ではなく、対等にワンチームとして価値提供に取り組んでいます」

受託開発会社でもない。NTTレゾナントをはじめ、NTTコミュニケーションズ等のNTTグループ企業との仕事を中心とし、それぞれのプロジェクトにメンバーとして参画。サービスの企画・開発やグロースを、対等な立場で一緒に推進していくスタイルだ。

390495同社はアジャイル、スクラム、リーン手法を駆使してスマホアプリ・サービスの企画・開発・運用、UI/UXデザインなどを手がける会社だ。
390489元はスマホアプリ・サイト検証のクラウドサービスが主な事業だったが、2019年7月、NTTレゾナントのアジャイル開発チームがジョイン。

ミッションは「Agile Transformation」変化に対応し価値あるサービスを提供

2021年3月現在、走っているプロジェクトは20以上。内容は、ポータルサイト『goo』やNTTコミュニケーションズが提供するサービスのスマートフォン向けアプリケーション等で、分野はニュース、ブログ、Q &A、住宅不動産等、多岐にわたる。各プロジェクトでは、メンバーの一員として企画・UI/UXデザイン・開発・運用を担い、プロダクトマネージャーを務める場合は、単にサービスを作り上げるだけでなく、グロースさせ、ビジネスとして離陸させることまでがミッションとなる。NTTレゾナントテクノロジーは、若手からマネージャークラスの人材までが揃い、それだけの責任を完遂できる自立的な集団だ。

現在、アジャイルデザイン部は30名弱と少数精鋭の体制だ。「当面のミッションとしては、レゾナント社およびNTTグループのサービスを強化するためにできた部署ですが、今後さらに事業を伸ばしていくことを考えると、まだまだ体制が充分とは言えません。人材を増やし、体制を強化していく段階にあります」と長谷川氏。いずれはNTTグループ以外の仕事へと進出する意向だが、実現するには人材が不可欠であり、現在、即戦力の人材採用を積極的に進めているところだ。

そんなNTTレゾナントテクノロジーのコアコンピタンスは、アジャイルデザイン部という部署名の通り、アジャイルとデザイン(UI/UX)だ。「Agile Transformation」をミッションに掲げ、メンバーがレゾナント社時代からアジャイル開発に取り組んできた。アジャイルにも様々な開発スタイルがあるが、同社はアジャイル、スクラム、リーン手法を活用して、市場変化への柔軟な対応と継続的なプロセス改善を実現している。

その過程では、ワンチームで企画、開発、デザインの職種を超えて議論し、より良いサービスをつくるために一丸となって取り組む。同社のメンバー(開発担当)の声も紹介する。「企画担当の距離も近く、UIに対しても『こうした方がいい』『この方が押されるのではないか』という話をする中で、プランが採用されることもあります。そのような提案ができる環境がとても気持ちよく、これはスクラムの『ONE TEAM』で開発しているからこそだと思います。アイデアを実現するために協力し合う雰囲気もいいです。このような空気のチームで、メンバーと対話をしながら開発できることは非常に楽しいです」

390492現在、両社でワンチームとなってポータルサイト『goo』やNTTコミュニケーションズが提供するサービスのアプリなどに企画段階から関り、ビジネスとして離陸、グロースさせる。
390484事業拡大に伴い組織を拡充中で、自社サービス展開も計画中だ。

自社サービスも近々リリース。様々な挑戦ができる環境で自己成長を!

発展途上であり、体制を強化中のNTTレゾナントテクノロジーは、数々のプロジェクトを通じてノウハウの蓄積、人材の育成等、会社としての地歩を固めているところだ。そして、地力を蓄えたその先に見据えているのは、自社サービスの開発だ。もちろん、一発で当たるほど甘くないことは織り込み済みだ。いくつものサービスを携えて市場に挑戦し、その中でスケールするサービスを育て、企画・開発・運用の会社として次のステージを目指す。実際に社員の発案で事業化する最初のサービスが、近々リリースされる予定だ。

「まだ1歩目ですらない。0.5歩目です」と長谷川氏は言うが、同社は着実に動いている。忙しい時間の合間を縫って自らのアイデアを形にし、世に出そうという動きが社内に広がり、挑戦が連鎖する中で、いずれ花開くものも出てくるだろう。

アジャイルデザイン部には、20代前半から40代半ばまでの年齢も経験も幅広いメンバーが集う。現在、働き方はフルリモートだ。元々、リモート勤務も取り入れたところにコロナ禍が起き、現在は全面的なリモート勤務になっている。コミュニケーションツール等を駆使し、新しい日常を確立しているところだ。

その一例がワークイベントだ。アジャイル、スクラムといえば、アイデア出しのための各種イベントが付き物だ。同社では、新規アプリ開発のアイデア出しのためのワークショップを完全リモートで開催することにもチャレンジ。ビデオ会議ツールとホワイトボードツールを駆使して実施し、有益なアイデアが続々と生まれている。社内交流も、かつては折々に交流イベントの機会があったが、リアルで集まれない今、オンラインでの雑談や交流の時間を設けている。逆境も逆手に進化中だ。

会社としてさらなる成長に向かう今、社員一人ひとりも必ず成長できると長谷川氏は言う。「20以上の様々なプロジェクトがあり、フェーズも立ち上げから安定運用、グロース段階等様々です。一人ひとりに適したプロジェクトのアサインが可能で、また、どのプロジェクトも世の中の激しい変化に適応し、それを楽しめるやり方で進めています。得るものは多いと思います。チームにはサポートし合い、高め合う空気があり、そこで切磋琢磨していれば活躍する機会は必ずあるでしょう。確実にキャリア形成が図れる環境だと思います」これからマネジメント経験を積みたいメンバークラスの人も、既にマネジメント経験があり、より高めたいという人も大歓迎だ。

ちなみに福利厚生はNTTグループのものが適用される。これほど安心して働ける環境は、そうはないだろう。加えて業務上必要な書籍購入、研修・勉強会・セミナー・カンファレンスへの登壇・参加支援等、同社独自のスキルアップ支援制度も充実している。落ち着いた環境で自分を高めたい人に最適な会社だ。

390491アジャイルデザイン部には、20代前半から40代半ばまでの年齢も経験も幅広いメンバーが集う。現在、働き方はフルリモートだ。コミュニケーションツール等を駆使し、新しい日常を確立しているところだ。
390493福利厚生はNTTグループのものが適用される。加えて業務上必要な書籍購入、研修・勉強会・セミナー・カンファレンスへの登壇・参加支援等、同社独自のスキルアップ支援制度も充実している。

エヌ・ティ・ティレゾナント・テクノロジー 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、エヌ・ティ・ティレゾナント・テクノロジー 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 エヌ・ティ・ティレゾナント・テクノロジー 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
資本金 3億500万円
設立年月 2012年04月
代表者氏名 三澤 淳志
事業内容 アプリ開発事業 モバイルアプリ検証事業(リモートテストキット開発)
従業員数 40人
平均年齢 30.0歳
本社所在地 〒101-0047 東京都千代田区内神田3-4-12 トーハン第7ビル8階(本社)
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-11-15住友商事ビル3F(勤務地)
390487

エヌ・ティ・ティレゾナント・テクノロジー 株式会社資本金3億500万円設立年月日2012年04月従業員数40人

スマートフォン向けアプリケーションの開発、デザイン、グロース支援を専門に行っています

この企業が募集している求人

Full remote small
×