お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 FBCの企業情報

355961

株式会社 FBC

市場価値の高いエンジニアを育成!営業のスペシャリストが設立した会社

SES営業のスペシャリストが会社を設立。営業から見た価値のあるエンジニアとは?

2019年12月に設立された株式会社FBCは、SES事業をメインにし、市場価値のあるエンジニアを育てるべく、案件選びや教育制度に力を入れる計画で動いている。

SESエンジニアとして生きていくには、市場価値を高める必要がある。技術力や業務知識を付けて、開発の現場で必要とされるエンジニアになることが、将来のエンジニアライフを左右する。エンジニアは職業。しっかりと利益を稼ぎ出せるエンジニアは、会社にとってかけがえのない財産であり、取引先の現場でも重宝される存在でもある、そして、何よりもエンジニア個人の収入が増える。

「エンジニアがスキルを身に付けて、単価の高い仕事をしてくれるのが会社の成長にもつながります。当社のエンジニアには積極的に新しい技術にチャレンジしてほしいと願っています。高単価の仕事をできるのは、市場価値が高いエンジニアだからこそ。エンジニアをニーズのあるフィールドへ誘うのが会社の仕事です」(代表取締役・古川雅之)

同社代表の古川氏は、IT業界で長く営業を続けてきた、スペシャリスト。市場価値のあるエンジニアについて熟知しており、案件を見極める目もバッチリ。エンジニアが安心して働ける環境を作ってくれる。

SES営業のスペシャリストである古川氏に、質問してみた。営業から見た価値のあるエンジニアとは、どんな人材なのだろうか?

「ひとつの業界で要件定義から運用までやったことがある経験は現場で重宝されます。同じ業界でも開発するシステムによって必要な知識は異なり、同じ業界内で違うシステムの開発に携わった経験があれば、より価値が上がります。3カ月・半年で現場を変わっていると評価は下がり、ひとつの現場に長くいるとそれだけ信頼されていた証で市場価値は高くなります」(古川氏)

SIの現場においては業務知識が何よりも重要だということだ。例えば、会計システムを作るには簿記の知識は必須。上流になるほどビジネスサイドの知識がないと開発ができない。

「業界を決めてそこで経験を積めば5年後、10年後には重宝されるSEになれます。特定の業界の知識に精通していると強みになります。営業視点でいえば、売り込みやすいエンジニアです。以前、保険業界と証券業界の現場を行ったり来たりしているエンジニアがいましたが、どちらからも声はかかるが、重要な仕事を任せられるのは、より専門知識があるSEでした」(古川氏)

355999
355565
355557

エンジニアは会社を成長させてくれるかけがえのない財産

FBCの古川代表は、前職の会社を仲間と一緒に立ち上げ、エンジニア140名規模の会社に育てた経験がある。

「FBCの立ち上げは、私の仕事人生でサードステージといえます。ファーストステージで営業の仕事を極め、セカンドステージでは、会社を成長させるのにがむしゃらになり、サードステージでは、自分が理想とする会社を作り上げたいと思っています」(古川氏)

SESの営業で会社を大きくしてきた経験がある古川氏が目指す会社とは、どんな会社だろうか?

「エンジニア50名規模の温かみある会社を作りたいです。規模が大きくなると社員間の交流も希薄になり、一人で常駐先に行くケースでは誰も頼れず孤立してしまうことも考えられます。フリーランスではなく、会社に籍を置いているのですから、できる限りメンバーでフォローしあえる体制を作りたいです。先輩が後輩を助けて育て、腰を落ち着けてキャリアを築ける会社にするのが目標です」(古川氏)

エンジニアがキャリアを築くために、一緒に考えて経験を積める現場を選ぶ。そうやって高単価の仕事ができるエンジニアになれば、会社も成長し稼げるエンジニアになって収入もアップする。

「高単価といっても、もちろん火を吹いている現場には手を出しません。長年、営業をしてきたので、危険な現場は一目瞭然です。最初から残業時間を抑制するように交渉し、条件を守れない現場からはエンジニアを引き上げることもありえます。理不尽な要求をしてくる取引先を切って、エンジニアのことを真剣に考えてくれる会社との取引を進められないのは、営業のスキル不足か怠慢です。SES事業をするなかで、エンジニアは大切な資産。それを守らないで、何を守るのでしょうか?」(古川氏)

