お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 パーソル総合研究所の企業情報

360963

株式会社 パーソル総合研究所

人と組織のプロと二人三脚で、次代のHR領域を支える自社プロダクト開発に挑むパーソル総合研究所

多様な人事課題に、調査研究からコンサル、ソリューション提供までワンストップで対応

株式会社パーソル総合研究所は、人と組織にまつわる社会課題の解決に取り組むパーソルグループの一員であり、グループ内におけるシンクタンクとコンサルティング部門を担っている。とはいえ、その事業領域は広く、「非常にユニークなポジションを占めていて、業界を見渡しても唯一無二の存在感を示している」とタレントマネジメント事業本部長・大下徹朗氏は語る。
「企業経営や人事施策に役立つ調査研究を発信するだけでなく、そこで得た知見を基にコンサルタントが組織・人事戦略を支援。さらには、独自のタレントマネジメントシステムや、お客さまの課題解決に最適化した人材開発・研修プログラムの提供まで行っています。ここまでワンストップで幅広く対応できるのは、自社調べではありますが、パーソル総合研究所しかなく、そこが大きな優位性の一つになっています」

同社の事業領域は大きく6つに分けられる。まず中核をなすのが、シンクタンクとしての機能だ。少子高齢化やHRテクノロジーの進化など変化を続ける労働市場、人材開発ニーズ、新しい雇用の在り方といった人と組織にまつわる領域を調査研究。課題の発見・明確化から解決策の検討・提言を行っている。この調査研究を通じて培った知見を基に5つのソリューションを提供。「組織・人事コンサルティング」では、「グループ人事戦略企画/人事制度設計」と「採用・育成・組織力強化」を有機的に組み合わせることで、企業成長に向けた人事マネジメントの最適化と戦略人事の実現を支援する。「ピープルアナリティクス」は、とかく経験則や勘に頼りがちな人事施策を科学的・客観的データに基づいて分析することで、人材の適正配置やパフォーマンスの高い人材特性の見える化などを支援している。変化の激しい市場に柔軟、かつ効率的に対応するための人事戦略を構築するには、社員の能力や適性を正確に把握することが欠かせない。そういったニーズに応えているのが「アセスメント」事業であり、「タレントマネジメント」事業だ。そして、企業成長の土台となる人材を効果的に育成したいという課題を解決するため、「人材開発・社員研修」事業では多様なソリューションをそろえ、提供している。

グローバル化や少子高齢化、労働者の働き方への意識変化、コンプライアンス、企業ブランディングの重要性の向上……。現在、人事戦略を取り巻く状況は非常に多角化、複雑化しており、この傾向は今後も変わることはない。だからこそ、「人事部門が抱える多様な課題にコンサルティングからソリューション提供までワンストップで対応できる存在」が強く求められるようになってきている。この期待に応え、「人事、組織面を強化して企業業績の向上を実現したいと考えたとき、パーソル総合研究所が真っ先に思い浮かぶ存在になる。私たちは、そこを目指しています」(大下氏)。

361076
360981
360969

自社プロダクト開発に企画から関わり顧客企業の人事戦略に貢献する手応えも味わえる環境

数年前からHRTechという言葉が取りざたされるようになり、人事領域のテクノロジー化が進んでいる。その一つとして最近注目されているのが、タレントマネジメントシステムだ。これは社内の人材に関する情報、たとえばスキルや経験などを可視化し一元管理して人材開発や育成といった人事戦略に役立てるシステムのことで、大手ベンダーやITベンチャーなど数多くの会社が製品を開発・販売している。このような製品群の中にあって、パーソル総合研究所のタレントマネジメントシステム『HITO Talent』が大手企業を中心に着実に導入数を増やしている。その理由として考えられるポイントも、実は同社の唯一無二といえるポジショニングによるところが大きい。

「“人と組織”のプロフェッショナルである人事コンサルタントがパーソルグループの人事部門とともに設計し、約3万人の運用を通して改良を重ねてできたシステムが『HITO Talent』です。人事の現場が本当に必要としている機能が充実しているだけでなく、人事担当者目線での使い勝手の良さも兼ね備えています。また、タレントマネジメントシステムというものは道具であって導入しただけで業務改善につながるわけではありません。その点、当社はシステムを熟知している人事コンサルタントがしっかり効果が出るまでお手伝いします。つまり、優秀な道具とそれを使いこなすための頭脳の両面から支援できるわけです。そこが単なるサービスベンダーにはない優位性といえます」(大下氏)

