お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 プライムアシスタンスの企業情報

294596

株式会社 プライムアシスタンス

ロードアシスタンスをメインに、新規事業も続々展開する、SOMPOグループの事業会社

ユーザーの「困りごと」を解決。各種アシスタンスサービスを展開

損害保険ジャパン日本興亜株式会社をはじめとする保険会社を傘下に持つ持株会社「SOMPOホールディングス」。同グループで、自動車保険に付帯することが多い「ロードアシスタンスサービス」を提供するのが、株式会社プライムアシスタンスだ。2012年の創業以来、成長を続けている同社は、さらなる業容の拡大、及び新事業展開のため、今、新たな「力」を求めている。

ロードアシスタンスは、バッテリー上がりやパンク、諸々の故障などドライブ中にサポートしてくれる強い味方。困りごとの相談に電話などで対応するだけでなく、レッカー車や修理業者などの手配まで行っている。この「ロードアシスタンスサービス」が、同社の主力事業である。

「当社が提供するアシスタンスサービスのうち、最大の売上比率を構成しているのが、ロードアシスタンスです。これが当社のビジネスの7割ほどを占めています。主にSOMPOグループ内の自動車保険に付帯しているサービスですが、グループ外のクライアントもいます。」(人財開発部長 三浦梓氏)

これに加え、同社では他のサービスも提供。水廻りやガラス、鍵などの住まい関連のよくあるトラブルをはじめ、法律や税務、健康、医療など幅広く暮らしに関わる相談サービスを提供する「ホームアシスタンス」。企業の海外駐在員にとって不安の種である、海外での医療受診のサポートを行う「海外メディカルケアプログラム」。そして、アシスタンスサービスではないが、同社の蓄積した事故受付等のノウハウを利用できる「ビジネスプロセスアウトソーシング」(BPO)も同社の主力事業だ。

「直近では、2018年4月から、民泊向けのアシスタンスサービスも開始しました。主に訪日外国人向けのサービスで、民泊ホストの代わりに受付や案内といった業務を代行するものです。チャットをメインにしながら電話受付も行い、英語、中国語、日本語に対応。こちらは、インバウンド需要の高まりの影響もあり、今後大きな伸びが見込まれています」(三浦氏)

株式会社プライムアシスタンスは、ロードアシスタンス以外にも、さまざまな種類のアシスタンスサービスを提供することで、グループ内外にビジネスのフィールドを広げている。

294613同社は、SOMPOホールディングスに属する事業会社として、各種アシスタンスサービスを提供している。
294574人財開発部長 三浦 梓氏
294932

新サービスの創出がさらなる発展の鍵!安定した環境+チャレンジングな仕事

プライムアシスタンスでは、業容の拡大にともない、特にIT部門の拡充のため、新たな人財を広く求めている。先に紹介した民泊向けアシスタンスサービスのように、今後はロードアシスタンス以外の分野も積極的に開拓していくという。

「国内の人口減や自動車販売の状況を見ますと、ロードアシスタンスサービスが今後大きく伸びるとは言い切れない状況です。そのため、今後も新たな事業を創出していきたいと考えています。そのためには、IT技術への対応も必須。技術者はもちろんですが、その他の職種でも、自分の芯をしっかりと持ち、自分の意見が言えて、新しいことを提案できるような人に加わっていただきたいと考えています」(三浦氏)

同社の社風は、最近どんどんと変わってきているという。SOMPOホールディングスに属することもあり、グループ内各社からの出向社員が多かったというが、最近ではプロパーの社員も増え、グループ内の位置づけとしても「新しいことにチャレンジする」ことに力点を置きつつあるのだとか。とかく大手グループ内にある会社では保守的な空気が流れがちだが、同社では「失敗してもOK」「どんどんチャレンジしよう」という空気が満ちているともいう。

「当社は今、末端の社員でも会社の成長を実感できるくらい、大きく伸びています。社内の雰囲気もどんどん前向きに、チャレンジを促進するようになっていますし、安定した環境で新たなことに挑戦できるのが当社の特徴ですね」(三浦氏)

