お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

パンパシフィック 株式会社の企業情報

444031

パンパシフィック 株式会社

「できることを一つ一つ」背伸びしない、媚びないITベンチャー企業

「自分達の技術・サービスをユーザー様に適正な価格で提供する」シンプルな企業

「本日はよろしくお願いいたします!」
今回取材に訪れたパンパシフィック株式会社を立ち上げた代表の座喜味 伸氏は、物腰柔らかに、深々と頭を下げながら我々を迎え入れてくれた。さらに座喜味氏だけでなく、その場にいた全社員が席から立ちあがり、同じく頭を下げながら、笑顔で挨拶をしてくれた。「この一瞬の出来事」にこそ、同社が持つ独自の社風や経営理念が端的に表れている。

2013年に設立された同社は、いわゆるWeb制作全般を主力事業として当初、代表含め数名で立ち上げたベンチャー企業。その後順調に事業が拡大し、これまでの9年で約2000件&700サイトの制作実績と、設立以来増収増益を維持し、好調な経営を展開している優良企業だ。
しかし、同社の設立は決して周到に準備されたものではなかったという。

座喜味氏は証券会社に2年ほど勤務して退職後、「お金がない」「住居がない」生活に直面しながらも、「東京で生きていくためには、仕事をしなければ」との思いから、Web制作企業に営業のアルバイトとして勤務。結果的にわずか3カ月で辞めることになったものの、その短いアルバイト経験が同社設立の転機となった。

「実はこう見えて会社員時代には営業としてトップ成績を出して表彰していただいたりしていたんですよ。しかし大企業の中ですし、商品開発には携わることはできませんでした。その僕から見て、Web制作は商品(サービス)そのものをお客さまそれぞれに合わせて制作し、お届けすることができる。そんなもの喜ばれるに決まってるんだから、受注できないわけないでしょ。という自信がありました。当時からの付き合いで、今も仲間である制作の糸洲のサポートも受けながら、すぐに結果を出すことができました。なので“このまま起業しよう”と、自然な流れで決まりましたね」。(座喜味氏)

こうしてわずか3カ月のアルバイトの体験をベースに起業したため、当初、明確な経営理念や目指すべき目標は特に決めていなかったという。

「証券時代、常に高い目標を掲げて営業していた自分を振り返った時、結果を出してはいましたが、ずっとここにいるというイメージはしてませんでした。起業した時、目の前の顧客や案件に対して“取り繕わない”“サボらない”という信念をもって、小さい会社だからこそ真っ向勝負で誠実に向き合うことを決めました。その上で一歩一歩堅実に経営して、私を含めた仲間が生きていくのに必要最小限な売上が出せればまずはそれでいい、という考えからスタートしました。今は少しずついろんなチャレンジもできるようになり、このチャレンジの大きさをどんどん大きくし、しっかり投資することが僕の一つの役目ですね。(笑)」(座喜味氏)

4440402013年にパンパシフィック株式会社を立ち上げた座喜味 伸氏。
444050同社は現在、社員6名の少数精鋭チームで構成されている。設立以来、順調に成長を続けてきている。
444053

社員の一番のストレス要因は、顧客ではなく社内にある

同社が社内で取り組んでいるものの一つに、「業務終了前、15〜20分程の社内ミーティングを"ほぼ"毎日行う」というものがある。その日の進捗状況を各社員が報告しながら「明日までにどこまでやり遂げるのか」という目標設定をし、悩みや困っていること、予定の修正などがあれば、正直に話し合い、無理がないよう相談し、解決するための重要な場になっているという。

この取り組みを行う意図について、座喜味氏は以下のように語る。
「私たちの最大の強みは、顧客に誠実に向き合い続けることです。しかし社員のその姿勢は、強制して実現できるものではないと思っています。なるべく伸び伸びとした働きやすさを整備することによって、そこで生まれる精神的余裕が、お客様に対する余裕や柔軟性に繋がっていると実感しています。“取り繕わない”“サボらない”という誠実な姿勢は、社員自身が日ごろから強く意識して取り組む必要があることではありますが、その余裕を持てるように社内環境を整備することこそ重要だと考えています。ミーティングによって明日への安心感と責任感を持ってもらい、社員同士でも共有することによって、一人ひとりが自分のやるべきことに対して前向きになってもらうことが、大きな目的です」

こうした思いを持って毎日ミーティングを重ねることによって、社員が本音で今の業務に対する悩みや課題を打ち明けやすい環境を作る。そこから現状を改善するためのアイデアを議論することになった結果、自然と社内の仲間意識とそれに合わせて顧客満足度も高まったという。

「これまでの私自身の体験から、仕事の一番のストレスは顧客や業務ではなく、上司や社員同士の人間関係、つまり社内にあるものだと確信しています。こっちのチームが固まっていれば外敵(言葉のあやです。笑)は大きな問題ではありませんね。社員が余計なことを気にせずのびのびとしていれば、自然と仲間意識も高まり、自ずと顧客や業務に集中し、高いパフォーマンスを発揮できます。」(座喜味氏)

事実、こうした取り組みを続けることで社員一人ひとりの責任感や仕事に対するモチベーションは劇的に高まった。それが組織全体の制作クオリティの底上げにつながり、これまで700サイトにも及ぶWebサイトを制作し、さらに顧客から高い評価を得るという「目に見える成果」となって表れている。

