お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 JDNの企業情報

株式会社 JDN

「デザイン」をキーワードに、クリエイティブ関連サイトを展開するメディア企業

デザインに関わる人なら、誰もが一度は目にしたことがあるメディアを運営

「デザイン」をキーワードに、クリエイティブに関連したメディアを展開している株式会社JDN。JDNとは「Japan Design Net」の頭文字で、同社は、メディア運営、広告業務、コンテスト運営など様々な場面でデザインとビジネスを情報で結び、人と社会に笑顔と元気を拡げていく事業を推進している。

同社が運営するデザイン情報サイト『JDN』は、デザインやクリエイティブにまつわるさまざまな情報を伝える総合Web情報メディア。デザインに関わる人なら誰もが一度は目にしたことがある“業界を代表する存在”として広く知られている。2017年の読者数は月間10万(35万PV)で、2018年はさらに伸びを見せている。読者の中心がプロデザイナーやクリエイターのため年齢層は幅広いという。プロメディアとして厚い信頼を寄せられていることが数字からも伝わってくる。

同社が展開する他のメディアについて、取締役事業部長の山崎 泰氏に伺った。

「21年前にメディア事業(JDN)を始め、そこから暖簾分けのような形で、人気があるコンテンツを独立させる形で媒体を増やしてきました。今、JDNと同等かそれ以上に読者認知があるのが『登竜門』です。これはコンテスト、コンペティションのWebメディアで、年間2,200件以上の情報を掲載しています。デザインや建築という専門的な領域にくわえて、絵や写真、川柳といったものも載せています。表現したい方やコンテストを足がかりにステップアップしたい方々に愛読いただいています。『JDN』と『登竜門』が二枚看板ですね」(山崎氏)

同社では、他にもデザイナー向けの求人サイトなども運営している。

「デザイナーをはじめデザインに関する求人情報を紹介している『デザインのお仕事』も20年以上にわたり運営しており人気です。デザイン・アートを学んでいる学生の卒業制作展を掲載する『卒展』、そうした学校を目指している人向けの『オープンキャンパス』というサイトも運営しています」(山崎氏)

コンテスト運営事業を手がけているのも同社の特徴のひとつ。メディア事業を行う同社がコンテストを支援する理由はどこにあるのだろうか。

「企業がデザインを活用して新商品を作りたいとか、ブランディングをするために実施するコンテストを当社がお手伝いすることで、世の中にデザインを活用したコミュニケーションが増えると考えています。若いデザイナーや学生にとってはコンテストという挑戦の場ができ、ステップアップのチャンスにもなります。デザインに関わる方たちを支援するためにも、やるべきという認識です」(山崎氏)

266034クリエイティブに関わる人なら誰でも知っているデザイン情報サイト『JDN』を運営している。
266038取締役事業部長 山崎 泰氏
現在の同社の事業内容について詳しく語ってくれた。

デザインを活用すれば、日本は社会もビジネスも上手く回っていく

『JDN』は、株式会社丹青社の社内ベンチャーとして1997年に産声をあげている。東証一部に上場している丹青社は内装業・ディスプレイ業で日本を代表する企業のひとつだ。JDNの立ち上げ前から、丹青社内ではデザインに関わる情報発信の重要性が強く認識されていたという。

「親会社でもデザインは事業活動の柱ですし、当然、重要な経営のリソースとして認識されていました」(山崎氏)

1997、98年はインターネットが急速に普及しはじめた時期だ。丹青社では「ネットで何か新しいことができるのでは?」という考えから、早々にインフラを整え、情報発信の仕組みを整えていた。これも背景にあってWEBメディア『JDN』がスタートすることになったが、はじめから順風満帆とはいかなかったようだ。最初のクライアントを獲得するまでには時間がかかり、広告が取れはじめ、読者にも認知されはじめたのは2000年前後だった。だが、2003、4年ごろには、売り上げは倍々に増えている。この理由をどう見ているのか伺った。

「国勢調査でデザイナーと答える人は20万人くらいです。関連職種を含めてプロを目指す人を入れたとしても全人口の1%程度でしょう。私たちはこうした方達に向けてビジネスをしています。地道に続ける姿を見ていただいて、この方たちからの信頼が蓄積されていったのだと思います」(山崎氏)

