お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 アマテラスの企業情報

218915

株式会社 アマテラス

優良ベンチャー企業のCEOと直接つながる転職サイト「アマテラス」を運営する、注目の人材関連ベンチャー企業

成長性あるスタートアップのCEOと、幹部候補人材を直接結び付ける「アマテラス」

株式会社アマテラスは、ダイレクトリクルーティングサービスの運営、および人材紹介事業を行っている会社だ。経営幹部や、その将来候補人材の採用に悩むベンチャー・スタートアップ経営者(CEO)と、ベンチャー・スタートアップに関心あるハイクラス人材を、効率的に結びつける事業を行っている。

「日本からグーグル・フェイスブックを100社創出する」をビジョンに定め、「従来の人材エージェントの仕組みではベンチャーに優秀な人材は流れない」という代表・藤岡清高氏の信念に基づき、独自のダイレクトリクルーティングの仕組みづくりに取り組むアマテラス。最大の強みは、優良ベンチャー企業への“目利き力”だ。(1)経営者の志の高さ、(2)事業の社会的意義、(3)成長の大きさの3つの視点から優良ベンチャー・起業家を厳選しており、問い合わせがある企業のうち、審査を通過するのは約10%ほどだという。

代表取締役を務める藤岡氏は、東京都立大学経済学部を卒業し、株式会社住友銀行(現・株式会社三井住友銀行)に入行。慶應義塾大学大学院経営管理研究科を修了(MBA取得)後、2004年から株式会社ドリームインキュベータにて戦略構築・事業立上・経営管理など、主に成長ベンチャー企業の支援にあたった。1200社以上のベンチャー経営者に提言を行い、ドリームインキュベータ初の事業子会社の立ち上げでは経営者も経験。そして、2011年4月にアマテラスを設立した。

アマテラスで働く最大の魅力は、日本や世界を変えていくであろう、強い想いを持ったスタートアップCEOと仕事ができることにある。創業間もないスタートアップ企業が、アマテラスのサービスを利用し、そこを経由して採用した人材の活躍によって、企業全体が成長していくのを間近に見ることができる。事実、Forbes JAPANや日本経済新聞、日経ビジネスなどに取り上げられるスタートアップCEOの多くは、起業時からアマテラスに相談し、二人三脚でビジネスモデルや採用戦略を練り上げてきたケースが多い。

217824ベンチャー・スタートアップ経営者(CEO)と、ベンチャー・スタートアップに関心あるハイクラス人材を、効率的に結びつける事業を行っている。
217831代表取締役を務める藤岡氏は、2011年4月にアマテラスを設立した。

人材紹介エージェントという職業をなくし、効率的な仕組みをつくる

ベンチャーがなかなか理想の人材を採用できない最大の理由として、藤岡氏は「日本特有の人材紹介エージェントの仕組み」を挙げる。その理由は、以下の3点だ。

1つ目は人材紹介エージェントの報酬システムにある。一般的に日本の人材紹介エージェントは紹介人材が企業に採用された際、年収の35%程度を報酬として徴収する。大企業や外資系に比べて高い年収を提示するのが難しいベンチャーにとって、この状況は著しく不利に働く。なぜならエージェントは高い報酬を取りたいため、高く売れそうな人材には資金力のある大きな会社を紹介するインセンティブが働くからだ。

2つ目は、ベンチャーの事業内容が複雑な点だ。人材紹介エージェントは、その企業の事業や優れた点を転職希望者に説明しなければならないが、そもそもベンチャーとは未知の領域を手掛けるもの。よってベンチャー案件を紹介することは、大企業や外資企業を紹介するよりも難易度が高いのだ。

3つ目は、ベンチャー経営者の考えやビジョン、リーダーシップ、経営力を見極めるのが難しいことだ。ベンチャーは生き残りのために事業内容やビジネスモデルを市場や状況に合わせて変えていくもので、計画通りに成長できるベンチャーはほとんどない。つまり、人材紹介エージェントがベンチャー経営者を見極め、「成長ポテンシャルがある」と判断すること自体が難しいことなのだ。

