お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 エージェンテックの企業情報

310682

株式会社 エージェンテック

MCM市場シェアナンバーワン『ABook』。数々の斬新なヒット製品を有するIT企業

カテゴリーナンバーワンの『ABook』等、ユニークな自社プロダクトを展開

株式会社エージェンテックは、「未来を切り開くIT価値を創造し、広く世界へ提供する」を企業理念に掲げ、ユニークなITプロダクトを企画、開発している会社だ。創業は2004年。その当時から今日まで、一貫して動画をはじめとするリッチコンテンツの可能性を追求し、主にビジネス用途で活用されるプロダクトを次々とリリースしてきた。直近では、ビジネスシーンでVRを活用するソリューション、『VR2.0』シリーズが注目を集めている。

数あるなかで、同社を代表するプロダクトは、コンテンツ管理プラットフォーム『ABook(エーブック)』シリーズだ。タブレット、スマートフォン、PC等マルチデバイス向けのコンテンツを編集・管理し、安全に共有するためのプラットフォームで、閲覧データ等の収集・分析もできる。2019年1月現在、約550社、約32万台の端末で利用されており、モバイルコンテンツ管理(MCM)市場において、4年連続でシェアナンバーワンを誇っている(市場調査会社の調査による)。

「これまで、世の中で『デジタル化』と呼ばれてきたものは、ただ紙をテキスト化しただけでした。我々が一貫して取り組んできたのは『情報×情報』による新たな価値の創出。例えば動画の上にテキストが表示される等、情報と情報を組み合わせることで格段に分かりやすく、多くの情報を伝えられるようになります」こう説明するのは、代表取締役社長の金淙採氏だ。

営業支援ツールとして使えば、カタログや提案書に音声や動画を組み合わせ、いつでもどこでも、タブレットで視覚的なプレゼンテーションができる。大量の資料やマニュアルもデジタル化して携行でき、変更や更新も常に反映される。ある私鉄の会社では、乗務員が省令等で携行しなければいけない規程類のデジタル化に『ABook』を導入。重く、検索に時間がかかり、改訂のたびに差し替える等、管理が大変―といった課題を一挙解決した。営業、接客、研修等、活用シーンはビジネスのあらゆる場面にわたる。一見、ありそうでどこにもなかった『ABook』は、ひとたび市場に受け入れられると、その利便性、機能の高さから瞬く間に普及し、ナンバーワンポジションを獲得したというわけだ。

310705同社は、コンテンツ管理プラットフォーム『ABook』、ビジネス領域でVRを活用するソリューション『VR2.0』等のユニークなITプロダクトを企画、開発している企業だ。
3106972004年の創業時から、一貫してマルチメディアやリッチコンテンツの可能性を追求し、常に時代の半歩先を行く斬新なプロダクトを出し続けてきた。
310686

半歩先の未来を追い続けた軌跡。VRもいち早く製品化。常に先駆者であり続ける

エージェンテックが実践してきたのは、常に世の中の半歩先を行くことだ。社長の金氏は韓国出身で、1999年に来日。数社でシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーとして活躍した後、2004年に独立・起業した。何の後ろ盾もなく、たった一人で起業し、最初のうちは受託開発で必要な売上を作りながら、お金と時間をやりくりして常に何らかのプロダクト、サービスを出し続けた。

飛躍のきっかけとなったプロダクトが、動画配信プラットフォーム『SINABURO DoGa』だ。提供開始は2008年3月で、日本で海外メーカー製のスマートフォンが発売される少し前。この早いタイミングで、その後のネットワーク環境やデバイスの急速な進化を見越し、「これからは動画だ、マルチメディアだ」と、いち早くプロダクトを作っていたのだ。『SINABURO』シリーズは、企業向けに作った、企業内で動画を配信するプラットフォームだ。それが電気通信事業者の目にとまり、販売代理をしてくれることになった。そうこうしているうちにスマートフォンが発売され、様々なスマートデバイスが普及し始める。

そのタイミングで、次に「世の中にないものを作ろう」と考えて開発したのが、大ヒットした『ABook』シリーズだ。2011年2月のこと。そして今、半歩先を行くプロダクトとして出しているのが『VR2.0』シリーズだ。VR元年と言われた2016年、VRコンテンツ制作ソリューション『Smart360』を提供開始。これも『ABook』と同様に、ビジネス領域で、VR×情報で価値を増大させるものだ。金氏は言う。「当初も今も、VRはクルっと見回すだけのもので、主にエンタメ領域で使われています。でも、これではもったいない。そこに情報を掛け合わせると、もっとずっと有用なものになります。デモを見せると、『なんで、こういうものがなかったのだろう』と言われます」

例えばマンションのモデルルーム。ゴーグルをつけて部屋の様子を見回す―というのがよくある使い方だ。『VR2.0』は、例えばキッチンのシンクに触れるとカタログと連動し、情報が出てくる。壁に触れればクロスの情報が出る―という具合だ。『VR2.0』シリーズで、街中のデジタルサイネージに着目したのが『SmartLink360』だ。多くの場合、一方的に情報を流しているだけのデジタルサイネージだが、これを360°のパノラマコンテンツにし、タッチすると詳細の情報が表示され、スマートフォンをかざすとQRコードで情報を取得でき、必要な情報を持ち帰り、人と共有できるようにした。もちろん配信側は、情報を組み合わせて簡単にコンテンツが制作できる。

