お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ノウブル 株式会社の企業情報

302544

ノウブル 株式会社

超大手案件を手がけながらグローバルへ!急成長を続けるスタートアップ

高い人材力を背景に、人気映画のゲーム化や名だたる大手企業のWEBサービス開発などに貢献

ノウブル株式会社は設立こそ2011年だが、本格的に稼働しはじめたのは2017年から。その後、わずか3期目で売上を100倍にまで伸ばそうとしている急成長中のスタートアップである。

事業内容は大きく4つ。1つ目が『準業務委託モデル』で、同社の優秀なエンジニアがクライアント先へ出向して業務改善に貢献する。2つ目が『受託開発モデル』であり、3つ目がインドや中国などの海外で請け負う『オフショアモデル』。最後が、クライアントとプロジェクトの売上をシェアする『レベニューシェアモデル』だ。

これらの事業を通じて手掛けるプロジェクトは、代表取締役社長・松原清氏が自社を「総合IT」と表現する通り、実に幅広い。業務システムからWebサービス、ゲームなど多彩な分野において開発エンジニアからインフラエンジニアまで多くの人材が活躍している。

「現状はゲーム開発案件が多く、業務量の6割ほどを占めていますが、何が何でもゲームにこだわっていきたいわけではありません。『アウトソーシングを通じて世界中の業務改善に貢献したい』という想いに結びつくプロジェクトであれば、制限を設けず今後もいろいろと挑戦していきたいと考えています」(松原氏)

幅広い領域をカバーできる理由は、それだけ優秀な人材が集まっているから。その多くはグローバルに展開しているIT企業で活躍していた経験を持つ人材であり、フルスタックエンジニアとして自らエンジニアリングに携わるだけでなく、海外のオフショア拠点のコントロールまでこなしてしまうエンジニアも在籍している。

「ゲームプログラミングの著書がある社員もいます。インドや中国にオフショアの拠点を持ち、グローバルスタンダードのエンジニアリング技術を身に付けているスタッフが在籍していることも、お客様から評価いただけている点です」(松原氏)

この高い人材力があるからこそ、同社にはビッグなプロジェクトがいくつも舞い込んでくる。詳細を語ることはできないが、大手通信キャリアが手掛けるWEBサービス開発案件や日本で大ヒットした人気映画のゲーム化案件、海外の動画配信システム開発、日本を代表する大手企業の人事システム開発案件など、だれもがその名を知るような企業やプロダクトの開発にいくつも携わっているのだ。

303330成長できる様々な仕事が用意されている。
303342優秀なメンバーが集まり、高い価値を生み出している同社。誰もが知るような超大手企業の案件にも関わっているという。
303327

インド、中国のオフショア拠点に加え、アメリカやオーストラリア、シンガポールにも拠点を設立予定

同社は、常にグローバルを見据えている。

「30年も経てば、日本のGDPは世界22位くらいにまで落ちるでしょう。そのとき国内だけにしかビジネスのリソースを持っていなかったらどうなるでしょう。はっきりいって。エンジニアリングの世界では日本は遅れています。国内に閉じこもってスキルを磨いているだけではいずれ限界がやってきます。現在、当社はオフショア拠点をインドと中国に持っていますが、2019年9月にはインドに子会社を設立して、今後成長が見込めるインドとその周辺国での需要を取り込んでいこうと考えています。アメリカやオーストラリア、シンガポールにもすでにスタッフが駐在しており、今後、子会社化して人数も増やし本格的に稼働させていく予定です」(松原氏)

これらの拠点の拡充によって、現地の需要に対応できるようにするだけでなく、交代制による24時間サーバ監視体制を構築し、サービス品質をより高めていくという狙いもあるという。

「将来的には、グローバル・エンジニアリング・ネットワークをつくりたいと思っています。世界中の国に1社ずつ子会社を設立していくのです。このネットワークが完成すれば、文字通りできないことはなくなると思っています」(松原氏)

