お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 CDエナジーダイレクトの企業情報

385324

株式会社 CDエナジーダイレクト

「中部電力」×「大阪ガス」の新たなチャレンジ。業界の既成概念を打ち破れ

サービスによる付加価値を武器に、首都圏の巨大マーケットへ進出

株式会社CDエナジーダイレクトは、電力と都市ガスの販売量がそれぞれ業界トップクラスの中部電力ミライズ株式会社と大阪ガス株式会社が、タッグを組んで設立したエネルギー事業者である。2016年の電力自由化、2017年のガス自由化を受け、2018年に設立した。新電力に参入した事業者は多かったが、都市ガスは保安のための規制が厳しく、参入障壁が高い。そのような中、電力と都市ガスとを両方供給し、さらなる価値を提供できるのが同社の強みとなっている。

そもそも保守的なイメージのあるエネルギー業界だが、その中において、同社はイノベーションを起こそうというバリバリのスタートアップ企業である。まず、親会社が持つ地域の基盤に頼らず、首都圏を中心に事業を展開している点が新しい。既得権益が幅を利かせるマーケットへ、いわば“殴り込み”のスタンスなのである。当社は、代表取締役社長の山東要氏も、「人口の多い首都圏という魅力的なマーケットで、既成概念にとらわれない新たな挑戦を目指している」と意気込みを見せる。

同社が力を入れているのが、サービスによる差別化である。例えば、法人向けのサービスとしては、利用する工場・ビルで無駄なエネルギー消費がないかをチェックし、改善の施策を提案するコンサルティング的なサービスを提供している。また、家庭向けでは、動画配信サービスとセットになっているプラン、ポイントサービス等を展開。今後は住まいの電気・ガスの設備や家電のメンテナンスを実施するサブスクリプションのようなサービスも構想しているという。

これらには、中部電力が設立以来50年、大阪ガスが100年かけ、お客様のご要望に耳を傾け、蓄えてきたノウハウが生かされている。「事業向けも、家庭向けも、全方位的にサービスを展開する。CDエナジーダイレクトなら、エネルギーに関連すること、生活のこと、何でも頼めるというポジションを目指す」と山東氏はビジョンを掲げている。

385326同社は2016年の電力自由化、2017年のガス自由化を受け、2018年に設立したエネルギー事業者だ。
385327電力と都市ガスの販売量がそれぞれ業界トップクラスの中部電力ミライズ株式会社と大阪ガス株式会社を親会社に持つ。その地域基盤で得たノウハウをもとに、あえて首都圏のマーケットで事業展開するチャレンジングな企業である。
385350

業界の革新を目指すメンバーが集結。自由でアグレッシブな社風

同社の社員は、中部電力、大阪ガスから選りすぐられたアグレッシブな人材が揃っている。設立以来、「ないものは、つくっていこう」の精神で、ゼロから事業基盤の体制を整えてきた。Webページでのプロモーションのほか、コールセンターの立ち上げ等、走りながら進めてきたものも少なくない。設立当初の顧客管理システムも、課金・請求等最小限の機能しか実装されておらず、その後の改善で顧客の属性管理等の機能を追加していったという。

一見、見切り発車のような印象を受けるが、設立まで大きく動けなかったのは理由がある。「中部電力と大阪ガスが手を組む、これは業界的にかなりセンセーショナルだった。そのため、当社設立の検討は限定された関係者で秘密裏に進められ、実業務を作り込む期間が短くならざるを得ず、必要最低限の準備とならざるを得なかった」と山東氏。同社の先駆性が覗い知れるエピソードといえよう。

スタートアップらしく、サービスや社内体制は流動性が高い。お客様からの要望を現場の社員が吸い上げて、どんどんエスカレーションして形にしていくボトムアップの風土がある。社員は若手からベテランまでバランスよく在籍しているが、ワンフロアで部署や世代の壁がなく、互いに意見を出し合い、コミュニケーションが盛んだ。役員とも距離が近いため、意見やアイデアの承認もスピーディー。必要を感じ、手を挙げれば、誰もがプロジェクトの旗振り役となって活躍するチャンスがある。