2018年に開始した民泊向けアシスタンスサービスは、2020年のオリンピックを契機にさらなる伸びをみせるだろう。さらに、SOMPOグループが提供している、高齢者向け、認知症患者向けのサービスと連動した、新たなアシスタンスサービスの創出にも取り組んでいる。

「今後、どんなビジネスが必要とされ、どんなビジネスが大きくなるのかを考えながら、仕事に取り組んでいただきたいと思います。0から1を作る仕事ができるチャンスは他の会社でもなかなかありません。ベンチャー思考のある方、新事業を作ることに興味のある方にも、ぜひ当社への入社を考えてほしいですね」(三浦氏)

294599受け身のスタンスで仕事をするのではなく、自身の意見を持ち、積極的に提案・発信していけるような人材を求めているという。
294589社会情勢を読み取り、今後必要とされるビジネスを生み出していきたい考えだ。会社として新しいことへのチャレンジも続けている。
294618

プライベートとのバランスを重視!さまざまな働き方ができる自由な社風

事業の内容や展望が見えてきたところで、働く立場から、株式会社プライムアシスタンスは、どのような会社なのかを探ってみよう。

まずは、職場環境について三浦氏に語っていただいた。
「とにかく今は、社員全員が課題意識を持って仕事に取り組んでいることが大きいですね。他人からの指示待ちというような方はいませんし、皆前向きです。さらに、会社の規模の割に社長や経営層と社員の距離が近いことも魅力ですね。各部署間の連携も取れていて横のつながりも密接ですし、ありがちな表現ではありますが、非常に風通しの良い職場だと思います」(三浦氏)

さらに、風通しをさらに良くしようという取り組みも行われている。その名も「イケテルカイシャプロジェクト」。社員のエンゲージメント強化を目的とした取り組みとして、社員主導でさまざまなイベントを企画。たとえば、部署をまたいだランチミーティングや、シフト制で勤務するコールセンターでは「シフトの合間のお茶会」、さらにはハロウィンイベントや、色を生活に活かす「カラーセミナー」などなど。加えて、鹿児島事業所では、地域貢献活動として社員有志が地域の祭に参加しているのだとか。

続いては、福利厚生の面を取り上げよう。取材してみて、プライムアシスタンスは「ワークライフバランスを重視する会社」だという印象を得た。有給休暇消化率も高く、記念日に取得できる「アニバーサリー休暇」制度も魅力的。ちなみに、アニバーサリー休暇取得時には会社からプレゼントもあるのだとか。産休・育休も対象者が多く取得し、取得者は必ず職場復帰を果たしているというのも、女性の立場からみると評価が高いだろう。

「さらに今年7月には、人事制度が“ハイブリッド型”に改定されます。正社員でも自由な働き方ができるようになるほか、副業も解禁されるなど、自分の好みに合わせてプライベートとのバランスをとりながら働けるようになります。SOMPOグループの安定した環境で、自分のライフスタイルに応じた働き方ができ、なおかつ新たな挑戦も可能です」(三浦氏)

そんな「いいとこ取り」の株式会社プライムアシスタンスで、あなたの次の挑戦を始めてみてはいかがだろうか。

294577副業を解禁するなど、社員の働きやすさを追求し、自由な働き方をできるように人事制度も整備する。
294591風通しが良く、社員同士の仲も非常に良好。働きやすい環境の中で伸び伸びと仕事にチャレンジできる環境だ。
294626

株式会社 プライムアシスタンスに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 プライムアシスタンスに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 プライムアシスタンス
業界 サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
金融・保険系 >  生命保険・損害保険
サービス系 >  その他サービス系
企業の特徴
  • 残業少なめ
資本金 4億5千万円
設立年月 2012年04月
代表者氏名 代表取締役社長 德岡 宏行
事業内容 アシスタンス事業
■ロードアシスタンス
■ホームアシスタンス
■メディカルアシスタンス
■ビジネスプロセスアウトソーシング
■訪日外国人向けサービス
従業員数 950人
本社所在地 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー21F
294596

株式会社 プライムアシスタンス資本金4億5千万円設立年月日2012年04月従業員数950人

ロードアシスタンスをメインに、新規事業も続々展開する、SOMPOグループの事業会社

この企業が募集している求人

Bnr sp354 6
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×