お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ZenmuTechの企業情報

384820

株式会社 ZenmuTech

「Open Security」という新たな分野を確立し、日本発の技術で世界にイノベーションを興す企業

従来の暗号化とは概念が異なる、データを無意味化するセキュリティ

東京・銀座にある株式会社ZenmuTech(ゼンムテック)は、データの“無意味化ソリューション”を開発・提供する会社だ。革新的な技術力とオープンイノベーションによる創造力で、「情報の安全」に貢献している。
【事業内容】
1. セキュリティソリューションの開発・販売
2. シンクライアント用制御ソフトウェア・OSの開発・販売
3. 上記に付随するコンサルティングの提供

主力プロダクトの『ZENMU』シリーズは、「情報漏洩は防げない」ことを前提に、「守らずに情報漏洩を防ぐ」という逆転の発想で生み出された。その特徴は三つで、一つは自社開発の4製品&エンジン、二つ目はSaaSベースのサブスクリプションビジネス、三つ目は10製品以上にエンジンをOEM提供していること。これらの強みを武器にグローバル展開を目指す。

2014年3月に株式会社シンクライアント・ソリューション総合研究所として設立されたZenmuTechは、2015年8月に『ZENMU for PC』の前身となる『PASERI for PC』をリリースした。2017年からは現社名となり、製品ブランドも『PASERI』から『ZENMU』に改めた。

『ZENMU』の卓越したテクノロジーは受賞歴にも現れている。2018年には第3回「JEITAベンチャー賞」(JEITA:電子情報技術産業協会)を受賞。2019年には産総研(産業技術総合研究所)と協同投稿した「秘密分散」に関する論文が、情報セキュリティアプリケーションに関する国際学会「WISA2019」で「Best Paper Premium Award」(最優秀論文賞に相当)を受賞している。

行政との連携にも取り組み、産総研との共同研究のほか、内閣府「戦略的イノベーションプログラム(SIP)」にも参画している。

創業者の1人で代表取締役会長を務める岡積正夫氏は、ビジネスコンサルティング会社の代表として、アウトソーシング事業立ち上げや事業推進に関する、大手ITベンダー100社以上へのコンサルティングに従事。地方自治体基幹システム再構築のための最適化コンサル等、国土交通省関連の調査支援の実績も多い。また、大学での講師経験もある。

384824同社は情報セキュリティソリューション『ZENMU(ゼンム)』を開発・提供する企業だ。
384827独自の秘密分散技術で、ユーザーが意識することなく安全を享受できるインフラストラクチャーを提供している。
384830

AONT方式による秘密分散と秘匿計算による、データの無意味化技術

『ZENMU』シリーズは4製品(『ZENMU Virtual Desktop』/『ZENMU for PC』/『ZENMU for Meister』/『ZENMU for Delivery』)あり、そのほか『ZENMU Engine』を開発・提供している。また、シンクライアント系事業として、仮想デスクトップが抱える問題を解決するUSBデバイス接続ソリューション『VUMS』や、組み込み機器用OSのカスタマイズ等も展開する。

ZenmuTechのコア事業は、秘密分散事業と秘匿計算事業だ。“秘密分散”とは「n個の分散片のうちk個揃わなければ、元の情報を復元できない符号化手法」。暗号化と異なり鍵が不要で、分散片が足りないと復号できない。また“秘匿計算”とは、「情報を秘密にしたまま計算する手法」で、利用者の情報を復号せずに結果を得ることができ、入力から出力まで一気通貫して情報を守る。

ZenmuTechの秘密分散は、「AONT(All Or Nothing Transform)」方式による。元データに対してある演算をかけ、元データとほぼ同じ大きさの出力データを得る。出力データの全てのビットが揃っていれば容易に元データに復元できるが、一部でも欠けると元データへの復元はできない。『ZENMU』はAONT方式を採用し、性能面の強化やファイルシステムへの適用等により、独自性を発揮している。

