お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 SYNERGY JAPANの企業情報

355449

株式会社 SYNERGY JAPAN

鍼灸・整骨院で蓄積したデータを元に、未病で苦しむ人々を救う

整骨院業界トップクラス。未病を世界中からなくして人の笑顔を作る。

社会課題先進国と言われる日本。高齢化社会の到来により医療費の高騰は深刻さを増すばかりである。

そういった現代社会を背景に、東洋医学を活用し、人が持つ自然治癒力を最大化させることで世界中の未病を解決することを目的に掲げて事業展開する会社がある。大阪府、東京都、兵庫県、神奈川県、広島県を中心に鍼灸・整骨院を展開する株式会社SYNERGY JAPANだ。鍼灸・整骨院は全国に約5万件あると言われるが、SYNERGY JAPAN社が運営する『ぷらす鍼灸・整骨院』は業界トップクラスの規模を誇る鍼灸・整骨院である。

現在、医療の中心は西洋医学である。我々一般生活者が病院に行くと言う場合、それは西洋医学の病院やクリニックを指すことが多い。だが、医学は西洋社会の専売特許ではない。非西洋の世界においても古来より医学発達し現在に引き継がれてきた。日本でも西洋医学が入り込むまでは東洋医学が発達してきた。鍼灸院や整骨院は、その東洋医学の国家資格である鍼灸師、柔道整復師が準医療行為としての施術を行う施設である。

西洋医学が体と心を別のものと考えるのに対し、東洋医学は体と心を1つのものと考える。それが西洋医学と東洋医学の大きな違いだ。また、西洋医学は血液検査や画像診断などのデータを根拠に診断し、顕在化した症状にターゲットを絞って治療するので、短い時間で治療できる場合が多い。一方、東洋医学では数値化、データ化をせず、現象面だけではなく、心と体のトータルで人を見て、不調の根本を探りアプローチをするという違いがある。

「悩みやストレスが重なって腰の痛みや不眠症に繋がっていたり、疲れが取れなくなっていたりします。西洋医学ではそこにはアプローチしないので、身体の変調を訴えても、検査や診察の結果で明確な異常がなければ病名はつかず、治療もされません。しかし、そのような西洋医学的なアプローチだけでは解決できないものがあることに、多くの人は気がついています」(高階氏)

高階氏自身、柔道整復師、鍼灸師の国家資格を持ち、20年以上に渡り患者に向き合ってきた経験が事業理念に繋がっている。検査や診察で異常がないと診断されても、本人は体調が悪い、疲れが取れないなど、何かがおかしいと感じる。このような状態を東洋医学では未病という。世の中には未病で悩む人が沢山存在しており、同社はその未病を世界中からなくして人の笑顔を作る。そして社会に新しい価値を創造することを志として鍼灸・整骨院を展開し、業界トップクラスにまで成長してきたのである。

355456創業者である代表取締役社長・高階耕治氏
355475

鍼灸・整骨院はデータの宝。患者個人に合わせて日常生活を変えるサービスを立ち上げ中。

医療費が高騰している最大の要因は、糖尿病から発生する透析や入院、薬である。政府は健康増進、健康寿命の延長を訴えるが、問題は高齢者が増え、労働人口が少なくなっていることだ。そのバランスが崩れることによって国民皆保険の原資である税金が捻出されないという状況に陥っている。そんな中、“人生100年時代”という言葉も生まれてきた。

「寿命が100年に伸びる中で、高齢期の約30年間を闘病しながら過ごすのか、それとも病気もせず自分の足で立ち、自分の歯で咀嚼し、社会に貢献出来る心身を維持するのかは大きな違いです。しかし病気になってからでは遅いのです。病気になる前にアプローチしなければいけません。そのためにも手術もせず薬も使わない東洋医学の我々が関与することで、未病のステージから必然的に健康の方向に戻していく。それが我々のビジョンです」(高階氏)

