お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ブレインズコンサルティング 株式会社の企業情報

334557

ブレインズコンサルティング 株式会社

「懐刀」コンサルティングで成長を続ける、新進気鋭のテクノロジーエキスパート

顧客の懐刀として課題解決に徹底的にこだわり、プライム案件オンリーに

ITコンサルティングをはじめ、機械学習等、AI関連技術の適用に関するコンサルティング、AI関連技術を活用したサービスの開発、提供を行っているブレインズコンサルティング株式会社。

同社では製造、流通、小売、サービス、エネルギー等、主に産業系大手企業のプライム案件におけるCIO支援や基幹システム再構築PMO、データ活用による価値創造等の案件を手掛けている。また、深層学習・機械学習に関する調査や実装を行い、コンサルタント・データサイエンティスト・エンジニアが連携しながら、クライアントの課題解決のための技術実証とプロトタイプの開発も行っている。

同社のベースには、「クライアントの頼れる“懐刀”(ふところがたな)であれ」という価値観がある。真にクライアント志向、技術志向、現場志向であることを信条とし、IT/AI技術に関するコンサルティングやオリジナルサービスの提供を行い、クライアントの満足にコミットしているのだ。

そのため、プライム案件へのこだわりは半端ではない。代表取締役社長の平瀬正博氏によれば、「2013年の設立以来、案件はほぼ全てプライム」とのことだ。

「コンサルティングには戦闘力が不可欠です。戦闘力とは、クライアントに直接向き合い、何が最適で何をすべきかを自ら考え行動する力、自らの意思と行動で課題解決やプロジェクトの成功に向けてリードする力を意味します。クライアントとの間に他社が介在する下請け案件で自分で判断する力は培えない。したがって、人も会社も成長しない。コンサルティング会社としてプライム案件にこだわるのは当り前のことです。」(平瀬氏)

プライム案件に対する同社のこだわりを象徴するのが、安易に“それは契約外です”とは口にしない取り組み姿勢だ。プロジェクトの成功や課題解決に向けて本当に必要なことと判断すれば、契約書を盾に尻込みすることなく、クライアントのもとに駆けつける。クライアント内の部門間に割って入り、利害関係を調整することも普通にあるという。平瀬氏は、「この泥臭さこそが、当社にとってのコンサルティングです」と力強く語る。

335312同社は機械学習やAIなど最先端技術に関する知見を備えたコンサルタント集団だ。
334568代表取締役社長 平瀬 正博氏
334562

クライアントの生産性向上や新しい価値の創造に向け、さらにコンサル力を磨く

設立7年目を迎える同社は、懐刀としての戦闘力=コンサルティングをさらに強化していくフェーズにある、と平瀬氏は語る。

現在、同社が依頼を受けているプライム案件の中で大きな比重を占めるのが、基幹系システム再構築のPMOだ。依頼をするクライアント側には、“2025年の崖”問題が念頭にある。企業がレガシー化したシステムを刷新する等のデジタル・トランスフォーメーション(DX)に着手しなかった場合、2025年以降で最大年3兆円の経済損失が生じる可能性がある。これが“2025年の崖”であり、経済産業省が2018年に発表した“DXレポート”で指摘されている問題だ。

「“DX”という言葉自体はデジタル化を強調したイメージが強く、活用前段階の環境整備など、見落としがちな部分があると考えているため、当社ではあまりその言葉は使いません。データをより上手く使うためのベースを整えたいというクライアントのニーズがあることは間違いないです」(平瀬氏)

サイロ化されたレガシーシステム、つまりデータが一元的に活用できる環境が整っておらず、必要な情報を取り出すためにシステムの各所を突いているうちに多くの時間が経過する…という状態を放置できない。バラバラのシステムを再構築して、タイムリーにデータを使える状態にしたい。クライアントには、そのような危機感があるのだ。“懐刀”としてのコンサルティングにこだわる同社にとっては、真価を問われる局面と言えるだろう。

「データの活用を通して競争力を強化する、その変革に当社は向き合っていかなければなりません。データを分析し活用するために、その前段階でデータを集め、蓄積する仕組みが必要となります。そこで求められるのがエンタープライズIT全般に関する知見・ノウハウです。当社にはそれらの知見・ノウハウが蓄積されていますし、実際に大型の再構築案件に携わってきた経験を持つメンバーも多数います」(平瀬氏)

それだけではなく、同社にはデータを活用するためのAI技術もある。創業間もない時期から東京理科大学と共同で取り組んできたAI技術の研究開発。ITコンサルティングノウハウとAIスキルの融合によって培われた、AIコンサルティングやAI技術を活用したサービスの開発能力。こういったAI技術も活用しながら、クライアントの生産性向上や新しい価値の創造をサポートすることが、今後の同社のテーマとなってくるという。

「そのテーマに向き合うためには、クライアントのCIO、あるいはCIOに準ずるポジションの方々と直接コミュニケーションをとる必要があります。その前提として、CIOクラスの方々と向き合い、期待以上の成果を出すというマインドが求められるのです。そのマインドは、やはりプライム案件でしか培うことができません。だからこそ当社ではプライム案件にこだわるのは当り前のこととしています」(平瀬氏)

334588クライアントの中に深く入り込み、高いコンサルティング力を活かしながらDXを進めていく。
334580大学との共同研究により、AIに関する技術も同社ならではの武器となっている。
334560

必須条件は、最適を追求するために自分の頭で考え、行動する“自由市民”であること


*自由市民:知を愛し、上からの指示に忠実に対応するのではなく、最適を追求するために自分の頭で考え、行動する人のこと
 アリストテレス「政治学」より引用(同社)

