お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 クランタスの企業情報

327058

株式会社 クランタス

年々昇給する給与、仕事を楽しむ仲間等、ポジティブムード満載のベンチャー企業

上場企業から厚い信頼。お客様の課題解決にとことん向き合うSESが強み

2019年1月、株式会社インテルメッゾを事業分割・継承して、新しく誕生したのが株式会社クランタスである。同社を率いているのは代表取締役の牛尼健則氏。インテルメッゾで長年に渡り、お客様の信頼を勝ち得てきたエンジニアだ。新会社の設立にあたり、お客様もそのまま引き継ぎ、さらなる事業の拡大展開を目指している。

同社の事業の柱は二つある。一つは、ソフトウェア『e3od(イー・スリー・オー・ディー)』の販売・サポートである。こちらは、インテルメッゾが開発したアプリケーション開発ソフトウェアで、ある程度の開発経験があれば手軽に使いこなせる簡便さが特徴の製品だ。データベースと直結しており、手元にデータが残らない仕様のため、セキュリティにも配慮されている。お客様に自由に使ってもらうのはもちろん、同社から活用のための提案も行っている。

もう一つが、主力事業のSES。東証一部上場の大手製造業のお客様とは長年の信頼関係にあり、安定して仕事を請け負っている。手掛けているのは主に管理系のシステムで、サプライチェーンを管理するSCMや設計部門の製図の管理システム等、お客様のIT部門管轄の多岐にわたるシステムの開発・運用・保守のほか、信販会社に常駐しているチームもあり、お客様の幅を広げている。

プロジェクトは大小さまざまで、運用の定例業務のほか、依頼があればシステムへのユーザ登録、サーバの監視等、バリエーションに富んでいる。「基本的に、『何でもやります』と断らないスタンス」という牛尼氏。その柔軟な対応が、お客様にとって"なくてはならない存在"になっているのだ。プロジェクトが終われば、「次はこちらに」と途切れることは少ない。開発したシステムをそのまま運用まで担当し続ける等、長期にわたって関わっている案件もあるという。

また、同社ではPMO(Project Management Office)として活躍するエンジニアも在籍している。お客様とベンダーの間に入り、プロジェクトの推進をサポートする役割だ。システム企画部に常駐し、開発プロジェクトだけでなく、システム企画のサポートも行う。

「リーダー格のメンバーが育つにつれて、PMOのポジションでの活躍も期待したいです」(牛尼氏)

327071同社は、2019年1月、株式会社インテルメッゾを事業分割・継承して、新しく誕生した企業だ。
327084ソフトウェア『e3od(イー・スリー・オー・ディー)』の販売・サポートと、東証一部上場の大手製造業等へのSESが事業の柱となっている。
327062

成果による評価を実施せず、基本的な3条件を満たせば毎年昇給

同社のメンバーは13名(2019年12月現在)。半数が20代~30代前半と、若いエンジニアが揃っている。現場では、6名のリーダーが2~3名程の少数精鋭のチームを率いてプロジェクトを担当している。スキルアップは自己研鑽だが、新人エンジニアについてはフォロー担当をアサインし、プロジェクトの垣根を越えていつでも面倒を見られる体制をとっている。

特徴としては、給与体制が独特な点だ。成果による評価制度を導入しておらず、基本的に毎年1万円ずつ基本給が上がっていく。また、昇給には三つ条件があるが、それもそれほど難しくはない。一つ目は、「月1回の月次報告会に参加すること」。参加できない場合は、報告書を提出すれば振替が可能だ。二つ目は、「年間の当日欠勤、午前休が5回以内」。これも一般的に勤めていれば、クリアできるだろう。

一つ毛色が違っているのが、三つ目の「メンバーが、リーダーをサシ飲みに誘う」である。上下の壁をなくし、ざっくばらんに何でも話せる関係をつくるための仕掛けだと牛尼氏は言う。いずれにしても、堅実に勤めていれば昇給するため、エンジニアも安心して長く働ける環境が整っている。