こういったビジョンを実現する一手段として、これまでは鍼灸・整骨院事業を手がけてきたが、今後は並行してデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)を推進していく計画を打ち立てている。リアルの世界にデジタルを融合させ、新しい価値を広く世界に届けて行く考えだ。

「鍼灸・整骨院では、個室で患者と向き合い、直接触れて骨のゆがみを整えたり、針を打ったりして悩みを解決していきますが、デジタルは触れずに悩みを解決していきます。患者様の個々のデータを取得して、そのデータに応じて、例えば睡眠の質を向上させる提案やサービス、天然由来の食べ物やお茶などを提供していくということを含め、様々なサービスを提供していく計画です」(高階氏)

同社は2018年にWebマーケティング部を設立し、SEOとアナリティクス技術を駆使したマーケティングに注力してきたことが飛躍的な成長を遂げる一因となった。現在はさらにCRMツールを独自に構築し、患者のデータを蓄積。その蓄積されたデータを使った新たなサービスを創出し初めているところだ。

「人の悩みに関する部分ではリアルが必要です。施術の効果を実感していただくにもリアルが効果的です。しかし、我々が創造しようとしている新しい価値を世界に広げて行くにはデジタルの力が必要です。どちらかが欠けても私達のビジョンは達成出来ません。両方を組み合わせることが必要であると考えています」(高階氏)

こういった取り組みのスピードを加速させるため、2020年7月にはWebマーケティング部をマーケティング本部として再編した。今後はさらにWebマーケッターやデザイナーの増員をも図っていく計画である。

355460
355463

事業に直接関わる醍醐味。マーケティング本部創設メンバーを募集

マーケティング本部をマネジメントするのはマーケティング本部長・吉田拓也氏だ。中間消費財の営業からキャリアをスタートさせ、その非効率性をなくすために独学でWebマーケティングを習得して事業の成長に貢献。その後独立し、個人事業主としてクライアント企業のSEOを支援してきた。そして2018年にSYNERGY JAPAN社に入社し、SEOとアクセス解析のスキルを駆使しながら自社Webサイトのアクセスユーザー数を大幅に向上させ、集客効果に繋げてきたのである。

2018年の入社と同時にWebマーケティング部を立ち上げ、1年後には業務を拡大するためにWebマーケッターを1名採用し2名体制で現在に至っている。今後はマーケティング全体を統括する立場でオンラインとオフラインの融合を進めるために、これまで吉田氏が中心となり担ってきたWebマーケティングやCRMの業務を完全に委譲していく。将来的には、Web部門、クリエイティブ部門、システム部門の3部門を確立したい考えだ。

「会社の核を担う部署としてスペシャリスト集団を作って行きたいと考えています。色々なスキルを持ったメンバーが、同じ方向を見てそれぞれのポジションから向き合っているという組織です。その指標となるのは成果ですが、裁量が大きい分、責任も大きい。何故こうなっているのか、ということを常に考えながら仕事が出来るという要素は非常に重要です」(吉田氏)

ただ、必ずしも現時点での経験やスキルの豊富さは問わない。資質さえ合っていれば、現時点の経験に合ったポジションを任せていく考えだ。Webマーケティングのスキルは、吉田氏が持つ技術や知識を受け継いで行くし、その他の職種についても、社外の研修メニューや講座は積極的に受けてもらう方針だ。

同社が求める要素は「普通ではない」こと。普通の感覚や視点では、新しい価値を提供するという目的は達成できない。

「普通じゃない人間が正しい志を持てば、より良い方向に変わって行くと考えています。日本を代表する影響力を持ったプロフェッショナル集団を作って行きたい」(高階氏)

「変人ですね。突き抜けた方にご入社いただきたいです。他の人が持っていない視点でなおかつ面白そうと思わせられるものを持っている。お互いに刺激し合える方をお待ちしています」(吉田氏)

