お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 JAMの企業情報

391681

株式会社 JAM

ベンチャー/成長企業に立ちはだかる組織課題をともに解決する

今までになかった管理職育成サービス「マネディク」で人材育成事業をスケールさせる

2013年5月に、ベンチャー/成長企業に特化した組織人事コンサルティング会社としてスタートしたJAM。

代表取締役社長の水谷健彦氏は元リンクアンドモチベーション取締役で、今年2月からはAnyMind JapanのCHROにも着任している。いわば「ベンチャー組織の専門家」だ。

水谷氏は組織人事の高い専門性と急成長企業での実体験から組織開発や人材育成の独自メソッドを確立し、JAMは創業から8年で300社を超えるベンチャー/成長企業を支援してきた。

そんな同社が今一番力を入れているのが『マネディク』事業だ。

『マネディク』のコンセプトはこうだ。
"一過性に終わる従来型の研修はもう終わりに 管理職育成の社内自走を実現する"

サービスに込めた想いを、水谷氏は次のように話す。
「経営にとって極めて重要である管理職育成。多くの会社は半年に1回/年に数回といった頻度で講師を招いて研修を行なっているかと思いますが、一番大事なのはその学びが業務内で発揮され、効果が持続することです。社内のサポートがなされないと、研修は一過性のものとして終わってしまいます。そうならないために、社内で効果が続くための仕組み作りが必要です。マネディクは理論の習得だけでなく、普段の業務内での実践や実践を踏まえた振り返り、このサイクルへの上司の積極的関与まで幅広く支援するサービスになっています。ゴールは管理職育成の仕組みを社内で確立させることです。従来の研修サービスとは大きく異なるこのサービスを活用いただくことで管理職育成の社内自走を実現していただき、結果として頼もしい管理職が揃う会社が日本に数多く生まれることを願っています。」

●従来型の研修が何十年と抱えている問題をクリアする
●ベンチャー/成長企業ならではの組織課題を解決する
●管理職育成を通じて、お客様の会社の成長に貢献する

『マネディク』事業の成長を通じて、同社は大きな未来を描いている。
拡大期をともに目指すメンバーの募集とあって、人材育成事業でチャレンジしたい方は必見だ。

314519「日本人の“就労観”を変える」ことをミッションとして、管理職育成サービス『マネディク』等を提供している同社。
314544『マネディク』はメディアサービスとコンサルティングサービスをパッケージ化して提供することで、これまで難易度の高かった管理職育成の社内自走を支援している。
391658

なぜベンチャー/成長企業にフォーカスするのか

曾祖父の代から楽器関連の会社経営を手掛ける家に生まれた水谷氏。中学時代からハードロックに傾倒し、学生時代はバンド活動に明け暮れたという。「就職は人生の墓場ぐらいに感じていた」と言う水谷氏は、それでもバンド活動経験が活かせることができ、家業とも関わりの深い音楽業界の会社に就職する。

「いずれ家業を継ぐという漠然とした思いもありました。」
ところが、社会人2年目の年、家業は商売の不振と、社長である父親と従業員との不和により、再建への必死の努力も叶わず清算する事態になってしまった。そのプロセスを内部から見ていた水谷氏は、「80年続いた企業が傾く要因には、商品の売れ行きだけでなく人や組織の問題が大きく関わっていることを思い知った」と打ち明ける。

このことを機に人材ビジネスに関心を抱き、人材紹介会社に転じる。
「ここで、働くことへの価値観が180度変わりました。」
それまで「仕事は給料をもらうことの手段で、苦役」と考えていたが、周囲のメンバー達は夜中まで自らの意思で楽しそうに仕事をしていたのだ。

「カルチャーショックでした。そして、働く目的や意義を考えさせられたのです。」
自分自身も、仕事がどんどん面白くなっていく。そして3年半、企業の人材採用の仕事に全力で取り組めた。その後、人材紹介会社のOBが創業した組織人事コンサルティング会社に転職した。その理由を水谷氏は次のように語る。

「お客さまがせっかく採用した人材が退職してしまうケースが続いたのです。その大きな要因は、上司のマネジメント等会社側の対応でした。採用だけでなく、組織マネジメントも支援する必要があると実感し、組織人事コンサルへの転身を決めました」

同社では12年在籍し、企業の人材育成や組織活性化に取り組む。8年目には取締役に就任し、経営の一翼も担った。何かと拘束されることが増える中、「新しいことにチャレンジできる柔軟さと、組織への帰属意識のどちらも満たせる働き方」を希求するようになる。そして、40歳を前に“理想の組織”を自らつくるべく、独立してJAMを設立した。