賞与に関しても会社は査定しないという。メンバー同士の相互評価をもとに一定の業績賞与にプラスしていくシステムとなっている。不要なプレッシャーや競い合いがない環境で、互いを思いやる精神をもって仕事に臨んでほしいという考えがベースとなっている。社名のクランタスは、ラテン語の「curant(思いやり)」と英語の「ace(トランプの切り札、1番)」を組み合わせた造語で、「最高、最上級の思いやりの心を持って物事に取り組もう!」という意味が込められているのだとか。

その一方で、自己研鑽を推奨するムードも盛り上げていきたいと牛尼氏は考えている。「決して馴れ合うだけのチームにはしたくない。自分のスキルが上がらなければ会社の利益が上がらず、給与も上がらない。モチベーションを高める施策を色々と考えています。新しい人にもアイデアや意見があれば、積極的に求めたいです」と語っている。

327074同社のテーマの一つが「思いやり」だ。エンジニアが長く、安定的に働けるように、成果主義に基づく評価を導入せず、年々給与が上がっていくシステムを採っている。
327066メンバー同士が貢献してくれた相手にポイントを付与し、それが賞与に反映されるため、協力し合う土壌ができている。
327061

悩んでも課題は消えない。それなら「楽しく、真剣勝負」

牛尼氏が社員に伝えていることは、「仕事は楽しくやろう」ということだ。人生の大半は会社で過ごすため、何か楽しいところを見つけて取り組んだ方が得だという考え方である。

・「反応時間を5秒から3秒に削ることができた」
・「新しいコマンドを覚えた」
どうしても仕事上で見つからなければ、「このプロジェクトが終わったら飲む」
などでもいい。そのような小さな喜びを積み重ね、楽しんで仕事に臨めるようになってほしいという。ポジティブな発想への切り替えは、エンジニアとしてキャリアを積んできた牛尼氏が最も大切にしている考え方である。

「どんな時でも、ちょっと冗談を言って、周りが和んで笑ってくれると嬉しくなります。自分が笑っていると、周りも楽しくなる。そうすれば、雰囲気が良くなり、お互いに言いたいことも言える。助け合おうという気持ちも生まれる。それが好循環を生むと思っています」(牛尼氏)

エンジニアの仕事は前例のない課題解決の連続である。前向きな発想は意識しないとできず、自分を騙してでも「楽しい、楽しい」と言い続けることが大切。これは、牛尼氏の経験則である。

この牛尼氏の考えを実践したメンバーがいる。以前は仕事となると真剣に悩んで膠着するタイプだったが、意識的に前向きな発言を心掛けたところ、少しずつ周りの反応が変わっていった。今では「本当に仕事が楽しくなってきた」と語っている。どういう心持ちであっても、課題が消えてなくなるわけではない。それならば、「こういうふうにしたら、何とかならないか」と建設的に考えた方がいい。暗い顔でいるよりは、笑顔でいる方がいい。牛尼氏も、後ろ向きの発言をしそうになった時は、ぐっとこらえているという。「楽しんで、真剣勝負」はモットーであり、自戒でもある。

そんな牛尼氏の考えが浸透しているからだろう。同社のメンバーからは、ポジティブな雰囲気が伝わってくる。このメンバーとなら、仕事が楽しくできそうだという期待感がある。牛尼氏も、「転職した人も、当社で元気になってもらえれば」と語る。迎える態勢は、いつでもウェルカムである。「エンジニアという仕事でよかった」、そんな思いを改めて実感することができるかもしれない。

327078仕事に関しては、「楽しんで、真剣勝負」がモットーだ。「こういうふうにしたら、何とかならないか」という建設的な考え方が社内全体に浸透している。
327072ポジティブな思考で、互いに支える同社は、エンジニアを前向きにさせてくれるムードに溢れている。
327063

株式会社 クランタスに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 クランタスに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 クランタス
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
資本金 900万円
設立年月 2019年01月
代表者氏名 代表取締役 牛尼 健則
事業内容 システム設計・開発・運用・コンサルティング
従業員数 13人
本社所在地 東京都千代田区飯田橋1-4-8 アイルズBMビル3階
327058

株式会社 クランタス資本金900万円設立年月日2019年01月従業員数13人

年々昇給する給与、仕事を楽しむ仲間等、ポジティブムード満載のベンチャー企業

この企業が募集している求人

Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×