マーケターにとって、同社で働く魅力は、制作会社とは違いビジネスに直接関われることだ。制作会社の場合は、Webサイトを作ったり、ディレクションをしたりしても、その仕事の成果がはっきりとは掴めない。事業会社の場合はユーザーの満足を追求しながら、継続的にフォローしていけることが醍醐味である。また、多様な職種のメンバーとコミュニケーションを取りながら、1つのゴールを目指していく楽しみもある。さらにはマーケティング本部そのものが草創期にあたるため、組織作りや環境整備にイチから関われるということも魅力の1つとなるだろう。

「春に芽生え、夏に茂って、秋に色づき、冬には枯れる。私はそのような四季の移り変わりを見て美しいと感じます。それと同じように人の体ももっと自然に歳を重ねることが出来るし、自然な老い方もあるわけです。これに逆行しているのが薬や手術です。必要であれば西洋医学はやれば良い。しかし東洋医学の立場からすれば、もともと人が持つ自然治癒力高めた上で出来るだけ薬や手術といった手段を使わずに未病のステージから改善出来れば、その人なりの美しい老方、歳の重ね方が出来るはずです」(高階氏)

このような高階氏の思想に共感し、自分の技術やスキルを磨きつつ貢献したい、新しい価値創造に携わっていきたいと思える人には、SYNERGY JAPAN社が自己実現の格好の舞台となるだろう。

355473
355465
355454

株式会社 SYNERGY JAPANに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 SYNERGY JAPANに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 SYNERGY JAPAN
業界 サービス系 >  医療・福祉・介護サービス
IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
資本金 1000万円
代表者氏名 高階 耕治
事業内容 株式会社SYNERGY JAPANは、東洋医学を武器に、人が持つ自然治癒力を最大化させることで世界中の未病を解決することを事業目的に掲げる会社だ。現在の中核事業は鍼灸・整骨院事業。業界随一の成長スピードでトップクラスに上り詰めた。次に取り組むのはデジタルトランスフォーメーション。患者のデータを取得・分析し、個々の身体の悩みに合わせたサービスを提案していく。リアルとデジタルの融合で“人生100年時代”の新しい価値を創造し世界に広める。そのビジョン達成に向けた体制作りが始まった。
従業員数 202人
本社所在地 東京本社 東京都渋谷区恵比寿1-7-13 只見ビル7F
大阪本社 大阪市都島区善源寺町1-5-51 エポック都島4F
355449

株式会社 SYNERGY JAPAN資本金1000万円従業員数202人

鍼灸・整骨院で蓄積したデータを元に、未病で苦しむ人々を救う

この企業が募集している求人

355474
【webマーケター】ヘルスケア領域でCRMデータを活用したナーチャリング施策担当者募集!事業部4人目のコアメンバーとして活躍しませんか?
webマーケター

【ビジョンと求める人物像】 我々のビジョンは「『患者様ゼロ』の社会を創る」です。これまでは鍼灸・整骨院の展開によるアプローチ を取ってきました。ただし、ビジョンを実現するためには、新しい価値を世界に広げていく必要があり、そのためにはデジタルの力が必要不可欠です。例えば、今後は患者様のデータを通して、睡眠の質を高めたり、食事改善を提案するサービスを構想しています。その核となるのが、今回募集...

355460
【webデザイナー】ヘルスケア領域でのインハウスデザイン!一緒に弊社のブランドを築いていきませんか?
webデザイナー

【ビジョンと求める人物像】 我々のビジョンは「『患者様ゼロ』の社会を創る」です。これまでは鍼灸・整骨院の展開によるアプローチ を取ってきました。ただし、ビジョンを実現するためには、新しい価値を世界に広げていく必要があり、そのためにはデジタルの力が必要不可欠です。例えば、今後は患者様のデータを通して、睡眠の質を高めたり、食事改善を提案するサービスを構想しています。その核となるのが、今回募集...

After covid19 bottom
×