エンジニアを捨て駒にするのか、資産価値を上げて会社を成長させてくれる存在だと考えるか。同社にとってはエンジニアが資産なのだ。そしてそれを面接でもエンジニアに伝えているという。

「採用面接で『エンジニアを守る』と宣言しています。会社や営業によっては『お客様だから強く言えない』というスタンスのところもありますが、お客様と話し合いをきちんと行い問題解決致します。」(古川氏)

355985
356007
355966

働く場所も時間も縛らない!デジタルツールを活用した働きやすい環境の構築

FBCが目指す50人規模の会社だとマネージャーもエンジニアとして現場で働くことになる。マネジメントをしながらも、現場で活躍するエンジニアでいたい人材には格好のフィールドがFBCにはある。

「現場のマネジメントはエンジニアに任せた方がいいと思っています。エンジニア同士の方がうまくいきます。ただ、プレイングマネージャーで手が回らないところは、営業がバックアップします。マネジメント未経験でも学びたい意欲があれば、どんどんチャレンジしてもらいます」(古川氏)

マネジメントだけでなく、取引先と信頼関係を築いて、要因調達の話が出た際には自社を売り込んで仕事を取ってくるエンジニアになってほしいと古川代表は語る。

「案件を探すのは営業の仕事ですが、取引を拡大するのは現場のエンジニアの仕事だと考えています。現場は宝の山。現場でチームをまとめて取引先からさらなる仕事を受ける。そうやって現場で勢力拡大するエンジニアに育ってほしいですね。勢力拡大ができるのは、取引先に信頼されているから。信頼されている現場で働くのは、エンジニアにとってもやりがいにつながります。」(古川氏)

設立して間もないFBCだけに、今後しばらく入社する人は「創業メンバー」となる。会社を成長させていく責任を担う必要はあるが、その分、待遇を手厚くして会社を大きくした功績には積極的に還元していく意向だという。

「創業期に入るメンバーには手厚くしたいのが本音です。会社を一緒に作っていくメンバーですから、会社を成長させてくれた見返りはあって当然だと考えます。マネージャーや部長などの地位について、成功の果実にありついてほしいですね。マネジメント経験のある人材が入社してくれるとベストですが、マネジメントにチャレンジしたい人材も大歓迎です」(古川氏)

FBCでは会社を成長させて安定した経営をいち早く実現できるように、教育制度も充実させたい考えだ。

「創業メンバーに関しては、研修も手厚くしたいと思っています。学びたい技術があれば会社が全面的にバックアップします。仕事で必要な研修を受けると身に付きやすいもの。プロジェクトに参画するなかで自分に必要な技術があれば、積極的に研修を受けるなどしてスキルアップを図ってほしいです。決まった研修制度があるわけではないですから、個々のエンジニアに合わせて必要な研修を受けてもらえばと思います」(古川氏)

355996
355561
355965

株式会社 FBCに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 FBCに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 FBC
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 残業少なめ
資本金 950万円
設立年月 2019年12月
代表者氏名 古川 雅之
事業内容 2019年12月に設立された株式会社FBCは、SES事業をメインにしている。同社代表の古川氏は、20年以上SES営業を続けてきたスペシャリスト。業界の事情に精通し、前職では創業メンバーとしてエンジニア140名規模の会社に育てる一役を担った。会社を成長させる市場価値のあるエンジニアを育てるべく、案件選びや教育制度に力を入れる計画で動いている。採用面接でスキルセットや希望する今後のキャリアをヒアリングし、それに合わせて入社日がプロジェクト配属日になるように動く。現場から求められる市場価値の高いエンジニアになりたい人材に最適なフィールドを用意する。
従業員数 6人
平均年齢 27.0歳
本社所在地 〒231-0027 横浜市中区扇町1-1-25
355961

株式会社 FBC資本金950万円設立年月日2019年12月従業員数6人

市場価値の高いエンジニアを育成!営業のスペシャリストが設立した会社

この企業が募集している求人

×