転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業メインロゴ

株式会社ロジカルスタジオ

  • IT/Web・通信・インターネット系

私たちは、「はたらきやすく、あなたらしく」をスローガンに、社員の自主性と個性を尊重する会社です。

カジュアル面談歓迎

企業について

株式会社ロジカルスタジオは、ソフトウェア開発会社として培った技術力を強みにディレクションからデザイン、コーディングまで一気通貫で請け負うクリエイティブプロダクションだ。

設立は2012年4月。代表取締役・古川征治氏を始めとする4名のエンジニアが集い、少数精鋭の技術者集団として事業を開始した。古川氏はロジカルスタジオ社を設立する以前にも、2002年から10年ほどソフトウェア開発会社を運営していた経緯がある。2011年にデザイン系の会社と合併してWebサイトからシステム構築まで幅広く手がける開発会社を設立したが、その翌年、志を同じくするエンジニア同士でスピンアウトし、ロジカルスタジオ社として再スタートを切った形だ。

設立当初から主たる取引先としてきたのは京阪神地域のSIerである。業務システム開発の受託案件から始まり、持続的な成長を遂げた。特に歯科用レントゲン機器の老舗専業メーカーの主力となっている画像管理システムの開発は、前々職時代から継続的に受託してきた案件であり、ロジカルスタジオ社の安定した経営基盤を支え続けている。

その安定した経営基盤の上で、着実に受注を増やしてきたのがECシステムの構築やCMSの導入支援といったWebシステムの構築案件である。Webマーケティング会社などとの取引で実績を積み上げ、受注量を増やしてきた。制作実績の中にはテレビCMなどを通じて誰もが知っている企業やサービス、官公庁、大学などのサイト構築案件も少なくない。特に2017年以降は国内屈指の広告代理店と取引口座を開き、ECサイトやCMSなどの大規模案件を手がけ始めた。現在(2018年3月)ではこれらWebシステム構築案件の売上比率が、従来の業務系システムを逆転している状況だ。

2023年10月現在、ロジカルスタジオ社の社員は古川氏を含めて44名。外部の協力会社からの出向者を含めると約50名のエンジニアとデザイナーが案件ごとにチームを組んでプロジェクトを動かしている。

Web制作会社にはデザインやHTMLのコーディングはできても、システム開発ができないという会社は少なくない。だが、不動産の検索システムや地域の情報発信サイトなど大規模なデータベースと連携させるにはサーバーの構築や選定といったスキルが必要となる。グラフィックデザインからデータベースが絡むシステム構築までワンストップでカバーできる強みを生かして、業容を拡大していく考えである。

今後のビジョンを達成するため、現在の同社が注力しているのは人材の補強だ。すでに外部の手を借りなければこなせないほど案件の数は増えている。バックエンドエンジニア、フロントエンドエンジニア、デザイナーといった職種の人材を補強することが目下の課題だ。今は成長期。デザインとシステムの両軸を兼ね備えた、100名規模の提案型クリエイティブエージェンシーを目標に、事業の発展を進めている。

システムに強い会社であることは、デザイナーにとってアウトプットの幅が増える機会につながるという考えのもと、企画やアイデアを実現するにはプログラミングスキルが必要だ。パララックスなど、JavaScriptによる動きがあるサイトはデザイナーだけでは実現しにくいが、同じチームにエンジニアがいれば、容易に実現できるだろう。複雑なデザインにも、プログラミングで柔軟に対応できる体制こそが同社の強み。さらに安定した経営基盤のもと、新しいチャレンジがしやすい環境も魅力だ。

古川氏がロジカルスタジオ社を設立した際のビジョンでは人を増やす考えは全くなかったという。しかし、エンジニアが直接対応することによるスピーディかつ柔軟な対応や技術力が評価され、初年度から事業は好調で、2年目以降も着実に規模を拡大し続けることとなった。
「設立時は技術が得意なメンバーばかりが集まっていたので、技術力だけでのんびりやっていこうと話し合ってスタートしました。営業も積極的にはしたことがなく、たまに交流会に顔を出すぐらいでした。しかし仕事をご評価いただきお客様をご紹介いただくことが増えて行きました。それらのニーズに最大限お応えするために、エンジニアだけでなくデザイナーやディレクターを増やし、多角的な事業展開を現在も進めています」。(古川氏)
 

現在の業務としてはエンジニアチームを統括してPM・PL業務がメインですと語る西峰氏。

「2013年にロジカルスタジオに入社するまでは飲食業、市役所の税務課で務めていました。リーマンショックでIT業界は不安定だという風潮がありつつも、どうしてもプログラムが組みたくて独学で少しづつ勉強していましたが、ほぼ未経験でした。知人から「プログラム出来るんだったら、うちの知ってる会社紹介するからやってみる?」と紹介されたのがロジカルスタジオでした。そういう縁もあり、エンジニアを極めてみようという気持ちになりました。
ロジカルスタジオは当時からどんな事でもチャレンジさせてくれる場所でしたので、技術力がついたのはもちろんの事ですが、組織の事も考えるようになりました。WEB業界は、一つの技術がずっと通用するかって言われるとそうではないので、根本的なベースはしっかり身に着けながら、みんなでよりよい技術を、強い組織にしていきたいと考えています。社内には情に厚い仲間が多く、喜びや悲しみを分かち合える環境で働ける事が魅力です。」(西峰氏)
 