これらの問題を、アマテラスの「ダイレクトリクルーティング」で解決する。ベンチャー転職希望者とベンチャー企業をダイレクトにつなぎ、採用フィーを一定額にすることで、資金力の多寡よりも会社(社長)の魅力による採用を実現していく。

また、2017年春、新事業として「ママテラス」をスタートさせた。これは、キャリアを積んだママにベンチャー企業で働く機会を提供するサービスで、「子育てや時短という制限の中でも、能力を最大限に活かしたい」という潜在ニーズに応えたもの。キャリアを積んだママと、リーズナブルな費用で即戦力を求めるベンチャー企業の要望をマッチングさせている。

217827ベンチャー企業の人材採用を、アマテラスの「ダイレクトリクルーティング」が変えていく。
218911「子育てや時短という制限の中でも、能力を最大限に活かしたい」という潜在ニーズにも取り組む。

「プロフェッショナル」の精神を持ち、創意工夫できる人物が活躍

2017年12月時点の社員数は8名(アルバイト・インターン含む)、男女比は丁度半数ずつだ。組織はフラットで、残業時間はゼロ。時短等の勤務体制も柔軟で、その働きやすい環境から大手企業やコンサルティングファームを経た30~40代の女性が多く活躍しているのが特徴的だ。

人材の教育は主にOJTにより行われている。3か月毎のインターンも含めた全社員との面談で、各自のフィードバックと共に、全体目標の共有を行っており、社内の風通しの良さに繋がっている。業務上必要な書籍代やイベント、セミナーなどの参加費を負担する制度があり、社員の能力向上を促している。
また、クォーターごとに行われる懇親会は、恵比寿の様々な美味しいお店で行っており、スタッフ皆の楽しみとなっている。

アマテラスのすべての価値基準は、冒頭にも掲げたが「日本からグーグル・フェイスブックを100社創出する」こと。そのための行動指針として、以下の4つを「ベンチャースピリッツ宣誓」として定めている。

・プロフェッショナル宣言/ベンチャースピリッツを発揮し、プロフェッショナルとして働く
・原因自分論宣言/他人のせいにせず、すべての原因を自分にあると考える
・チャレンジスピリッツ宣言/失敗を恐れずにチャレンジする
・創意工夫宣言/できない理由を考えるのではなくどうすればできるかを考え、その可能性に向けて行動する

これらは社員だけでなく、アマテラスサービスに登録するベンチャー転職希望者にも求めている。
そのため、スタートアップや起業家への強い関心は必須。TechCrunchなどスタートアップ関連のメディアを空気を吸うように読んでいる人が活躍できるだろう。また、事業立ち上げや、新規事業・コンサルティングビジネスに携わってきた経験があれば、歓迎される。

これまでに採用されて活躍している人の一例として、CMO(Chief Marketing Officer)の河西氏の例が参考になるかもしれない。河西氏は人材ビジネス未経験、さらにITスキルもゼロで入社。一方でアマテラスの理念には深く共感していたため、地頭の良さを発揮して必要なスキルを早期に習得し、今では組織に欠かせない人材となって活躍している。

217826人材の教育は主にOJTにより行われる。
218920時短可等の働きやすい環境から多くのママ社員が活躍している

株式会社 アマテラスに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 アマテラスに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 アマテラス
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • 残業少なめ
資本金 5,000,000円
設立年月 2011年04月
代表者氏名 代表取締役 藤岡 清高
事業内容 1.優良ベンチャー企業、スタートアップに専門特化した人材紹介事業
2.優良ベンチャーのCEOに直接繋がる転職サイト 『アマテラス』 の運営
3.「ママ」も「キャリア」も楽しむ女性のためのお仕事サイト 『ママテラス』 の運営
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 株式会社ドリームインキュベータ
従業員数 8人
本社所在地 東京都目黒区三田1-12-26 Ebis Borg101
218915

株式会社 アマテラス資本金5,000,000円設立年月日2011年04月従業員数8人

優良ベンチャー企業のCEOと直接つながる転職サイト「アマテラス」を運営する、注目の人材関連ベンチャー企業

この企業が募集している求人

Bnr sp354 8
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×