『ZENMU』のコア技術には、以下のようなものがある。まず、分散片はいくつでも可能で、分散割合も任意に設定できる。分散片の最小サイズは32バイトと小さく、分散後のデータ量は元データの1.2倍以下となっている。また、バックアップ・ロールバックによる可用性も持たせている。これらのコア技術は特許出願済みで、安全性証明も済んでいる。

コロナ禍でテレワークが増え、セキュリティ上のリスクや、VDI(Virtual Desktop Infrastructure:仮想デスクトップ)の導入ニーズが増えた。しかし、シンクライアントの大規模な導入はコスト面から難しい。また、電源OFF時/オフライン時はセキュリティが確保されない場合もある。『ZENMU』は初期費用0円、月額780円(税抜)から利用でき、オフライン環境でも利用可能。今後も製品の高付加価値化に取り組み、さらなる業績拡大を目指す。

384825強みは、情報を意味のないデータに変換した上で複数に分割(無意味化)する技術と、情報を秘匿化したまま計算可能な“秘匿計算ソリューション”。
384826テレワークが増えセキュリティの問題が叫ばれる中、導入のしやすさと確かな効果から引き合いが急増している。
384832

他社による模倣が難しい高度な技能を、マンツーマンで習得可能

2021年2月時点の従業員数は14名で、開発が9名、営業が4名、管理が1名という構成。今回の採用はセールスエンジニアを想定しており、製品の紹介・提案やデモの実施、顧客要件の確認・対応、PoC(Proof of Concept:概念実証)の実施支援と進捗確認等に当たる。応募条件は、Windows全般やセキュリティ(暗号化、情報漏洩対策)に関する一定の知識・経験があること。クラウド、クライアント仮想化、認証連携等の知識・経験があれば歓迎される。

この分野の技術者は稀少であり、高度な知識やスキルを身に付けることで、エンジニアとしての価値を高めることができる。ZenmuTechのテクノロジーは、競合による模倣が難しいものが多い。ブロック単位での秘密分散ファイルシステムには、秘密分散への理解に加え、よりOSに近い処理が必要となるからだ。

そもそも、秘密分散技術そのものを理解するための“バイブル”は存在しない。さらに、秘密分散技術を事業化する着想と、それを具現化するのに必要な技術要素の組み合わせも、ZenmuTechならではの特徴だ。

また、OSに近いカーネル・ドライバー処理周りはエンジニアリング情報も少なく、すぐにブルースクリーンになる等、極めて繊細なエンジニアリングスキルが求められる。コントロールも自分達自身で行う必要があり、例えばエラー処理やファイルポインタ等についても、その基礎から理解しておくことが求められる。

ドライバー周りについても技術的な参考書は少なく、エンジニアの力量に拠るところが大きい。そのため、当該分野で一人前になるには10年ほどかかる。ZenmuTechには各種OSやカーネル・ドライバーに精通したエンジニアが在籍し、直接指導を受けることができる。

FinTechやIoTの普及等、データやネットワークのセキュリティがますます重要になる現在、Open Securityという新たな分野を確立し、世界に挑戦するZenmuTech。セキュリティと利便性が両立する社会を実現するため、日本唯一、いや世界唯一の製品・ソリューションづくりに取り組める環境だ。

384824産総研等との共同研究や大手企業との業務提携等も積極的に進め、グローバルでのサービス展開を目指す。
384829Windows全般やセキュリティ(暗号化、情報漏洩対策)に関する一定の知識・経験がある人を募集している。
384833

株式会社 ZenmuTechに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ZenmuTechに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ZenmuTech
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
資本金 1億円
設立年月 2014年03月
代表者氏名 代表取締役会長 岡積 正夫
事業内容 1. セキュリティ・ソリューションの開発・販売
2. シンクライアント用制御ソフトウェア・OSの開発・販売
3. 上記に付随するコンサルティングの提供
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 14人
本社所在地 東京都中央区銀座8-17-5 アイオス銀座804
384820

株式会社 ZenmuTech資本金1億円設立年月日2014年03月従業員数14人

「Open Security」という新たな分野を確立し、日本発の技術で世界にイノベーションを興す企業

この企業が募集している求人

Full remote small
×