お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

The ROOMLaboratory 株式会社の企業情報

347640

The ROOMLaboratory 株式会社

AI・データ分析領域で10年以上の経験と数々の実績を持つ代表と共にあらゆる「データの困り事」を解決

データに関する困り事なら何でも解決するプロフェショナル集団

The ROOM Laboratory株式会社は、AI技術やデータ分析のプロセスに関わるすべての出来事に対応するスタートアップである。それは単なる集計や分析に終始するものではなく、ビジネス上の利益を創出する実利のある解析を提供している。その高い技術力から2019年9月の設立よりわずか8カ月ほどの間に、研究所や調査会社、メーカー、情報銀行など多様な業界10社の「データに関する困り事」を解決しているという。しかもその内容は、コンサルティング色の強いハイレイヤーのものもあれば、データサイエンティストのリソース不足に悩むクライアントに対して物体検知実験のサポートを同社のデータサイエンティストが担うもの、データサイエンティスト育成を支援するセミナーの企画・実施など、とても幅広い。

たとえば、ハイレイヤーの案件でいえば、公的研究機関から依頼された「秘匿計算技術のデータ解析応用サポート」というものがある。通常のTLS/SSL通信では暗号化によって情報が守られているのは通信経路のみとなる。そのため、データ解析のための計算を行うには、無意味化されている情報を複合しなければならず、計算している間は情報が危険にさらされてしまう。そこで、情報の送受信時だけでなく、計算時も無意味化したままのデータを利用できる『秘匿計算』技術を確立しようというプロジェクトだ。同プロジェクトについてThe ROOM LaboratoryはAIやデータ分析のプロと言う立場で企画フェーズから参画し、実務における問題点の把握や適切なニーズ把握からサポートしていった。

「私自身、データ分析の世界で10年以上の経験があり、メンバーにも経験と実績の豊富な人材が揃っています。その知見を活かして“データに関する困り事解決”という軸でどのような業界、業種、案件にも対応できるところ、業界をまたいだクロスの分析ができるところが当社の強みの一つです」(代表取締役・戸嶋龍哉氏)
会社によっては、統計モデルの作成やアルゴリズムの調整、コンサルティングを担うデータサイエンティストだけで構成され、エンジニアリングに関しては外注するところもあるが、同社はコンサルティングからエンジニアリングまで1社ですべて対応できる。その点も、クライアントに選ばれている理由の一つである。

347642
347643

小規模でIPOを実現するため、明確な戦略を描いている

The ROOM Laboratory株式会社のメンバーは、役員も含めてわずか6名。将来的にはIPOも考えているというが少人数体制を継続していく予定だと言う。
「メンバー全員が楽しく、尊敬し合える――そんな今の雰囲気を大切にしていきたいんです。これまでの経験上、人数が多くなるほど、それが難しくなることが分かっているので、少人数での運営を続けていきたい」(戸嶋氏)

少人数であっても現実味をもってIPOを考えられる理由は、今後の戦略が見えているからにほかならない。
「データ分析の世界は、今後単価の低い案件は減少していくと予想しています。その一方で、市場の大きいところはデータが膨大であるがゆえに、いまだ整理されていない部分が多分に残されています。中でも広告や不動産業界は、大きな伸びしろが期待できる分野で、現在、その業界とのリレーションを強めるために動いています。近々、大きな投資を受ける話も発表できる予定です」(戸嶋氏)

しかし、明確なビジョンがあっても、それを実現できる人材がそろっていなければ、少人数でIPOを実現するのは難しい。そこで、「譲れないものを持っている人にきてほしい」と戸嶋氏は語る。
「大切なものをしっかりと持っている人は、成果を出すことにこだわることができます。そのために、新たな知識を吸収することに貪欲になれますし、クライアントが何を求めているのか、深いところまで探ろうともします。クライアント目線でアウトプットを発想することができるわけです。一方、何となく生きている人は、最後まで突き詰めようとせず自分を大事にしてしまって『ここら辺でいいだろう』と考えてしまうものです。それでは、クライアントが満足できるアウトプットの質を担保できません」

また、個性的であることも重視すると戸嶋氏は続ける。
「データサイエンティストの世界では、経験上、個性的な人の方が個性的なソリューションを考え出し、バリューを出せることが多いように感じるからです。それに、当社は個性的なメンバーの集まりなので、そのほうが馴染みやすいという理由もあります」

347644

データサイエンスとエンジニアリング双方のスキルを併せ持つ希少人材を目指せる

The ROOM Laboratory株式会社は、AI・データ分析に関することならコンサルティングからエンジニアリングまで1社で対応している。そのため、同社にはAI・データ分析領域で幅のあるスキルを獲得しやすい環境がある。
「コンサルであってもコードを書くし、エンジニアであってもクライアントと対峙することがある。そのため、本人にスキルの幅を広げたい、異職種に挑戦したいという意志があれば、両方できる人材を目指すことが可能です。また、事業の性質上、アルゴリズムなど常に先端の技術を追いかけ、それを実ビジネスの世界へ落とし込むことを繰り返しているので、研究者のような先端の知識だけでなく、そこから利益を生み出す術も習得できます。このような人材は、市場全体を見てもそれほど多くないでしょう」(戸嶋氏)

戸嶋氏は、『データサイエンティスト養成読本』の執筆を手掛けるなど、これまで数多くのデータサイエンティストを育てた実績とノウハウを持っている点も『成長』という点では魅力的だ。同氏には、これまでのキャリアから「その人がどうすれば伸びるのかが分かる」のだという。
「それにスタートアップですから、会社というものがどのように回っているのか、さまざまなルールがなぜつくられたのかといった組織運営、会社経営の実際を知り、自ら手掛けていける環境もあります。成長の機会という点では、非常に多くのチャンスがある会社だと思います。また、取締役CTOやエンジニアリングの分かるCOOといったポジションを目指したい人も歓迎です。まずは私と二人三脚でThe ROOM Laboratoryのかじ取りに携わり、ゆくゆくは代表として活躍していただく可能性もあります。大切なもの、譲れないものを持っているという点では、稼ぎたい、自分らしく働きたいという人もいいですね。個性的な仲間たちとクライアントのために成果を追求できる人を待っています」

347645
347647

The ROOMLaboratory 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、The ROOMLaboratory 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 The ROOMLaboratory 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
企業の特徴
  • 上場を目指す
設立年月 2019年09月
代表者氏名 代表取締役 戸嶋 龍哉
事業内容 ・データ分析業務の受託
・データ分析に関わるシステム開発
・データ活用に関わるコンサルティング
従業員数 10人
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目14-13
347640

The ROOMLaboratory 株式会社資本金設立年月日2019年09月従業員数10人

AI・データ分析領域で10年以上の経験と数々の実績を持つ代表と共にあらゆる「データの困り事」を解決

この企業が募集している求人

After covid19 bottom
×