お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 イグニッション・エムの企業情報

297814

株式会社 イグニッション・エム

ヒット作を作り出せ!クリエイターにチャンスがあるゲーム制作会社

ネコを題材にしたオフェンス型タワーディフェンスゲーム「ぼくとネコ」

大阪の中心部、梅田近くに拠点を構えるゲーム制作会社、株式会社イグニッション・エムは、2016年2月に設立された。創設者の升田貴文氏は、全世界で大ヒットした「にゃんこ大戦争」のプロジェクトマネージャーとして、開発・制作・企画に関与した人物。そんな氏が、自由にゲームを制作できる環境を求めて自ら立ち上げたのが同社だ。これまでに「ゲス野郎と拳」「ぼくとネコ」という2つのタイトルをリリースしている。

「ゲーム制作好きのメンバーが集まっている会社です。過去のノウハウを活かし、現在はスマートフォン向けゲームの開発・運営が主ですが、今後は自由な発想で制作して、プラットフォームを問わず幅広い視野で自分たちがおもしろいと思える、そして世界を楽しませるゲームを世に出していきたいと考えています!」(代表取締役社長 シードプランナー・升田貴文)

イグニッション・エムのアプリゲーム第一弾「ゲス野郎と拳」は、フリッカーゲームと呼ばれるミニゲーム。次々と現れる「ゲス野郎」を指先ひとつでノックダウンさせる爽快なゲーム。破天荒なストーリーが展開され、ストレス発散にピッタリなお気楽さが売りだ。

「新会社設立にあたり、市場動向の調査と開発力強化を主眼に制作したゲームです。反響を図りたかったゲームなので、簡単で気軽なものにしましたが、注目を集めるために、タイトルやゲームはインパクトのあるものにしました」(升田氏)

2017年11月にリリースされた第二弾「ぼくとネコ」は、升田氏が前職で開発・制作・企画に関与した大ヒットゲーム「にゃんこ大戦争」と同じく、ネコをモチーフにしたタワーディフェンスゲーム。「にゃんこ大戦争」とは違い、キャラクターはネコだけにこだわらず、武器を装備したりレベルアップをしたりと、RPGの要素も盛り込んで深く楽しめるコンテンツを意識して制作された。

「にゃんこ大戦争と入り口は似ているかもしれませんが、実際にプレイしてもらえれば、違いを感じてもらえるはず。タワーディフェンスゲームは、攻めてくる敵から陣地を守るゲームですが、『ぼくとネコ』は反対にガンガンに攻めていきます。これは、まだまだタワーディフェンスゲームが面白くなるポテンシャルを感じていたため、独自性のある「オフェンス型タワーディフェンスゲーム」にしました(笑)」(升田氏)

296166同社は、2016年2月に設立された大阪の梅田近くにあるゲーム制作会社だ。
2968312017年11月にリリースされた第二弾「ぼくとネコ」は、ネコをモチーフにしたタワーディフェンスゲーム。
296629

ゲームクリエイターの醍醐味を味わおう!新規ゲーム開発メンバーを大募集

升田氏が、前職の株式会社ポノス時代に制作に関与した「にゃんこ大戦争」は、全世界で大ヒットを記録し続けている作品。イグニッション・エムの「ぼくとネコ」は、同じくネコをモチーフにするなど、ファンの期待を裏切らないように意識しながらも、「オフェンス型タワーディフェンスゲーム」という新しいゲームスタイルにチャレンジした意欲作だ。

「リリースして1年半が過ぎ、ユーザー登録数も80万を超え、アプリゲームの新規タイトルが厳しい戦いを強いられる中で、順調に数字が伸びています。立ち上げたばかりの時期は十分な予算がある状態では無かった為、すぐにはノウハウを十分に持ったスタッフを配備することは容易ではなかったのですが、新卒者や経験の浅いスタッフでも、ゲームに対する熱意を持って制作に臨み、さらにコスト管理やマネタイズの意識を高めて制作にあたりました。おかげさまで大手にも負けないしっかりとした良いゲームを完成させることができました。サーバーもかなりエコなシステムを組み上げてコストを抑えていますので、これらノウハウや数字は同じ業界の方から見れば驚かれるのではないでしょうか。非常に高い評価が頂ける内容になっていると思います」(升田氏)

経験の浅いメンバーたちとベテランスタッフのコンビネーションは、ゲームを開発しながらの人材育成も兼ねている。若い人材が育てば、次の世代への架け橋ともなり、ノウハウを積んだスタッフは新しいゲームの開発も積極的に行える。また若手だったとしても面白い提案があれば積極的に取り組んでいく。

