お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

BPM 株式会社の企業情報

382289

BPM 株式会社

メンテナンス業界に新たな価値と繋がりを!リアル業務でのコンサルティングと現場業務を効率化するSaaSを提供

”建物がつなぐ、しあわせな出会いをデザインする”

BPM株式会社は、IT化が遅れている建物・設備管理業界をテクノロジーの力で変えていこうと試みる、設立10年目のベンチャー企業だ。内装・塗装事業や賃貸物件の修繕事業など、リアルビジネスを展開してきた強みを活かし、現場起点のDX支援を開始。メンテナンス業界に革命を起こすべく、CMMS(設備保全管理システム)の開発を進めている。

「レガシーなメンテナンス業界において壮大な世界観を実現したい」
そんな思いを胸に、他に類を見ないプロダクトを世に広めるため、社員が一丸となり突き進んでいるのが特徴だ。


同社の設立は、2011年4月。最初は「給湯器の設置」などの住宅設備工事会社としてのスタートだった。その後、内装やフルリノベーションへと事業領域を拡げ、累計10,000件以上の施工実績を積み上げた。施工現場で得られる経験を強みに、業界課題を解決するための自社システムを開発し、建物メンテナンス・設備保全に関するソリューションサービスを提供している。

403325
395129

BPM株式会社のこれまで

代表取締役・桐原康輔氏は、大手食品メーカー営業職としての勤務を経て、28歳で同社を創業した。前職とはまったく違うこの業界をなぜ選んだのだろうか。

「実家がスポーツ用品店を営んでいました。小さな会社でしたが、一番身近な経営者として父親の姿を見て育ち、自分も経営者になりたいとずっと考えていました。起業ありきだったので、実は業種はあまり考えていなくて(笑)。知り合いの仕事を色々と手伝っている中で、給湯器の取り付け職人に出会ったんです。その現場で旧態依然とした体質や、しがらみの多いコミュニケーションの様子を見て、非効率だなと。しかし、だからこそビジネスチャンスがあると感じたんです。」(桐原氏)

中古住宅が増え、空き家が社会問題として取り沙汰されるようになってきた時代背景もあり、リノベーションやメンテナンスによって住宅の価値を継続させたいという、住み手のニーズも感じた。こうして、桐原氏は住宅メンテナンスを手掛ける事業会社を起業したのだ。

390374
396634

実は巨大な市場規模をもつ、メンテナンス業界

「建物の社会的寿命と照らし合わせすると、将来に渡るメンテナンス費用は建設費の5倍。あまりなじみのない業界かもしれませんが、実は巨大な市場規模が存在するのです。さらに、”設備保全”という領域で考えると製造業をはじめとするあらゆる業界に同様の課題があるのではないかと感じたのです。」(桐原氏)

同社が目指すのは、建物・設備に関わるあらゆるステークホルダーに価値をもたらすプロダクトを生み出すこと。現場の情報は、いまだに紙ベースの管理が多く、データとして活用されていないのが現状だ。

その多くがこぞって使用するようなメンテナンスに関する総合ITシステムを構築することを目指す。イメージとしては、病院におけるカルテ。ひとつの建物・設備を患者とみなし、修繕履歴などの情報を集積するというようなシステムだ。

396633
396631

通常のシステム会社では成しえない「打率の高い」開発

同社の成り立ちや代表取締役が描く壮大なビジョンなどを通じて、企業としての輪郭をイメージしていただけただろうか?

同社の強みは「唯一である」という点。メンテナンス会社は世に多くあるが、そのノウハウにITテクノロジーを掛け合わせて、まったく新しい価値を生み出そうという会社は他にない。この強みは働く上でのやりがいにもつながる。

「リアルサービスを提供してきたゆえに、ユーザに近い位置でのものづくりができます。"相手に刺さる"という手応えを感じられるでしょう。毎日が挑戦で、改善に改善を重ねる日々。打率の高い開発ができます。これは他のシステム開発会社との大きな違いです。」(桐原氏)

圧倒的なクライアント目線と顧客価値を大切にしているのだ。社員は部門を越えた連携をはかり、100%自分で責任を持つという姿勢で仕事に取り組んでいる。

「コミュニケーションは活発ですね。元々明るいタイプの社員が多いせいか会話は多いですね。個性を押し殺すことなく、あるがままでいて欲しい。」と、桐原氏。自責や自発性を大事にする社風でもあり、会社側が個人をコントロールするようなことはしたくないという。


最後に、どのような人物と一緒に働きたいかを桐原氏に問うと、「レガシーな業界にアンチテーゼを投げかけるような気概のある人に来てもらいたいです」という答えが返ってきた。

同社はITテクノロジーを武器にダイナミックな挑戦に挑んでいるのだ。

BPM 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、BPM 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 BPM 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
不動産・建設系 >  建築・土木・設計
不動産・建設系 >  その他不動産・建設系
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • 残業少なめ
資本金 1億8,300万円
設立年月 2011年04月
代表者氏名 桐原 康輔
事業内容 ~IT化が遅れている建物・設備管理の業界をテクノロジーの力で変えていく~
建物メンテナンスの施工実績は10,000件以上。リアルビジネスである建物メンテナンスのマネジメント事業と修繕・管理に特化したITシステム開発・ITコンサルティング事業をおこなうベンチャー企業です。

・CMMS(設備保全管理システム)の開発事業
・「建物メンテナンス」に関するコンサルティング事業
主要取引先 三井ホームエステート株式会社
東急住宅リース株式会社
大和リビング株式会社
セキスイハイム不動産株式会社
株式会社東都
株式会社ランドネット
株式会社染めQテクノロジィ
株式会社日本防災技術センター
従業員数 20人
本社所在地 東京都渋谷区本町2-27-1一二三薬局ビル2F
382289

BPM 株式会社資本金1億8,300万円設立年月日2011年04月従業員数20人

メンテナンス業界に新たな価値と繋がりを!リアル業務でのコンサルティングと現場業務を効率化するSaaSを提供

この企業が募集している求人

Full remote small
×