ただし、“何をするかを決めていくのは、社員自身の想い”だと松原氏は続ける。

「当社の経営理念は、『人の個性を尊重することで、その人でなければならないビジネスを追求する』ことです。当社において、あくまでも主役は社員であり、社員が『挑戦したい』という気持ちを実現するために、これまでもビジネス領域を拡大してきました。だから、将来的に何をしているのかは決めていません。海外拠点やスキルアップの機会など、組織として社員を支援できることに投資を惜しむつもりはありませんが、そういった道具やチャンスを利用して自分が活躍できる“フィールド”を開拓していくのは、社員自身なのです」(松原氏)

302555成長の機会を求め、社員自らが希望した案件で活躍しているケースがほとんどだという。
303340社員一人ひとりの個性を尊重。自らの意思でキャリアを切り開いていける環境だ。
302549

「今いる場所では成長の機会は得られない」と感じているならノウブルへ

同社が求めている人材とは、業務知識とスキル、コミュニケーション力のシナジーによって付加価値を生み出せる人だ。ただ、最初からすべて高いレベルである必要はない。いずれも本人の心がけ次第で、入社後も伸ばしていけるものだからだ。

「採用面接のときに大切にしているのは、当社のビジョンや考え方に共鳴してもらえるかどうか。そして、根が良い人かどうかという点です。愚直に物事に取り組むことができて、そこから得た経験を自分の中に積み上げていける人がいいですね。そこにグローバルの視点が加わっていればいうことはありません」(松原氏)

実際、ノウブルの社員には素直で良い人が多い。また、彼らが自らの希望を発信しやすいよう、タテ・ヨコのつながりにも配慮しているという。

「お客様のところへ出向している社員も少なくないため、社員旅行や懇親会などは大切にしています。経営層との距離が開いてしまうと、言いたいことがあっても言えなくなってしまうので、日頃から話しかけたり、向こうから話しかけやすい雰囲気を心掛けたりしています」(松原氏)

成長という面でいえば、社員の希望をかなえる案件を開拓するだけでなく、各分野のプロフェッショナルである社員が講師役を務める勉強会も開催している。今後は、海外拠点のスタッフとの交換留学制度を導入して、グローバルで通用するエンジニアリングスキルの実際を肌で実感できる機会もつくっていく予定だという。

「福利厚生面では、家賃補助を出しています。会社の近くである西麻布の指定マンションに住む場合は月5万円補助していますし、六本木から3駅圏内なら3万円を補助します。そのほか、交通費・飲み代として一律月2万円を支給する制度もあります。これは現状であって、今後会社の成長に合わせて、制度面もさらに整えていく予定です」(松原氏)

今よりもっと高みを目指したいけれど、今いる場所ではそのチャンスも機会もない。そんな悩みを抱えているなら、優秀な仲間とやりごたえのあるプロジェクト、成長の機会が揃っているノウブルで自分を試してみるのはどうだろうか。

302563フランクで明るい雰囲気。働きやすさも同社の魅力の一つだろう。
302554新たなことに挑戦したいと思うなら、一度、同社の門を叩いてみてはいかがだろうか。
303329

企業情報

会社名 ノウブル 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
設立年月 2011年01月
代表者氏名 代表取締役 松原 清
事業内容 ・準業務委託
・受託開発
・海外オフショア
・レベニューシェア
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 40人
本社所在地 <本社>
〒106-0031
東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル7F

<東京第1事務所>
〒102-0083
東京都千代田区麹町1-4-4 2F

<東京第2事務所>
〒106-0032
東京都港区六本木7丁目8−6 AXALL ROPPONGI 7階
302544

ノウブル 株式会社資本金設立年月日2011年01月従業員数40人

超大手案件を手がけながらグローバルへ!急成長を続けるスタートアップ

この企業が募集している求人

Bnr sp354 9
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×