お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 LeoSophiaの企業情報

398917

株式会社 LeoSophia

マーケティングのチカラを駆使して、勝てるビジネスを創り続ける事業開発会社

インターネット広告領域・DtoC領域を軸に急成長中!医療領域などの新規事業にも取り組む拡大中のベンチャー企業

社名のLeo Sophiaには、「小さな知恵が集まれば、世界を動かすチカラになる」という思いが込められている。
たった2人からはじまった同社も、沢山の仲間に支えられ、創業から6年でグループ年間売り上げが45億円を超えるなど急成長を遂げている。※2021年8月期の売り上げ見込みは65億円。

同社は、「どれだけ企業規模が拡大しても仲間を大切にし、新しく挑戦する心を忘れない」という考えのもと、常に次代を見据て世の中がワクワクするような事業展開を追い求めている。

また誰もが超えたくなるような「企業」であり「人」であり続けることを目指して、常に”勝ち”を求めて挑戦を続けている。

ー 代表取締役社長の内木場 隼氏に同社の事業概要を伺った。

「当社のメイン事業はインターネットメディア事業です。自社メディアにクライアントの広告を掲載するビジネスが中心となっています。他にDtoC事業やインフルエンサー事業、医療事業を展開しています。

DtoC事業では市場調査、ニーズ分析から自社商品企画・開発、販売、受発注、アフターフォローまで一貫して展開。化粧品、オーガニック、ランジェリーブランドなど複数のブランドを運営しています。

インフルエンサー事業では、市場戦略や商品開発、ブランディング、コンテンツ制作をインフルエンサーさんとともに行い、市場に価値あるものを提供するDtoC事業を展開しています。化粧品や雑貨、食品など複数のブランドを運営しています。」(内木場氏)

ー 躍進する同社のビジネス。その特徴はなんだろうか。

「当社の3つの事業に共通している大きな特徴は、すべてインターネットをベースとして、自社で完結しているということです。他社のコンサルティングや受注制作をしていません。自社制作物で利益を生み出す、事業会社的なスタイルといえるかもしれません」(内木場氏)

ー 一般的にコンテンツコンサルティングや受注制作などをする企業が多いといわれる中で、あえてその選択をしない理由を聞いてみた。

「コンサルティング事業や受注制作をやらない理由一番の理由はシンプルで、事業は自分たちの意思決定で進めた方が面白く自由度が高いからです。
また、自社で完結できるインターネットビジネスを展開することで、レバレッジが効いて事業規模が大きくなっていくと考えています」(内木場氏)

意思決定がクライアント側にあるコンサルティング的な立場より、自分たちが本当にいいと思ったものを展開していくことが、仕事の面白みにもなり、規模も大きくなるという考え方のようだ。

ー では、ここでいう“レバレッジが効く”とはどのような状況をいうのだろうか。

「コンサルティングや受注案件だと、一件当たりの単価はすでに固定化されています。どれだけパフォーマンスを出しても基本的には単価は固定されていますよね。(例えば、企業コンサルティング1件につき、月々50万円など)
どれだけパフォーマンスをあげても、1人当たりが稼ぎ出す粗利はある程度のところでアッパーが来てしまいます。

対して、インターネットを軸として自社で展開するビジネスなら、出したパフォーマンスの分だけ見返りがあります。
例えばメディア事業でいうと、5人以下の少数チームでも何十万~何百万というアクセスを稼ぎだす状況を作ることができ、その分の利益も享受することが可能です。結果的に、1人当たり月間数百万の高い粗利を稼ぎ出すことができます。
1人当たりが出す粗利額の天井が限りなく高いこと。これを“レバレッジが効く状態”と考えています。」(内木場氏)

361553同社はインターネット広告領域・DtoC領域で、急成長を遂げている新進気鋭のベンチャーだ。
361546代表取締役社長 内木場 隼氏
2014年に同社を設立してから、これまで順調に成長させてきた。
361551

勝ち続ける組織であるために。アグレッシブで緻密に攻める経営戦略

LeoSophiaは、現在の事業のみに止まるつもりはないという。
同社は、柔軟な姿勢で未来の新規事業を創造しようとしている。

「当社が目指しているのは、IT業界の枠に囚われず“勝てるビジネス”を創り続ける事業家集団。1つの事業に固執せず複数事業を展開し、全体のバランスをとる。
複数の柱を作り時代に合わせて主軸事業をピボットしていくことで、安定して利益を出し続けられると考えています」(内木場氏)