また、「開発体制にも特長がある」と続けるのは、プロダクト開発部部長の伊與田 孝志氏だ。
「ビジネス的発想が強く求められる企画部門と開発部門は明確に分かれていることが多く、開発部門は企画部門の仕様どおりにつくるだけというケースが少なくありません。しかし、当社はプロダクト開発部の中に企画チームと開発チームがあり、日頃から密に連携しながら仕事を進めています。というよりも、企画と開発の間に明確な線引きがないため、お客さまのニーズを咀嚼するところから企画と開発が意見を出し合ってつくっているんです。その分、技術的に踏み込んだ決断をしやすく結果的に質の高いプロダクトづくりができているのだと思います。一方、手掛けるプロダクトに自分のアイデアを活かしたい、お客さまにとって真に役立つ、喜ばれるプロダクトをつくりたいというエンジニアにとっても、この環境は刺激的です。私もそのタイプなので、モチベーションが上がるし主体的に取り組めているという手応えもあります。要は、楽しいんです」

360988
360973
360967

自分の興味やスキルをプロダクトや組織づくりにぶつけたい!そんな意欲ある人を待っています

株式会社パーソル総合研究所のシンクタンク部門は、今、企業における人と組織の在り様が大きく変わる過渡期にあると提言している。
「これまでの雇用の在り方や育成方針は企業が主体でした。企業が求める人材に合致する人を採用し育てることに主眼がおかれてきたわけですが、これからは主導権が人材側に移っていくと予測しています。雇用される側が自分のキャリアをつくっていく時代であり、自分が望むキャリア形成を実現できる環境=企業を雇用される側が選んでいく時代です。そうなると当然企業側としても人事戦略の転換を図っていかなければなりません。『HITO Talent』は、このような新たな時代に有用なシステムを目指していくことになります。これって、面白くないですか? シンクタンクの研究員や人事コンサルタントの意見や考え方に身近に触れながら、システム構築を通じて次代の人事戦略構築に貢献していけるんです。それに、今後、エンジニアは技術力と何かを掛け合わせ、それを武器にしてキャリア形成していくようになると考えます。その点でも、HR領域の知見は市場価値が高いと感じています」

ただ、このような環境で力を発揮するには、仕組みが出来上がった会社で決められたことをしたいとか、狭い技術領域だけに集中したいというタイプは向かないとプロダクト開発部マネジャーの金谷敏行氏は語る。
「プロダクト開発においてもそうですが、開発組織としても未成熟であるため、事業部にある仕事はすべて自分の仕事くらいに考え、その中で自分として何ができるか、何が活かせるか思考をめぐらせられる人がいいですね。まだしばらくはエースで4番みたいに、何でもやってやろうという意欲があって、組織に勢いを生み出せるような方を求めています」

同社には、意欲的に仕事に取り組む人材がのびのび働きやすい環境もある。週5日のリモートワークを認めており、スキルアップのための書籍代やセミナー代も補助してくれる。ほぼ雑談でしか使用していないチャットがあるなど、メンバー同士の距離が非常に近く、意見を発信しやすい雰囲気もあるという。
「技術的にも大企業にありがちな『あれはダメ、これもダメ』ということはありません。新しいトレンドや技術にチャレンジできる土壌があり、自分の興味をプロダクトにぶつけることだって可能です。今いる会社でやりたいことができない、勉強したことを実践する環境がないといったモヤモヤを抱えているなら、ぜひ当社で腕を振るってほしい」(金谷氏)
「まだ『HITO Talent』も組織も発展途上ですが、それはこれから良くしていける余地がたくさんあるということ。そこに魅力を感じてもらえる人、一緒に良い環境、プロダクトをつくっていきたいという方に仲間になってほしいですね」(伊與田氏)

