お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

【ECサイト運営者】化粧品を販売しているECサイトの企画・プロモーションを含めた運営全般を担当していただきます

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる
350468

株式会社 Polite

バラエティーショップ等を対象に、誰でも知っている化粧品を数多く流通させている企業

ECサイト運営者

【ECサイト運営者】化粧品を販売しているECサイトの企画・プロモーションを含めた運営全般を担当していただきます

安心して使用できる、ハイクラスの優れた化粧品を提供し続ける

株式会社Polite(ポライト)は、化粧品の開発、製造、卸・小売販売、および化粧品会社向けコンサルティングをおこなう会社だ。具体的には、コスメやヘアケア、ボディーケアを中心とする商品の仕入・販売や、自社商品の企画・開発・製造(OEM)を展開。会社設立は2006年6月で、東京都中央区日本橋蛎殻町に本社がある。

主要事業は化粧品メーカーから仕入れた商品の販売で、取引先に向けた商品提案力が最大の強み。全国のバラエティーショップやドラックストアを対象に、誰でも知っている化粧品を数多く流通させているほか、自社企画品も近年、大きく成長している。取り扱う商品は独自理論でセグメントしており、実績ゼロから販売をスタートさせ、ヒットに至るものが多いのもPoliteの特徴だ。直近の売上高の推移を見ると、22億5400万円(2018年1月期 ※7カ月決算)→46億9700万円(2019年1月期)→59億5000万円(2020年1月期)と爆発的に増加。販売店からは“ヒットメーカー”と呼ばれ、頼りにされている。

取り扱うブランドは有名ブランドが名を連ねている(BOTANIST、クレージュ、サロニア、クー・スキン リファイ二ングシリーズなど)。中でも「レアナニリキッドシリーズ」は、バラエティーショップやドラッグストアで100万本以上を販売した。

代表取締役社長を務める吉川大次氏は、Politeの子会社である株式会社AQUA・NOAを2004年12月に設立し、アミノ酸系シャンプー「アミノレスキュー」を大ヒットさせた経歴を持つ。Politeの代表に就任したのは2019年1月から。「女性の悩みをいち早く解決し、より美しくより健康にいられる製品を、独自の販路開拓や製造技術によってリーズナブルに提供する」ことが吉川氏のポリシーで、新たなビューティ&ヘルスケアのトレンドをつくり続けていくことに情熱を燃やしている。また、優れた製品を消費者が適切に、安心に購入できる環境をつくることを、会社の存在意義としている。

350470

国内向け卸事業、販促事業、メーカー事業を軸に海外向けにも意欲

Politeが展開する事業は、化粧品の卸事業、販促事業、メーカー事業の3つが主軸だ。化粧品に関する事業を幅広く手がけながら、より新しい仕組みをつくり上げようとしている。

化粧品の商品企画事業では、多数のノウハウを背景に、スキンケアやメイクアップ商品を自社企画している。POSデータやネットなどからトレンドデータを総合的に分析・比較し、クライアントに最適な商品企画を提案。特にスキンケア、マスカラ、アイライナーに実績が多く、商品化が決まれば適正なOEM委託先を選定し、製造を支援する。

海外化粧品ブランドとの契約コンサルティングも得意分野で、アメリカやヨーロッパを中心に輸入代行企業とのマッチングややり取りの代行、輸入に関する検査・申請などをサポート。これまで、アメリカ最大のネイルメーカーや、アメリカオーガニックブランド、韓国スキンケアメーカーとの独占契約締結などを手がけてきた。

Politeは、販路の企画や開拓、営業代行なども手がける。メーカーが新しくブランドを立ち上げたら販路開拓には半年~1年ほどの時間がかかるが、Politeはバラエティーショップなどに広範な取引実績があるため、最適なタイミングで商品を販売できる販路を確保できる。