掲げたコンセプトは「ベンチャー/成長企業に立ちはだかる組織課題を共に解決する」。その背景を、水谷氏は次のように説明する。
「主要先進国のビジネスパーソンに対する労働意欲調査で、日本は最下位。日本人の“就労観”は、かつての自分のように“苦役”と感じる人が多いという事実があります。しかし、仕事にこだわりや、やりがいを持ち、自身の成長を実感できれば人生は素晴らしいものになります。このような就労観へ変えるには、大手企業相手では時間がかかり過ぎます。一方、ベンチャーは組織の課題が多い半面、労働に前向きな人材が多く集まる傾向があります。そんなベンチャーを支援することでそのエネルギーを大きくし、大手にも伝播させれば変化していくと考えました」

資源や人口では勝てない日本。日本は“人”で勝つしかない。同社は、ベンチャー企業の成長支援を通じて、このテーマに挑んでいる。

391669代表取締役社長 水谷 健彦氏

早稲田大学卒業後、家業とも関わりの深い音楽業界の会社に就職。その後現リクルートキャリア、リンクアンドモチベーションへの転職を経て、2013年に同社を設立した。
395308「日本人の就労観を変革する。」
JAMでは、ベンチャー起業の成長支援を通じて、このテーマに挑んでいる。

責任を果たした上での個人の高い自由度がJAMらしさ

水谷氏の“理想の組織”とは、まずは社名に表現されている。JAMとは“Jam Session”のこと。ジャズの演奏スタイルだ。
誰がソロをどれだけの長さ演奏し、互いにどう絡むのかは、その場の雰囲気やインプロビゼイション(即興)により、バンドメンバーのアイコンタクトやあうんの呼吸で決める。会社に置き換えれば、組織と個人の関係は緩やかな状態であることを理想とする。
しかしながら、多くの日本企業は“オーケストラ型”といえる。指揮者(経営者)が大きな権限を持ち、楽器奏者(従業員)のパート(業務)はあらかじめ楽譜(規則)で規定されていて、基本的にアドリブ(自由行動)は許されない。

「当社では、自由と責任、個人とチームの両立をメンバー全員で大切にすることで、組織と個人の関係を少し緩やかにすることにチャレンジしています。」

昨年10月からはオフィスをWeWorkに移し、「成果フォーカス」「ロケーションフリー」「タイムフリー」を掲げる同社。
新しい働き方や組織のあり方に積極的にチャレンジする姿勢、責任を果たした上での個人の高い自由度も同社の魅力と言えるだろう。

314525社名のJAMとは、ジャズの演奏スタイル、“Jam Session”のこと。ジャズセッションのように、その場の雰囲気や即興によって、どのように協力し合うのかを決める状態を理想とする。
395303"Jam Session"を成立させるには、ほかのメンバーに認められ、チームメンバーを楽しませられる力量が必要。同社では、人事制度として10段階のグレードを設け、上にいくごとに自由裁量度も増える仕組みを導入している
395311

株式会社 JAMに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 JAMに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 JAM
業界 サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
コンサルティング・リサーチ >  その他コンサルティング系
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 2,000万円
設立年月 2013年05月
代表者氏名 代表取締役社長 水谷 健彦
事業内容 ●管理職育成自走支援事業
●組織コンサルティング事業
従業員数 8人
本社所在地 東京都港区北青山2-14-4  WeWork the ARGYLE aoyama 6F
391681

株式会社 JAM資本金2,000万円設立年月日2013年05月従業員数8人

ベンチャー/成長企業に立ちはだかる組織課題をともに解決する

この企業が募集している求人

391674
【セールス】これまでになかった管理職育成サービスで組織課題を解決!人材育成事業を通じて拡大期をともに目指すメンバー募集!
人材育成サービス営業職(リーダー候補/マネジャー候補)

ベンチャー/成長企業をターゲットとした管理職育成サービス『マネディク』の新規営業と導入サポートを担当していただきます。メインミッションはセールスですが、CSやマーケティング、商品企画など様々な領域への関与があり、人材育成領域のプロを目指していただきます。 「成果フォーカス」「タイムフリー」「ロケーションフリー」という、責任を果たした上での個人の高い自由度がある環境でチャレンジしませんか...

395290
【営業からCSまで】プレイングマネジャーとして事業をスケールさせることに興味のある方を募集!!
人材育成サービス営業職(リーダー/マネジャー)

ベンチャー/成長企業をターゲットとした管理職育成サービス『マネディク』に関わる事業部のリーダー/マネジャーを担っていただきます。メインミッションは新規営業〜カスタマーサポートですが、サービス機能の拡充、マーケティング、今後の採用など幅広く携わることが出来ます。 「営業として目の前の数字を作りながら、事業規模を拡大させるにはどうしたら良いか」を考え続けられる方、チャレンジを楽しめる方をお...

×