現在では元々得意とするデザインはもちろんのこと、WordPress、EC-CUBE、Shopifyでのサイト構築、コーティング技術を駆使したアニメーション等を武器に、業界でもトップクラスの実績を持つまでに成長。それぞれが自分の得意領域で持っている力を存分に発揮すると同時に、仲間のことを気遣いながら、トラブルがあれば全員でフォローし合う良好な関係が築かれている。

その良好な関係性が、冒頭で触れた、全社員が立ち上がって、笑顔で私たちを迎え入れてくれた姿勢につながっているのかもしれない。

444071ワンフロアのオフィスでは、代表含め全社員が仕切りなどなしに着席しているため、コミュニケーションも生まれやすいという。
220389社内には著名なアーティストさんの作品なども飾られお洒落な雰囲気だ。
444066

ECサイト部門の強化、サイト制作における撮影の積極的提案、自社で実店舗の運営

設立以来、受託案件を中心に様々なWebサイト制作を請け負ってきた同社だが、その中でも2022年に同社が見据えるのはECサイト部門の一層の強化だ。2020年以降Shopify、EC-CUBE案件が増加しており、特にShopifyに関しては国内においてはこれからよりメジャーになり普及すると考えているからだ。また同社は動画を含めた撮影機能も持っていることから、ブランディングをより強化したいと考える企業から、ECサイト制作と合わせて撮影を依頼されることも増えたという。「今までは希望されるお客様にだけは撮影に行っていた。という感じでしたが、撮影したコンテンツをはめ込むとオリジナリティ感は格段に上がりますし、簡単に言うと、カッコよくなります。(笑)お客様にもとても喜んでもらえるし、最近はよりニーズを感じるので、こちらからも積極的に撮影の提案はしていきたいですね。」(座喜味氏)

また実際に同社オリジナルのプロダクトを制作し、実店舗や、Shopifyで構築したサイトで運営・販売も行っていく予定だという。「弊社の社員たちは面白そうなことやオシャレっぽいことが好きなので、(笑)アパレルやヘアサロン、私個人は和菓子屋さんの運営なんかにも興味があります。それらの店舗やサイトを自社のWebのノウハウを活かし運営・成功させ、その活きたノウハウを更にサイト制作としてお客様にも提供していきたいと思います。まぁWebだけで集客は簡単にはできませんから、現場でも試行錯誤しながら楽しみながら喰らいついていきたいですね。(笑)」(座喜味氏)

今後、上記のような事業を軌道に乗せることを目指しつつ、さらなる新規事業を立ち上げて基本的には多角化に向かっていくことになるという。そのために、これからも社員に対しては自分らしさを発揮し、自由に、のびのび活躍できるような環境とチャンスを与え続けていきたいと語る座喜味氏。

座喜味氏が新たに仲間になる人に求めているのは、「仕事や人生を前向きに捉えている」人だという。

「仕事や人生ってそもそも面倒くさいし何かきついこと多いですよね。でも例えば、私はバスケットボールが好きですが、バスケが上手くなるためには相当のトレーニングが必要です。よね?しかしトレーニングは地味できつくて、おわりがない。でも上手くなるにはやるしかありません。私が言いたいのは、好きなことややりたいことの中にある面倒やきつさも、その好きなことの一部だということ。トレーニングも、試合も、どちらもバスケの一部なんです。それを理解して面倒も楽しむ。それがプロだと思う。というよりそうするしかないと思う。もちろん私自身にこそ言えることです。(笑)そして、例えそれが頭で理解できたとしても、前向きじゃないとできませんよ。だって面倒なことやきついことって、前向きじゃないとできないでしょう。(笑)性格が明るいとか暗いとか、よくしゃべるとかしゃべらないとか、そんなことを言っているんじゃないんです。説明できませんよ。ただ「前向き」であってほしいというただの希望です。(笑)前向きな方なら、心から歓迎したいですね。私たちは、その想いに対して、誠実に応えられる企業であり続けたいと思っています。
ちなみに、この前向きって言葉は、人によっては「覚悟」と言っている人もいれば、「楽しむ」とか言っている人もいると思います。言葉はなんでもいいです。そんな感じの人、是非お会いしたいと思っています。」

444069代表と社員との垣根がなく、完全にフラットに話していることからも、同社の風通しの良さがお分かり頂けるだろう。
444067社員一人ひとりが自分の裁量&ペースで活躍している。全員がプロフェッショナルとしての自覚を持っているからこその特徴だ。
444070

パンパシフィック 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、パンパシフィック 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 パンパシフィック 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
企業の特徴
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
  • 残業少なめ
設立年月 2013年12月
代表者氏名 座喜味 伸
事業内容 Webデザイン・制作
紙媒体デザイン
Webサービス開発
メディア事業(メディアサイト企画・開発・運営)
Web広告事業
従業員数 6人
平均年齢 31.5歳
本社所在地 東京都目黒区大橋1-3-9 3F
444031

パンパシフィック 株式会社資本金設立年月日2013年12月従業員数6人

「できることを一つ一つ」背伸びしない、媚びないITベンチャー企業

この企業が募集している求人

×