販促企画や広告・PR支援の領域では、交通・屋外広告をはじめとするOOH(Out of Home)メディアの提案や、ブログ、SNSなど商品特性や販路にあわせた適切な企画を立案する。Politeは自社製品でも多数の広告出稿実績があり、その成功パターンをベースに最善の提案をする。そのほか、臨床データの取得や成分検査、倉庫・配送の代行、軽作業、中小企業向け資金調達サポートなども展開している。

現在、日本国内のコスメマーケットは微増の水準だが、ブランド力のある商品に関しては、東アジアや東南アジア地域への輸出拡大が見込まれている。今後のPoliteは、既存自社ブランドのブランド力強化や販路拡大に加え、東アジア地域への販路拡大に取り組んでいく。

350472

可能性さえあれば、自走しながらゼロからチャレンジできる風土

Politeには、20代~40代まで幅広い年齢のスタッフが在籍している。新卒・中途の比率は、全員が中途入社。組織は商品部、営業部、物流部、管理部の4部門で、配属先となる商品部には、企画グループ、生産管理グループ、仕入グループ、EC運営グループの4グループがある。

それぞれの部門間に対立関係は一切なく、全社一丸となって目標を追う体制ができている。フラットで協調性を重視した組織なので、離職率も極めて少ない。「自分で考え、自分で動く」が企業文化となっており、思ったことをストレートに発信し、行動に移していける風土。本人のやる気次第で、多様なキャリアパスが開かれている。

月平均の残業時間は10時間程度と少なめ。福利厚生は、各種社会保険完備はもちろん、健康診断、交通費全額支給、産休・育休制度(取得率100%)などがある。有給休暇や慶弔休暇も制度化されているため取りやすい。社内イベントは歓送迎会や忘年会が定例的に開かれ、ほぼ全員が参加する。

今回の採用では、学歴や資格は問わない。求める経験・知識としては、EC全般の知識やECサイトの立ち上げに携わった経験、化粧品メーカーなどでECを担当した経験などが歓迎される。また、取り扱っている商品が化粧品のため、女性とうまくコミュニケーションが取れる協調性が求められるだろう。これまでの中途採用例は、基本的にその部門の経験者を採用(営業は営業、企画は企画など)してきたが、部門異動もできるため、未経験であってもさまざまな場所で活躍できる。

吉川氏が代表取締役に就任したのは2019年1月なので、新体制になってからまだ日が浅い。そのため「まだまだ未熟な会社だ」という自覚が社内にはある。今は高い目標を掲げ、厳しい道のりを歩き、さらなる成長を遂げようとしている段階だ。その目標に向け、いろいろな人を巻き込みながら、一緒に盛り上げてくれる人材をPoliteは求めている。可能性があれば、ゼロからでもチャレンジできる会社だ。

株式会社 Politeに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 Politeに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 Polite
業界 製造・メーカー系 >  化粧品・アパレル
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  広告・デザイン・イベント
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
資本金 9800万円
設立年月 2006年06月
代表者氏名 吉川 大次
事業内容 バラエティーショップなどで人気の有名ブランド化粧品や、ヘアケア&ボディケア商品などを取り扱っているPolite。商品を仕入れて販売することはもちろん、自社商品の企画・開発・製造、さらには化粧品会社向けコンサルティングなど、化粧品に関する幅広い事業を手がけている。現在は、既存の自社ブランド商品のブランド力強化や販路拡大に取り組みながら、東アジアを中心とする海外展開を計画中。その成長戦略のカギを握るのが、今回、募集するEC運営部門だ。「自分で考え、自分で動く」ことができる人材なら、思い通りのキャリアを歩むことができる。
従業員数 50人
本社所在地 〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-8 グレインズビル2階
応募フォームへ
350468

株式会社 Polite資本金9800万円設立年月日2006年06月従業員数50人

バラエティーショップ等を対象に、誰でも知っている化粧品を数多く流通させている企業

この企業が募集している求人

After covid19 bottom
×
×