「ゲーム制作者である限り、自分の手がけた作品で大ヒットを生み出したいのは当たり前のこと。経験の浅いメンバーでも、ベテランでもその想いは同じです。イグニッション・エムではそのチャンスがあります。新規ゲームを作りたいエンジニアやデザイナー、ディレクターは大歓迎。もちろん適材適所、既存タイトルの運用系で働きたい人も大歓迎です」(升田氏)

「ぼくとネコ」では基本プレイは無料。無料でも十分遊べる内容になっているが、ゲーム内での展開をさらに有利に進めるために“課金”するスマートフォンのゲームではスタンダードなシステムを採用している。まずは無料ゲームで多くのユーザーにゲームを手に取ってもらい、そしてプレイする楽しさを知ってもらい、さらに奥深くゲームを楽しみたいユーザーには課金コンテンツを用意。しっかりとした運営ノウハウがあるからこそ確実な成功を生み出している。

「現在当社では、新規ゲームの制作を進めるべく、チャレンジしたい&やる気のあるスタッフを募集しています。「自分が作った」と言えるモノを作ってこそ、クリエイターの醍醐味。イマジネーションを駆使して、斬新なアイデアやストーリー、ゲームシステムを生み出し、ユーザーを、そして世界を楽しませる。そんな夢を持ったゲームクリエイター達に、ぜひとも集まってきて欲しいですね」(升田氏)

296640創設者の升田貴文氏は、全世界で大ヒットした「にゃんこ大戦争」のプロジェクトマネージャーとして、開発・制作・企画に関与した人物。
296613ゲームを開発しながらの人材育成も兼ねて、経験の浅いメンバーたちとベテランスタッフが互いに尊重しあいながら働いている。
296604

思いの丈をぶつけてヒット作を作れ!自由な制作環境があるゲームクリエイターの楽園

繰り返しになるが重要なのでもう一度、書いておきたい。イグニッション・エムは、積極的に新しいゲームをリリースする方針だ。今まで培ってきたゲーム開発の経験、そして自分のスキルを生かして新規ゲーム開発に挑戦したい人には、ぜひイグニッション・エムの門を叩いてほしい。

スマートフォンゲームでは収益性のあるゲームであれば延々と運営業務が続く。ゲームクリエイターとして自分が手掛けたものを世に出したくても、既存タイトルの運営業務ばかりを担当して、自分の目指すゲームクリエイターとして腕をふるえていないと感じている人もいるのでは?
「イグニッション・エムは『出る杭は伸ばす主義』です。社内に特徴のあるクリエイターがいて、あちらでもこちらでもアイデアが湧き出るような会社、さらに、社内の中でも競争意識をもって、自分が一番面白いゲームを作ってやるぞという情熱を持って切磋琢磨できるような会社を理想としています。それでいて、和気あいあいと意見交換ができる居心地がいい社風。ゲームクリエイターにとって最高の環境を作り上げていきます」(升田氏)

会社の屋台骨を支えるヒット作を次々と生み出すことが当面の目標。さらにその先は、会社のブランディングや認知度を加速させ、「イグニッション・エムのゲームはどれもおもしろい」というユーザーからの信頼を勝ち取って、「イグニッション・エムの新作だから」という理由で、指名買いして頂けるようなブランド力を持った会社にしていきたいと升田氏は語る。

「アプリ内課金でのマネタイズを主とするスマートフォンゲームの開発も楽しいですが、経営者としても、一人のゲームクリエイターとしても、指名で買っていただけるようなブランド力を持った、コンシューマーゲームのような買い切り型のゲームも作れるようになりたいと願っています。アプリ内課金が前提とした仕様の制約が無くなって、より自由にゲーム本来の楽しさを追及することができますからね。イグニッション・エムでは、しっかりとした収益性を提案できるのであればプラットフォームは問わずゲームを提供していく。いつかコンシューマーや、PC、次世代のハードでゲームを作るかもしれませんよ!」(升田氏)