働き方の自由度の高さも魅力の一つ。勤務時間は、コアタイムなしのフレックス制を導入し、一人ひとりが自由な時間帯で働ける環境を整えている。しかし、それでも社員は自分達のことをまだまだ ”エネルギー業界という堅い世界の人間”と自覚しているという。2021年3月より、スーツからオフィス・カジュアルに移行するが、それも「ようやくのこと」と謙遜する。変えていこう、変えていかなくては、という意識は非常に強い。そこに、同社の社員に浸透する「業界に革新を起こしたい」という気概を感じる。新しい仲間にも、“外からの視点”に期待している。「私達の発想の壁を打ち破ってほしい」と山東氏は熱く語ってくれた。

385339サービスによる差別化を図っており、工場で発生した余剰の電力・熱エネルギーを地域へ供給する等、業界で先駆となる新たな取り組みにも貪欲。
385331マーケティングやHP等のUI/UXも、業界の既成概念を打ち破る発想を求め、新たな専門性を持つ仲間との出会いに期待している。
385347

電力・ガスの専門性に、マーケ・システム等の専門性を加え、新たな可能性を

設立から3年かけて、着々と顧客数を伸ばしており、これから新しいサービスを提供する素地が整いつつある。業界に先駆けた取り組みも加速していく。2021年4月よりスタートする瑞穂町(東京都)のスマートエネルギー事業もその一つ。これは、同地域にある大型の工場と、同社を含む複数のエネルギー関連企業との協業によるもの。大型工場で発電施設を設ける場合、自社敷地内に専用の設備を設けることが一般的だが、この事業ではその余剰電力や、発電に伴って発生した熱を近隣の地域に供給するサービスをt提供する。業界的に、工場内でつくられたエネルギーを地域に供給するという例はまだ一般的ではなく、構想から3年で運開する事例は革新的だという。今後もこのようなチャレンジングなビジネスモデルを創出していく。

Webマーケティングにも力を入れていきたい。お客様との接点の持ち方については、まだまだ改善できるのではないかと考えている。例えば、Webサイトの加入者専用画面では、電気・ガスの使用量を棒グラフで確認できる。自分達では、これが最も分かりやすい表示だと思っているが、お客様はどう感じているのか?、お客様にとって本当に必要な情報はお届けできているのか?お客さまの気付きやアクションをもっと生み出すことができないのか?サービスの質の向上に繋げられないか?このように、今まで見出だせなかった新しいアプローチの追求に貪欲だ。

会社のブランディングも課題だ。潜在ターゲットを把握し、多様なアプローチにより顧客獲得を進めることが同社のミッションだという。しかし、同社は既存の顧客基盤を持たない新たなマーケットに対するノウハウを持ち合わせていないのが現状だ。だからこそ、Webマーケティングやシステム等、新たな専門性を持つ人材への期待は大きい。「電力とガスにかけては長年培った専門性に自信がある。そこに、別の専門性が加わることで相互作用が生まれるのではないか」と山東氏は語る。

もちろん、チャレンジにはリスクが伴う。しかし、同社は中部電力と大阪ガスという強固なバックボーンにより、思い切ったトライ&エラーが可能だという。むしろ、その後ろ盾をもとに、大きなチャレンジをしてみたいという人を歓迎している。「首都圏での事業拡張の余地は果てしなく広がっており、メンバーも目を輝かせている。我こそは!という仲間とお迎えし、一緒になって新境地を切り開いていきたい」と山東氏はラブコールを送る。

385344アグレッシブかつ風通しのよい社風なため、アイデアを実現しやすい環境。
385343コアタイムなしのフレックス制により、働き方の自由度も高い。中部電力と大阪ガスという強固なバックボーンにより、思い切ったトライ&エラーが可能な点も魅力となっている。
385349

株式会社 CDエナジーダイレクトに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 CDエナジーダイレクトに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 CDエナジーダイレクト
業界 その他 >  その他業界
サービス系 >  その他サービス系
コンサルティング・リサーチ >  その他コンサルティング系
資本金 17億5000万円
設立年月 2018年04月
代表者氏名 代表取締役社長 山東 要
事業内容 ・電力・ガスの販売
・エネルギーサービスの販売
・暮らし及びビジネス全般を支えるサービスを中心とした付加価値サービスの販売
主要株主 中部電力ミライズ株式会社・大阪ガス株式会社
従業員数 51人
本社所在地 東京都中央区日本橋室町4-5-1(さくら室町ビル11F)
385324

株式会社 CDエナジーダイレクト資本金17億5000万円設立年月日2018年04月従業員数51人

「中部電力」×「大阪ガス」の新たなチャレンジ。業界の既成概念を打ち破れ

×