お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

207 株式会社の企業情報

390843

207 株式会社

物流のラストワンマイルにパラダイムシフトを起こす、アプリやサービスを展開する企業

物流の“ラストワンマイル”を、テクノロジーによって再定義する

207(ニーマルナナ)株式会社は、配達革命サービス『TODOCU(トドク)』を運営している会社だ。2018年1月に設立され、東京都目黒区目黒に本社を置く。
【サービス内容】
配送員向けアプリ『TODOCUサポーター』
受取人向けサービス『TODOCU』
法人向けサービス『TODOCUクラウド』
シェアリング型宅配サービス『スキマ便』 ほか

Eコマース市場の伸長に伴い、国内での宅配便の取扱個数は増加の一途をたどっている。2012年度には35億個を超え、現在では約40億個を突破した(※)。

その一方、主に一般消費者向けの配達を担う中小型トラック運転者の労働時間は、全産業平均よりも年間456時間(月38時間)長く(※)、再配達問題等による過酷な労働環境が社会的な問題となっている。
※公益社団法人全日本トラック協会「日本のトラック輸送産業 現状と課題 2018」

特に都市圏外では、配送業者と委託契約を結んだ個人事業主が配達員の多くを占める。配達員の収入は配送個数に応じた成果報酬なので、再配達における配達の非効率は、時間や燃料費等を負担する個人配送員にとって実質的な“コスト”となっている。

また、配送のルート設定や荷物受取人の在宅時間といった配送にまつわる情報も、属人的に管理されているのが現状だ。そのため、ラストワンマイル配送におけるノウハウやデータは蓄積されにくく、Eコマースの拡大等、宅配業界の環境変化に対応しきれていない。

207はこれらの社会課題の解決に向け、「物流業界におけるラストワンマイルのDX加速を目指す」をミッションに、利用者・物流会社の手間やコストを省いた宅配便配達の実現を目指す。

代表取締役を務める高柳慎也氏は、大学を卒業後、ベンチャー企業で訪問営業を経験。その後、設立半年のITベンチャーに入社し、WEBシステムやアプリの受諾開発ディレクションに携わった。2015年からは民泊情報メディアを手掛ける会社の創業と同時に参画。システムおよび事業の開発責任者として、四つのプロダクト開発を推進した。その後、事業売却を経て退職し、207を創業した。

390850“配送”という、物流のラストワンマイル部分にフォーカスした事業を展開する同社。
390864207はアプリを使った画期的な方法で物流の配送効率を高め、社会インフラである物流を強靭化。ギグエコノミーを活用した、新しい配送サービスも展開する。
390869

利用されればされるほど配送業務が効率化される『TODOCUサポーター』

207は物流のラストワンマイル領域に特化し、配送を効率化するアプリや、ギグワーカーを活用した配送サービス等を運営している。

宅配業務の効率化をサポートする『TODOCUサポーター』は、2020年1月18日時点で3,808名の登録配送員が利用する、配達員向けのアプリだ。特許取得済みで(特許番号:特許第6653512号)、利用フローは以下の通り。配送員が荷物伝票の写真をスマホで撮影すると、荷物の情報が地図上に表示され、受取人に在宅確認メッセージを送ることができる。受取人はメッセージの到着を確認後、専用ページから回答。配送員はこの情報を基に、宅配や置き配等を行う。

受取人向けアプリ『TODOCU』は、電話等による再配達の依頼をすることなく、荷物を受け取ることができるサービスだ。『TODOCUサポーター』と裏表の関係にあり、在宅/不在の情報や置き配等の情報を配送員に伝えることで、効率的に荷物を受け取ることができるようになる。

物流会社向けには、業務管理サービス『TODOCUクラウド』を提供している。荷物ステータスのリアルタイム確認や配送員の動態管理等をスムーズに提供することで、アナログ・属人的・非効率な物流会社の管理業務を効率化する。

『スキマ便』は、ギグエコノミーを活用した配送ソリューションだ。同じ配送先の荷物をまとめて配送、個人配送員の空き時間を利用、遊休スペースの活用等により、ラストワンマイル問題の“スキマ”を埋めていく。『TODOCUサポーター』を利用するため、配送初心者や土地勘がない人にも安心だ。シェアリング配送拠点は全国に拡大しており、2024年までに1万箇所の拠点設置を目指している。

2020年8月、207は第三者割当増資による総額8,000万円の資金調達を実施した。調達した資金は、今後の『TODOCUサポーター』の機能強化、『スキマ便』システムの拡張、および採用活動の強化等に充てる。また、データとオペレーションの連携整備にも取り組み、自動運転やドローン、ロボットといった技術との融合を目指す。