あれやこれやと口やかましく言わないタイプ、と自らを評す升田氏。いろいろ注文を付けるとクリエイターが萎縮してしまい動けなくなるから、メンバーには自由に働いてほしいと考えているようだ。
「スタッフ達が自走して、思いの丈をぶつけるからこそ良いゲームができます。会社は収益面で責任を持ちますが、クリエイター達は、ユーザーが本気で楽しんで頂けるエンタテインメントを提供しなければならないという責任を感じながら、ゲーム制作に臨んで欲しいですね。ゲームクリエイターとしてヒット作を作る経験は大切。金銭的にもキャリア的にも、大きなフィードバックを得ることになります。私自身は前職でその大きなフィードバックは経験済みです。今度はイグニッション・エムを使って、次世代のクリエイターが同じ体験をする番です。チャンスを与え、しっかりと還元していくので、みんなでそれを勝ち取っていきましょう!」(升田氏)

296644みんなが自走して、思いの丈をぶつけていいゲームを作る。これが同社の理想とするチームのあり方だ。
296645同社は、積極的に新しいゲームをリリースする方針。ゲーム開発の経験者で、自分のスキルを生かして新規ゲームの制作に挑戦したい人には、ぜひイグニッション・エムの門を叩いてほしい。
296605

株式会社 イグニッション・エムに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 イグニッション・エムに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 イグニッション・エム
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
資本金 3,000,000
設立年月 2016年02月
代表者氏名 升田 貴文
事業内容 弊社は、2016年2月に設立された大阪にあるゲーム制作会社です。
代表の創設者の升田貴文氏は、全世界で大ヒットを記録中の「にゃんこ大戦争」のプロジェクトマネージャーとして関与。これまでに「ゲス野郎と拳」「ぼくとネコ」という2つのタイトルをリリース。
今後も積極的に新規ゲームをリリースする方針です!
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 14人
平均年齢 29.8歳
本社所在地 〒531-0072 大阪府大阪市北区豊崎3-20-9 三栄ビル10F
297814

株式会社 イグニッション・エム資本金3,000,000設立年月日2016年02月従業員数14人

ヒット作を作り出せ!クリエイターにチャンスがあるゲーム制作会社

この企業が募集している求人

296640
【アートディレクター】あなたの絵がメインを飾る!会社の看板となるメンバー募集!共にデザインと文化を作りましょう!
アートディレクター

【概要】 制作物のコンセプトや方向性の決定等、デザインのリーダーとしてご活躍いただきます。 そのほか、イラストからゲーム用グラフィックまで一貫して開発に携わることができます。 【具体的な仕事内容】 ■デザイン業務の指示 ■各スタッフの指導 ■デザイン等の提案 ■キャラクターデザイン ■アニメーション制作 ■ゲーム用グラフィック作成 ■ゲーム用UI作成 ■ゲームに関す...

296174
【グラフィックデザイナー】キャライラストからアニメーションまでゲーム開発の多岐に渡って活躍!一貫して作品作りができる環境!
グラフィックデザイナー

【概要】 イラストからゲーム用グラフィックまで一貫して開発に携わることができます。 【具体的な仕事内容】 ■キャラクターデザイン ■アニメーション制作 ■ゲーム用グラフィック作成 ■ゲーム用UI作成 ■ゲームに関するプロモーション資料作成など 【開発環境】 ■Windows/Mac ■デュアルモニタ完備 ■疲れを軽減するハイクラスチェア完備 【仕事の魅力】...

296164
【WEBデザイナー】デザインも、WEBも…!そんな欲張りな願いかなえます!WEBだけにとどまらずゲーム開発全般にも関わる◎
WEBデザイナー

【概要】 ゲーム内で表示するWEBページや、会社HP、そのほか広報用のWEB作成など 多岐に渡りご活躍いただけます。もちろんゲーム開発にも関わることが可能です。 【具体的な仕事内容】 ■WEBページ作成 ■WEBに必要なグラフィックデザイン作成など 【開発環境】 ■Windows/Mac ■デュアルモニタ完備 ■疲れを軽減するハイクラスチェア完備 【仕事の魅力...

300051
【ドット絵師(グラフィックデザイナー)】ドットでゲーム・アニメーション制作がしたいドッターさんを大募集!
ドット絵師(グラフィックデザイナー)

【概要】 ドット絵、ドットアニメーションなどのピクセルアート関連に携われるお仕事です。現在進行中のインディー系の新規ゲーム(プラットフォームはSteamやNintendo Switchも予定)への配属になります。 【具体的な仕事内容】 ■ドット絵・ドットエフェクト ■アニメーション制作 ■ゲーム用UI作成など 【開発環境】 ■Windows/Mac ■デュアルモニタ完...

残り1求人をみる
Bnr sp354 9
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×