お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 アストライアーソフトウエアの企業情報

354494

株式会社 アストライアーソフトウエア

製造業を支えるCAE技術と未来の世界をつくるAIでユニコーンを目指すベンチャー企業

大企業から中小企業や個人事業主まで、CAEとAIの恩恵をもたらしていく

株式会社アストライアーソフトウエアは、シミュレーション技術であるCAE(Computer Aided Engineering)と、AIやクラウド技術を融合させたソフトウエアの開発・販売、およびこれらの技術コンサルティングや技術サポート、教育をおこなう会社だ。2020年4月に設立され、東京都豊島区北大塚に本社オフィスを置く。

代表取締役を務める四條清文氏は、CAEの分野で30年の職歴がある人物だ。技術者として17年の経験を積んだのち、2006年~2019年は株式会社テクノスターで取締役として経営に参加。技術系ソフトウエアの開発、販売、経営のすべての面で、確かな経験を積んできた。

また四條氏は、2011年9月から名古屋商科大学マネジメント研究科に学び、2013年3月にMBA(経営学修士)を取得した。卒業論文にあたるビジネスケース作成課題では当時の所属企業だったテクノスター社を研究し、国内CAE市場の状況、ベンチャー企業経営のスタートアップ時の困難などを報告した。

自動車、機械、電機電子などの製造業者は、その設計段階においてCAEをはじめとする技術系ソフトウエア製品を使用する。これらの高度な製品分野では大規模な設備投資が必要で、技術の恩恵は主に大企業が享受してきた。アストライアーソフトウエアは当初の顧客として大企業を想定するものの、最終的には中小企業、個人事業主にまで、この技術の恩恵を浸透させていく。

コンピューター上でのシミュレーションは、ハードウエア、ソフトウエア、作業者の人件費など膨大な設備投資が必要だ。アストライアーソフトウエアは、「膨大な設備投資」に関してはクラウド技術を使い、サーバー上のソフトウエアをサブスクリプションにて提供。ユーザーは使用時間に応じた使用料を払い、製品の性能を安価に予測できる。結果の評価については長年にわたる評価データの蓄積と統合が必要であり経費も多大だが、アストライアーソフトウエアはAIにより初心者が陥りやすい問題をあらかじめサポートし、さらに結果評価の方法もアドバイスする。

354819株式会社アストライアーソフトウエアは、シミュレーション技術であるCAE(Computer Aided Engineering)と、AIやクラウド技術を融合させたソフトウエアの開発・販売、およびこれらの技術コンサルティングや技術サポート、教育をおこなう会社だ。
354501代表取締役を務める四條清文氏は、CAEの分野で30年の職歴がある人物だ。技術者として17年の経験を積んだのち、2006年~2019年は株式会社テクノスターで取締役として経営に参加。技術系ソフトウエアの開発、販売、経営のすべての面で、確かな経験を積んできた。

AIやディープラーニングを新機軸として新しい市場を切り開く

アストライアーソフトウエアが提供するサービスは、(1)ソフトウエア開発、(2)教育セミナー、(3)コンサルティングの3つだ。

(1)ソフトウエア開発では、CAE、AI、クラウドを技術ベースとしたソフトウエア開発をおこなっている。CAEとは製造業の設計者が設計する際に、その性能予測をするために使われるシミュレーション技術だ。AIの領域は、ディープラーニングなどを技術の基幹とする。アストライアーソフトウエアはこれら2つの技術領域を融合したソフトウエアを開発している。

得意とする業界は、自動車、重工業、電気電子、一般機械など。営業活動は、企業への直接販売や、販売代理店を経由した委託販売を通じておこなわれている。同時に大学の研究室と共同研究を通じて、最新のCAEやAIの技術研究にも、意欲的に取り組んでいる。CAEとAIに特化した市場は新しい市場であり、これから開拓されていく市場だ。新規市場なので競合は存在しない。そのため、共同研究で得た最新技術を積極的に製品に反映させていく。