ー これまでも、そしてこれからも新規事業を積極的に展開していこうとする同社。
経営戦略の中で重要視しているポイントは何かを聞いた。

「大切にしているのは新しいことへの挑戦と緻密な戦略を練り勝ち切ることです。
変化の多いITビジネスに身を置く以上、常に挑戦し続けなければビジネスも風化していきます。
一方で新しい挑戦といっても、思いついたビジネスは何でもかんでも事業化するわけではありません。私たちは"自社の強みを最大限に活かせるビジネスは何か"を日々考えながら戦略を練り、勝てる市場に挑むことを大切にしています。」(内木場氏)

269733新規事業に関しては社内で議論をした上で、様々な要因を加味した上で決定している。挑戦したいことは積極的に提案できる環境だ。
398914日頃からこまめにフィードバックを行なうなど、社員育成にも力を入れている。
398919

洗練されたオフィス空間。ストレスフリーで創造的に働ける理由とは?

社員の幸せを意識している同社。

「そもそもの話ですがまずは働いているメンバーが幸せでないと、会社をやっている意味がないと思っています。
例えどれだけ売り上げや利益が良くても社員が不幸を感じながら働いている会社を経営してもなんの面白みもやりがいも感じられません。
その上で我々のようなインターネットを軸にしたビジネスを展開している会社の財産は人です。人が全てと言って過言ではないと思っています。」(内木場氏)

特に“働きやすさ”にはこだわっている。

「当社は業務の特性上、大半のメンバーがデスクワーク。基本的には、オフィスで仕事をします。仕事のほとんどの時間を過ごすオフィスだからこそ、社内での環境整備を強く意識しています」(内木場氏)

ー 東京・広尾に、開放感があって、緑も多い。一見するとオフィスには見えない洗練された環境を実現。ストレスフリーで働くことができそうだ。

「働きやすくて効率が上がれば、業務の質も良くなります。
また、休憩スペースを広く取り、社内ならどこでも仕事ができる環境を作ることでストレスを溜めにくく、社内コミュニケーションも活発になります。当社の事業の根幹は人なので、オフィス環境には投資を惜しまないようにしています。
社員の業務効率が良くなれば、結果的に売り上げや利益に帰ってきますし、ここをケチっていたらダメだろうなと思っています」(内木場氏)

福利厚生や手当などの各種制度も充実している。ランチ代の一部を会社が負担する「オフィスおかん」の導入をはじめ、ドリンク類、酒類の提供も無料で行うなどしている。

結婚祝い金、出産祝い金、産休、育休といった制度はすでに用意されているが、現在、社内の平均年齢28歳という状況に合わせて、社員、会社の双方にメリットがあるものを積極的に導入していく構えだ。

「残業しないと気まずいというような雰囲気がおきないように、とても気をつけています」(内木場氏)

ー あらゆる面で、働きやすさを実現しようとする同社。どんな人を求めているのだろうか。

「自分で考え、動ける人、変化を楽しめる人が合うのかなと思っています。まず、人物面を重視しています。当社はこれからも変化、成長をしていく予定なので、一緒に会社を大きくしてくれる人と働きたいですね」(内木場氏)

スピード感と裁量ある環境の中、新たな事業づくりに挑んでみたい方は、ぜひ、同社に声をかけてみるといいだろう。

269740社内にはバーのようなスペースも。休憩時にはここで昼食をとったり、20時以降には自由にお酒を楽しむこともできる。
269732観葉植物と木目によりナチュラルなカフェのようなオフィス空間を実現。社員の働きやすさにこだわっているのがわかる。
361550

株式会社 LeoSophiaに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 LeoSophiaに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 LeoSophia
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
資本金 3,000万円
売上(3年分)
2020年 8月 期 2019年 8月 期 2018年 8月 期
45億円 30億円 17億円
設立年月 2014年09月
代表者氏名 内木場 隼
事業内容 ◆広告事業(Web広告およびメディア運営)
◆DtoC事業(自社ブランド商品開発およびマーケティング)
◆医療事業(美容クリニックの経営コンサルティング)
◆インキュベーション事業(飲食業、不動産事業、IT事業、フィットネスジムへの出資)
従業員数 183人
平均年齢 28.0歳
本社所在地 東京都渋谷区広尾1-13-1 フジキカイビル広尾7・8階
398917

株式会社 LeoSophia資本金3,000万円設立年月日2014年09月従業員数183人

マーケティングのチカラを駆使して、勝てるビジネスを創り続ける事業開発会社

この企業が募集している求人

Full remote small
×