390856ECやフードデリバリー等のニーズが高まる一方で、恒常的なドライバー不足、過酷な労働環境、再配達問題等、物流の現場は様々な課題を抱えている。
390845将来的には「モノ」を配送することと、「コト」を統合したサービスを提供し、ラストワンマイルの世界共通プラットフォームの構築を目指す。
390870

フルリモート/フルフレックス制で、いつでもどこでも仕事ができる

2021年4月時点の従業員数は6名。情報の透明化と自律駆動を指向し、年齢やポジションを越えたオープンなコミュニケーションが交わされている。取り組みの一つとして、週1回、オフィスで鍋を囲みながらプロダクト・組織・カルチャー等について議論する自由参加型の「鍋会」が開催される。

新しい働き方にも積極的にチャレンジしており、働く場所や時間は自由。個人が判断した最適な働き方を尊重し、フルリモート/フルフレックス制を採用している。月1回や週1回といった関わり方からフルコミットまで自由度の高い働き方を推奨しており、海外から参画しているメンバーもいる。

207には、コードレビュー、自動テストの文化が根付いている。本番にマージされるソースコードは統一化された規約によって常に自動検証され、可読性を担保。小さな開発サイクルを素早く繰り返すことで、プロダクトバックログの優先順位を、迅速に開発フローに反映させる。また、デイリーで高品質なリリースを可能にするための仕組みも整備されている。

採用にあたっては、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態・婚姻状況等は一切考慮しない。重視するポイントは、スキルや経験もさることながら、事業やビジョンへの共感だ。そのビジョンとは、「いつでもどこでもモノが届く世界を創る」。将来、どんな所にいても瞬時にモノが届くような世界を創ることで、「モノの所有」という概念をアップデートし、人々が行動しやすい社会を実現する。

最後に、Valuesとして定めている三つの行動指針を紹介しよう。このValuesは常々見直しできるようGitHubで管理されている。
■Speed with quality スピードMAX、クオリティ7割
即レスを意識し、タスク実行はスピードMAXでかつクオリティは7割を担保せよ。
■Be open 情報の透明化と自律駆動
メンバー全員が有機的に素早く最善の決断を下せるように、常に信頼しオープンマインドな行動を心掛けよう。
■3S 先生であり、生徒であり、科学者であれ
常に体験しインプットを惜しまず、かつアウトプットし、データで判断せよ。

390865新しい働き方にも積極的にチャレンジしており、働く場所や時間は自由。個人が判断した最適な働き方を尊重し、フルリモート/フルフレックス制を採用している。月1回や週1回といった関わり方からフルコミットまで自由度の高い働き方を推奨しており、海外から参画しているメンバーもいる。
390848採用にあたっては、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態・婚姻状況等は一切考慮しない。重視するポイントは、スキルや経験もさることながら、事業やビジョンへの共感だ。
390873

207 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、207 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 207 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
商社(卸売)・流通・小売り系 >  物流・運送・倉庫・梱包
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
資本金 300万円
設立年月 2018年01月
代表者氏名 CEO 高柳 慎也
事業内容 207では、物流のラストワンマイル「配送」部分にフォーカスした事業を展開しております。
▼「TODOCUサポーター」
物流のラストワンマイルである「宅配」ですが、まだまだアナログで非効率な業務が残っています。そこで207は、配達員向けのアプリ「TODOCUサポーター」を提供し、宅配業務の効率化をサポートします。
▼「TODOCU」
日本国内では「再配達」という問題が社会問題になっています。そこで207は、テクノロジーの活用による問題解決に向け「TODOCU」というサービスを提供しております。
▼「TODOCUクラウド」
宅配領域には、未だにアナログかつ属人的で非効率な管理業務が一般的です。そこで207は、物流会社向けの「TODOCUクラウド」を提供し、荷物ステータスのリアルタイム確認や配送員の動態管理などを安価でスムーズに提供することで物流会社の管理業務効率化に貢献します。
▼「スキマ便」
Eコマース化の発展により個人宅向けの宅配荷物の増加が進んでいます。そこで207は、テクノロジーとギグエコノミーを活用した「スキマ便」で荷物を運びきれないという問題を解決していきます。
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 環境エネルギー投資
ベガコーポレーション
従業員数 6人
平均年齢 29.0歳
本社所在地 東京都目黒区目黒3-16-9
390843

207 株式会社資本金300万円設立年月日2018年01月従業員数6人

物流のラストワンマイルにパラダイムシフトを起こす、アプリやサービスを展開する企業

この企業が募集している求人

×