同社には、様々なバックグラウンドを持ったメンバーが集まってきている。面接で応募動機を聞くと、“下請け案件では満足できない”という答えが返ってくることが多いそうだ。

とはいっても、下請け案件の経験しかないメンバーが、プライム案件にアサインされてすぐに必要十分なパフォーマンスを発揮することは難しい。そこで同社では、必ず2〜5名程度のチームを組んでプロジェクトにアサイン。先輩がケアをしながら、実務ベースで実力を身につけられるようにしている。

「特にクライアントへの対応は、実務で学んでいく以外の方法はありません。だからといって一人で現場に行かせるようなことは絶対にありません。現場には必ず先輩と一緒に入るようにしています」(平瀬氏)

同社のプロジェクトには二つのパターンがある。基幹システムの再構築等に携わる、いわゆる常駐型。もう一つは、AI技術を活用してPoC〜開発まで、コンサルタント・データサイエンティスト・エンジニアが参加するプロジェクトだ。

前者の場合は、パートナーも含めて最大10名以上で常駐するケースもあるとのこと。ちなみに2020年2月現在は、大きなプロジェクトが三つ動いている。人数の限界まで受けるようなことはせず、確実にクライアントの要望に応え切れるキャパシティを考慮し、プロジェクトを絞り込んでいるそうだ。

プロジェクト内で新人がどのような実務を任されるかはケースバイケースだが、共通の資質として求められるのが“自由市民”であること。自由市民とは、上からの指示に忠実に対応するのではなく、最適を追求するために自分の頭で考え、行動する人のことだ。

自由市民としての民度の高さは、今回の取材でも垣間見ることができた。撮影のためにフォトグラファーがリクエストを出すと、仕事の手を止めてデスクに乗り、照明の位置を調節する等、多くの人が積極的に動き回っていた。我関せずとはならないその様子から、待ちの姿勢とは無縁であることが伝わってきたのだ。

記事を読んで少しでもピンと来た人は、ぜひ一度同社に話を聞きに行ってみることをおすすめする。

334584社員同士の仲が良く、フラットで明るい雰囲気が特徴的。人間関係から生じるストレスとは無縁の環境だ。
334583社員一人ひとりが自立しながら、能動的に行動する社風の同社。新たなチャレンジを志す人にはピッタリの会社ではないだろうか。
334559

ブレインズコンサルティング 株式会社の社員の声

Icon men1
30代前半
2019年01月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 提案から、エンジニアリング、データ分析、お客様対応まで広くできるところです。
そのため、根本...続きを読む
Icon women1
30代前半
2018年11月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 法務や総務を担当しており、幅広い業務に携わることができてるので様々なスキルを身に着けることがで...続きを読む
Icon men2
40代後半
2018年07月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 自分を成長させる機会に満ちており、望めば自分がやりたいことができます。またクライアントと直接会...続きを読む

ブレインズコンサルティング 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、ブレインズコンサルティング 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 ブレインズコンサルティング 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
企業の特徴
  • 残業少なめ
資本金 2076万円
設立年月 2013年08月
代表者氏名 代表取締役社長 平瀬 正博
事業内容 ITコンサルティング
機械学習等AI関連技術の適用に関するコンサルティング
AI関連技術を活用したサービスの開発、提供
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 33人
平均年齢 38.0歳
本社所在地 東京都中央区日本橋人形町3-3-13
ユニゾ人形町フォレストビル8階
334557

ブレインズコンサルティング 株式会社資本金2076万円設立年月日2013年08月従業員数33人

「懐刀」コンサルティングで成長を続ける、新進気鋭のテクノロジーエキスパート

この企業が募集している求人

332722
【ITコンサルタント】エンジニア/SE経験を活かして顧客の課題解決に貢献するコンサルタント募集
【エンジニアからのスキルアップ歓迎】ITコンサルタント

製造、流通・小売・サービス、エネルギーなど、主に産業系大手企業様のプライム案件にて、 CIO支援や基幹システム再構築案件、データを活用した価値創造といった案件に お客様の立場で携わっていただきます。 1.ITコンサルティング(CIO支援、プロジェクト支援)  (マネジメント・推進支援、各種課題解決の支援、技術支援) 顧客の頼れる「懐刀」として、主に大手企業のIT関連タスクに対し...

334588
【ITコンサルタント】大手企業相手の裁量の大きい仕事★高度な専門スキルで顧客の「懐刀」として課題を解決【マネージャー・ディレクター候補募集】
【マネージャー・ディレクター候補募集】ITコンサルタント

製造、流通・小売・サービス、エネルギーなど、主に産業系大手企業様のプライム案件にて、 CIO支援や基幹システム再構築案件、データを活用した価値創造といった案件に お客様の立場で携わっていただきます。 1.ITコンサルティング(CIO支援、プロジェクト支援)  (マネジメント・推進支援、各種課題解決の支援、技術支援) 顧客の頼れる「懐刀」として、主に大手企業のIT関連タスクに対し...

334578
DXを推進して顧客の経営に貢献する【データ活用コンサルタント】募集!
データ活用コンサルタント

企業におけるデータ活用戦略の立案・計画策定から実行支援にいたるまで、幅広いサービスに携わっていただきます。 大手企業からのプライム案件にてデータ収集や分析・活用などの業務を行います。 分析業務を伴う案件においては、当社に所属する、データサイエンティストとチームを構成したうえで進めていきます。 ★アサインについて これまでに培われたデータ活用基盤構築、システム戦略立案などの技術...

After covid19 bottom
×