(2)教育セミナーでは、CAEやAIに関連した教育セミナーを提供していく。CAE分野のベテラン講師が親切丁寧に技術を解説するほか、CAE解析ソフトウエアを使った実習にも対応する。この教育セミナー事業では、東京都内の学生や有志を中心にCAE関連の技術を啓蒙する意味もあり、将来の顧客や共同研究者の育成につなげる。

(3)コンサルティングでは、30年にわたるCAE業務の実績をもとにしたコンサルティングを提供していく。また最新のAI技術の適用についても、斬新な提案をおこなう。

CAEの技術は1960年代から発展してきた歴史ある技術で、現在は多くの製造業で設計時に欠かせない技術として普及している。その一方でソフトウエア製品も多くあるため、市場は飽和状態だ。市場には、新しいフロンティアを開拓する新機軸が求められている。アストライアーソフトウエアは、製造業の顧客に新機軸をもった製品を開発、提供するを目指す。

354504アストライアーソフトウエアが提供するサービスは、(1)ソフトウエア開発、(2)教育セミナー、(3)コンサルティングの3つだ。
354507CAEの技術は1960年代から発展してきた歴史ある技術で、現在は多くの製造業で設計時に欠かせない技術として普及している。
354820

AIなど新しい技術に興味があり、最先端を駆け抜けたい意欲を歓迎

2020年7月時点の従業員数は3名で、取締役2名(50代、男女各1名)と若手研究者1名(30代、男性)という構成。仕事をする上ではオン/オフのけじめをしっかりつけ、仕事とプライベートの両方を大事にするライフスタイルを重視している。そのため、基本的に残業は発生しない。また転勤もない。

主な福利厚生は、各種社会保険完備、交通費支給(月2万円まで)、残業手当、健康診断など。業績によって昇給や賞与もある。オフィスはJR山手線・大塚駅から徒歩3分ほどの場所にあり、黒と白を基調とした室内。壁にはグラデーションパネルが配置され、モダンでスタイリッシュな空間だ。作業スペース、会議スペースと区画されているが、席はフリーアドレスとなっている。

今回の募集では、学歴は大学卒以上で開発のリーダーシップを取れる人材を想定している。必須条件は、Java Script、Python、C#などの言語によるWebアプリケーション開発経験だ。SQLなどデータベース関連の知識や開発経験があれば歓迎される。求める人物像は、現状に満足せず新しい技術を追求し、自己研鑽できる人物。スタートアップで腕試ししたい人にもピッタリだ。

「アストライアーポリシー」への共感も重要なので、簡単に説明しておこう。社名の一部となっている「アストライアー」は、ギリシャ神話で正義を司る女神の名前だ。アストライアーソフトウエアは科学的な経営手法に基づき、正義公正に則った私心のない経営判断をおこない、また常に利他的精神を忘れずすべての社員、顧客、社会の幸福を追求し、会社を成長させていく。

アストライアーソフトウエアは創業したばかりのスタートアップだが、ゆくゆくはユニコーン企業となることを目指している。自身の培ってきた技術や経験を活かし、4人目のメンバーとして会社の意思決定に加わりつつ、最新のソフトウエア開発に取り組むことができる環境だ。

354499

株式会社 アストライアーソフトウエアに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 アストライアーソフトウエアに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 アストライアーソフトウエア
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 1,000万円
設立年月 2020年04月
代表者氏名 四條清文
事業内容 アストライアーソフトウエアが提供するサービスは、ソフトウエア開発、教育セミナー、コンサルティングの3つです。

【ソフトウエア開発】
CAE、AI、クラウドを技術のベースにしたソフトウエアを開発しています。

【教育セミナー】
CAEやAIに関連した教育セミナーを提供します。

【コンサルティング】
30年にわたるCAE業務の実績をもとにした親切なコンサルティングを提供します。また最新のAI(Deep Learning)技術の適用について斬新なご提案を提供します。
従業員数 3人
本社所在地 東京都豊島区北大塚2丁目17番12号
354494

株式会社 アストライアーソフトウエア資本金1,000万円設立年月日2020年04月従業員数3人

製造業を支えるCAE技術と未来の世界をつくるAIでユニコーンを目指すベンチャー企業

この企業が募集している求人

After covid19 bottom
×