お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 fuzzの企業情報

326639

株式会社 fuzz

大手ゲームメーカーの出身者が立ち上げた、新感覚コンテンツを手がけるベンチャー企業

インターネットやゲームを通じて、世界中の人々をコネクトしたい

株式会社fuzz(fuzz, Inc.)は、ゲームエンジンの独自開発や新感覚コンテンツの企画開発、CGのリアルタイムレンダリング、クラウドゲームの企画開発などを事業とする会社だ。東京・大崎に本社を置くほか、大分県別府市に支社を置く。会社設立は2010年6月で、2019年11月にエイベックス・テクノロジーズ株式会社の子会社となった。

ビジネスの内容としては、取引先からの受託開発や、自社開発したアプリを自社でサービス展開するものがある。売上構成は受託開発がメインで、製品・サービスの特徴は、大半がゲーム開発をともなっている、という点だ。

過去のゲーム開発の実績により受注を獲得できるため、積極的な営業活動はおこなっていない。取引先の比率はエイベックスグループが多く占めるが、株式会社スクウェア・エニックスなど、エイベックスグループ以外のゲーム会社との取引実績も多い。

代表取締役社長を務める柏谷佳樹氏は、もともとスクウェア・エニックスに勤務していた。しかし、勤めるうちに会社の方向性との相違点が大きくなり、「もっとゲーム業界を元気にしたい」という想いのもと、一緒に仕事をしていたエンジニアたちと独立起業した。

fuzzには、設計レベルからゲームエンジンの開発に着手できるエンジニアが多数在籍している。独自のゲームエンジンを使った受託開発に加え、自社提供プロダクトにおいては既存の枠にとらわれないコンテンツの企画・開発力を強みに、ユーザーに新しい体験を提供している。

エイベックス・テクノロジーズはfuzzの子会社化を通じて、fuzzの優秀なエンジニアリング技術や育成の仕組み、独特のエンジニアリング文化を取り込んだ。それを通じてグループ内に新しいカルチャーを生みだし、ユーザーとのインタラクティヴなコンテンツ・サービス開発や、クラウドゲーム、モバイルゲームの開発など、新しいマーケット創出を目指す。また、fuzzが成長することで、今後普及が見込まれる5Gやクラウド化にも意欲的に取り組む方針だ。

326644
326649
326642

技術の充実とともに、コンテンツの質に今まで以上にこだわっていく

fuzzは、コンテンツ事業(ゲーム開発事業)とプラットフォーム事業を2本の柱としている。コンテンツ事業では受託開発を主体に、「雀シティ」など自社オンラインゲームの開発・運営もおこなう。開発するゲームの大半は、fuzz独自のゲームエンジンを使って開発される。

受託開発の実績としては、スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」(Windows/PlayStation3)でのプログラムの最適化業務や、アプリボットの「グリモア~私立グリモワール魔法学園~」(iOS/Android)のプログラム業務などがある。

自社制作ゲーム「雀シティ」は日本プロ麻雀協会とプロ競技麻雀団体「RMU」の公認を受け、プロの雀士も多数参戦する本格麻雀ゲーム。基本無料ながら充実した仕様・機能を実装し、カメラ機能で対局中の相手の顔を見ながら打てるなど、プレイヤー同士の“リアルな対局”を演出。まるでどこかの雀荘で出会ったかのような、リアルな対局気分を味わえる。

もう1つの事業の柱であるプラットフォーム事業では、「Pastel Palette(R)」などユーザーにコンテンツを届けるため仕組みづくりや、新しいプラットフォームの開発をおこなう。高率な手数料を課す従来のプラットフォームビジネスとは一線を画し、安価なシンクライアントの開発によりプラットフォーム層をコモディティ化して、“囲い込み型プラットフォーム”に一石を投じている。

また、fuzzが開発した学校向けデジタルノートアプリ「デジタルノート@クリエイターズ」(Windowsタブレット専用)を提供し、ゲームの技術を教育事業に活用する活動もおこなっている。

業界のトレンドとしては、スマホ向けゲーム開発のブームがひと段落し、コンテンツの中身が問われる時代になった。現在のfuzzは、未発表の新しいコンシューマゲーム機や、既存プラットフォーム向けゲームアプリケーション開発に力を注いでいる。今後は自社内にあらゆる技術リソースがある強みを活かし、質の高いゲーム開発に今まで以上に邁進していく。

326645
329298
326641

エンジニアとしての経験を活かし、日本発のゲームを世界に届ける

2019年12月時点の従業員数は27名で、平均年齢は約40歳。男女比は9:1の比率で、既婚者が4割以上を占める。ほぼ全員が中途採用だが、2020年からは新卒採用をはじめる予定だ。メンバーの約6割をエンジニアが占めることもあり、論理を最優先する企業風土。「勢い」で乗り切ったり、常識にとらわれたりすることを嫌う。

組織体制は、ゲームエンジンなど社内での基礎技術を研究開発する「第0開発事業部」、ゲームコンテンツを開発する「第1開発事業部」、および、バックオフィス系業務や社内インフラ、品質管理などを担当する「統括部」の3部門体制となっている。

オフィス内は個別のパーテーションで仕切られ、業務に集中できる環境。また、リモートワークや在宅勤務を強く推奨し(正社員のみ)、大半のメンバーが活用している。fuzzは独自のゲームエンジンをもっているため、新規開発のハードウェアなど特殊なハード上でのゲーム開発にも支障なく着手できる。東京以外に別府にも拠点があり、勤務地の希望にはできるだけ対応。ゲームエンジンの開発などを経験しながら、自分のペースで家庭と仕事を両立できる。

リモートワークをしているメンバーが多いため、開発職は完全裁量労働制での勤務となる。ミーティングはslackのボイスチャットを使用する。対面でのミーティングにありがちな「ミーティングをすることが目的化」しているような無意味さからは、完全に開放される。社内行事はプロジェクトの節目で軽い宴会がある程度で、参加は自由だ。

今回の採用では、ある程度の家庭用ゲーム開発の経験をもつ人材を想定している。これまでの中途採用事例も、このような経験をもつ人が多い。定性的な人物像としては、責任感があり、常に何かを考えながら行動できる人を求めている。また、fuzzの行動指針である「論理的でシンプルであること」、「常識にとらわれない」、「できる人はどこでも仕事はできる」という価値感にマッチしていることも重要だ。

326647
326643

株式会社 fuzzに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 fuzzに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 fuzz
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 22,489,759円
設立年月 2010年06月
代表者氏名 柏谷 佳樹
事業内容 大手ゲームメーカーのコアスタッフが立ち上げ、既存の枠にとらわれない新感覚コンテンツの企画開発をおこなうfuzz。OSからアプリケーションまで自分たちで何でもつくれる技術開発力を強みに、受託開発、自社開発、さらに最先端HDゲーム開発のコンサルティングなども展開している。「どこでも仕事はできる」という考えのもと、リモートワークを推奨。きちんと仕事ができる人“だけ”で構成しないと成り立たないリモートワークだが、逆に言うと、fuzzはきちんと仕事できる人だけが集まっている。そんな仕事現場を求めている人には、超オススメの会社だ。
従業員数 27人
本社所在地 東京都品川区大崎五丁目1番5号 高徳ビル四階
326639

株式会社 fuzz資本金22,489,759円設立年月日2010年06月従業員数27人

大手ゲームメーカーの出身者が立ち上げた、新感覚コンテンツを手がけるベンチャー企業

この企業が募集している求人

Bnr sp354 2
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×