その後、事業の形ができ、売り上げを安定して作れるようになった段階で、2009年に丹青社の子会社でJDN事業を行うことになり、2012年に現在の株式会社JDNの体制が固まった。最近ではネット文化の広がりに伴い、IT分野でのUI等の観点からもデザインへの関心は高まる一方だ。これからの見通しについて伺った。

「デザインへの関心は、今後も高まっていくと考えています。諸外国に比べると、日本はまだデザインについての認識が十分ではありません。例えばアジア各国では先進国にキャッチアップするためにデザインをエンジンのひとつとして明確に位置づけ、国策として取り組んでいます。欧米では、Appleなどが良い例ですが、デザインを経営資源として活用することは常識になっています。日本でも、デザインを活用すれば社会もビジネスももっと上手く回り、経済が力強くなっていくと思います」(山崎氏)

次の10年、20年を創り、力強く進んでいきたいという熱い想い

幅広い展開を見せるJDNのメディア群。現在は、少数精鋭のメンバーで効率よく運営されているという。

「雑誌など、他のメディアに関わる人たちの感覚からすると『もっと人数がいないと回らないのでは?』と思われることが多いようです。たしかに、いろいろ兼務してやっていますが、これまでメディア運営を長くやってきて、作り方、回し方のスタイルができているので、とくに難しいことはありません。当社は残業時間も少ないですし、イベントがなければ、土日は皆、完全に休んでいます」(山崎氏)

1997年から、20年以上つづく実践の中でより良い作業フローをデザインしてきた同社。残業がかなり少ないのが特長だ。雑誌等のメディアと異なり校了日等がないので、自分たちでスケジュールをコントロールしやすい環境となっている

「コンテスト運営はクライアントに合わせた繁忙がありますが、事前に計画を立ててリソース配分を見通して平準化できるようにしています。コンテストの上流にあるクライアントの戦略を理解し、どのように運営することが効果的なのかコミュニケーションを密にとって進めており、コンサルティングや制作ディレクター的な業務も含まれます」(山崎氏)

さらに改善の試みは今も続いているようだ。

「今のスタッフたちも、工程を変えたり、新しいツールを取り入れて業務を自動化したりすることなどで改善を進めています」(山崎氏)

半数以上が女性という社内の雰囲気は和やか。年に一回、研修会などのイベント以外でも社員同士が集うこともあるそうだ。デザインに関心を持っている社員が多く、その領域で仕事ができていることもポイントになっているのかもしれない。

そんな同社は、次の時代を創るため変わっていこうとしている。その想いを聞いた。

「今までやってきて、基本的な事業の形はできました。しかし、まだまだやれることは多いと思っています。現場からも声が上がっていますし、経営の側もこれから次の10年、20年を創り、力強く進んでいきたいという気持ちがあります。当社を活用して、面白い未来を創っていきたいという方とお会いしたいですね」(山崎氏)

魅力的なデザインやクリエイティブに触れて、メディアやコンテストといった新しいモノづくり、コトづくりにトライしたい方はぜひ、同社の門を叩いてみてほしい。

株式会社 JDNに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 JDNに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 JDN
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  広告・デザイン・イベント
コンサルティング・リサーチ >  その他コンサルティング系
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
資本金 2,000万円
売上(3年分)
2019年 1月 期 2018年 1月 期
186百万 166百万
設立年月 1989年02月
代表者氏名 代表取締役社長 宮内 愼悟
事業内容 インターネットを利用した各種情報提供サービス
広告業及び広告代理業
コンテストの企画・実施・事務局運営
上記に付帯又は関連する一切の業務
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 株式会社丹青社(100%)
従業員数 15人
本社所在地 東京都台東区上野5丁目3番4号 クリエイティブOne秋葉原ビル4F

株式会社 JDN資本金2,000万円設立年月日1989年02月従業員数15人

「デザイン」をキーワードに、クリエイティブ関連サイトを展開するメディア企業

この企業が募集している求人

Bnr sp354 10
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×