お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 JOROの企業情報

338505

株式会社 JORO

世の中を熱狂させるコンテンツを創る!少数精鋭のゲーム開発会社

「人生をより楽しく、感動的に」

モバイルゲーム開発会社の、株式会社JORO(ジョーロ)。500万DLを記録し、テレビアニメ化もされたスマートフォン向けRPGをプロデュースした松田晃佑氏がモバイルゲーム制作会社から独立し、設立したベンチャー企業である。

同社が大切にしている理念には、「人生をより楽しく、感動的に。」というものがある。
その想いについて、松田氏は次のように話す。

「エンタテインメントは、人々の人生を豊かにするものとして、とても重要な存在です。人々を熱狂させるようなコンテンツを自分達の力で世の中に送り出し、感動してもらい、多くの方の人生を豊かにしていきたいと思っています」

同社では、2021年のリリースを目指して、目下初タイトルを鋭意開発中だ。一人でも遊べるが、色々な人と繋がって遊ぶことで、喜びや楽しさを共感・共有できるソーシャル性を意識したRPGになるという。

「どういったゲームが求められているのかを調査・分析し、そのニーズに応える内容にしています。新しい試みに挑戦していたり数々の展開を想定しているので、話題性も抜群となるはずです。自分たちが作ったものが多くの人に届くようにまずは日本で一番を目指して本気で狙っています」と松田氏は意気込む。

現在は本タイトルの開発に集中しているところであるが、第2、第3のタイトル開発も続々と手掛けていく構えだ。

また、「JORO」の社名の由来は、植物に⽔をかけるために⽤いられるジョーロ。
あらゆる種(サービス)に、私たちにしか創れない価値をプラスすることで、可能性は無限⼤に広がっていく。
世の中を潤わすことができる存在になるという想いを込めている。

338517同社は2018年に設立されたばかりのスタートアップだ。
338520代表取締役社長 松田 晃佑氏
338512

500万DLのスマートフォン向けRPGのプロデュース実績

松田氏は広告会社で3年程経験を積んだ後、モバイルゲーム制作会社に転じる。その経緯を次のように説明する。

「2012年の当時、日本でもスマートフォンがいよいよ盛り上がっていくタイミングにありました。それまでB2Bの広告ビジネスに携わっていましたが、これからはスマートフォンによるB2Cのビジネスを手掛けたいと感じたのです。そこで、子供の頃からゲームやアニメが大好きでもあったことから、モバイルゲーム制作会社に入ることにしました」

入社後、全社のマーケティング業務に関わり、スマートフォン向けゲームをヒットさせる一翼を担う。その後、松田氏はプロデューサーとしてゼロからスマートフォン向けRPGの開発を手掛け、2016年5月10日にリリースさせる。

リリースの段階でこれといったプロモーションを行わなかったにもかかわらず、ユーザーの口コミが広がり、3日後には100万DLを突破。累計500万DLというヒット作となる。2018年にはテレビアニメ化もされ、モバイルゲーム制作会社の飛躍に貢献する。

「ユーザーとのコミュニケーションを重視し、毎月『ニコ生』に出演したり、全国を行脚してリアルイベントを開催する等、メディアミックスによるマーケティングに積極的に取り組みました。ゲーム開発のプロデュースだけでなく、マーケティングの経験も積んでいるところは自分自身の強みと自負しています」(松田氏)

そして、6年後に次のステージを求めて独立しJOROを設立、成熟しているゲーム業界に後発で参入する立場として、理想とする少数精鋭のチームをつくる。

「ビジョンで『世の中を熱狂させるコンテンツを創る』と掲げているとおり、モバイルゲームだけにこだわっているわけではありません。スマートフォンが登場して環境が一変したように、今後、テクノロジーやデバイスが進化すれば、コンテンツの在り方も変わると思います。我々はその変化を常にキャッチアップし、新しいコンテンツやサービスづくりに先駆けていけるチームとして、成長し続けることに努めていきたいと思っています」と松田氏は強調する。

338523「世の中を熱狂させるコンテンツを創る」をビジョンに掲げ、2021年リリースを目指して初タイトルであるRPGを開発中。
348196プロデューサー、プランナー、ライター、デザイナー、エンジニアからなる10名の少数精鋭集団。
338510

プロフェッショナル揃いの少数精鋭集団

同社のメンバーは、プロデューサー、プランナー、ライター、デザイナー、エンジニアからなる10名で、平均年齢32~33歳(2020年5月現在)。例えば、チーフエンジニアにはインターネット関連サービス会社の開発部長やモバイルゲーム制作会社の開発部門リーダーを務めた倉大輔氏が就任している等、それぞれの領域におけるプロフェッショナルが揃う、まさしく“少数精鋭”集団だ。

「自分達がつくりたいものをつくるというアート路線ではなく、ユーザーは何を求めているのかを掴み、そのニーズに応える一つのタイトルをみんなでつくり上げるチームプレーを重視しています。全員がプロフェッショナルとして主体性を持ち、『世の中を熱狂させるコンテンツを創る』という目的に向かい、専門性を発揮してくれています。ですから、プロデューサーとしての私のマネジメント業務は最終チェックをするぐらいで、プロセスはメンバーに一任しています。その点で、スピーディーな開発ができていると思います」(松田氏)

分業制が進んでいる大手のゲームメーカーでは、タイトル開発の一部分にしかタッチできない。一方、少数精鋭の同社では、常に全体を俯瞰しながら自らの専門領域に関わることができる。かつ、各領域は個人の裁量と責任に委ねられているので、やりがいは大きいといえるだろう。

メンバー相互のコミュニケーションを重視している同社では、毎月の締め会時に飲み会を行って親睦を深めている。新型コロナウイルスで在宅勤務となってからは、バーチャルオフィスを設けていつでも気軽にコミュニケーションを取れるように工夫。「オンライン飲み会もよく行っている」と松田氏は話す。

そんなチームにジョインできる、自発的でコミュニケーションが取れる人材を同社は求めている。

「開発中のゲームタイトルのこと等、興味のある方には詳しくお話しします。是非気軽にご連絡ください!」と松田氏は呼びかける。

338524社員1人1人がプロフェッショナルで、そんなメンバーが力を合わせているのが同社の特徴だ。
338528同社は仕事に自発的・能動的に取り組める人を歓迎している。興味があれば一度話を聞きにいってはいかがだろうか。
338507

株式会社 JOROに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 JOROに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 JORO
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
資本金 500万円
設立年月 2018年11月
代表者氏名 代表取締役社長 松田 晃佑
事業内容 モバイルゲーム開発事業、マーケティング支援事業
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 10人
平均年齢 32.0歳
本社所在地 東京都千代田区神田淡路町1-23-4
338505

株式会社 JORO資本金500万円設立年月日2018年11月従業員数10人

世の中を熱狂させるコンテンツを創る!少数精鋭のゲーム開発会社

この企業が募集している求人

After covid19 bottom
×