360975
360984
360965

株式会社 パーソル総合研究所の社員の声

Icon men1
30代後半
2020年05月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. ・はたらく人がもっと活躍できるような社会をつくるお仕事であること
・パーソルは人材業界の中で...続きを読む
Icon men2
40代前半
2019年10月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 未だサービスとして未熟なところばかりであり、そこをこれから作り上げていくというところ。サービス...続きを読む
Icon men3
30代後半
2020年09月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. - いい意味で自由なため、「これをやる、こうしていく」という提案が、筋が良ければどんどん通すこ...続きを読む

株式会社 パーソル総合研究所に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 パーソル総合研究所に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 パーソル総合研究所
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
コンサルティング・リサーチ >  経営/ビジネスコンサルティング・シンクタンク
サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 3000万円
設立年月 1998年12月
代表者氏名 代表取締役社長 渋谷 和久
事業内容 ■組織・人事コンサルティング(企業の持続成長を人事面から支援)
■ピープルアナリティクス(人事を科学し、より確かな採用・異動配置・育成を実現)
■アセスメント(客観的な基準や将来のポテンシャルに基づき、人材価値を測定)
■人材開発・社員研修(課題に合わせた対応で人と組織の持続成長を支援)
■タレントマネジメントシステム(人材発掘・育成、最適配置、リテンションを支援する「HITO-Talent」を提供)
従業員数 143人
本社所在地 東京都千代田区一番町8 住友不動産一番町ビル
360963

株式会社 パーソル総合研究所資本金3000万円設立年月日1998年12月従業員数143人

人と組織のプロと二人三脚で、次代のHR領域を支える自社プロダクト開発に挑むパーソル総合研究所

この企業が募集している求人

360981
自社SaaS【HITO Talent】の開発エンジニアを募集。リモート面談可、リモート勤務可/「はたらいて、笑おう」を実現する、ど真ん中のお仕事です
バックエンドエンジニア(AWSインフラ構築・自動化)

【概要】 私たちタレントマネジメント事業本部プロダクト開発部は、HITO-Talentの企画・開発を担っています。HITO-Talentは、人事のプロフェッショナル企業であるパーソルグループが提供するサービスとして大企業のお客様を中心に高い評価をいただいておりますが、まだまだ成長途上のプロダクトです。これをナンバーワン・タレントマネジメントシステムに育てることが、私たちのミッションです。 ...

360985
自社SaaS【HITO Talent】のフロントエンド開発エンジニアを募集。「はたらいて、笑おう」を実現する、ど真ん中のお仕事です
フロントエンドエンジニア

【概要】 私たちタレントマネジメント事業本部プロダクト開発部は、HITO-Talentの企画・開発を担っています。HITO-Talentは、人事のプロフェッショナル企業であるパーソルグループが提供するサービスとして大企業のお客様を中心に高い評価をいただいておりますが、まだまだ成長途上のプロダクトです。これをナンバーワン・タレントマネジメントシステムに育てることが、私たちのミッションです。 ...

360975
【HITO Talent アプリケーション バックエンド開発エンジニア(シニアエンジニア)】「はたらいて、笑おう」を実現する、ど真ん中のお仕事です
HITO Talent アプリケーション バックエンド開発エンジニア(シニアエンジニア)

【概要】 タレントマネジメント事業本部プロダクト開発部では、HITO-Talentの開発を担うバックエンドエンジニアを募集します。HITO-Talentの次期バージョン開発において、バックエンドアプリケーション、大規模データ基盤、機械学習アルゴリズムなど幅広い領域の中から、ご本人の特性に合った領域を担当していただきます。 【具体的な仕事内容】 タレントマネジメントシステム「HITO...

360988
【パッケージ導入コンサルタント】タレントマネジメントの実現を通じて事業戦略を達成する支援を行う
パッケージ導入コンサルタント

【概要】 カスタマーサクセス部では、HITO-Talent のデリバリーおよびカスタマーサクセスを担当するメンバーを募集しています。 具体的には、お客様企業の経営・人事・IT 部門とコミュニケーションしながらシステム導入プロジェクトを牽引するデリバリー業務、そしてお客様がHITO-Talent を自分たちのシステムとしてしっかり運用し、タレントマネジメントの実現を通じて事業戦略を達成する...

残り1求人をみる
After covid19 bottom
×