金氏は言う。「我々は、決して難しいことをしているわけではありません。ちょっとした発想の転換を、世に先んじてやり、市場を獲る。そしてブラッシュアップを続けることで、他社が追随できないようにします」これまでもこれからも半歩先を行き、先駆者として勝ち続ける決意だ。

310711先駆者として市場を獲るパターンで成功し、『ABook』は、モバイルコンテンツ管理市場において4年連続でシェアナンバーワンを誇る。
310700『VR2.0』も現在、拡販のフェーズにある。次の斬新なプロダクトも常に仕込み中だ。
310717

世の中にないものを作り、広めるやりがい。自分次第でどこまでも成長できる

斬新な『SmartLink360』は、今でこそ売れ始めているが、発売から2年余りはわずかしか売れなかったという。理解が追いつかなかったことに加え、タッチパネルが高額だったという事情もある。環境が整い、今、ようやく時代が追いついてきた状況だ。これは、先駆者ならではの苦労だろう。蓄積した知見と技術を組み合わせ、今後もまだまだユニークなプロダクトを出していく。ほかにも、一部上場企業等の大企業と、ライセンス供与の形で共同開発する例もある。安定収益になると同時に、エージェンテックだけでは思いつかない視点、アイデアに触れる機会にもなる。そのような知見と実績も、貴重な資産となっている。

ちなみにエージェンテックの営業は、ある意味、大変でもある。拡販のフェーズになれば、販売代理店の強力な支援を得られるが、立ち上がりは、エージェンテックの営業部隊が提案営業する。「まだ世の中にない、概念もないものを売ることになるので、営業というよりはエバンジェリストに近いですね。キャリアがあって、中途で入った人も最初は苦労すると思います。でも創意工夫して頑張れば、自分を大きく成長させることができる環境で、やりがいは大きいと思います」と金氏は言う。

新しいものを自らの手で形にし、世に出すエンジニアも、ワクワク感は大きいだろう。「エンジニアの仕事は、一般には、言われたものを作る請負のスタイルが大半です。でもここは、クリエイティブな発想ができ、自分がほしいサービス、やりたいことにチャレンジできる場です。ただし、これも意欲次第。同じ会社で同じような仕事をしても、意欲がなければ、言われたものを作ることに甘んじてしまいます。意欲を持って、こうしよう、ああしようと率先して提案すれば、それを形にできる場は用意されています。自分次第で成長につながる環境だと思います」

理念には「世界へ」とある。エージェンテックの製品はプラットフォームであるため、入れるコンテンツ次第で、世界中で使うことが可能だ。現在は、韓国に支店を置くだけで、まだ世界進出は進んでいないが、「やりたい」という人が来てくれれば、是非チャレンジしてほしいという。「この製品を担いで、何処何処の国に売りに行きたい」という人がいれば大歓迎だ。世界展開の可能性は大いにあり、それだけ、エージェンテックの成長は、まだまだ伸びしろがあるということでもある。

エージェンテックは、様々な可能性に満ちたユニークな会社だ。事業拡大に向けて、営業も開発も全方位的に仲間を募集中だ。

310699同社は蓄積した知見と技術を組み合わせ、今後もまだまだユニークなプロダクトを出していく。
310692「この製品を担いで、何処何処の国に売りに行きたい」という人がいれば大歓迎。世界展開の可能性は大いにあり、エージェンテックの成長はまだまだ伸びしろがある。
310695

株式会社 エージェンテックに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 エージェンテックに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 エージェンテック
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
資本金 4,000万円
売上(3年分)
2019年 3月 期 2018年 3月 期 2017年 3月 期
4億9391万円 4億9567万円 4億6035万円
設立年月 2004年01月
代表者氏名 代表取締役社長 金 淙採
事業内容 ■ コンテンツ管理プラットフォーム『ABook』の開発、運用
タブレット、スマートフォン、PC等マルチデバイス向けのコンテンツを編集・管理し、安全に共有するためのプラットフォームで、閲覧データ等の収集・分析もできます。
2019年1月現在、約550社、約32万台の端末で利用されており、モバイルコンテンツ管理市場において4年連続でシェアナンバーワンを誇ります。

■ ビジネス領域でVRを活用するソリューション『VR2.0』の開発、運用
360度パノラマVRを安全にビジネス活用できるコンテンツ管理ソリューションです。
表現力豊かな360度パノラマVRを簡単に作成して情報共有を円滑にできます。
主要株主 会社代表、取締役
主要取引先 株式会社大塚商会
オムロンフィールドエンジニアリング株式会社
KDDI株式会社
ソフトバンク株式会社
株式会社テレビ東京ホールディングス
株式会社電通テック
日本トイザらス株式会社
日本ユニシス株式会社
パナソニックソリューションテクノリジー株式会社
株式会社日立製作所
株式会社日比谷花壇
マスプロ電工株式会社
三菱地所レジデンス株式会社
従業員数 37人
平均年齢 37.9歳
本社所在地 東京都千代田区九段南3丁目2番7号 いちご九段三丁目ビル3階
310682

株式会社 エージェンテック資本金4,000万円設立年月日2004年01月従業員数37人

MCM市場シェアナンバーワン『ABook』。数々の斬新なヒット製品を有するIT企業

この企業が募集している求人

After covid19 bottom
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×