2019年に社員の増員に伴い、大阪スタジオの3Fと4Fの2フロアで快適に仕事ができるスペースを確保している。同社は2023年10月現在、43名の規模に拡張。今後は更なる事業発展に向けて支社立ち上げやより内装にこだわったオフィスへの移転を計画している。

“活躍する人と場所を創り続ける”

これが同社の企業理念である。成長のスピードが遅い人材がいれば、芽が出るまで時間をかけて育成してきた。配置換えをして長所を生かす工夫もする。2018年1月からは入社1年未満の若手社員も含めた全社員に応分の係を与えるという試みも始めた。例えばプログラマとしてなかなか芽が出ない人材がいれば、テストリーダーのポジションに配属し、アルバイトの勤怠管理を任せるということもする。経験の浅い社員にはMS Officeなどのソフトウェアのアカウント管理を任せる。サーバーや複合機の設定、社内SNSの管理など、これまで古川氏や役員が担ってきた業務も振り分けた。それによって社歴が浅かったり、なかなか活躍の場が見いだせなかったりしていても、会社に貢献しているという意識を持つことにつながる。

「誰にでも何か良いところはあるはずです。見つけられないこちらにも問題があるという考え方をしています。できるだけ機会を与えられる環境を作って行こうと考えています」。(古川氏)

今後は自社サービスの開発にも着手する計画もある。そこにはカスタマー対応などのサービス運営など、エンジニアやデザイナー以外の職種を増やす意図もある。長期的にはシステム開発というコアスキルを生かして、IT分野に留まらない多角的な事業展開ができる会社を目指して行く考えだ。

そのような姿を実現するためにも、ある程度の規模感や仕組み化が必要だ。それを推進する役目を担っているのが西峰氏だ。

「社員が働きやすい環境はどういうものかを、常に考えて取り組んでいます。定期的に全社員と1on1を実施し社員の考え・想いを吸い上げて、キャリアアップの支援や業務効率化の仕組を作っていくようにしています。その取り組みの一つが人事評価制度になります。成果が出ている社員には給与面でもしっかりと整えていくことが私の役目と考えています。代表の古川も社員のことを想って会社を運営していることが実感できる職場なので、私もその一旦を担いたいと思っています」。(西峰氏) 

これまでに築いた社風はアットホームそのもの。安定した経営基盤がその社風を維持してきた。しかし反動もある。特に勤怠管理に関しては外部からはルーズに見えることもある。とは言え、組織化に向けて是正すべき点は是正して行くが、1人1人の長所を伸ばせる、新しいことにチャレンジできるといった環境は、今後も引き継いで行きたい考えだ。

「我々が求める人材は、明るく、楽しく仕事ができる人材です。特に人と関わることが好きな人を迎えたいと考えています。これまでとは違うカラーの人材を迎え、お互いに刺激し合いながら発展して行きたいです」。(西峰氏)

「職種に関わらず、今後は自ら前に進んで行く人材を増やして行きたいです。エンジニアもエンジニアに留まるのではなく、“もっとこんなことがしたい”と自ら手を挙げてもらいたいです。それに対して会社としてはできる限りチャンスを与えられる環境は作って行きたいと考えています」。(古川氏) 

募集している求人

エンジニア・技術職(システム/ネットワーク)の求人(6件)


クリエイティブ職(Web)の求人(4件)

社員の声

すべて見る

求職者の声

企業情報

会社名

株式会社ロジカルスタジオ

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > システムインテグレータ・ソフトハウス

IT/Web・通信・インターネット系 > インターネット/Webサービス・ASP

企業の特徴
カジュアル面談歓迎
資本金

1000万円

設立年月

2012年04月

代表者氏名

代表取締役 古川 征治

事業内容

ロジカルスタジオは、テクノロジーとデザインの視点からクライアントの課題解決をめざす、大阪のクリエイティブプロダクションです。

クライアントの期待を超えて「もっと良くなる、を見つける」のが私たちのスタイル。企画・提案からデザイン制作・システム構築、運用、改善提案をワンストップで行えるのが一番の強みです。近年ではその実績と品質が評価され、案件も急増しています。

代表の古川が掲げる企業理念は「絆を大切に、周りの人を豊かにし、社会に貢献する」。
私たちはこのミッションを推進するため、「新しい技術へのチャレンジ精神」を軸に、「切磋琢磨する仲間」と「働きやすい職場環境」を整え、「成長と可能性を大切にする風土」を育ててきました。
2019年9月に増床し、外部向けのセミナーにも活用できるカンファレンスルームを拡充。スタッフによる公式ブログや、マスコットキャラクター「ロージー&カール」によるTwitterなど、情報発信も強化しています。
可能性の芽をすくい上げられるこの場所を、より大きくしていきたい。
私たちと一緒に、このビジョンを実現しませんか。

株式公開(証券取引所)

従業員数

43人

平均年齢

34歳

本社住所

大阪府大阪市中央区久太郎町4-2-1 本町イシカワビル4階

この企業と同じ業界の企業

画像なし
TFHD digital 株式会社
東急不動産ホールディングスのデジタルカンパニー
無料登録して話を聞いてみたい
Welcome icon
株式会社ロジカルスタジオ
相奈良 裕省
ロジカルスタジオでは、社員の働きやすさと自主性を何より大切にしています。カジュアル面談も実施していますのでご応募お待ちしております。
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.